今になって公開する「2009年上半期ニコマス20選」

先日、ようやく2009年上半期ニコマス20選まとめ動画を見たのよね。
いや、もちろん色んな見る専Pの方のところで今回の企画も見かけてたんだけど、やっぱりなかなか参加する勇気がなくて。
で、募集期間も終わったので、個人的に公開してみようかな~と思って。
基本的にミーハーなんで、上記まとめ動画の上位陣がけっこう入ってて面白くないだろうけど、その辺は勘弁してちょうだい。


 基本レギュレーション
  ・対象は2009年上半期(1月1日~6月30日)に公開されたニコマス作品
  ・自身のセレクトを20作品以内でブログ及びマイリストにて公開
  ・1Pにつき1作品



1.ゆみすP
アイドルマスター 真美 「イエスノウ」CutiePai ‐ ニコニコ動画(原宿)アイドルマスター 真美 「イエスノウ」CutiePai
今回の紹介順は、お勧め順やお気に入り順といった意味を持ってないんだけど、この動画だけは別格。
上半期、最も見まくった動画。
この動画で初めて知ったCutiePieのポップ過ぎるナンバー、「真美センター」「千早&あずさ両脇」という珍しいのにピッタリ来る組み合わせ。
見事なシンクロ、ラストサビ前の異様なテンションの上がりっぷり、「これぞ正当派ニコマスMAD」と熱く言いたくなる素晴らしい作品なのよね。
とにかく今でも自分のテンションを上げるために、ほぼ毎日見てるかも。




2.農民プーP
アイドルマスター ラップ現象 春香伊織千早 ‐ ニコニコ動画(原宿)アイドルマスター ラップ現象 春香伊織千早
ここからしばらくはメジャーどころが続くから、先に自分の色を出しておこw
農民プーPと言えば「YMOの人」であり「埋もれる人」だと思うのよね。
どう考えても併せにくいYMOで(胸キュンは別枠)、よくこれだけ世界観を保ちながら動画に出来るなぁと、いつも関心しちゃう。
特に今回の『ラップ現象』なんて、幸広さんのボソボソラップとim@sを結びつけようと思う時点で異常。
なのに異様にキャッチーで、シンクロも凄くて、フォント、止め絵の使用法もセンス抜群。
一方でおかしな画面レイアウト、妙ちきりんなダンス、春香さんのとんでもない表情、カメラに収まってない千早(「ちはや、いるんだろ?出てこいよ」って※が大好きw)、全く意味の分からないサンフラワーヘッド、「シュール」という言葉で片付けてしまえばそれだけなんだけど、さっきも書いたキャッチーさやシンクロっぷり(リズム感とも言う)が農民プーP作品の魅力。
YMO好きなら必見、そうでなくても是非。
ちなみに2008年上期作品だけど、同じメンツでお送りする「U.T.」はYMOファンなら爆笑できます。




3.りんごP
test_5 ‐ ニコニコ動画(原宿)test_5
うちが最も新作を待ち望むのはりんごP
もはや「心酔」と言っても過言ではないほど。
(新作を熱望してるのはyam_5Pも一緒だわ)
りんごPの新作が見れるまでは死ねない。

空間の魔術師がBB素材を手に入れたときに現れた夢の世界。
test_3での千早の可愛さと羊をバックに紋章っぽくなるところか、test_4のコミック的な手法を使った「慈風チェーン」ばりの疾走感とか、test_5のモノクロからカラーが差し込まれる感じとかテロップの入り方とか、本当に「どこへ振り込めば完成版が見れるの?」って思っちゃう。

りんごPの閉鎖しちゃったブログで、あと一本作ったら一区切りって書いてたんだけど、他のスケジュールが立て込んだみたいで手がけれてないみたいね。
最後なんだとしたら完成するのが怖いし、とはいえ見たいし、っていう複雑な心境を抱えたまま数ヶ月。
閉鎖する日の最後のブログに※を残せたことだけが、唯一の自慢かな。
無理しない程度に、頑張って欲しいな~。




4.慈風P
【im@s新年会】アイドルマスター シャララ / 三浦あずさ、秋月律子 ‐ ニコニコ動画(原宿)【im@s新年会】アイドルマスター シャララ / 三浦あずさ、秋月律子
「im@s新年会 27時間SP」のアンコール枠で公開された、頂点Pとして君臨している慈風Pの完全無欠作品。
うちはim@s24と違って、新年会はリアルタイムで追っかけなかったのね。
だからこそ、シークレットだったこの作品が公開された感動を味わうことが出来なかったことが、新年早々の汚点だわ。

作品については、もはや何を語れば良いのか分かんないw
わかむらPのように3Dステージを自作する人は増えたけど、それでも慈風Pのこの作品は「街一個丸々作って、空にはカラスまで飛ばした」っていう恐ろしい背景。
いや、背景と言うよりも完全に「撮影所のセット」。

その上、あずさと律子が乗ってくる三日月ゴンドラの自然さと、そこから降りるときの「それ!何の曲のモーション使ったら、そんな風に自然に降りるように見えるのよ!」って思わせる自然さは、ニコマス(いや、この場合はim@sか)を知っていればいるほど鳥肌物。
Aメロの慈風Pお得意なバストアップで展開されるコミック風な表現もとんでもないし、空からオールスターが天使となって降りて来るときの着地も三日月ゴンドラ同様に「あり得ないし」、とにかくニコマス史上最高クオリティと言っても過言ではないと思うのよ。

ほんとはこっちを選びたかったんだけど、さすがに躊躇したw




5.わかむらP
THE IDOLM@STER:TEN ‐ ニコニコ動画(原宿)THE IDOLM@STER:TEN
んじゃ、次も頂点Pをw
相変わらずわかむらPは恐ろしいほどのクオリティで量産しまくり。
2009年上期も17作(かな?)を投下するという半端なさ。
出来が凄いことはもちろんなんだけど、それで多作って人は他にいないんじゃないかな。
わかむらPが頂点Pとして君臨し続ける一つの理由だと思うのよ。
信者だから一作品を選ぶってのが難しいんだけど、あえて選ぶならコレ。

iコラ2のオープニングとして公開され、参加者レイプの名をままにした作品の単品。
各アイドルの属性(笑)がテキストで紹介されるんだけど、そこがやっぱりたまんない。
タイポグラフィ物が好きなのはりんごP機能美Pを好きなことからも分かると思うけどね。
んで、全員のオリジナル衣装は勿論凄いけど、春閣下および美希閣下の衣装が格好良すぎてションベンちびる。

わかむらPの「ヤリ過ぎ感」が好き、挟むコネタも好き、妥協しないところも大好き、負けず嫌いなところも好き、んでニコマスが本当に好きなんだろうなぁって伝わってくるのが大好き。
老害が集まったニコ生なんかで、それがヒシヒシと伝わってきたし。

ぶっちゃけ、「ロボットハニー」とどっちを選ぶか、最後まで悩んだ・・・。




6.しーなP
アイドルマスター 春香 千早 亜美 - スキ (SUPER LIVE EDITION) ‐ ニコニコ動画(原宿)アイドルマスター 春香 千早 亜美 - スキ (SUPER LIVE EDITION)
老害Pの中でも、この上半期は単品動画の投稿が無かったしーなP
とはいえ、わかむらPとの合作であるこの動画を見る限り、モーション選択のセンスとシンクロによる楽しさを生み出す腕は全く鈍ってないみたい。
※職人と荒れっぷりは、もはやしーなPの動画における恒例行事かもw

っていうかさ、これってKAKU-tailSPからの単品なんだけど、その時と衣装が異なるのよね。
なのにダンスもカメラワークも同じ。
ってことは、しーなPは全く同じになるように、衣装を変えてモーション撮りしたって事でしょ?
それって簡単に言うけどめっちゃむずかしいんじゃいの?
(っていうレビューをどこかで読んだことがある気がする)

ぶっちゃけ、わかむらPの技術力のインパクトがでかすぎるけど(そして勿論素晴らしいけど)、この楽しさは「しーな印」。




7.hsc(whoP)
ニコニコ動画(原宿)アイドルマスター カプチーノ-art
ま た あ り す え か
うちらはそう言いたいが為に、ニコマスで待ってる。
「おかえり」のあと、そう言うために。
あの夜のことを忘れないために。

こないだの『ツンデレーション』の時にも書いたけど、hsc作品は避けてたから、この上半期見たのは”明らかに”タイトルで「ありすえPリスペクト」だと分かるこの『カプチーノ』ぐらいだったのよ。
『カプチーノ』はこれまでにもDikePかんどるまPが「ありすえPリスペクト動画」として作成してどれも素晴らしいんだけど、このhscのも最高。
DikePは完全に伊織動画に仕立てたけど、逆にhscはやよいを加えたトリオで仕上げてきちゃって、もうどっちがいいとか判断できないほど思い入れがあるのかも(ちなみにありすえオリジナルは、伊織美希の14歳コンビ)。
hscお得意の台詞も入るから、余計に泣けちゃう。

ってかさ、この曲を聴くだけで切ない気持ちになる時点で、うちらはどれだけ感傷的になりやすくなってんだろって思うw
カプチーノ色をした制服や画面全体にかかったフィルターが、余計にそれを加速させるから、何度も何度も見ちゃうんだよね。
それでいてカメラワークは半端無いし。

うちらはさ、それこそ明らかに「ありすえPリスペクト」というフィルターを通してしか見れなくなってるけど、当時をリアルタイムで知らない人たちでも十分良質でまったり出来る作品だと思うのよね。

ありすえリスペクトと言えば、2009年上期はこれも選びたかった。




8.orgoneP、fftq氏
iDOLM@STER Do-Dai [CyberC Reconstructed] ‐ ニコニコ動画(原宿)iDOLM@STER Do-Dai [CyberC Reconstructed]
音系MADにおける2009年上期の、そしてニコニコ史においても最高峰の位置したと思ってるfftq氏 + orgonePの作品。
「The WORLDGROOVE is MINE」のサブタイトル(コンセプト?)通り、うちらは踊らされるしかないものね。

fftq氏の気持ちよすぎるサウンドに、orgonePの「オレの雪歩が一番可愛い!」と言わんばかりの即死映像が続く4分間の天国。
ドライブ感溢れるリミックスなのに緩急付けた雪歩のダンスが見事すぎて、止め絵とエフェクトもクール過ぎて、見る者を画面に釘付けにしちゃう。

この動画も含まれる、二人がトカチゴールド2でプレイした動画は二日間だけ公開されたけど、30分もの長編にもかかわらず今でも延々と見てるw
公開中も二桁再生したぐらいにw




9.未来派先生
【アイドルマスター/MMD】 とかち黎明編 【低音厨remix】 ‐ ニコニコ動画(原宿)【アイドルマスター/MMD】 とかち黎明編 【低音厨remix】
毎年恒例の亜美真美誕生日記念に投下された「未来を行き過ぎてる動画」。
友P初期の「スモい」とはこれまた違う、「可愛さ控えめ、エロさ増量」のミクMMD改造とかちと、『黎明スターライン』のテクノビーチMIXの組み合わせによる衝撃の動画。
「格が違う・・・」、「先生・・・置いていかないでください・・・」、「頭がおかしくなりそう・・・この動画見てるとw」、「世界平和について考えさせられるな」・・・・これらの※がこの動画の異常っぷりを端的に表してると思うのよね。

音だけだと背筋が寒くなるほどかっこいいのに、歌詞と台詞が完全に「紳士」で、映像が完全に病気。
格好良さが全て台無しwwwww
「腰振りとかち」はもちろん変態だけど、それ以上に「土俵→ズゴックとかち」の意味不明さが最高すぎるwwwww

トカチゴールド2でも格の違いを見せつけまくったけど、久しぶりのMADもやっぱり病気でした。




10.友P
【アイドルマスター】STAY AWAY【鏡音リン】 ‐ ニコニコ動画(原宿)【アイドルマスター】STAY AWAY【鏡音リン】
「ボカロ」+「3D」+「演奏してみた」+「再現m@ster」なんていうワガママ作品。
もはや「スモい」なんて時代があったことを思い出せないほど、友Pの作るモデリングは可愛いし、しかもぐりんぐりん動くし。

比較版を見てもらえれば、よりその凄さが分かるけど、単体でも十分とんでもない。
もはや「人間」だもの。

OZAKIPの演奏もトンデモねぇ、特にベースが。
ドラムもギターも堅実だけど。
いや、原曲を知らないから、忠実なのかオリジナル成分が多いのかは分かんないけどね。

リンの調教は確かに「ズコー」だけど、気付けば慣れている自分がいるのよね。








11.G様P
アイドルマスターPV ~泣き虫少年~ RockBand Version ‐ ニコニコ動画(原宿)アイドルマスターPV ~泣き虫少年~ RockBand Version
この上半期において最もエポックメイキングかつ、今後のトレンドの一つとして育っていくんじゃないかと思った動画が、このG様Pの『泣き虫少年』。
ぶっちゃけ、曲は結構どうでも良いんだけど(笑)、MMDとアイマス映像とをシームレスに組み合わせ、ボーカルはアイマス映像である覚醒美希、バンドメンバーである春香(G)、雪歩(B)、やよい(Dr)の引き映像はMMDで楽器演奏させるという、誰かが思いついてもいいようなネタなのに、(多分)誰も挑戦しなかったことを成し遂げているのよね。
バンドメンバーもアップになるとアイマス映像が使われて、この辺の使い分けが見事。

確かにまだMMDのモーションに堅さがあったり、楽器の演奏がデタラメだったりもするけど、また一つニコマスは新しい手法を手に入れたのよね。
しかもG様P新作では、明らかに腕が上がってるし・・・。




12.まんまP
アイマスオールスター ~Broken Glass Syndrome~ AMV風 ‐ ニコニコ動画(原宿)アイマスオールスター ~Broken Glass Syndrome~ AMV風
『ブラクラ』でアイマスといえばトカチPの「りっちゃんとロベルタのシンクロ率100%なこれ」で有名だけど、完全にそのイメージを払拭しちゃったのが、まんまPのこの作品。
オールスターの配役が見事すぎて、3Dステージも雰囲気に合いすぎて、千早の舌を出す改変絵パートで出てくる「ここのちひゃーだけで、米俵三俵はいける」って※も納得せざるを得なくて、※による歌詞のクォリティが異常で、何よりも「日本刀で銃弾を叩き斬る」シーンだけのためだったとしても見るべきだと思う動画。

もともと原曲の格好良さや、オマージュ元の神MADがあるとはいえ、この作品を見てしまったが為にうちは「ブラクラ」を見ることを決めましたw
60fpsの異常なクオリティで、ビシビシとインコースを攻められまくったら、手を出すしかないっての。




13.タクヲP
THE iDOLM@STER 天海春香 「サンデイ」 ‐ ニコニコ動画(原宿)THE iDOLM@STER 天海春香 「サンデイ」
完全にヤンデレ化しかかっている春香さんを見事に描いた動画。
うちのストーカーじみた性格に、『サンデイ』のサビのリフレインと春香さんの壊れっぷりが余りにもシンクロして見えて怖いのよね。
それでいて何時までも脳内で繰り返されるサビ。

休日オフの春香の部屋から始まる動画はどこまで行っても救いようのない壊れっぷりで、117の時報がさらに不安にさせて、春香のモノローグが完全に逝っちゃってる人の物言いで、ただ「あの人」に会いたいという執念だけで立っているような物。
うちはそんな人を現実で二人も知ってるw




14.かよーP
アイドルマスター 如月千早 × 30minutes night flight ‐ ニコニコ動画(原宿)アイドルマスター 如月千早 × 30minutes night flight
色鉛筆風のエフェクトで描かれる、260秒のドラマ。
OPから40秒でこちらを見る千早に殺されて、視線とリップシンクとダンスに溜息が出て、サビ後のパンアウトで息を飲んじゃう。
夕陽が差し込む電車の車両も大好き。

昔、「ほんの一瞬のフライトプラン」ってテーマで曲が書きたかったけど、もちろんタイトルだけで何も書けず。
この曲を見て何となくそれを思い出したのでした。




15.TPTP
【アイマスRemix】M@STER TRAXX Disc02【Im@shup】 ‐ ニコニコ動画(原宿)【アイマスRemix】M@STER TRAXX Disc02【Im@shup】
「マッシュアップ」と「Remix」に、各曲に併せたジャケットイラストを用意して、さらにミュージックプレーヤっぽいインターフェースまで用意したこの企画。
2009年上期におけるTPTPの新作はここに収録された一曲だけ。
仕事が忙しかったり、入院されたりと、色々と不運が重なったから仕方ないんだけど、だからこそトカチゴールド2への参加は奇跡だったのかも。

タイトル通り「スタ→トスタ→」と「黎明スターライン」のマッシュアップをドラムンベースで仕立ててあるんだけど、もう少し低音成分があっても良かったかも。
企画の趣旨からも「紳士成分」は皆無だけど、相変わらず亜美真美ボイスの使い方はうめぇ。

M@STER TRAXXは作業用で聴きまくってるw




16.ツナマヨP
アイドルマスター 「Next Life (Celestial Uplifting Remix)」 ‐ ニコニコ動画(原宿)アイドルマスター 「Next Life (Celestial Uplifting Remix)」
Remixの雄、ツナマヨPによる響ちゃんの『Next Life』。
かみたPによるイラストが萌えすぎで、マジで壁紙にしたくなるっても魅力の一つ。

『Next Life』そのものがエレクトロポップであるので、それをどの様に弄ってくるのか楽しみだったけど、まさに正当派リミックスといった感じ(何の説明にもなってないw)。
相変わらず透明感溢れるツナマヨサウンドは「TSUNAMAYOせよ!」と※したくなるw

上のM@STER TRAXXに収録されている『KisS』と散々悩んだけど、TPTPのついでに聴いて貰えばいいや、とオモタ(あ、ekaoPの絵も素晴らしい!)w




17.しちやんP
アイドルマスター 伊織×Polaroid ‐ ニコニコ動画(原宿)アイドルマスター 伊織×Polaroid
「目覚めたら物凄く気分の悪い夢を見た気がした。別に悪夢じゃないのに、このまま一生この世界から出られない感じ」
うちにとってはそういう作品。
なんだろう・・・分かってもらいにくいと思うけど、わかむらPの「Wow」の対極に位置すると思うのよ。

見るたびに怖くなるのに、それでも何度も何度も見ちゃうのは何故かなぁ。
ビブリボンのBGMが無駄に低音厨で格好良くて、シャッター音のSEも格好良くて、テンポアップが格好良くて。




18.デポP
【BMS×アイドルマスター】TOKYO-RHYTHME No.524 ‐ ニコニコ動画(原宿)【BMS×アイドルマスター】TOKYO-RHYTHME No.524
デポPも、「BMS」ってのも、もちろんFALL氏も知らなかったけど、こんなの出されたら釘付けになっちゃうじゃない。
あとになって「チーターガールの人」だって知って納得したけど。

簡単に言えば「純粋に楽しい動画」。
疾走感と、チープでありながら魅力的な3Dモデリング背景と、りっちゃんの踊りっぷりを見てるだけで、あっちゅう間に二分が経っちゃう。

こういう「まずは見てちょうだい」って動画って、文章を書きにくいのが弱点w




19.フェリーニP
[修正版]アイマス×リキテンスタイン/ドゥーピータイム ‐ ニコニコ動画(原宿)[修正版]アイマス×リキテンスタイン/ドゥーピータイム
リキテンスタインとドゥピーズが溢れまくる動画に、ただココロを奪われてダラダラ見てるだけで居たい気分になる作品。
語るべき事がないのは、さっきのデポPの作品と同じ理由。




20.柿P
アイドルマスター 禁じられた色彩~戦場のメリークリスマス~ ‐ ニコニコ動画(原宿)アイドルマスター 禁じられた色彩~戦場のメリークリスマス~
「そっと評価されるべき」というタグ通り、一番最後は柿Pの『戦メリ』で。
ニコマスの魅力って「こんな曲に出会えて良かった!」ってのがあるけど、もちろん「好きな曲がこんな動画に!」ってのもあるじゃない。
本作はそれの最たる物。
教授の「ベタすぎる名曲」だけど、それでもいいじゃない、好きなんだから。
コンサートで二列目に座って『戦メリ』の弾き語りを聴いたのことは、墓場まで持って行く自慢だもん。

Sarah Brightmanのボーカルバージョンなんだけど、だからこそ千早の「歌姫」っぷりがよく似合う。
適度に挟み込まれる実写、適度なシンクロ、適度なエフェクト。
その「やり過ぎない」感じが、教授っぽくも感じるのは単なる信者?
Merry Christmas Mr. Lawrence...

あ~、思い出深いと言えば、かつて(中略)が好きだったこの曲は、聴きたいような聴きたくないような、それでいて素晴らしいリップシンクと、背景に書かれた手書き3人のせいで何度も見に行っちゃったりとか。

<< ついに・・・ , 大阪が揺れた夜(更新完了) >>