神戸発 函館行き 1日目まとめ(9/19 兵庫県明石市~福井県敦賀市)

ほんとは4時頃に出発したかったのよ。
でも日の出が5時半頃だと後で気付いたことと、何よりも前日寝るのが遅かったので(笑)。


4時半に目覚めて最後の準備。
主にケータイとかデジカメとか、ギリギリまで充電してたものばかりだけど。
で、肝心なツーリングマップルの全体地図を忘れた…。


前日の晩に注油とタイヤの空気入れは済ましてたので、単純に荷物を積むだけ。
最後まで悩んだけど、重いからサンダルは置いていくことに。

c0105957_18451261.jpg

記念撮影をしてから、5時45分にスタート。
とはいえ神戸まではいつものルートだし、平坦で楽勝だからボーナスステージみたいなもんだけど。

三ノ宮を過ぎて、2号線から43号線に。
走りやすいんだけど、信号にかかりすぎだわ…。


最も嫌だった171号線には7時半頃入ったのかな?
で、大阪には8時に突入。
入った直後にダイハツの本社があってビビった。
全然しらなかったよ。
もちろんダイハツ町。
んで、この直後に道を間違ったのでした。


高槻から長岡京まではとにかく走りにくく、歩道に上がることも何度も。
で、車が減ると風が強くなるし。


朝から22℃程度だった気温も、9時を過ぎる頃には28℃まで上がって、めちゃめちゃ暑い。
しかも京都ではミンミンゼミが泣いてるし…。


東寺に着いた時はテンション上がりまくり。
投稿したおっちゃん以外にも、写真を撮ってくれたお姉ちゃん二人組や、チャリに興味を持った中学生とか、色々と触れあったよ。
c0105957_18572453.jpg


まずは最初の目標をクリアしたので、次の目的地である琵琶湖へ。


ところが予想してた通り、100㎞を越えるとガクッと疲労がやってくるのね。
東寺でちょうど98㎞ぐらいだったんだけど。
東山から伸びる峠がそれに追い討ちをかけて、辛い辛い。
ダンシングすると太ももがつりかけたので、途中で休憩したり。
c0105957_1904637.jpg

一つ目の峠を下ると1号線から161号線への分岐点。
敦賀に行くには161なんだけど、どう見ても自動車専用道っぽい
たもとにあるガソリンスタンドの兄ちゃんに聞いてみるとやっぱりその通りで、「この1号線をまっすぐ行って山を越えると、そこにも161への分岐があるんで」って教えてくれたけど、山って…。

斜度はさほどキツくないけど、疲労してる身には辛い。
路肩も狭いしね。
あ、横には京阪電車の線路が平行してた。
その峠のてっぺんが、逢坂の関所だったのよね
c0105957_19151.jpg


さて、峠を下ると大津なんだけど、そこで本日一番の衝撃が!
平行してた京阪電車の踏み切りがあるんだけど、正確には遮断機が無いのね。
「何でやろ…?」って思ってたら、ちょうど電車がやってきて、踏み切りの途中から進路を変えて、いきなり道路を走り出した!
うおっ!ってマジで声に出したよ。
さっきまで線路を走ってたのに、いきなり路面電車になるなんて…(もちろん路面にも線路はあるけど)。
路面電車用の車両じゃないからか、とにかく長い。
恐らく4両か5両。
それが街中の坂を下っていく様子は、かなり異様だったよ。


峠を下り終えると電車は右折して駅へ。
うちは161号線に沿って左折して北へ。
昼食にカツカレーが食いたいのに見当たらず、CoCo壱すら出てこない。
空腹が頂点に達した頃、天下一品の看板を見掛けて飛び込んだのね。
カツ丼セットなんていう、カロリー王向けのメニューを注文して完食。
ちょうど1000円。
水を補給して120円。
c0105957_1941844.jpg


まだバテバテだったので、しばらくしゃがみこんでたけど、このままじゃいつまでも動けないので奮い起って出発。
ちょうど目の前をリュックを背負ったMTBと、キャリアにバニアバッグなルイガノのロードが居たので、付いていって引っ張ってもらうことに。


「先行ってください」って道を譲られたけど、「疲れてフラフラやから引っ張って」ってお願い。
ここからしばらくは彼らと一緒に。
彼らは京都から来た学生で、二日がかりで琵琶湖を一周するんだとか。
ルイガノな彼はかなり走り込んでいて、それこそ北海道方面への情報なんかを教えてくれた。
敦賀の手前の「国境」っていう峠がけっこうつらいですよ、って。

彼らに奢った分も含めて、コンビニで540円。
ところがこの辺りから風が異様に強くなってきたのね。
高槻から吹き始めていた風だけど、ここにきて暴風に。
左前から吹いてくるんだけど、チャリが真っ直ぐ走らないほど(笑)。
とにかく辛い!
でも彼らと一緒で良かった…。
c0105957_1981573.jpg

白髭神社で休憩し、しばらく行くと彼らと別れてまた一人旅。
強風の中も黙々とこぎ続けるしかないけどね。
さいわい途中からは161号線も自転車で走れるバイパスになってたので、信号が無くて助かったけど。


161から県道へ入る分岐点のセブンイレブンで休憩。
ここで今晩の宿を取ることに。
前に目星をつけてたビジネスホテルがまだ空いてたので楽天から予約。
こんなとき、あいぽんがあって良かったと思うよ。
水と非常用食料で300円。


県道を琵琶湖に沿って進む。
あんまり見る余裕は無かったけど、琵琶湖の風景は綺麗だわ。
淀川に流れ込む頃には汚い水になってるけど。

腹が減ったと感じる頃、ちょうど「白い鯛焼き」があったので購入。
130円。
大将に敦賀までのみちを聞くと「自転車だと結構キツイっすよ」と言われる…。


琵琶湖のてっぺんで再び161と合流し、いよいよ峠越え。
まずはマキノ追坂峠って、どんだけ「おおさか」って言葉が好きなんだよ(笑)。
ここは短めでさほど辛くない。
これで終わりだったら良かったのに…。

平行区間だった308号線と別れた直後から、交通量が一気に減って、またもや登り始めた。
噂の国境…。
滋賀と福井の県境・・・。


いやぁ、辛い!
斜度はたいしたことないのに、170㎞を走ってきた足には地獄。
このカーブを曲がれば峠のてっぺんのはず…なんて、いつも通りの心境で登り続けた。
標高はおよそ380m。
てっぺん近くで前を走っていたチャリダーに追いつく。
彼らは西宮からうちと同じコースで走ってきて、20日から開催される「ツール・ド・のと」に出場するんだって。


頂上で彼らと別れ、そこからは幸せな下り坂。
とはいえ油断すると荷物の重さでこけちゃうけど。

敦賀市内に入って、ホテルに着いたのが6時半。
さっそく風呂に入って、洗剤がないから水洗いで洗濯(笑)。

その後、晩飯ついでに100均に寄って、洗剤とサンダルを買ったのでした。
朝、搭載するのを断念したサンダルだけど、100均で売ってたのは衝撃の軽さだったんで。
コレはマジでこのたび通じて役に立ったよ。

晩飯は近所の食堂で一品を幾つかと「ざるラーメン」。
なぜかこの付近でやたらと見かけるメニューだったの気になってたのよねw

9時半には就寝。

本日の走行距離:200.09km
本日の平均時速:22.7km/h


本日のルートはこちらに投稿済み。
c0105957_1953960.jpg

c0105957_1965162.jpg

<< 神戸発 函館行き 2日目まとめ... , さらば北海道 >>