神戸発 北海道行き再び 目次ページ

c0105957_1842201.jpg


期間:2012年9月15日~2011年9月23日(9日間)

日本走破塗りつぶしの旅 第六弾

目的:東京でのニコマスイベントを満喫した上で、昨年の続きとして北海道を埋める。

初体験:太平洋側のフェリー

トータル走行距離:551.79km

トータル走行時間:約28時間

トータル獲得標高:2905m




●「神戸発青森行き再び」のつもりだったけど、「北海道行き再び」かも(計画編)
NoNoWire on Floor2へ参加するために、旅は東京からスタートすることに。
太平洋岸を走って青森へ到達するつもりでいたのに・・・。





●神戸発 北海道行き再び(計画編2)
往きの新幹線とフェリーのチケットを取った以外、まったく計画を立ててなかったので、ブログを書きながら計画するという前代未聞の企画。





●神戸発 北海道行き再び(準備編)
フルカーボンロードへキャリアを装着するという無謀な企画。






●その1(1日目 9/15 首都アイモバ争奪編)
始発の新幹線で東京入りし、NNWoFまでの数時間で東京の残りエリアを埋める企画。
ビビさんは鉄分だけで出来ている。





●その2(1日目 9/15 NoNoWire on floor2編)
秋葉原MOGRAにて、NoNoWire on Floor2で再び踊り狂う。





●その3(1日目 9/15 港の男編)
大洗へ向かう中、予想外に茨城が田舎であることに衝撃を受け、フェリーに乗船。





●その4(2日目 9/16 洋上から制圧作戦編)
フェリー上からアイモバのエリア制覇計画について。





●その5(2日目 9/16 洋上の孤独な戦い編)
絶妙すぎる函館エリアは取れるか否か?!





●その6(2日目 9/16 苫小牧の夜編)
ようやく上陸した苫小牧港から、とりあえず千歳エリアを取って、野宿する。





●その7(3日目 9/17 サラブレッドの国編)
新冠、静内とサラブレッドロードを駆け抜ける。





●その8(3日目 9/17 襟裳岬も萌えの浸食を受けてる編)
猛烈な向かい風を乗り越えて辿り着いた襟裳岬には衝撃の光景が!





●その9(4日目 9/18 とかちつくちてと叫ぶ編)
念願の「十勝地方」で「とかちつくちて!」と叫ぶ夢が叶う!
その後、21世紀の日本において、水分と食料に飢える。





●その10(4日目 9/18 恋って何だろう編)
恋問海岸で溢れるほど豚丼を食い、釧路ではクジラの刺身を食う。





●その11(5日目 9/19 釧路湿原はサバンナ編)
釧路湿原 細岡展望台への道のりは地獄であった。






●その12(5日目 9/19 根室も摩周湖も近くにあらず編)
根室エリアを制覇するために遠回りし、絶望的な摩周湖への登りに苦しむ。





●その13(5日目 9/19 運命の瞬間編)
摩周湖の下りで発生した、チャリンコ旅最大のピンチ。





●その14(5日目 9/19 満天の星空編)
トラブルを抱えたまま、屈斜路湖のライダーハウスを目指す。
その夜に見た、奇跡の様な星空。





●その15(5日目 9/19 青い超特急編)
旅のこの先について再度計画しつつ、あおちょPの申し出をありがたく受けることにする。






●その16(6日目 9/20 行きやすい屈斜路の秘湯編)
屈斜路湖 和琴半島にて、素晴らしすぎる秘湯を発見し、真っ昼間から温泉を満喫する。





●その17(6日目 9/20 まだまだ温泉編)
昨晩行ったコタン温泉へ再び。






●その18(7日目 9/21 アイドルマスター編)
あおちょPに拾っていただき、美幌峠で「アイドルマスター」となる!






●その19(7日目 9/21 帯広満喫編)
鉄分を補給し、憧れの「ばんえい十勝」へ辿り着き、帯広豚丼を食い、インデアンカレーを食い、たろPも合流してプチオフ会となる。






●その20(8日目 9/22 快速 狩勝 洋菓子の旅編)
六花亭の本店限定商品、クランベリーのスイートポテトを確保しつつ、列車の旅が始まる。






●その21(8日目 9/22 富良野事件簿編)
ママチャリで岩見沢/空知エリアを制覇した後、富良野で大事件を起こす!






●その22(8日目 9/22 美瑛の丘に夕日が沈む編)
美瑛の丘を歩きながら散歩。






●その23(9日目 9/23 完結編)
最終日、思ってもみない場所で、思ってもみない人に出会う偶然。

<< アイモバ土産未取得一覧(201... , 再び北へ:神戸発 最北端行き ... >>