響ちゃんとテツさんと信州めぐり旅 前編(3/9~3/10)

c0105957_20525075.jpg


●ポロッと溢したヒトコトで、旅は始まる

アイモバ民にとって幸せな季節、青春18きっぷの期間がやってきた~!
以前から企んでた長野と新潟の制覇、ちょっと調べてみたら流石に土日で佐渡まで制覇は難しいねぇ。
いま、残ってるのは、こんな感じなんだけど。
c0105957_22333934.jpg



どうしよっかなぁって悩んでたら、テツジンPも便乗してくれるみたいなんで、だったら行くことにしたよ。
あ、宿泊と飲み会を松本市で開くための現地集合ってだけで、行程は別ね。
c0105957_2236432.jpg


日程は先日の土日(3月9日~10日)。
では、スタート!






●いつもの米原経由名古屋行きは平和

 6時50分 明石発
 8時56分 米原着

c0105957_18331433.jpg


長野と言えば、雪国のイメージが強い。
特にここ最近は各地で大雪の報道が多かったから、どんだけ積もってるんだろうかと、ビクビクワクワクしてたwwwww
そして何よりも「どんな恰好すればいいんだろ?」って悩んでたのね。
ここ数日、地元はめっちゃ暖かいから。
ま、今回は電車に乗ってるだけで、外をウロウロすることは無いから、大袈裟な恰好をする必要はないか。

米原までの二時間は、シュタゲの新作小説を読んでた。
買ったまま積んでた初回限定版をこの機会に。
もう二巻が出てることをかえでPに教えてもらって、車内から慌てて初回限定版を注文したよwwwww
話の動き出すのが遅いのはいつも通りだけど、面白くなってきたねぇ。
c0105957_22414831.jpg

STEINS;GATE 閉時曲線のエピグラフ ドラマCD付 【書籍】

5pb.


STEINS;GATE 永劫回帰のパンドラ ドラマCD付き初回限定版 【書籍】

5pb.




米原での乗り換えは18分もあるので、今回は慌てなくても大丈夫。
快速を待つ間に、向かいのホームの「L特急しらさぎ」と記念撮影。
c0105957_22415689.jpg




 9時14分 米原発
 10時29分 名古屋着

c0105957_18371090.jpg


途中の近江長岡駅で暫く停車時間があったので、ホームから伊吹山を撮ってみた。
晴れた青空に、よく映えるねぇ。
今年も伊吹山ヒルクライムにエントリー済み。
それまでに痩せてトレーニングもしなきゃwwwww
c0105957_22421190.jpg


名古屋駅での乗り換えは僅かに3分。
なのに2番線から8番線への移動とか、かなりキツいねぇ。
急がなきゃ、確実に間に合わない。
名古屋って通り掛かることは多いのに、あんまり遊んだことはないなぁ。
去年のGWにチャリで愛知を全制覇したときはもちろん満喫したけどwwwww
c0105957_23154889.jpg







 10時32分 名古屋発
 11時45分 中津川着

c0105957_1840531.jpg



中央本線で多治見駅を通過したときには、去年の北陸一周旅のことを思い出してた。
真夏の多治見、マジ地獄の暑さ。
c0105957_23221891.jpg



そういや、うちのPSPには、小笠原の初詣で買った亀の御守りを付けてるんだよ~。
c0105957_2324511.jpg


今回は行き帰りともに同じ列車だから、退屈しないようにトルネさんから「あの夏で待ってる」を蓄えてきたwwwww
今回は聖地巡礼出来ないけど、信州繋がりでwwwww


中津川での乗り換えは16分。
ちょうどお昼時だけど、事前に調べたら駅弁に惹かれなかったのでスルーで。
それに北見P曰く、中津川からの電車は二両ワンマンのローカルになるから、早目に並んでおいた方がいいってね。
特急しなのと記念撮影したら、すぐに並ぶことにしたよ。
c0105957_23323873.jpg







●中央西線の車窓と、思わぬテツさんとの合流

 12時01分 中津川発
 14時15分 松本着

c0105957_18462953.jpg


中津川を出ると、より一層 山深い風景となる。
うん、これこそが電車の醍醐味。
二両のローカル線はコトコト進む。
c0105957_23511777.jpg


中央西線は高山本線と風景が似てる。
とはいえ、こちらは山が迫ってる場所よりも、少し開けた場所が多いかな。
住宅地も沢山見かけるし。

そして深い緑の木曽川に沿って進むもんだから、車窓を眺めてるだけで飽きない。
うん、素敵だねぇ。
c0105957_23525938.jpg



というわけで、この遠征で最初のエリア制覇。
木曽エリアを制覇して435エリア目!
これ、さっぱり何の写真か分かんないねw
いや、いつもの事かw
c0105957_003817.jpg



さて、北上するに従って凄い雪景色だろうと思ってたのに、まったくそんな事は無いw
線路脇に少し雪が残ってる程度w
その上、車内は日当たりが良すぎて暑いほどにw
そんな中、遙か向こうには標高の高い雪山が見える!
御岳かなぁと思ったら、キッタミー曰く違うらしいよ。
茶臼山の方なのかしら?
c0105957_026213.jpg



気付けば上高地/乗鞍エリアは代行が26件も溜まってる。
ぬぅ・・・やはり凄いな・・・。
しかし、うちが行く時には消えてるんだろうな・・・。
c0105957_0282232.jpg



朝から新幹線で長野入りして北から南下してきたテツさんと、偶然にも贄川の駅で合流。
テツさんは木曽エリアを取って折り返すところ。
おっすおっす、1ヶ月ぶり。
c0105957_20221767.jpg


さて、中央本線に西線と東線、篠ノ井線の3つが合流する塩尻駅にはうちらの仲間内で「超狭い」事で有名な店がある。
要衝となる駅だけに乗り継ぎも多いにも関わらず、停車時間は僅かに9分。
なのに、電車は数分遅れてるから、入店はもちろんのこと、見学すら出来ないかも。
間もなく塩尻駅。
c0105957_20213597.jpg


テツさんに荷物番をしてもらいながら、階段を駆け上がる。
どこだ…?
あれかっ!
入り口が「有り得ないほど狭い蕎麦屋」、ついにリアルで目にする!
そして、松本エリアを制覇して436エリア目!
c0105957_20223221.jpg



写真を撮ったら慌てて電車へ戻ったのに、特急も遅れてるからまだまだ出発しない。
待ってるあいだ、引退するミニエコーの垂れ幕を撮ってみたりね。
c0105957_20244894.jpg



進みだした列車でテツさんと話してるうちに、終点の松本駅へ到着。
うちは長野方面へ、テツさんは上高地方面へそれぞれ向かうため、「また夜に!」と言って別れる。






●素晴らしき日本三大車窓

 14:26 松本駅発
 15:41 長野駅着

c0105957_18572844.jpg


ここからは篠ノ井線。
古い車両だけど、しっかりとボックス席で良かったよ。
しかし、車内はさらに暑いwwwww
窓を少し開けて、外の風を感じながら進む。
以前、同じ路線に乗ったかわはらなおP曰く、篠ノ井線は「日本三大車窓」と「スイッチバック」が楽しめるらしい。
c0105957_20262617.jpg



姨捨駅」という、インパクト抜群(あの姨捨山そのものなんだけど)な駅付近の眺望は、確かに見事。
山肌を登り続け、トンネルを抜けたあとに広がる解放感は、全く違う景色なのに釧路湿原を思いおこす。
善光寺平を見下ろしながら、その周辺をぐるりと走り続けるこの路線の車窓は、ホントに見事だわ。
え~っと、ボウルの縁を走りながら、底を眺めてる気分です(台無しwwwww)。
素晴らしい経験をしながら長野エリアを制覇して437エリア。
c0105957_7133769.jpg



スイッチバックだって、やっぱり楽しい。
姨捨駅の進入時や、その先で特急の通過待ちをする際にも、「列車が後方へ進む」という、駅をオーバーランしたとき位しか味わえない感覚を楽しめる。
鉄分が無くたって、やっぱり楽しいwwwww
酷い写真だけどwwwww
c0105957_7133846.jpg








●長野駅で満喫するグルメ

ほぼ9時間乗り続けて、長野駅へ到着。
次の列車まで50分あるし、時刻は16時前なんで、遅めの昼食としようかね。
c0105957_193561.jpg


長野駅は立派過ぎて、駅前は大都会過ぎて、結局は駅構内にある立ち食い蕎麦にたどり着くというwwwww
しかし…店の雰囲気が既に「旨そう」とか、ズルいなwwwww
こちらは長野市内の老舗「小菅亭」の支店みたいね。
c0105957_7133926.jpg


かき揚げ蕎麦に玉子を追加してみたら、空きっ腹も後押ししてか、極上の旨さだったよ。
蕎麦はもちろん、出汁もうめぇ。
玉ねぎメインのかき揚げも。
c0105957_7134084.jpg




長野駅の改札前に掲げられてたコレを見て思い出した。
高校の修学旅行が野沢温泉のスキーで、帰りに善光寺詣りしたんだ。
c0105957_7134162.jpg




乗車までまだ時間があるから、駅の中を探検。
そうだ、長野駅の駅弁はどんな感じなんだろ。
改札内の駅弁をチェックした後、新幹線の改札内にも駅弁屋があることを確認。
駅員さんにお願いして通してもらったけど、売ってる物は在来線と同じだったね。

スルーしそうになったけど、気になるキーワードを見つけてしまって買っちゃったのが、こちらの「味噌かつ弁当」。
名古屋名物かと思いきや、使っている味噌が「信州味噌」らしいのよね。
c0105957_7242361.jpg



これから乗る飯山線は4番線。
これまた年期の入った車両だねw
やたらと四角いなぁ。
c0105957_724258.jpg

c0105957_7242684.jpg



ホームへ入ってくる前から、かなりの乗客が列を作って待ってる。
うちは乗車時間が短いのもあって、並ぶのも面倒だからスルー。
代わりに、さっき買った駅弁を頂きましょう。

信州味噌だけでなく、信州ポークも使った味噌カツ弁当は、白飯の上に敷き詰められた錦糸卵と鶏そぼろも相まって、確実に「男子受けする弁当」w
そして信州味噌。
あたしゃ、おそらく信州味噌って初めて味わうんじゃないかと思うけど、味噌の印象がガラッと変わる「優しい味」ね。
味は濃いんだけど、あっさりした味わいが、トンカツのコッテリ感を和らげる。
だから重たくないのよね。
これはぜひ、熱々のトンカツでも試してみたいなぁ。
c0105957_7242784.jpg








●上今井駅で無人駅の旅情を

 16:31 長野駅発
 16:58 上今井駅着

c0105957_1939550.jpg


飯山線は制服姿の学生が多い。
土曜日だけにこの時間帯だと、部活帰りかしら。
うちはと言えば、連結部分付近に陣取って、窓の外をずっと眺めてた。
あ、このまま乗り続けてたら、野沢温泉へ着くのか。
c0105957_7242868.jpg


しかし、この路線は車窓から眺める山並みがとっても素敵。
方角的に志賀とか苗場とかなのかな。
c0105957_724297.jpg



上今井駅で志賀高原エリアを制覇して438エリア目!
久しぶりに超ローカルな駅で、折り返しの電車を待つワクワク感w
c0105957_7243581.jpg



駅前には路肩に雪が積み上がってる。
ってか、雰囲気ありすぎる駅前風景だわw
c0105957_724361.jpg



せっかくだから、窓越しではないクッキリとした状態で山並みを撮っておきたい。
c0105957_724373.jpg


パノラマで撮ったらこんな感じ~。
あんまり伝わらないかなw
c0105957_13272164.jpg


踏切から、夕方の線路を。
うん、旅情旅情。
9分間、無人駅を味わいまくる。
c0105957_7243890.jpg








●牟礼駅ダッシュ

 17:07 上今井駅発
 17:19 豊野駅着

c0105957_19504637.jpg


次のエリアへ向かうために、今きた路線を逆戻りして豊野駅まで。
あっという間に着いちゃうから、思わず降り忘れるところだったw
豊野駅は飯山線と信越本線の分岐点。
今度はここから信越本線へ入るために、乗り換えるのです。
c0105957_724396.jpg



乗り換え時間は21分。
とはいえ、中途半端に田舎の駅は面白さが無い。
待合室でぼ~っとするくらいしか。
地元の客と共に過ごす待合室に貼られた、近所の高校生が書いた川柳。
内容よりも、一番左端の「りゅうく」君はどんな漢字を当てるのか、すげぇ気になるw
c0105957_7244025.jpg


やってきた信越本線の列車は、篠ノ井線と同じカラーリングかしら?
え?!
ドアは手動開閉ってだけじゃなく、電化されてないの?!
いわゆる「引き戸」だよねw
c0105957_7311224.jpg






 17:40 豊野駅発
 17:48 牟礼駅着


目指すは妙高/戸隠エリアの端である隣の牟礼駅。
しかし・・・ここから山深いエリアへ入るせいか、急激に雪景色となる。
積もっている量は全然多くないんだけど、いきなり「雪国」だわ、ここ。
c0105957_7311482.jpg



そして、この旅で唯一のチャレンジ区間。
といっても大袈裟なもんでも無いけど。
牟礼駅で折り返しの電車への乗り換えは1分。
しかし、跨線橋を渡って隣のホームへ向かうには、1分だと厳しいかしら。
これを逃すと30分の待ちが発生するだけなんで、駄目だったからって困ることは無いけどね。
先に松本で待ってるテツさんの腹が減るだけだw

牟礼駅へ侵入する列車。
事前に跨線橋の階段の位置を、今日の昼に訪れたテツさんに聞いていたにもかかわらず、全く逆に陣取ってしまった悲しさw
狭いホームを走り抜け、地元の女子高生に怯えられながら階段を駆け上がる。
トートバッグからiPhoneが落下するという悲しい事故があったけどw
間に合うか!!!!!


なんとか間に合ってしまったがために、牟礼駅の風景も、牟礼駅名物の「天狗像」も目にすることが無かったwwwww
ま、仕方ないかwwwww
妙高/戸隠エリアを制覇して、439エリア目!
写真はwikiから。
c0105957_19563529.jpg

<< 響ちゃんとテツさんと信州めぐり... , 1年半の思いが >>