地蔵峠は地獄峠 - サイクルマラソン阿蘇望

c0105957_2224489.jpg

地獄を味わってきました、阿蘇で。
地元のチャリンコ師匠が遙か昔に完走した事から、「いつかは自分も」と思っていた「第15回サイクルマラソン阿蘇望」を。
地獄、マジで地獄。
全ては自分の練習不足が原因だったけどw
「地獄の峠」で話題騒然!4峠、120㎞の超ハードコース」という謳い文句は、伊達じゃなかった。
だって、こんな標高差のコースなんだもん・・・。
c0105957_0203668.jpg


一ヶ月半前にアイマス仲間の@torigara3と砥峰/峰山高原へ登って以来だったのよね。
その日に帰宅して、チャリもそのまま阿蘇の前日まで放置したままだったw
あぁ・・・torigara3765PROレーシングジャージ、かっこいいなぁ・・・。
c0105957_235817.jpg


そもそも、相変わらずの雨男っぷりが全ての予定を狂わせたのよ。
元々の予定は金曜日の夜中に出発して、代行が美味そうな岡山県で車中泊。
土曜日の昼間には熊本へ到着して、船で雲仙へ渡って雲仙エリアと長崎エリアを制覇した上で、オルベアマンPと晩飯を食い、日曜日の大会に備えるつもりだったのね。

ところが先日まで快晴だったのに、金曜日から阿蘇は豪雨。
昨年も豪雨による災害で中止になって、代わりに観光とアイモバの旅へ出た事を思い出したw
とにかく、金曜日の時点でコースの一部である北阿蘇は通行止め。
土曜日になっても大会の開催が危ぶまれる状態。
ただでさえ往復の交通費が2万円以上かかるってのに、行ってみたら中止ってのは切なすぎるw
事務局の方は参加者の安全の責任を預かる立場にあるから、慎重になるのは仕方ないけどね。
c0105957_235927.jpg


なんとか開催されそうだったので、午後2時頃に車で出発。
700kmの旅路だったので、高速へ乗る前に給油。
ところが・・・この時に車の屋根へ財布を置いたまま出発しちゃったのでした・・・。
気付いたのは高速に乗ってからw
すぐに次のインターで降りてガソリンスタンドへ引き返したけど見付からず。
結局、高速道路の路肩に落ちてたのでしたw
色んな車に跳ねられまくって、ブライドルレザーがビンテージのレザーになったけどw
小銭以外は無事でしたw
c0105957_2335419.jpg


そんなわけで出発できたのは16時。
下関での晩飯以外はほぼノンストップで走り続け、南阿蘇へ着いたのは0時半。
会場へ入れるのは早朝って事だったけど、ゲートが開いてたので駐車場で朝まで車中泊。
c0105957_236522.jpg


朝、5時に目覚める。
んで・・・雨が降りまくってる。
降ったりやんだりだけど、降る時はかなり強い雨脚の土砂降り。
これ・・・開催されるのか・・・?
ただでさえ昨年の豪雨で阿蘇は土砂崩れに敏感だし、もちろん復旧も完了してないのに・・・。
c0105957_2382279.jpg


雨の隙間をぬって受付を完了。
どうやら、やるみたいだわ・・・。
ヘルメットにゼッケンシールを貼ったものの、雨が降り続けるのでチャリの準備が出来ない。
仕方なく、車内でエアーを補充するという初体験w
c0105957_237150.jpg


7時20分、とりあえず雨も小康状態なので開会式へ参加。
一番インパクトがあったのは、76才だかの「なるしまフレンド」の会長がAコースに参加する事かしらw
c0105957_2395430.jpg


開会式が終わるとまた降り出す。
んで、雨宿りしているうちに、50人ずつで区切られた自分のスタート順が過ぎてた様でw
申し込み先着順にゼッケン番号が振られてて、自分は121番だったのよね。
途中の関門で足切りがあるので、早めに出発する方が安心なのですよ。
一つ後ろの組(8時15分)でスタート。
なんかニヤニヤしてるw
c0105957_2236100.jpg


まずは阿蘇山の登山口へ向けて下る。
ってかさ、スタート地点の高地にあるってどういうことだよw
これ、あとで地獄を見る事になるよね。

幸い雨は上がって、曇り空の快適な状態。
いよいよ阿蘇パノラマラインを登り始める。
昨年は車で走ったこの道を。
c0105957_082020.jpg


おお!
曇ってたって見晴らしは抜群じゃないか!
声がでかい、カレラ乗りのノーマルクランクの兄ちゃんと喋りながら登り続ける。
前には「宇宙戦艦ヤマト」のジャージを着たチャリンコ歴20年のおっちゃんw
c0105957_2322862.jpg


うん、とりあえず脚は回ってる気がする(フラグw)。
気持ちよく登り続ける。
c0105957_2242734.jpg


昨年、地獄温泉へ行く際に道を間違えた標高850メートル付近から、辺りにはガスが立ちこめる。
完全に雲の中w
数メートル先しか見えなくなるほどw
雨が降ってないのは有り難いけど。
そう、さっきも書いたようにスタートしてからは、すっかり雨が上がったのよね。
なのに曇ってはいるから、気温も上がらないのでチャリダーには最適な気候。

もはや何が何やらだけど、草千里(標高1160m)を制覇したのはスタートから1時間15分後のの9時半頃。
この時点では、まだまだ元気。
c0105957_19541762.jpg


ガスってるので下りはノンビリと。
とはいえ、ガスが晴れると見事な風景(もちろん写真を撮る余裕は無い)。
麓まで続くワインディングロードを眺めながらチャリで下る気持ちよさ。
横風が強いので、たまに煽られるけどw

下り終えると竹原牧場で最初のエイド。
実はこういうエイドがあるチャリンコイベントに参加した事が無かったので、ちょっとテンションが上がったw
バナナとオレンジを食いまくって、麦茶を補給しまくって出発。
c0105957_201118.jpg



次は箱石峠。
周りに居た地元っぽい三人組によると、斜度は大したことないけど、ダラダラとした登りが続くとの事。
しかも、峠を越えたあともアップダウンが続くんだとか。
c0105957_092848.jpg


この上りはあまり見晴らしが良くなくて、とはいえ昨年の豪雨の被害はいまだ完全復旧してなくて、本当に昨年の旅の時からあまり変わってなかったよ。
はやく完全復旧してほしいねぇ。
c0105957_227333.jpg


けっこうヘロヘロになりながら、箱石峠(870m)の先にあるチェックポイントに着いたのは10時40分(スタートから2時間25分)。
これまた「通過を示すために署名する」ってイベントも初体験でテンションが上がるものの、既に疲労気味な身体に不安を覚えるw
c0105957_20153693.jpg


聞いてたとおり、少し下った後に再び登って大戸の口(908m)を制覇。
一気に下って農免道路へ入ると、デブの独壇場w
体重が重い分、んでEurusとPro4の転がりがいい分、下りは速いw
おそらく、みんなが安全運転なだけだと思うけどw
c0105957_0101039.jpg


国道325号線へ入ると、みんなで一直線になって平地でのタイムを稼ぐ。
んで、アスペクタへ向かう時に絶望した。
スタートした時に感じたとおり、スタート地点までの登りが苦痛すぎるwwwww
わずか200m弱の標高差とは言え、既に疲れ果てた身体には苦痛すぎる・・・。

しかし、応援に駆けつけてくれたオルベアマンPが待ってる以上、戻らないわけにいかないw
っていうか、スタート地点がチェックポイントなので、戻らないわけにいかないw
腹も減ってるしw
c0105957_0111581.jpg


チェックポイントは徐行するだけでゼッケンナンバーを読んでくれるので、そのまま通過して昼飯会場へ向かう。
71kmを走って12時前に到着(スタートから3時間40分)。
オルベアマンが見えたので「腹減った~~~!昼飯~~!」って叫びながら坂を登ると、「はいはい、こちらですよ」って係員の方に案内されたw
とはいえ、昼食券を車の中へ忘れたので、駐車場まで歩く羽目に・・・。
ついでに、天候も大丈夫っぽいのでヤッケとかを積んだリュックから、ウェストポーチへ変更。

昼飯はオニギリ二つをだご汁
ここはもちろんのこと、エイドやチェックポイントのボランティアの皆様、本当にありがとうございますですよ。
それと、そこらで見掛ける沿道の地元の方の応援も、泣きたくなるほど嬉しい。

バテてるから食べれないってオルベアマンにぼやいてたのに、結局 昼食を完食。
食わなきゃ、後半を乗り切れないしね。
食いながらダベって、予定通り30分ほどで出発。
休憩しすぎて足切りに間に合わないのは切ないし、休憩しすぎると出発したくなくなるw
出発直前に、オルベアマンに変な顔を撮ってもらったw
c0105957_2115782.jpg


さて、次の足切りは俵山での15時半。
とはいえ、ゴール地点でも足切りがあった様な・・・。
しかし、手元のマップにも載ってないし、周りの係員に聞いても分からない。
「17時くらいに戻ってきてもらえれば」って言葉を信じるか。
(一応、16時半ということになってはず)

さて・・・午後の部へ出発したものの、不安しか無い。
既に脚は売り切れ気味で、休憩したからって回復するはずも無く。
なのに、次の地蔵峠が、今回のコースで一番キツイらしい。
標高差600m、平均斜度6%と聞くとたいしたことは無いけど、売り切れてる脚には地獄。
しかも後半は10%、11%の標識が乱立する峠で、最大斜度は15%にもなるらしいよ。
恐ろしすぎる・・・。
ストリートビューで見るとこんな感じ(季節は違うけどw)。
c0105957_23281697.jpg


昼食会場を出ると、すぐに登りは始まる。
んで、予想通りすぐに脚は止まる。
時速6kmほどの速度で進むしかなく、後ろからはどんどん抜かれていく。
しかし、これ以上進めないんだもの・・・。
前半で踏みすぎたせいか、とにかく太股が動かないし力が入らない。
回さなきゃならなかったのに、練習不足で踏みまくったという悪循環・・・。
ペダルを引こうにも、やっぱり太股が動かない・・・。
もはや惰性で走るしか無い・・・。
ほら、背中が伸びてる酷い姿勢で上ってるw
c0105957_2281759.jpg


「地蔵峠は地獄峠」、みんなそう言うけど、それは本当だ。
一本目がここだと随分違っただろうけど、この時点で既に70km/1400mを登った脚にはキツイ。
いや、違うな。
こういう所でこそ、練習量の差が出るんだよ。
ここでへばってる人は、まだまだ練習が足りないんだよ、きっと。
c0105957_0131535.jpg


そこら中で降車して、路肩で休憩する人が現れる。
うちもそうしたいけど、疲労では無く脚の売り切れだから、休憩しても殆ど回復しないもの。
それに、一度降りるとクセになっちゃうしね。

何度もリタイヤと足切りばかりをイメージしながら、ようやく目の前に見えたエイドの姿。
本当にオアシスに見えてくる。
50分かけて僅か8kmを走るという悲しさ。
しかし・・・後ろに見える麓の風景と坂っぷりで、その苦しさが少しは伝わればいいな・・・。
c0105957_2243957.jpg


とにかくバナナとかりんとうを貪る。
んで、5分ほど休憩。
ここで、スタート前に見かけた春香さんジャージの方を発見。

アイドルマスター 天海春香サイクルジャージ 半袖 サイズ:L

あみあみ



地蔵峠の頂上は、まだこの先2km程有るらしい・・・。
しかし、それを越えればとりあえず下りが続くはずだから・・・。
そう思いながら相変わらず一桁の速度で登り続ける・・・。

地蔵峠の頂上には、この先しばらくは下り続けるという警告案内が。
よし!とりあえず下りながら休憩だ!
とはいえ、この後の足切りが怖いので、前後に注意しながらスピードを殺さない様に。
おそらくこの時に本日の最高速度である65.1km/hを記録。
c0105957_0144984.jpg


気持ちよく下った後は県道28号線へ合流。
僅かに上る道を進みながら、頭の中に浮かぶのはクエスチョン。
確か・・・四峠よね・・・?
あと一つなのに、もう目の前には関門がある距離。
ん・・・?四つ目の峠は楽勝なの?
c0105957_0154618.jpg


隣を走る方も初参加で、同じ感想を抱きながら関門となるエイドへ飛び込む。
ここを15時半までに通過しなきゃいけないんだけど、14時20分に到着(スタートから6時間後)。
とりあえず足切りは免れた!
あとはスタート地点へ帰るだけ!
c0105957_22301550.jpg


って思ったら「俵山峠まで、あと9km」の張り紙wwwww
えwwwww
ここって、峠の麓なの・・・?wwwww

仕方ない・・・。
越えなきゃ帰れないんだから、乗り越えなきゃね。
またもや大量のバナナを取って、初めてトイレへ行ってから出発。

バイパスの途中から峠へ向かう脇道へ逸れて、俵山への本格的なヒルムライム開始。
こここそ、元気な時ならなんてことない峠なのに、売り切れどころかお釣りが帰ってきそうな状態の自分には、永遠に続く壁かと思うほどw
しかもここに来て、チェーンが外れるという切なさw
同じ様に完全に死体と化した初参加の方と二人、だべりながら登り続ける。
そうでもしないと、お互いに気力を失いそうになるからw
c0105957_0174599.jpg


目の前にボランティアの人っぽい方が見える。
 「そこ、頂上っすか~?」
叫びながら聞いてみると
 「もう少し先です~!」
って、少しがどれくらいなのか、すげぇ重要wwwww

確かにほんの少しで頂上へ。
15時20分、スタートして約7時間で到着。
んで、忘れてたけど、ここにはチェックポイントがあったのね。
署名をしてから、背中に積んでたドラ焼きを補充。
ちょっと長目に休憩。
c0105957_22583648.jpg


ついに、今度こそはゴールへ向かうだけ!
山頂付近の風車に見送られながら峠を下る。
c0105957_2321999.jpg


またもや南阿蘇と阿蘇山の風景を眺めながら下る気持ちよさ。
最高だなぁ・・・もう峠が無いと思うと余計にw
c0105957_22472819.jpg


下りと平地はガンガン攻める。
下り以外はまだまだ突っ走れるぜ。
そりゃそうだろうけどw

某チームジャージを着た女性に引っ張ってもらいながら(ひでぇw)、またもやゴール地点となるアスペクタへの最後の登り。
「これ・・・どう考えても4峠プラス2峠って感じっすよね・・・」ってだべりながらw
もちろん登りでは千切られるw

ラストの登りでまたもやチェーンが外れたけど、ついにゴール!
16時前!一応自分の中の目標というか関門にしていた「スタート時刻から8時間以内」ってのに、ほんとギリギリで間に合ったよ!!!!!(スタートから7時間半)
もう、走らなくていいんだ!
完走できなかったら、来年も挑戦しなきゃ行けないと覚悟してたから・・・。
ゴール地点の芝へ倒れ込む・・・。
c0105957_2331688.jpg


メーター読みで行けば、今日の走行データは次の通り。
 走行距離:121.44km
 走行時間:6時間30分(ってことは、昼飯とエイドの休憩で1時間って事か)
 平均速度:18.6km/h(遅っ)
 獲得標高:2911mこちらのルートラボで引いた情報から) 


しばらく休憩したのち、車へ戻って着替え。
尋常じゃ無いほど汗をかいてる。
曇り空でこれだもの。
晴れて無くて、本当に良かった。
雨が降らずに、本当に良かった。
風景は抜群じゃ無かったけど、その分 天候には恵まれたねぇ。
着替えてる間に、きらりちゃんは阿蘇へ進撃開始w
c0105957_2334428.jpg


閉会式は無く流れ解散なので、大会本部横にある売店のソフトクリームを嘗めてから出発しようとしてたのね。
んで、壁に貼ってあるポスターの、この傾斜っぷりを撮影してたら「ポスター、余ってるから差し上げますよ」ってw
完走記念に、せっかくだから貰ってきたw
c0105957_2345520.jpg

参加賞の中に入浴券があったので、対象の温泉のうちで一番面白そうな「下田城ふれあい温泉駅」。
南阿蘇鉄道の駅でありながら、外観は近くに存在していた城を模していて、しかも温泉が併設されているという欲張りな駅w
ほら、他のチャリダーも来てるね。
c0105957_2342508.jpg


温泉はクセの無いさっぱりした泉質。
面白いことに、駅なので当然列車が到着する。
ちょうど入浴してる時に入線してきたので、窓から眺めてたw
風呂から上がって、ホームを撮ったのがこんな感じ。
c0105957_23441615.jpg


その後、熊本市内で人生三度目の「こむらさき本店」を満喫し、高速に乗ってから福岡県内のSAで車中泊したのでした。
帰宅したのは月曜日の夕方。
c0105957_2347229.png


楽しかったなぁ・・・。
んで、地獄だったなぁ・・・。
もう、大会としては走りたくないかもw
のんびりと、やまなみハイウェイと併せて個人的に走ってみたいかな。

<< 八重山遠征に出てました その7... , 八重山遠征に出てました その6... >>