雪歩と隠岐の島 弾丸ツアー

c0105957_1417340.jpg

先日、隠岐へ行ってまいりました。
電撃的に前日の思いつきで。
18きっぷ期間中の休日に自宅で過ごすのが勿体なかったので、何処かへ行きたいと思ったのね。
んで、18きっぷで行ける、日帰りで帰ってこれる場所ということで、選ばれたのが隠岐エリア。
ってか、アイモバで赤埋め出来てない所を考えると、隠岐が日帰りの限界w
c0105957_14223318.jpg



もともと、GWに「とびしま海道&しまなみ海道ツーリング」へ出かけた時に、呉エリアを制覇して「西の夢」は手に入れてたのね。
c0105957_10225531.jpg



とはいえ、隠岐だけ黄色状態。
まさに仮免!
あ、ちなみに仮免ってのは、3月にやった「アイモバ廃人四国一周ドライブ」の時に、純一郎Pが生み出した言葉。
そういや、この時の旅について、チーズ君ゆかりさんが書くと思ってたのに、誰も書かないなw
徳島阿波踊り空港で、出発直前の廃人御一行様w
c0105957_10225670.jpg



というわけで隠岐行きを決意したんだけど、一番のネックは「隠岐汽船」。
「高い!」「便数が少ない!」「連絡が悪い!」という辛さ。
いや、離島だから当たり前だし、あくまでも「アイモバ的思考」で見た時の話ね。
とはいえ高いってのは、一般的に見てもそうかな。
とにかく「島で一泊以上することを前提に」組まれたダイヤに見えるw
高速船は6000円もするし・・・。

何とか日帰りに近いプランである0泊2日の行程を計画し、夜行バスを予約したのも前日。
空席はラスト1。


9月6日金曜日、仕事を終えて風呂に入って荷造りをして、三宮バスターミナルを23時40分に出発。
米子まで4500円と格安ながら、三列シートの快適な夜行バス。
c0105957_10225796.jpg



あ、今回の旅は雪歩が道連れですw
ちょうど、765デーと重なったからね。
日交高速バスには、しっかりとコンセントが付いてた。
嬉しいねぇ。
c0105957_10225777.jpg



明けて、翌朝土曜日の5時前、まだ真っ暗な米子駅へ到着。
ってか、ほぼ徹夜したのに、代行は4件しか取れないとか、どうなってんのwwwww
c0105957_10225834.jpg



未だに豪雨の影響で江津から先が不通の状態。
三江線の復旧が気になるねぇ。
c0105957_10225928.jpg



境線はまだ動いてないし、コンビニも近所には無いし、ベンチに座ってるしか無いw
あ、山陰線の始発が来た。
c0105957_1023030.jpg



相方から奪った18きっぷで改札を通り、境線の二番列車へ乗り込んだのは6時過ぎ。
あ、米子駅も境線のホームだけは水木しげる三昧。
ここは「ねずみ男駅」ですね。
c0105957_1023112.jpg



この時間帯は妖怪列車じゃなくて、普通の車両。
あ、型番を言えるような鉄分はありませんw
c0105957_102327.jpg



約1時間後、境港駅へ到着したのは7時。
フェリーターミナル行きのバスはまだ先なので、ちょっとだけ水木しげるロードを見てくるか。
あ、境港駅は妖怪列車的には鬼太郎駅ですw
c0105957_1023494.jpg



雨は降ってるけど小雨だし、観光地とはいえ店も開いてない時間だから誰もいないし、ノンビリと眺めることが出来るね。
c0105957_1023254.jpg

c0105957_1023337.jpg



来るのは三度目だけど、やっぱり楽しいねぇ。
以前、確か水木しげる自身が語ってたと思うけど、『ゲゲゲの鬼太郎』は五度に渡ってアニメ化されたこともあって、それぞれの世代に愛されてるよね。
ドラえもんとは別の意味で共通言語になるというか。
だから、家族連れでも水木しげるロードは楽しめるのですw
あ、境港駅前のこれが、一番好きだなぁ。
c0105957_10595815.jpg



8時17分のバスは5分遅れで到着。
いざ、港へ向かって出発ですよ。
c0105957_1122433.jpg



ところが・・・このバスが遅い・・・。
致命的に遅い・・・。
ビックリするほど安全運転・・・。
フェリーの乗船時間には余裕があるから大丈夫だけど、帰りはギリギリの電車にのるから、これじゃ間に合わないかもな・・・。
とりあえず雨が降り続く中、七類港へ到着。
フェリーが二隻待機中。
c0105957_11381880.jpg



一隻は島後の西郷行き、もう一隻は島前の来居行き。
こちらの隠岐汽船の画像を引用させて貰ったら、位置関係は分かりやすいかな。
c0105957_11211774.jpg



窓口でフェリーの二等切符を購入。
ちなみに帰りの高速船の切符も買おうとしたけど、ここでは買えないとのこと。
念のため、電話で予約しておくことにした。
あ、隠岐汽船の切符は、サイズも硬さも懐かしの硬券を思い出しますよ。
c0105957_11423414.jpg



乗り込んだタイミングが遅かったこともあり、二等船室は既に病院船のような混雑っぷりw
こんなにも多いとは予想外w
翌日に訓練があるのか、自衛隊や消防隊の人もたくさん乗り込んでるねぇ。
c0105957_11445634.jpg



9時出港。
雪歩もちょっとテンションが上がってきてるw
雨だけどね。
c0105957_11463696.jpg



雨だけに波もあって、それなりに揺れる。
全然楽勝レベルだけど。
さらば本州、数時間の別れ。
c0105957_1149135.jpg

c0105957_1149969.jpg



んで、天候のせいで、あっというまに島影が見えなくなる。
ひたすらに雨の音。
あ、そうだ。
auだと船内では通信が難しい。
デッキへ出ると大丈夫だけど、隠岐エリアへ入る頃にはデッキでもキツイ。
docomo回線は問題なし。
c0105957_11515576.jpg



そしていよいよ隠岐エリアへイン!
スクショは随分遅れちゃったけどw
c0105957_11525629.png



代行は15件。
在住PであるノアースPが何処かのタイミングで気付いたみたいで、うちのために残してくれたんだと思う。
有り難いねぇ。
c0105957_1154038.png



そして、ついに西エリアの仮免も卒業!
西エリア、赤制覇完了!
上方(関西)、中央(中部)に続いて3エリア目!
c0105957_11564524.png



さぁ!用は済んだ!
帰ろう!
ってな訳にいかないけどw

島前の島影見える頃には、auも再び安定。
あ、そうだ。
docomoも船内に居ると、こんな風に圏外だよ。
c0105957_124478.jpg



11時半、ほぼ定刻通りに隠岐 西郷港へ到着。
雨は降ったままだけどw
c0105957_12234152.jpg



上陸しながらふと見たら、ここにもゲゲゲフィーバーがwwwww
c0105957_1225228.jpg



港にはお久しぶりの「しまねっこ」。
そうだ、ここは島根県だったw
二人の笑顔が眩しいね。
c0105957_122826100.jpg



帰りの高速船まで、わずか一時間半w
その間に、美味い物でも食いたいねぇ。
とはいえ、時間は少ないから港付近で探すしか無いけど。
ちょうどターミナル横にある漁協直営のレストラン「りょうば」が目に入ったので飛び込む。
団体客が居たけど、すぐに一席だけ開いたのでラッキー。
おお!お手ふきが格好いいぞ。
c0105957_1235368.jpg



ところがここからが最悪だった・・・。
実はもう一軒食いに行きたい店があるというのに、注文した料理が全然出てこない。
隣の席の釣りに来たおっさん達も、出てこない料理に苛ついてるw
先に届いた煮魚定食のデカさも凄まじかったけどw

40分掛かって、ようやく海鮮丼の到着!
まさに新鮮なお魚、ってのがピッタリの海鮮丼。
確かに美味かったんだけど、じっくり味わう時間が無かったのは残念。
c0105957_12403727.jpg



食い終えた時点で、出港まであと30分。
もう一軒、行けるか?
いや、行く!

小雨の中、猛ダッシュして辿り着いたのが、こちらの「鍋國」。
c0105957_12453274.jpg



こちらのお店はウナギ料理で有名みたいだけど、もう一つ有名なメニューがあるのね。
それが隠岐の郷土料理らしい「焼飯お茶漬け」。
面妖すぎる名前だけどw
実は名前しか知らないから、ワクワクしながら到着するのを待つ。
おお!この湯飲みも格好いい!
c0105957_1249081.jpg



そしてやってきた面妖な料理。
ん?焼きオニギリ茶漬けってこと?
いや、それだけじゃない!
焼きオニギリに塗った合わせ味噌と、お茶のバランスが見事!
これは美味い!
c0105957_12535935.jpg



天皇陛下が隠岐へ来られたときにも出された郷土料理らしいのよね。
隠岐では焼きオニギリのことを「焼きめし」っていうみたいだね。


食い終えると、港へとって返す。
あ、道中で何かの記念碑が建ってたので、写真だけ撮っておいた。
今調べてみようw
c0105957_12584712.jpg


西郷港でお土産をチェックしてから、やってきた高速船へ乗り込む。
高速船の乗船券も、フェリーと同じく硬券ソックリ。
c0105957_131916.jpg



高速船は「レインボー2」。
なんでこんなデザインにしようと思ったんだw
手前のオッサン、ニヒルな笑顔過ぎるw
c0105957_1319818.jpg



団体客が多いから不安だったけど、二階席はガラガラ。
高速船は全く揺れも無く快適に出港。
30分後には島前の別府港へ到着。
土砂降りですw
c0105957_13224761.jpg



出港時には、見送りの人と港湾の人が手を振ってくれる。
嬉しいねぇ。
c0105957_1325476.jpg



うつらうつらしながら気付けば七類港へ到着。
ほら、雪歩も眠そうな顔w
c0105957_13304476.jpg



慌てて駅までの連絡バスに乗り込む。
電車に間に合うだろうか・・・。
と思ったら、今度の運転手は爆走wwwww
同じ会社でも180度違うタイプじゃないかwwww

水木ロードの交差点へ通りかかると、やっぱり観光客がたくさん。
うんうん。
c0105957_1335715.jpg



というわけで、余裕で予定していた電車に間に合ったよ。
これに乗れないと、18きっぷでは岡山までしか帰れませんw
子泣き爺車両ですよw
c0105957_13373949.jpg

c0105957_13375548.jpg



砂かけ婆は怖いと思いますw
c0105957_133841100.jpg



妖怪列車だと、車内案内も鬼太郎と猫娘がやってくれる。
猫娘のロリ声で「べとべとさん駅」と言われたときの背徳感は異常w
c0105957_1340843.jpg



あ、やっぱりあったあった。
残念ながら「べとべとさん駅」は味わえないけどw



米子駅での乗り換えは3分しかないのに、電車は遅れてる。
大慌てで乗り換え。
何とか間に合った・・・。
c0105957_13531271.jpg



ここからは鈍行の旅。
いや、境線も鈍行だけどw
米子から伯備線で新見まで。
新見で乗り換えて岡山へ。
駅弁でも食いながら、ノンビリ帰ればいいやと思ってたのよね。

ところが・・・伯備線はどの駅にも駅弁を売ってないらしくw
米子駅で買う時間がなかったので、こうなると岡山まで我慢かしら・・・。

根雨駅で11分の停車。
何とか駅の売店でお菓子だけ確保w
c0105957_13594012.jpg



期待していた新見/高梁エリアの代行は0。
ひでぇwwwww
嘆いてたら、広Pが投げてくれたけどw
c0105957_141454.png



備中神代駅でも停車時間が長いので降りてみたけど、駅前には何も無し。
そもそも、駅と言うよりもただの門w
c0105957_143481.jpg



3分遅れで新見駅へ到着したのは18時20分。
乗り換えの列車まで30分ほどあるから、食料を求めてさまよってみるか。
c0105957_1444658.jpg



新見駅の前には大きな川が。
なんとなく温泉地の雰囲気があるよね。
c0105957_1455683.jpg



岡山県のパン屋らしい木村屋の直営店で、何とかパンを確保。
よし、これで戦えるw
c0105957_1481117.jpg



ここからは転換クロスシートの快適な車両。
もう、爆睡モードw
c0105957_14103441.jpg



岡山駅へ着いたのは20時半。
既に駅弁はことごとく売り切れw
仕方なく、お土産用のこれを買ってみたw
c0105957_14114896.jpg



だから食べやすくなってないw
一つ一つラッピングされてるからw
美味いけどねw
c0105957_14124664.jpg



その後は姫路で乗り換えて、日付が変わる直前に帰宅したのでした。
んむ、予定通り18きっぷで帰って来れて良かった良かった。
んで、気になってた隠岐を埋めることが出来て、本当に良かったねぇ。

Commented by boil-achilles at 2013-10-15 23:00
えすたあさん>
コメントありがとうございます。
中央エリアは離島が佐渡市かない分、まだマシですよね。
首都エリアと南エリアの難易度の高さを、楽しめるアイモバPで居てくださいw
これからもよろしくお願いします。
Commented by えすたあ at 2013-10-18 02:37 x
せっかくの書き込みを手違いで削除してしまいました (ToT) 申し訳ありません。
Commented by えすたあ at 2013-10-18 02:45 x
お返事有り難う御座います m(_ _)m
小生、現在資金繰り悪化でなかなかP活動が困窮であります。 皆様方がサクサク制覇されているのを指をくわえて見ているだけ…
うぅ…いかんいかん! 担当アイドルと一緒に穴を掘って埋まっている場合ではないですぅ(笑) 岡山に「えすたあ」在りと言われるように頑張るであります。
長文失礼しました。

<< ダダをこねろと言われたので , 三度、幕張に降り立つ(もちろん... >>