2013年下半期ニコマス20選

c0105957_1373779.jpg

半年のご無沙汰でございます。
楽しくも辛いニコマス20選という大ポエム大会の時間がやって参りしました。



もう言い訳はせずに、「相変わらず、見れてるときと見れてないときの差が激しい」とだけ書こうかとw
全く個人的な感想としては、上半期のKAKU-tail7の印象がデカ過ぎて下半期の影が薄くなっちゃったなぁってのが2013年の総括になっちゃうかも。
もちろん下半期は下半期で、ハルカニNNWFRFVRL'13と言った祭を満喫させてもらったんだけど。

いつもながら主催のATPを始めとしたスタッフの皆様、本当にお世話様です。
心から感謝の意を示すと共に、心から愛してますw

例の如く、ルールのコピペから。

基本レギュレーション
・対象は2013年下半期(7月1日~12月31日)に公開されたニコマス作品
・自身のセレクトを20作品以内でブログ・マイリスト等にて公開
・1Pにつき1作品
※作品と一緒にP名を表記していただけると非常に助かります


いつも通り、アニマスと合作メドレーを入れてるとキリが無いので除外してまする。
んで、トップ絵にも持ってきた『太公望の釣り』とか、某Pの権利者削除動画も泣く泣く除外してまする。
今回のマイリストはこちら
※やっぱり締め切りに間に合わず!!!




1.osp


天才。
もしくは完璧。
c0105957_23172812.jpg



凄まじいモーションはもちろんだけど、表情の表現がとんでもない。
もはやMMDはこの域に達したのだと、拡声器を持って街中を走り回りたいほど。
c0105957_23134220.jpg



美希はもちろんのこと、バックメンバーの一挙手一投足も目が離せない。
響ちゃんのドラムのモーションなんて、「どうなってんだ?あれ」って何度も呟きたくなるもの。
c0105957_2341335.jpg


そして、美希の「エロさ」が全力であふれ出す。
マジでガバッと行きたくなるのは、あの胸と太股と表情のせいだと思うw
c0105957_23161962.jpg



えこP、あなたが生み出した「眉芸」と「演奏芸」は、ここまでの物になっちゃったよ。
見てる?
※ ところで、ちんこうPの一味の仕業ですかw
c0105957_2344722.jpg









2.あとりえP


終身名誉ハニーの正統なる後継者にして、いまだ進化し続けるあとりえPの嫁誕生日作品。
c0105957_23222660.jpg

c0105957_2365396.jpg



あとりえPの美希はいつだって一生懸命で、それでいて悲壮感が少ないってのが本当に素敵(もちろん、やっぱり悩み続ける美希だけど)。
いつだってwhoPを引き合いに出して、それでいてwhoPとは違うことを語らなきゃいけないってのは、本当に語彙が少ないと思うけどw
c0105957_2375857.jpg

c0105957_23272069.jpg



そのまま箱マス1と2の違いを語ることに等しくなるのかもしれないけど、それでも「何度も繰り返される1年」という呪縛を常に意識させられたwhoP作品と、「今この瞬間の美しさと幸せ」をひたすら垂れ流すあとりえPとでも言えばいいのか。
美希にしろ真美にしろ、とにかくあとりえPの作品には「抱き締めることすらおこがましくなるほどの美しさと多幸感」に溢れてる。
c0105957_2383361.jpg










3.アナル地獄P


酷いP名シリーズその1。
そのP名とは裏腹に、可愛すぎる春香さんが溢れまくってる作品。
c0105957_22501254.jpg

c0105957_22503990.jpg



ご本人曰く木っ端っPリスペクトだというけど、実写背景は確かにその気配があるものの、若干方向性が違うのかな。
木っ端っPの場合は「実写であることを活かしまくる」、アナル地獄Pの場合は「実写であることを意識させない」って感じかも。
c0105957_2251028.jpg

c0105957_22523334.jpg



むしろ、逆光こそが木っ端っPリスペクトそのものよね、きっと。
c0105957_22514727.jpg










4.せるき~P


春香さんというのは、黒くても、白くても、閣下であっても、天使であっても、格好良くても、可愛くても、やっぱりメインヒロインで有ることを運命付けられている。
それは3周年ライブで初めて中村先生を見たときから、ずっとずっと感じてたことだった。
c0105957_20554055.jpg



彼女こそが「アイマス」そのものであり、彼女のために「765プロ」が存在する。
その真逆の存在が美希なんだろうけど。
c0105957_20552013.jpg



今回が「Last Live」となった『ハルカニ』。
そう、教祖様の元に集う大集会のようなこのイベントの主宰者であるせるき~Pが、自ら幕を下ろしたときのエンディングに使われた本作品。
使われた楽曲の危険性こそが「いつかは消えてしまう、儚い夢のような時間」を象徴しているなんてのは、深読みしすぎかしら。
c0105957_20562865.jpg











5.えにこP


デビュー作以来、あり得ない次元の作品を作り続けてきたえにこPって、きっと変人なんだろうなぁと思ってた。
8周年ライブの大阪公演で初めてお目にかかったとき、「あぁ、この人ならやりかねん」と、より一層の尊敬の念を抱くことになったw
そんなえにこPが魂を削りながら作り上げたであろう3D作品がこちら。
c0105957_22173248.jpg

c0105957_22175712.jpg



投下された時はちょうどアイモバ遠征中、長崎へ向かう鈍行の中で我慢しきれずにiPhoneで視聴して、「うおっ!」って声を漏らして周りからジロジロと見られたことは、おそらく一生忘れられない。
闇は待ち伏せていようとも。
c0105957_22182130.jpg

c0105957_22184250.jpg










6.泥水氏


自分でも忘れてたけど、実はベーシストだった気がする。
今となっては、本当に部屋のインテリアでしか無いんだけどw
おかげで今でもベースが気持ちいい曲が大好きで、本作のシンベの気持ちよさなんて大好物でw
c0105957_23203882.jpg

c0105957_2320466.jpg



2013年も驚異の投稿ペースで走り抜けた泥水氏は、もはや生き急いでるのではないかと心配になるほど。
亜美真美はもはや記号でしか無い。
なのに笑顔が眩しすぎるんだよ・・・。
c0105957_2321141.jpg

c0105957_23212382.jpg

c0105957_23223529.jpg

c0105957_2322494.jpg











7.梅毒/泥田坊氏


酷いP名シリーズその2。
しかし、半期ごとに必ず出てくる「ひたすら楽しいリズム系作品」ってのは、なんでこんなにも言葉で説明しにくいのかw
しかも、本作はそこへ「酷さ」まで加わるという完璧作品w
c0105957_23105618.jpg

c0105957_2311193.jpg

c0105957_23113079.jpg










8.LammyP


夢とはつまり愛であり、空と宇宙は巡り会い。
などと、もちろん意味の無い、言葉遊びですら無い字面を並べて見たくなる作品。
オープニングからワクワクさせられて、その快感が最後まで続く奇跡。
c0105957_22673.jpg

c0105957_2261935.jpg


876プロのお三方の幸せが何処にあるのか、未だに自分の中で見いだせずに居るんだけど。
HDで踊る絵理ちゃんを見つめながら、それでも彼女を閉じ込めておきたい気分になるのはどういうことなんだろうか。
飛び立って欲しいとも、閉じ込めておきたいとも、二律背反な感情が入り乱れて。
c0105957_2263758.jpg

c0105957_2265676.jpg











9.しおP


しおPと言えば、自分にとっては「岡村ちゃんな人」って印象が、「律子Pであること」と同じくらい強いんだけど、今回も選ばせてもらったのは岡村ちゃん作品では無く。
c0105957_2347413.jpg

c0105957_23454245.jpg



正直なところ、りっちゃんにエレクトロ系の曲が合うなんて思ってもみなかった。
「可愛さ」と「色気」が彼女の魅力で有ると、今でも信じているから。
だからこそ、「ZUNTATAとりっちゃんのコラボ」なんて、アキバを舞台にしたノベマスでしか見られないのでは無いかと思ってた(言い過ぎw)。
c0105957_2346256.jpg

c0105957_23462212.jpg



彼女が見ている物は、決して自分では無い。
分かっているからこそ、もっとこっちを向いて欲しいと思うのは当然でしょ。
c0105957_23465035.jpg











10.トウマ氏


「ひびたか」「みきたか」なら違和感は無いのに、「ひびみき」のアンバランス感というものを、この作品で初めて気付いた。
いや、もちろんディスってる分けじゃなくw
このアンバランス感と、ひたすら繰り返されるダンスの対比が、本当にクセになる。
c0105957_21122370.jpg

c0105957_21123640.jpg

c0105957_21125476.jpg

c0105957_2113444.jpg



ただひたすらに踊り続ける二人を、ただひたすらに眺め続けるだけの時間。
それがどれだけ幸せなことなのか、気付いてない人には教えずに居ようと思う。
c0105957_21133938.jpg

c0105957_21135978.jpg












11.TataguP


今回の「まちぼんTatagu」枠w
リスペクト元であるまちぼんP『あみまみ教』が既にセンセーショナルで中毒性も半端なかったけど、TataguPの本作の中毒性と背徳感は、もはや病的とも言えるほど。
c0105957_0183825.jpg

c0105957_0184848.jpg



あいかわらず凄まじいほどのカットアップと、どぎつ過ぎるサイケな色調が、完全にTataguP作品たらしめてる。
そこに吸い寄せられる我々こそが、この新興宗教の信者ではないのかしら?
c0105957_019860.jpg

c0105957_0192157.jpg

c0105957_0193612.jpg











12.えびP


伊織専属であるえびPが、ゲスト枠でまさかのハルカニ参戦。
c0105957_20254330.jpg

c0105957_203885.jpg



コメでも散々指摘されてるけど、ライティングが「キラッキラッ」。
暗めのステージと合わせて、淫靡な雰囲気を醸し出す。
orgonePの『MUSIC』で使われたのと、同じ様な効果なのかなぁ。
c0105957_20301420.jpg

c0105957_20304668.jpg



楽曲に併せた絶妙な衣装とダンスシクロは凄まじいけど、ただ色っぽさだけが強調されるだけじゃ無いところが何よりも凄い。
無邪気な三人の笑顔が、本当に眩しい。
c0105957_20342812.jpg

c0105957_2035026.jpg











13.aaa氏



aaa氏のカメラワークが「疲れる」と思えるような、歳の取り方だけはしたくないと思っているのですよw
ありがちな表現になるけど、aaa氏お得意の「おもちゃ箱をひっくり返したかのような楽しさ」は本作も健在。
前半のソロステージから一転、サビから始まる夢の時間は、まさに「目を覚ますのが勿体ない」。
高い位置からのカメラワークが中心の作品って、あんまり知らないよね。
c0105957_2044334.jpg

c0105957_2092751.jpg

c0105957_2014161.jpg



お得意のスーパースローだって、やっぱりキャプリたくなる。
c0105957_204524.jpg



真美の可愛さは言わずもがな、aaa氏にしては珍しいかもしれないやよいも。
c0105957_206206.jpg

c0105957_2018620.jpg










14.REIKAP


REIKAPは「ポスト神風P世代」だと思っている。
正確には神風Pとアプローチ方法が違うんだけど、神風P独特のカメラワークやモーションを、当たり前の様に活用しているというか。
c0105957_23304914.jpg

c0105957_23312175.jpg



斜めのカット、スローモーションと早回し、リバース、REIKAPはこれらを惜しげも無く、そして難なく表現方法として活用する。
ここへ「どぎつ過ぎる」フィルターが加われば、REIKAP作品の完成。
c0105957_2333424.jpg

c0105957_23341928.jpg



かつて、綴るモノローグの才能に嫉妬すら覚えたけど、今では純粋な憧れしか無く。
そう、20選を書くこの瞬間まで、REIKAPが引退してたことを知らずにいた愚かなアカウントはこちらです。
c0105957_23344728.jpg










15.まふP


「格好いい雪歩」というのは、確かに存在する。
存在する・・・はずなんだけど、パッと思いつかない。
LMGの彼女は、格好良さよりも悲哀に満ちているから。
c0105957_0245993.jpg

c0105957_0255268.jpg



まふPの本作に出てくる雪歩は、間違いなく「格好いい」。
たまに見せる笑顔ですら、余裕の表れでしか無いほどに。
この雪歩は、何かを成し遂げた、何処かへ辿り着いた雪歩だ。
c0105957_0271896.jpg

c0105957_028185.jpg



わずかにテンポを上げたダンスは、まるでこの曲のために用意されたかのように。
そして、最後のウインクで全員死ぬ。
なお、「しまうま」コメした奴は死刑。
c0105957_030686.jpg











16.甘いも氏


なんでそのセンスを、フォントの選別にまで活かさなかったのか!って心から思いつつ、響ちゃんの可愛さに何度も何度も見直してしまう作品(上から目線w)。
c0105957_010590.jpg

c0105957_0103626.jpg



今だからこそ、自分は「響P」であるとハッキリ言い切れるんだけど、そうなったのはここ数年のこと。
今でも「みんな大好き」で有ることに変わりは無いし、真美と伊織と律子には特別な思いが有るんだけど。
でも、だからこそ言う。
ラフタイムスクールとマフラーが最も似合うのは、響ちゃんであると!!!
c0105957_011478.jpg

c0105957_0112416.jpg



寂しがり屋で泣き虫な彼女だからこそ、みんなに向ける笑顔の眩しさも誰にも負けない。
本作がそんな魅力に溢れまくってるのは、響専属Pである甘いも氏の愛情なんだと思うなぁ。
c0105957_0132921.jpg











17.mknP


同じ様なタイミングで、同曲を使った響ちゃん作品が三作も投下されるという異常事態(むきリンPミルトンP)。
しかし、それも納得出来るほど、川本真琴の声質は響ちゃんに似てるw
c0105957_0264964.jpg

c0105957_026958.jpg



mknPと言えば、いつもうちをメロメロにするような響ちゃんを見せてくれるけど、今回なんてオープニングのこれで、一気にノックダウン。
せめて、ココだけでも見てくだされw
きっと最後まで見ちゃうだろうからwwwww
c0105957_0251658.jpg

c0105957_025474.jpg











18.カイザートP


うちは今となってはモバマスよりもグリマスがメインなのに、グリマスのCDシリーズ「LIVE THE@TER PERFORMANCE」を購入したことがないのよね。
だから、765プロメンバーの新曲にもついていけてなくて。
c0105957_033860.jpg



そんな状況がプラスに作用して、8th幕張のステージが『Revellion』が初見となったのよね。
ぬーの歌唱力、浅葱色から大閃光へと染まりゆくサイリウムの光景、そのどれもが印象的すぎて、忘れられない思い出となった。
c0105957_033198.jpg



カイザートPの本作は、ストイックに『Revellion』の情熱を表現してくれる。
プロジェクトフェアリーの3人のバランス感は抜群だけど、響をセンターに配して、美希と貴音が完全にフォローに徹するという、ソロ曲にもかかわらず三人をステージに上げたことが、カイザートPの才能だと思うのよ。
ちなみに、カイザートP作品は最後まで美希の『追憶のサンドグラス』とどっちにするか、悩み続けたのでした。
c0105957_0333854.jpg











19.総帥たん氏


手描きアニメ勢には、「彗星の如く」「とてつもない人が」「とてつもない技術力を持って」やってくる。
下井草Pの時も傭兵Pの時もそうだった。
そして、この総帥たん氏も「とてつもない」。
パジャマ姿の真くんの可愛さとの対比も素敵すぎるw
c0105957_21414081.jpg

c0105957_21415554.jpg

c0105957_21441789.jpg



「ダーク♀小林幸子」の再来!!!!!!!
そう思った人はたくさん居ると思うんだけど、コメントでは追求されてないねw
覆面レスラーのダーク♀小林幸子作品はこちら
c0105957_21192544.jpg

c0105957_2134915.jpg









20.けまり部P、syu-kaP



時にエポックメイキングな作品は、「改造」「チート」だと言われる。
何度も書くようだけど、えこPの『私は忍者♡』がニコマス界に与えた衝撃と影響は、計り知れない。
c0105957_2361423.png



けまり部Pといえば、2009年の『WhiteLove』で「ご存じない回り込み技術」を披露して、誰もがリアルで「ええええええええええええええええ!」って声を漏らした経緯がw
c0105957_23164393.png



そんなけまり部Pお得意の「ご存知で無い技術」による「オールスターステージ」の集大成とも言える作品に、syu-kaPがメドレー音源でタッグを組むという、もはや「公式が参拝」とでも言いたくなるような作品。
「キャラは全てアイドルマスター2の映像をPCで合成/編集しています.ソフトを改造するいわゆるチートではありません(笑)」

この作者コメントが冗談では無く本気で書いてるんだろうと想像するほどに、「あり得ない」ほどに凄まじく、「気付かない」ほどに自然。
c0105957_23361676.jpg

c0105957_23354278.jpg



下半期20選のラストは本作にすると、ずっと前から決めていた。
あの、ハルカニのトリを努めたこの作品が生み出した「ステージ」は、あの場に居た全員が現実より一足先に「ドームでスタンディングしてサイリウムを振って」たから。
そう、これが、これこそが「アイマスのライブ」だ。
c0105957_23363191.jpg

c0105957_23364495.jpg

syu-kaPには、この件で少しお騒がせした気がします・・・。
あらためてお詫びします・・・。

こっそり書きますが、赤505な真マスになりましたw
c0105957_2334079.png








次点:UndoFish氏



次点:orgoneP




次点:ささかまおにぎり氏




次点:ンモーP




次点:0707合作

<< 響ちゃんと東北進撃して「わんこ... , 遅ればせながら、あけおめでした... >>