輝きの向こう側から来た彼女(B面はただの日記)

c0105957_2238349.jpg


SSAのBD発売記念に、SSA直後に書いておきながら書ききれなかったレビューを公開することにしましたよ。
お蔵入りの記事ばかりってのは、精神的に良くないしねw
というわけで、A面記事の続きとなるはずだったチラ裏を(2014/2/25執筆)。

THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!! 2014"PERFECT BOX!" (完全生産限定盤) [Blu-ray]

ランティス



---------ここから---------

行ってまいりました、さいたまスーパーアリーナへ。
THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2014」という名のお祭りへ。


横アリの時もそうだったけど、SSAだってやっぱり「この規模の会場にまで辿り着いた」って気がするよね。
もはや昔のようなアットホームなライブ(最後にジャンケン大会があるとかw)には、戻れないけどw
(いや、代わりにローソンイベントとか、LTPイベントがそういう役割を果たしてるかな)
そして、アニマスやムビマスから入って、初めてアイマスライブへ参戦する人、いらっしゃいませ。
ここには幸せな時間が待ってるから。
怖くないよぉ、怖くないよぉw


初日のチケットは落選しまくったんだけど、有難いことに低燃費Pにお声掛け頂き、参加することが出来たのね。
相変わらずニコマスPは憧れの人ばかりだから、お会いするのは緊張したけどw


低機能P名義の去年のハルカニのこれが大好きだったけど、お久しぶりな低燃費P名義の新作も問題作ですw



もちろん、うちがおこがましくも選ばせてもらった「オールタイム114選」に掲載した『ナマイキ』はエンドレスリピートものだけど。



それはともかく、誠実過ぎる低燃費Pと二人、ステージ対向の200レベルという、「無茶苦茶遠いけど、メインも花道もセンターも、待機してるガールズ達も全て見渡せる」という良席ではしゃぎまくったのでしたw
何よりも、翌日の予習にピッタリだった。
あ、今回も座席表はこちらのサイトの画像を利用させていただきました。
c0105957_2156393.jpg





そう、ちょうどファミ通の画像で言うところの、こんな視点。
蜂矢Pの仰ってた「謎ワイヤ」が目に付く視点w
いや、もうちょっと遠い位置だったけどw
moca画像への直リンク)




『ラムネ色青春』を初っぱな(4曲目)にやった時点で「今回のセットリストを組んだ奴は、狂気に満ちてるw」と感じたw
おかしいだろw その曲順w
もちろん、大好きな曲だし、初めて2コーラス目を聴けたし、満喫しまくったんだけどw




そのまま、ソロ曲一発目が『Rebellion』とか、やっぱりおかしいだろwwwww
8thツアーファイナル幕張で学んだように、今日はちゃんと「深紅の紅」サイリウムを掲げることが出来たけどw
ヌベリオン、やっぱりぬーと響ちゃんの新境地だよねぇ。
この一曲だけでも、LTPシリーズに765勢が居ることの意味があると言い切れる。





そして、完全にノーマークだったジュリアを演じる愛美さんのギターにノックアウトされた。
そりゃ、去年の大阪での真耶ちゃんのサンバホイッスルもキュートだったけど、もはや次元が違う。
あの場で、あの聴衆の前でコードを押さえる勇気。
その堂々とした出で立ちは、完全にジュリアだった。
空気が変わったなんてもんじゃない。
だりいなのエアギターへと繋がる戦いは、明らかに新しい世代を予感させた。
(同じくmoca画像への直リンク)




あの場に居た誰もが、「ジュリア、すげえ! 愛美さん、すげえ!」ってなってた。
低機能Pなんて、あまりの感動にライブ終演後慌ててファンレターを書いたくらいにw
誰と会っても、一言目には「ジュリア、凄すぎた」という言葉が漏れるほどに。




『ミツボシ☆☆★』では、明らかに大阪の時と比べて、堂々としていた飯屋だった。
一応、PaPであるうちにとって、ちゃんみおは誇りだ。
楽曲の素晴らしさ、ライブの盛り上がりっぷりは、シンデレラ勢のソロ曲でナンバーワンだと思うのよね(盛り上がりという点では、あれとかあれとかの電波曲は除外してw)。





ひろりんの『自転車』。
何度も繰り返される「おかえり~!」のコール。
盲目的にアイマスPを賞賛するなんて自分にはあり得ないけど、それでもやっぱりこういう暖かさは素敵だよね。
次は若林神に、その言葉を投げかけるんだろう、ボクらは。





若林神と言えば、ライブの定番である『いっぱいいっぱい』をメドレー中に真耶ちゃんとはらみーが歌ったんだけど、りっちゃんを彷彿させるメガネが"たまらないほど"似合う二人だったw
こんなのズルすぎるだろwwwww
みんなそう思ったはずw
(同じくmoca画像への直リンク)




メドレーにおける、『Alice or Guilty』が掛かったときの衝撃と、キングの格好良さには腰を抜かしちゃった。
数日前、ちょうどゆんさんとカラオケで歌ったところだったこともあってw
そのまま『HELLO!!』へと続く流れは、色々と複雑な思いをよぎらせるものだったよね、やっぱり。




メドレーと言えば、『待ち受けプリンス』。
ライブに合いそうなのに、何となくSSAではやらないんじゃないかと思ってだけに嬉しかったねぇ。
裏打ちでコールを入れる楽しさw





そして、くぎゅの『my song』。
一生、実物を目にすることは無いだろうと覚悟していたその姿を、初めて目にしたときに聴いたのが、6th 幕張での『my song』だった。
与えられた役では抜群の演技力なのに、「釘宮理恵」としては芝居がかったことが得意じゃ無い彼女だけに、一歩一歩センターステージを登る彼女の姿は神々しかった。
あれは演技ではなく、「釘宮理恵」の全力だった。




4時間半という長丁場、アンコール無しという衝撃の構成は、二日目の不安と期待を煽りまくるに十分だったw
どうなるんだ・・・マジで・・・って感じでw

初日の公演後は、大宮にていつも通りアイモバiの面々で、らんちぱっく呑み会。
その後、始発まで二次会で、いつもどおりダラダラとツイキャスをw
メガゴに行くかどうか、散々悩んだんだけどw

呑みながら初日のセットリストを振り返りつつ、ダラダラと話し続けたのよ。
んで、「DSメンバーの『HELLO!!』を聴いてみたいよ、一度は生で」って熱く語ってたのね。
なんせ、四年前のDS版発表時には、PCの前でニコ生待機してたからw


京浜東北線の脱線事故に怯えながらも、始発でシェフんとこに帰宅。
風呂入って一眠りしたら、二日目のSSAへ出発。




二日目はCD先行のチケットだったこともあり、アリーナ B2ブロック 5列目 5番。
具体的にはここ。
ステージから12列目、花道からは5列目という幸せ座席w
すぐ後ろが中継用カメラ(今回もWOWWOWのステッカーが貼ってあった)だったから、振り返って見るセンターステージへの見通しも良かったねぇ。
c0105957_2245495.png



初日の予習である程度のセットリストは分かるからこそ、このベストな座席を満喫することに精一杯で。
横アリの時と同じように、これだけ花道と近いとガールズと目が合うし、声を掛けたら手を振ってくれることもあつのよ。
唐突ですが、あたしゃこのライブでゆい㌧のファンになりましたw
元々、志保の次に奈緒ちゃんが好きだったけど、彼女のファンになりましたw


---------ここまで---------

このあと、いかに戸松遥の登場が衝撃で切望で感涙で発奮で戦慄で熱狂だったかを書きたかったのに、どうやっても書き切れず、そのままお蔵入りしたのでしたw
BD買って、確認しようぜ!






<< 響ちゃんと青ヶ島で度肝を抜かれ... , 一章 片想いの桜 >>