アイモバ副垢ラストスパート その8 納沙布岬編

c0105957_10291200.jpg



12月30日 何曜日だっけ。
朝の5時半に目覚めて、いつもの通り風呂へ入る。
んで、早速出発。
すでに空が白んでる事で、この街にいる事を実感する。
もちろん、町中に掲示された北方領土関連の標語でもw
c0105957_09503818.jpg

c0105957_09503860.jpg



根室駅前には観光市場があって、朝の6時の時点でもう開いてる。
眺めてるだけで楽しい。
蛸の足、でかっ!
c0105957_09503861.jpg

c0105957_09503957.jpg

c0105957_09503900.jpg

c0105957_09503982.jpg



根室駅前のバスターミナルでバスを待ってると、札幌からの夜行バスが到着。
ほんとはこれに乗りたかったんだよね。
特急よりも遥かに安いし、根室の宿代も不要だし。
でも、一ヶ月粘ったけど、キャンセルが出なかったんだよ。
c0105957_09503953.jpg



バスターミナルで切符を購入。
フリーきっぷもあったはずだけど、素直に納沙布岬往復で。
c0105957_09504062.jpg



納沙布岬行きのバスは6時半に発車。
自分たち以外に、あと一人しか居ないw
c0105957_09504012.jpg



日本で一番早い朝が来る。
バス車内から眺める夜明け。
納沙布岬付近は穏やかな丘陵地って感じで、少し襟裳岬に似てるね。
c0105957_09504086.jpg

c0105957_10093045.jpg



納沙布岬に着いたのは7時過ぎ。
もう一人の乗客と、車で来てる二人だけという静かな岬。
そのために早起きしたんだもの。
c0105957_10093181.jpg



とりあえず、日本最東端の碑を探すか…って思ったら、北方領土関連のが乱立してるw
そうだ、これでウンザリしたから、根室はあまり好きになれなかった事を、20年ぶりに思い出したw
c0105957_10093192.jpg



一番素直な感じの場所で記念撮影。
3年前に小笠原へ上陸した日、2年前に宗谷岬で赤505を達成した12/30に、今度は最東端に到達出来た嬉しさ。
c0105957_10093189.jpg



そして、これでついに響ちゃんと東西南北全ての端っこに来る事が出来たよ。
一番最初に日が昇る街から、一番最後に日が沈む島まで。
一番寒くて風が強い街から、一番暑くて海が綺麗な島まで。
僕らは4年近く、こうやって旅を続けて来ました。
c0105957_10093225.jpg

c0105957_10093246.jpg

c0105957_10093303.jpg

c0105957_10093373.jpg



こないだ、みんなで和歌山でキャンプをして串本へ行った時、本州最南端の碑を撮影しながら気付いたのよね。
よく考えたら、響ちゃんと最東端だけ行ってないって。
今回はここへ来る事がメインの目的だったのです。
c0105957_10291211.jpg




などと感慨にふける余裕もないほど寒い!
晴れてるけど、風が強くて泣きそうw
んで、店も資料館も開いてないので、風を凌げるのは公衆電話ボックスか公衆トイレのみw
とりあえず、先端の灯台まで行きますか。
c0105957_10093378.jpg



灯台の裏手には野鳥の観測小屋があって、7時から開いてる事になってるけど鍵が掛かってるw
とりあえず、最東端で記念写真。
c0105957_10093418.jpg

c0105957_10291324.jpg



暫くすると観測小屋を掃除するオッサンがやってきたけど、掃除が終わるとまた鍵をかける。
なんで?!
c0105957_10291353.jpg



そういや、このモニュメントの下で燃えてる火は、最南端の波照間島から運ばれてきたらしいよ。
あの美しい島から。
c0105957_10291312.jpg

c0105957_10291300.jpg



9時から開店する土産屋で暖を取りたい。
出来れば朝食も取りたい。
それは猫も同じw
c0105957_10291325.jpg



残念ながら食堂はやってなかったけど、店のオッちゃんと話しながらあったまってた。
ベタに最東端到達証明書を買ったり、昆布を買ったりしながらw
海の向こうに見える山が、国後島の山だって教えてもらったよ。
茶々岳は雲で見えず。
c0105957_10291433.jpg



帰りのバスは9:55。
9時台に到着するバスで観光客が増えたけど、あえてそれを外したのは自分の意思だ。
とはいえ、この寒さ地獄で3時間耐えるのは、やっぱり辛すぎたw
しかし、このバスでもトラブルが待ってようとは、この時には思いもしないw
c0105957_10374696.jpg



<< アイモバ副垢ラストスパート そ... , アイモバ副垢ラストスパート そ... >>