アイモバ副垢ラストスパート その12 新庄爆走編

c0105957_16242510.jpg


さて、これから戻る新庄では、このあと一時間ほどの乗り換え待ち時間がある。
ならば、新庄の達人(代行が美味い新庄へ通い続ける勢w)に相談するしかない。
食うべき物、見るべき場所を。
というわけで、みやみや改P、広P、乗り過ごしPに聞いてみた。
その結果がこれだ!
c0105957_18584871.jpg



鶏もつラーメンと言う、あまりにも面妖過ぎる響きにテンションは上がるばかり。
まずは広Pオススメの新旬屋の鶏中華を目指し、少し雪のある新庄市内を小走りで進む。

しかし、13時という時間もあり、20名近い待ち行列。
こりゃ、待ちきれない。
c0105957_16102756.jpg



では、その近くにある一茶庵へ。
路地を抜けた先にある本店は、上品で美味そうな店構えの蕎麦屋・・・?
年越し蕎麦を求める客もやってくる。
c0105957_16102738.jpg



しかし…メニューを開いても鶏もつラーメンか見当たらない。
普通のラーメンのみ。
仕方なくそれを注文するも、普通に美味いラーメンだったw
ん・・・?
c0105957_16102823.jpg



食い終わって再び新旬屋に行ってみたけど、やはり10人待ち。
それではと、急行食堂へ行ってみたけど…定休日!!
c0105957_16102814.jpg



しかし、気になるメニューが多いな。
新しい味過ぎるw
c0105957_16102824.jpg
c0105957_16102878.jpg



一茶庵の鶏もつラーメンは支店にしか無いという情報が。
地図を見ると、駅からかなり離れてるけど、ここまで来たら行かざるを得ない。
列車の時間が近いとはいえ、なんとしても食っておきたい。
ってなわけで雪道を小走りで進んで、本店とは違って庶民的な店構えの暖簾をくぐる。
c0105957_16102941.jpg



しかし・・・賑わっている店内でお母さんに聞いてみると、「そりゃ、汽車の時間に間に合わないわ」と言われちゃって諦めざるを得ない。
ぬぅ・・・新庄ラーメン祭りは、ここで終戦か・・・。
完全に敗北だわね・・・。
いつか、必ずリベンジに来よう。



駅に戻って売店を眺めていると、気になる物が目に入る。
これが世に聞く芋煮会というものか!
こんなどん兵衛、買わざるを得ないでしょ!
c0105957_16102976.jpg



ついでにアイモバのアイテムにもなっている、くぢら餅も購入。
中途半端に食ったから、とにかく腹が減ってるのよね。
c0105957_16102925.jpg



しかし・・・新庄エリアは噂に違わぬ代行の宝庫。
掲示板を開くたびに並ぶ代行が、途切れる事かない。
こりゃ、激戦区である仙台の二人が、癒やしを求めてわざわざ通うわけだわw




<< アイモバ副垢ラストスパート そ... , アイモバ副垢ラストスパート そ... >>