2016年下半期ニコマス20選

c0105957_16183352.jpg


西武ドーム以来の765プロライブが間近に迫る頃、ニコマス20選の時間がやって参りました。
この半年といえば、「プラチナスターズ発売」と「まさかのアイマスライブが地元開催(シンデレラ4th神戸公演)」で公式を満喫し、VRL改めNNNM16でニコマスを満喫させてもらいました。
年が明けてニコマスも10周年。
本当に長い間、この遊び場が続いている奇跡に感謝を。
今夜からは、桃月Pによるニコマス10周年特番がスタートです。


今回のニコマス20選公式サイトはこちらです。



―――――――――――ここから――――――――――――――
基本レギュレーション
対象は2016年下半期(7月1日~12月31日)に公開されたニコマス動画
自身のセレクトを20作品以内でブログ・マイリスト等にて公開
1Pにつき1作品(合作・別名義については別カウント)
選考基準はフリー(お気に入り・埋もれ発掘・テーマに沿って等何でもオッケー)
※作品と一緒にP名を表記していただけると非常に助かります
―――――――――――ここまで――――――――――――――


今回は奪取Pが主催して下さいました。
2015年上半期で選ばせて頂いた亜美真美作品が好きすぎる、あのお方です!


主催の奪取Pはもちろんのこと、告知動画を作成されたhikaruPを始め、運営の皆様、本当にありがとうございます。

基本的には投稿日順に並べています。


------------------


1.リンP


「運命の出会いを信じてる?」
実は信じてなかった。
今は信じてる。




2.倉桜氏


アイマスPS発売から僅か4時間後に投下された本作。
ジェバンニが共通語だったあの頃、この世界が10年も続くとは思っていなかった。
また、ここから始めよう。




3.トカチP


異様なほどの存在感と、その一方でところどころ感じる「人形っぽさ」。
まるで操り人形がステージングしているかのような不安感が、あまりにも心に引っかかりまくって、リピートせざるを得ない。
この変拍子のリズムにシンクロする恐ろしさにも脱帽するしか無く。




4.なかがみP


"彼の人"の「サイバー女子トイレ」を思い出すオープニングから一転、志希にゃんのソロステージで魅せまくる。
5人ステージであることを全く意識させない見事さ。
タイポグラフィ、大好きです。





5.戸次慶志氏


夢、みたいものだと思ってる。
以前にも書いたけど、ニコマスはいつか覚める夢だと思うし、いつか終わる祭だと。
本当に夢みたいな映像が続く本作は、DLC側が夢なのか、それとも765側が夢なのか。
その両方であったとしたら、僕は目覚めなくてもいい。





6.ヤマダリオンP


過剰過ぎるほどの幾何学のマスクが、圧倒的なスピード感を生み出す。
スローモーションと流れゆく雲が、その存在の大きさを認識させる。
ここに立っているのだと。




7.みしおこP


僕らは10年間、ずっと春香さんにニコニコさせてもらってきた。
彼女がどれだけ頑張ってきたのか、彼女がどれだけ笑顔を届けてきたのか、僕らは知っている。
プラチナスターズ発売おめでとう。
数え切れないほどの笑顔をありがとう。





8.KARI=YUGA氏


新しい才能はどの時代にも咲く。
これだって僕らが10年間感じ続けたことだった。
洋楽コラボPVだからこそ、歌詞よりダンスの気持ち良さに頼らざるを得ない難しさにも関わらず、どのシーンを切っても間違いないクオリティと、オールスターの見事な配置。
真美がフレームインする瞬間が大好きですw





9.BARRYP


気持ち良さとスローモーションの極致。
集約と解放。
サムネにも使われているあの瞬間を、壁紙にしたい。




10.音P


アイマスPSをプレイして感じたのは、合宿というスタイルが千早を成長させるのにピッタリだったと言うこと。
自然と弛む笑顔が可愛いことを、音Pの本作は改めて教えてくれる。




11.716P


その瞬間の気持ち良さを求めて、見る作品というものが確実にある。
溺れそうなステージの果てに訪れるその瞬間、君の声がシンクロしそうです。




12.whoP


終身名誉ハニーの帰還。
ニコマスの10年は美希から始まったもんね。
好きなものを好きと言い続けることが出来ること、それをみんなで楽しめること。
whoP、おかえり。




13.べじP


正直に言うと、アニメ化が怖いという気持ちはずっとあった。
パラレルワールドであるはずの各アイマス作品が、「アニメこそが正史」となってしまいそうで。
有る面から見るとそれは決して間違っていたわけでは無かったけど、そもそもニコマスではそんなことを気にする必要なんて無かったのだ。
たとえば本作の気持ち良さと爽快感は、僕らが知っていたアイマスMADそのものなんだから。




14.ゆっぴP


達夫合作を思い起こさせる、ゆっぴPの美希誕生日前夜祭作品。
少しコッテリ気味にフィルターをかけた美希が、プラスタのモデリングによく映えるってことに気付かせてくれた瞬間の衝撃。





15.サトウくんP、はおP、ゆっぴP


美希、10年間、ニコマスを支えてくれてありがとう。
君がいないとニコマスは無かったかもしれません。
10年間で一番成長したのは、君でした。
こんなにも素敵な美希を見せてくれた、三人のプロデューサーにも感謝を。





16.758P


春香さんと千早。
最後の瞬間まで見逃せない二人の関係。





17.mknP


挟み込まれるアップのカットがたまんなくて、彼女達がアイドルだと強く教えられる。
mknPの響ちゃんは、いつも「アイドルであること」を思い出させてくれるんだよね。





18.ぽP


あいかわらず間口が広すぎるぽPの、まれに投下されるPVを心待ちにして、リピートし続けるってニコマス人生を何年も送ってきてる。
テキスト芸が最高過ぎて、智絵理ちゃんの「ののわっぷり」が可愛すぎますw





19.ぎょP


貫禄のステージング、快感のシンクロ、カウントダウンの馬鹿馬鹿しとそのセンス。
完全にぎょP作品だ、これ。





20.まるいP


「ダンスで歌う」シンクロ作品。
MLE3の「M@STERS OF PERFUME WORLD!!」が歓喜の夜を彩ったけど、その中でもまるいPの本作が一番好きで。
背中で、指で、その髪で、歌詞を綴る。

少し関係ない話をします。
ニコマスが終わって何年か経ったら、一緒に呑みに行こうって話してたのことを。
10年経ってもニコマスは終わらなかったけど、この夏に僕らは初めて会って、真っ昼間から焼肉を食いつつ何時間もニコマスを見続けて、止めどなく話し続けて。
彼がその夜もまるいPを熱く語りまくってたことを、今でも思い出すのです。
c0105957_15323976.jpg




次点.KKKP


大好きです!




自貼り

<< 10年前の君たちと俺たちへ , 2016年を振り返って >>