2007年 05月 04日 ( 3 )

「すべての責任は私にある」

c0105957_23402877.jpg

13時40分、向島からの再スタートでいきなり悲しみにくれる。
そ、往きは道を間違えて山越えとなった件。
正しい道だとこんなにも余裕な海沿いの平坦な道。
前回も登場した地図を再び無断引用しながら振り返ってみると…。
本来はこっちへ向かうべきところを
c0105957_23384824.jpg

こっち向きに走ってしまい
c0105957_23391080.jpg

この山を越える羽目になったんですな。
c0105957_23393121.jpg

こんな間違いは地図を見てれば犯すはずもないんだけど、実際は地図を持ってなかったのね。スタート地点であるサンライズ糸山で貰えばいいやって思ってたから、下調べも無しだったわけ。ところが肝心のサンライズ糸山は早朝のため開いてなかったのよね。

というわけで海沿いの正しい道を進む我ら。
冒頭の赤い橋は向島大橋。
この橋は渡りません。
でも「鉄橋」って感じで可愛いよね。

もう、あり得ないほど長いよ。んで、本文は全部携帯電話で打ってるって話を信じる?

「私がふたたび異常動作を起こさないという確証はない」

c0105957_04315.jpg

渡船を下りて向かう先はただ一つ。
ホントはさ、尾道って昔から旅してみたかった場所だからゆっくりしたかったのね。
うちが15年以上愛し続けるこの人も出演した新尾道三部作の舞台ってのあるけど、何となく色々と散策したかったわけ。

今回は短いよ

「そうしなかったという保証もない」

掃除機の音で目覚めのが早朝5時。
レストランの掃除が始まったみたいで、とりあえず起きあがって窓際の席に移る。
朝焼けが出始めた海を眺めつつ、コーヒーを呑みながら携帯電話を充電してると次郎から電話が。
「もうすぐ着くけどどこにいるん?」。
とりあえず船室に戻り、荷物を詰める。

c0105957_246254.jpg

予定通り今治には5:30に到着。

今回はもっと長い

,