カテゴリ:模型( 19 )

僕が一番上手にガンダムを操縦できるんだ!!!!

またもや平日のこんな時間に書いてるハムですよ。
今日は仕事を休んで舞台を見に行くのよ。
舞台そのものが初めてなので、かなり楽しみにしてる~。

で、既にジョギングは終わらせてきた。
思えば衝撃の体重になってから1ヶ月以上走ってきたけど、ついに5kg減となりましたよ。
目標体重まであと1kg、頑張ってみる。
c0105957_1334452.jpg

昨日に引き続き、溜め込んでいたシリーズその2。
ガンダム製造は何日目だっけ?
え~っと、まずは7日目。
GW中にやったこと、それは間接の塗装。
未塗装とはいえ、やはりチラチラ見える間接の切断面が汚くて。
というわけで、外装を外してムーバブルフレームを取り出した。
これだけ見るとミクロマンだわねwwww
c0105957_13382916.jpg



ちなみに取り外した外装はこんな感じ。
c0105957_13392432.jpg




何色に塗装するか決めずに近所のプラモ屋へ赴き、「おばちゃん、色見本見せて~」とお願いし、3分ほど悩んで「んじゃ、28番ちょうだい」と伝える。
Mr.カラースプレーの黒鉄色ね。
で、アマゾン謹製の塗装ブース(ただの空箱とも言うwww)に「ネコの手」で固定して、スプレーでドバドバと塗装。
ちょうどこの時、チャリンコのメンテナンスをしてたので、乾いたら重ね塗りってのを繰り返し。
c0105957_1356444.jpg





塗装が終わったムーバブルフレームとながもんさんの競演。
さすがバンダイ、あいかわらずよく動くわ・・・。
c0105957_13574222.jpg




お約束の「半分外装状態」。
馬鹿っぽいのはお許し下さいませ。
c0105957_13584629.jpg





そして製造8日目はシール貼り。
相変わらずの大量っぷりにグッタリしながら、何とかくじけずに頑張ってみた。
というわけで、完成~。
c0105957_1431729.jpg


c0105957_1452225.jpg


c0105957_1441940.jpg


c0105957_1443476.jpg


c0105957_1445177.jpg


c0105957_1454135.jpg


c0105957_1461764.jpg


c0105957_1462947.jpg



うんうん、やっぱり未塗装でもコーティングだけで十分綺麗だし、マーキングもいい味出してる。
結局、墨入れはやらなかったけど、今回はそれで正解かも。


さて、次はシューティングポーズ。
ディスプレイベースを持ってないんだけど、奇跡のようなバランスで立たせることに成功。
c0105957_14105696.jpg



ほらね、恐ろしいほどのバランス感覚。
ちなみにこの膝関節なんかに、塗装の効果が現れてる。
ほんとは足首なんかにあるパイプ部分をシルバーかゴールドにすべきだったんだろうけどね。
c0105957_1412547.jpg




ちなみにさっきの写真、たとえばビームライフルに焦点を合わすとこんな感じになるのよ。
これはこれで面白いでしょ(って、クリックして拡大しなきゃ分かんないかも・・・)。
c0105957_1414032.jpg



で、もっと面白いのはこのワイド画像による下からの煽り写真。
めちゃめちゃ迫力あるよね。
c0105957_1417152.jpg




背面から見るとこんな感じ。
戦場の兵士視点ってとこかな。
c0105957_14161865.jpg





ちょっと趣向を変えて、膝立ちでのシューティングポーズ。
決めたいポーズにかっちり決まるのは、Figmaと一緒wwww
c0105957_14184140.jpg




ほら、自由に動きすぎでしょwwww
この角度から見たらださいけど。
c0105957_14192876.jpg




折角だからビームサーベルも持たせてみた。
ほら、これも片足でちゃんとバランス良く立ってる。
c0105957_14204434.jpg




この角度から見ると、やっぱり重量感があるよね。
c0105957_14213271.jpg





というわけで、久しぶりのガンダム製造は終了。
無事にロールアウト。
しばらくは手を出さないつもりだけど、HGUCのνガンダムとか、MGの黒い三連星ザクVer.2とか、気になって仕方がないのよwwwww

幽玄の時間をあなたと

姫路城の夜桜を見てきたハムですよ。
姉さんの報告通り関東は先週が満開だったようですが、こちらは今週末が最適かな。
八分咲きって感じ。

我が県一の花見スポットなだけに敢えて人の多い所へ行く必要はあるまい、と今まで避けてたけど、夜桜なら少しはマシかと思って行ってきましたよ。
でも甘かった…。
猛烈でした。
そこら中が宴会祭でした…。

そして姫路城では「「花あかり」姫路城夜桜会」なるものが実施されていて、城内敷地(建物は不可)に無料入場できて、そちらでライトアップされた桜と姫路城の対比を楽しめたのでした。
でもね、夜桜撮影って難しすぎるわ・・・。
三脚がないと無理っす。
c0105957_19264922.jpg






ガンダム製造は五日目~六日目。
土曜日は腕部とマニピュレータ、ショルダーアーマーを製造しました。


パーツはこちら。
いつも通りフレームは組み立て済み。
ご覧の通り、マニピュレータのうち中指か小指までは一体化されてるけど、簡単に切り離すことが出来るので5本指全て独立稼働も可能だと思われまする。
c0105957_19283197.jpg




フレーム状態での肘間接の曲がりっぷりはこんな感じ。
膝と同じく肘部分が二重スライドするので、180度近く曲がるのね。
c0105957_19285014.jpg




んで、外装をつけてもう一度チェック。
こちらもやっぱりフレーム状態とほぼ変わらない素晴らしさ。
やはり恐るべし、バンダイのテクノロジー。
c0105957_1929882.jpg




肩のアーマーは最近のガンダムに比べるとかなり小振り。
ここが大きければ大きいほど強そうに見えるのは幻想?
でも大丈夫、肩間接がかなり上まで上がるので、こうすればかっこ良くなるのよね。
c0105957_1932911.jpg




というわけで、本体部分は完成。
ようやく『ガンダム、大地に立つ』!
c0105957_19323042.jpg




さらに今日は武器を製造しました。
まずはガンダムと言えばシールドってな訳でこちら。
十字マークはシールド裏から出てくるパターンもあるけど、今回は貼り付けるパターン。
c0105957_19354567.jpg




次にこれまた定番のビームライフル。
これまた見事な最中構造なんで、貼り合わせ部分が目立ちまくりだろうなぁ・・・。
こういう時にヤスリ掛け出来ないのが辛い・・・。
c0105957_19371598.jpg




で、ハイパーバズーカ。
なんでか分かんないけど、ハイパーバズーカを格好いいと思えないのよね。
だからいつも腰に背負わせたくなる。
こちらももちろん最中構造。
c0105957_19373541.jpg




で、ガンダムハンマー。
ダサいから嫌いですwwwwwwww
wikiによると、「スポンサーの玩具メーカー、クローバーの要求で設定された武器。作品の雰囲気と比べて浮いているため、それぞれ1回ずつしか登場しなかった。」ってことらしいよ。
なのに、棘一つ一つが別パーツという凝りっぷり。
チェーンは両端以外組み立て済みで封入されてます。
あぁ、もちろんプラスチックね。
c0105957_19434811.jpg




それを組み立てたのがこちら。
もちろんビームサーベルの柄は、ランドセル上に刺す物と共用ね。
c0105957_19461949.jpg




さて、ガンダムシールドには設定通り、ビームサーベルやビームライフルを収納できるようになってるのよね。
ついでにハイパーバズーカまで収納出来るのよ、はみ出てるけどwwww
c0105957_19481877.jpg

c0105957_19484753.jpg




ってなわけで、満を持して完成いたしました。
その勇姿はこちら。
c0105957_19493057.jpg




うんうん、かっこいいかっこいい。
で、ここからの方針を悩んでる・・・。
 ・このコーティングだと逆に墨入れは要らないかも・・・。
 ・そこをハッキリ決め切れてないから、マーキングシールが貼れない・・・。
 ・関節部分のグレーがイマイチなので、フレームだけは塗装しようかな・・・・。

何処であっても、高額な買い物にはドキドキするのよ

本日はあんパンの日らしいですよ。
セブンイレブンのパン売り場にポップが貼られてたのよね。
いや、売り場というか、あんパンそのものにwwwww

先日のPSUアップデートで実装されたファイマスターへと転職したハムの人ですよ。
ってか、先週の木曜日のアップデート直後、くららから貰ったメールをよく読まずに、転職条件が揃ってるのをいいことに、何も考えずに転職しちゃったわけで。
c0105957_091153.jpg


で、転職してから気付いたこと・・・。
武器も防具もSランクしか持てねぇええええええええ!
Sランク武器はいくつか持ってるとして、S防具なんかねえよ!!!!!
というわけで、くららに相談してショップ巡りを。
wikiを見ながら「セラフィセンバ、いいなぁ」って検索してみると2000万メメタとか! アホかと!
何とか買えそうな「ラボル・レブファ」と「オルハセンバ」を天秤にかけて、どちらも低属性って事もあるので防御力の高いオルハセンバを購入。
とは言っても、350万メメタとか!
これまでで最高額の買い物ですよ。
c0105957_0154427.jpg




さて、ガンプラ製造4日目。
今日は腹部とランドセル、更に頭部を製造しました。

パーツ構成はこの通り。
って、昨日作成した胸部も含めてって事だけどね。
c0105957_0175576.jpg




ランドセルは単純な構造。
内部フレーム1パーツと、外装1パーツ、バーニア4パーツ、それにいくつかのPC。
ジッと見てると、アステカ文明の仮面に見えてくるから不思議wwwwww
c0105957_020277.jpg




で、胸部と腹部、ランドセルを合わせるとこんな感じ。
腹部のパーツのでかさを見て、これなら胸部と一緒にしちゃったらいいんじゃね?って思ったけど、分かれてる理由は後ほどの写真ではっきり示されましたよ。
c0105957_022145.jpg

c0105957_0221922.jpg




下半身と合体させてみたのがこれ。
真っ直ぐの状態だとこんな感じだけど
c0105957_0261119.jpg



左右に傾けるとこんな感じ。
そう、腰の部分だけじゃなくて、腹部と胸部の境目でも更に曲がるようになってるのよ。
僅かなことだけど、すごいね~。
c0105957_0314558.jpg



一方、前後の傾きはこんな感じ。
どちらへの傾き度合いもあんまり変わんないね。
c0105957_038748.jpg

c0105957_040027.jpg

c0105957_0401969.jpg




次に頭部を作成しましたよ。
パーツは以下の通り。
フェイス部分は既に組み立て済み。
目やメインカメラ(赤い部分ね)、リアカメラはシールで再現。
あぁ、アンテナ部分は2パーツで構成されてるのよね。
c0105957_0474794.jpg



そのまま素直に組み立てるとこんな感じ。
お馴染みの顔が出てきたねぇ。
とはいえ、アンテナ部分がイエローじゃないってのは、やっぱり違和感あるかも。
ちなみに正面から見てると分かんないけど、上のパーツを見ても分かるように見事な最中構造なんで、前後の分割線は隠しようが無いのよね。
c0105957_0494695.jpg



で、上半身と合体。
もちろん首部分の左右可動は自由だけど、上下も結構動くのよ。
たとえば一番上を向くとこんな感じ。
c0105957_0511881.jpg

c0105957_0513166.jpg



横から見てみるとこんな感じになりますよ。
一番俯いた時と、天を仰いだ時ね。
c0105957_0523010.jpg

c0105957_0524926.jpg

ようこそここが豚屋敷、豚足祭の館です。

昨日のこの動画の影響かな。
「ハムの人P アイマス」でここへ辿り着いてる人がわらわらと居るみたい。
いらっしゃいませ、見る専Pでも無いのでここに求めている物は無いかもしれませんが、一応目的のサイトはこちらで間違いないかと。
お時間ありましたらごゆるりと。


ガンダム製造は三日目。
予告通り、胸部の作成となりました。

およそこんな感じのパーツで構成されてるのね。
いつも通りフレームと一部のパーツは既に組み立て済み。
フレームの真ん中にある青い部分は、格納されたコアファイターのノーズ部分だろうね。
そういや、このガンダムは合体機構がないので、コアファイターは付属してないのよ。
c0105957_032173.jpg



今日の目玉はこのエアーインテクター部分。
3枚のフィンで構成されているけど、それぞれが独立パーツなので自由に可動。
って、机汚いな・・・・wwwww
c0105957_073518.jpg

c0105957_07495.jpg




フレームのみの場合、肩関節の前後可動範囲はこんな感じ。
前へは結構動くけど、後ろはほとんど動かないね。
c0105957_0105282.jpg

c0105957_011763.jpg




というわけで、組み上がったのがこちら。
今回は塗装無しの予定だけど、やっぱり金メッキに近いイエロー部分のパールコーティングは切り離し部分の色剥げが目立ち過ぎだわねぇ・・・・。
どう処理したもんだか・・・。
c0105957_0165737.jpg




この写真で分かりやすいか自信はないけど、胸部ダクトの全開と全閉状態を左右で表現。
c0105957_019187.jpg



で、こちらがコックピットハッチを開いたところ。
さっきのフレームにくっついてた、コアファイターのノーズがチラッと見えるかな。
c0105957_0204076.jpg

荒んだ舞台でまた遭える

悔しさを噛み締めつつも、朝から爆笑したハムの人ですよ。

哀川翔PによるL4Uのスコアアタック「春香の脇を舐めたい杯」は、4/1 AM2:00を持って終了。
こないだ話した新曲「shiny smile」配信以降は中間ランキングも発表されず、「30位以内の自信がある人はPVを作成しておくように」とのお達しが事前にあったのね(参加者は95名)。
うちもギリギリまで粘って、もうスコアが伸びないと諦めた終了1時間前から、PV作成に着手。
色々悩んだけど、結局「裸で正座しながら紅茶を飲む変態紳士」としては、やはりスクール水着しかないわけで。
とかちとやよいの二人によるPVを30分かけて完成。
c0105957_2253181.jpg



で、今朝の結果発表を待ったわけですが・・・。
朝目覚めてすぐに哀川Pのブログをチェック
やっぱり予想通り、動画による結果発表となったわけですよ。
「95人の廃人候補生が競い合う」なんて、素敵なタグまで付けていただいておりますwwww

c0105957_22573951.jpg



で、ドキドキしながら動画を拝見。
何故か31位から紹介が始まる・・・・。
で、その31位があの○ーなPによる「PB」!!!
いきなり大爆笑!!

笑いが収まってふと我に返ったうちは、自分のハイスコアと比較してみたのね。
負けてるうううううううううう!!!!!!!!!

時間がなかったのでスキップして、動画の最後に発表される32位以下のランキングを見て絶句・・・。
なんと・・・・
c0105957_234178.jpg

32位でした!!!!
わずか1000pt足らないだけで、入賞できませんでした!!!!!
なんという、うちらしい結果・・・。


いや~、それにしてもこの一ヶ月は本当に楽しかったのよ。
これほどスコアアタックに燃えたのは初めての経験。
競う相手が居て、しかもその中に有名Pが大量にいるって事が、そのテンションを後押し。
ほぼ初体験だった音ゲーの魅力も、十分すぎるほど理解出来ちゃうくらいに。
哀川兄貴、何度でも言うけど本当にありがとうでした。

しばらくL4Uはオヤスミ。
新曲配信まではプレイしないかもねwwwww



というわけで、ガンダム製造二日目は腰。
今日は非常にラクチン部分なのよね~。

まずはパーツ構成。
例によってフレーム部分は組み立て済み。
色分けされているパーツも既に組み立て済みだす。
c0105957_2311206.jpg



股関節はこんな風に前後へスライド出来るようになっていて、よりダイナミックなポーズを取ることが出来るのよね。
c0105957_2314546.jpg

c0105957_23142136.jpg



組み上げるとこんな感じに。
なんだかこれ単体でも「顔」に見えるうちはお馬鹿だわ。
ちなみに黄色いところは「コンバータシステム」らしいっす。
何の役割かは分かんないけどね。
c0105957_23201256.jpg



足とドッキングするとこんな感じ。
太ももが影になってて、いけてない写真になっちゃったねぇ。
c0105957_2318102.jpg



さて、この状態でさらに足の関節の限界を確認。
いわゆる立て膝が出来るかどうかって言う、これまた「ガンプラBLOG」さんでよくある写真ですな。
ご覧の通り素晴らしいポージング能力。
c0105957_2321324.jpg



ということでした。
明日は胸部の予定だけど、複雑だから1日じゃ無理かなぁ・・・。

僕にはまだ帰れる場所があるんだ

未来派先生の過去作品復活に涙が溢れまくっている変態紳士、ハムの人です。
 【アイドルマスター】 とかち暗黒系
 【アイドルマスター】 とかち灼熱系
 【アイドルマスター】 とかち天国系
 【アイドルマスター】 とかち模造編
 【アイドルマスター】 とかち春秋編
 
天国も!台湾も!伊予柑も!生糸も!ダミ声スキャットも!おでんも!
紳士の社交場」は「紳士の同窓会会場」になっております。


さて、この週末に注文したことをすっかり忘れてた物が届きました。
c0105957_23471961.jpg

Yahoo!ガンダム総力特集」で期間限定販売となった「MG RX-78-2GUNDAM Ver.ONE YEAR WAR 0079【劇場版イメージカラー】」って長い名前のMGっす。
写真と名前から想像できるとおり、通常製品である「RX-78-2ガンダムVer.ONE YEAR WAR 0079」を、大河原邦夫御大による「めぐりあい宇宙」の劇場版ポスターのイメージカラーで仕上げた商品。
当時の小学生男子が全員落書きしたであろう「ラストシューティング」だって再現できちゃう。

オリジナルの「Ver.ONE YEAR WAR」は、「Ver.1.5」のマイナーチェンジ+PS2版「機動戦士ガンダム 一年戦争 」カラーに仕上げた物だったんだけど、今回は実際に劇場カラーになっただけではなく、全体的にパールコーティングカラーになってる;


というわけで、「ガンプラBLOG」さんみたいな感じで、製造工程を紹介することに挑戦。
(そういや、レイキャシールを放置したままだったわ・・・)




王道に従い足下から作成。
あ、そうそう。
今回は基本的に塗装無しで、部分塗装+墨入れのみの方向で。

足部分はおよそこんな感じのパーツで構成されてるのね。
ちなみに足の先端とフレームは組み立て済み。
c0105957_071011.jpg



ちなみにフレーム単体だと、膝はここまで曲がります。
c0105957_0104290.jpg



ところが、外装を付けてもほぼ同じぐらい曲がるのよね。
おそるべしバンダイのテクノロジー。
c0105957_0164912.jpg



また、モールドの多さも半端じゃなくて、たとえば足裏なんかはこんな感じ。
墨入れのしがいがあるというか、ぞっとすると言うか・・・。
c0105957_0211296.jpg



本日はこんな感じで両足を作成しました。
ってか、久しぶりに作ると肩が凝りまくりだわ・・・・。
こうやって見ると単なるグレーだけど、実際にはパールコーティングのシルバーに近いグレーなのよね。
c0105957_0231028.jpg

島にも色々ある

寒波の強風が吹き荒れる中、船に乗って淡路島に渡り、サイクリングしてきたハムですよ。
しかも会社の後輩の女の子を二人引き連れて。
彼女たちは変速機のない24インチのママチャリで、60kmを完走したのよ。
えらいねぇ。

c0105957_2250566.jpg

昨日に引き続き、ワンフェス限定品のレビューを。
何度かに分けるつもりだったけど、結局今回で終わりそう。

情熱に灯がともらなかった

世界一遅い「レイキャシールVer.1.5」組み立てレビュー1

頭痛にもかかわらず本日二度目の更新のハムです。
早く寝ろよ、と自分でも思ってるんだけど(笑)。

さて、我慢しきれずにレイキャシールの制作に取りかかりました。
超ちっちゃいから、それこそ眼の疲れから頭痛に響きそうなのに・・・。
ほとんどの写真のピントが合ってないこと、お許しくださいませ。

c0105957_2140184.jpg

前回の記事でもお分かりの通り、本体とヘッドパーツの二つの箱で構成されているんだけど、本体側にも標準ヘッドが同梱されてるみたい。
って、こんなにもちっちゃなパーツ群で、どれがヘッドかなんて見分けれないけど。
ちいなみに外付け(どうやら別売りオプションだったみたい)のヘッドパーツには「メイド」「ポニテ」「ツインテール」「リボン」「ロボ」がセットになってるのですよ。


さてさて、とりあえず少しずつ組み上げて行くつもり。
基本的にバリ取りはデザインナイフで行うけど、細かなペーパーがけは後ほど実施するつもりで。
本日はこの腕のうち左腕を作成。
c0105957_21444665.jpg


まずは肩甲骨パーツ。
c0105957_21462977.jpg


肩との接続用に貫通口(1.5mm)を。
いや、さすがに高価なキット(定価は安いけど、今回は・・・)だけに、穴一つ開けるだけでドキドキするのよ。
ボディへの接続穴も含めて二カ所貫通。
c0105957_2148153.jpg

c0105957_21483738.jpg


一方で肩には絞め口(1mm)を。
c0105957_2150436.jpg

ところがさ、良く分かんなくて。
この取説を見ると、向こう側に貫通しちゃダメっぽく見えるんだけど、そのままだと明らかにネジの長さに大して穴が短すぎるのよね。
c0105957_215122100.jpg


f-faceのBBSを検索してみるとこんな回答があって、どうやら突き抜けてもいいみたい。
ってなわけで、ズボっと行っちゃいました。
c0105957_2154263.jpg

肩パーツは上腕部分と肘パーツとの絞め口をもう一つ。
c0105957_21555687.jpg


肩部分をネジ止め(長さ4mm)して、装甲と組み合わせたらこんな感じ。
c0105957_21574421.jpg


さて、次は肘部分の貫通口を二カ所。
c0105957_21583277.jpg


更に腕パーツの絞め口を一カ所。
c0105957_220114.jpg


これらをさっきの肩とネジ止め(4mm、5mm)し、出来上がったのがこちら。
c0105957_2203713.jpg


さて、手のパーツはあらかじめ3種ほど用意されていて、持つ武器によって使い分け出来るみたい。
c0105957_2233071.jpg


とりあえず握ってる手を選んでみたのね。
c0105957_224767.jpg

c0105957_2241748.jpg


というわけで、本日はここまで。
小ささは周りとの比較でわかりやすかったと思うけど、目安としてこの腕の長さは2.5cm程度であることを報告しておきまする。

にぎってにぎって

眠い目をこすってほっぺたを叩きながら更新中のハムです。

c0105957_0262523.jpg


あい、予告通り網タイツ貼り作業を行いました。
いやぁ、この作業は結構楽しかったよ。

当初、BUBBA氏のハルヒバニーが公開されたときには「あの網タイツはどうやってるんだろ?」って大きな話題だったわけ。
実際にはガレキファンにとってみれば、以前から知られていたテクニックらしいけど。
ところがハルヒバニーの人気が圧倒的でBUBBA氏のブログも炎上気味だったため、影響を恐れてその手法を編み出した方のサイトへのリンクは控えてたらしいのね。
んで、落ち着いたところでようやく公開されたのがこちらでリンク先はこちら
時期を同じくして電撃HOBBYでもその手法が公開されたわけで、今日のお手本はこの二つね。


乱暴な説明をしてしまえば「チュールを木工ボンドで貼り付けていく」というもの。
チュールってのは布素材。
うちはユザワヤで買いました。
舞台衣装用の素材コーナーで売ってた。
聞いてたよりも高くて、最低50cmの長さからの販売で1000円。

これを水で少し溶いた木工用ボンドで少しずつ少しずつ貼り付けていくの。
筆で2cm四方くらいの大きさに木工用ボンドをチュールの上から塗って、しっかりと引っ張って足に密着させながらドライヤーで一気に乾燥。
両足に挟んだドライヤーに向けてハルヒの足を温めるのよね。
ってか、何度も指を火傷しそうになったよ。

もちろん続くのよん。セクシー写真満載でお送りします。

いつまでも耳から離れないあの声

はいはい、というわけで朝日新聞買って参りましたよ。
ちなみに我が家は地方紙をとってて、7/1から4コマで「ちびまる子ちゃん」が始まっております。


c0105957_11342248.jpg

ついにやっちゃいました。
瞳の塗装を昨晩から朝までかけて。
もうね、地獄の苦しみだったよ・・・。

これまた酷い画像の連続ですよ

,