カテゴリ:オトモノ( 18 )

夢は夢のままの方がいいのかしら?

c0105957_20521081.jpg

うちにとって音楽の始まりはLÄ-PPISCHであり、PSY・Sであり、BOφWYであり、岡村靖幸だった。
あぁミーハー。
なんてミーハー。

だからね、今日のニュースでテンションが上がったwwwww
当日は予定があるし、翌日はMt.富士ヒルクライムだから、何にしろほぼ行けないんだけど、それでもチケットの先行予約は申し込んでみたよwwwww

よくよく考えたら、氷室のライブには行った事無かったw
布袋のライブは散々行ったのにね。

Lush March!

予想外の感動に、思わず書かずには居られなかったハムの人ですよ。
明日発売の茅原実里のNewアルバム『Sing All Love』が届いたのね。


BDが特典として付いてくるのか~、って程度のつもりで注文してたんだけど、さっき尼から届いて再生してみて驚いた。
去年の夏、河口湖で行われた野外ライブ「SUMMER CAMP」の映像を(多分)ほぼノーカット、120分 MCも含めると24Tr.も収録されてる。
しかも、ちゃんと5.1chサラウンドで。

野外ライブ「SUMMER CAMP」は富士急が臨時列車を運行させたり、ヘッドマークを付けたりと、鉄ちゃんにもたまんない企画だったようで。
いや、鉄ちゃんにはロクでも無い奴もいるけど、うちのPCの師匠がものすごい鉄分濃いめの人なのでした。
もう、5年くらいお会いしてないけど・・・。



話が逸れたwwwww
とにかく、ミノリンファンにはたまらない、熱いライブ映像がここにある!!
ちなみにめちゃめちゃベースの抜けが良くて、太ごつい気持ちよさがあります。
しかもBDの高画質とか幸せすぎ。
あ、DVD版はやたらと安いので、BD環境がない人はそちらをどうぞ。


Sing All Love(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)

茅原実里 / SMD


Sing All Love(初回限定盤)(DVD付)

茅原実里 / SMD


SONGS ARE OUR UNIVERSE

こういうベタなことが一番嫌いなのに、こういうベタなことが一番嫌われるのに、書かざるを得ないところがうちなんだけど。
忘れたいのに、知ってしまったら書くしかないじゃない。

あの日から10年、SJMのライブが2009年6月20日に行われてたらしく。
知らなくて良かった。
知ってたら、きっと行ってた。




睦のダイブを何度も受け止め、つつの男前ドラムに何度も痺れ、KEIKOの狂気とも思えるギターに何度も震え、しのぶちゃんのニコニコスマイルとテクニックのアンバランスに何度も夢中となり、睦の高速祈りに怯え、ステージへ上がるオーディエンスに顔面を蹴られ、しのぶちゃんに手書きセットリストを貰い、KEIKOの小ささにやっぱり震え、確かにそんな日があったのだ、うちにも。
最後に観たのは1996年4月8日心斎橋QUATTRO、うちが睦からマイクを奪った日wwwww

ずっと忘れたかったし、けっこう忘れてた。
でも、右下のうちの「ライフログ」のトップが『キャベツ』だってことは、やっぱりそういうことなんだよ。

これをきっかけに、つべで15年ぶりくらいに色々と観まくったけど、やっぱりこれが一番楽しかったかな。
懐かしく、かつ衝撃の「睦の○○姿」は3分27秒辺りで。
『WE'RE THE MOTHER』の格好良さは、千年経っても変わらない。

雨があがってもあがらなくても

そりゃ早過ぎるよ、清志郎。
誰もが口にする言葉だけど、今回ほどそれが悲痛に感じることもないよ。

うちにとっちゃぁ、RCだったり、タイマーズだったり、HISだったり、教授と一緒だったり、もちろんCHABOと一緒だったりと、清志郎ソロよりもバンドやユニットとしての印象が強いけど、どれも清志郎がいなきゃ成り立たなかったもんね。




「スローバラード」は、うちにとって最高のバラードです。
リアルで歌詞のような生活を送ってたことがあるってことも含めてね。
一生忘れないから。





誰も真似の出来ないユニット。
誰も真似の出来ない歌唱力。
清志郎の最高傑作の一つだと思っちょります。



今回のタイトルは「フジロック」のサイトに掲載された、スマッシュの日高氏のコメントから引用させてもらいましたよ。

清志郎、お疲れ様。
ありがとう、またね。

毎年、奇跡を祈った

結局、届いた初日に夜間走行を少し出来ただけで、それ以降は残業まみれなので全くコルナゴちゃんに乗れてないハムの人ですよ。


先週の月曜日はmegのライブへ行ってきました。
ホントは仕事を休むつもりだったのに、結局「午前半休+残業」みたいな感じで、開演ギリギリ前にZEPP OSAKAへ到着。
全員にこのサイリウムが配られたのね。

c0105957_22424475.jpg

今回のライブは「ドレスコードは黒」って予告されてたのもあって、会場の観客はマジで真っ黒。
うちは暑さの余り、スーツの上着をコインロッカーに収納してホール入りしたら目立ちまくってたので、スーツは着ずにコートを着て前を閉めるという、かなり変質者風な格好だったはず。
で、ライブ後に撮った真っ黒会場写真はこちら↓
無断転載は禁止なので、直リンクで、ってそれも駄目かもしんないけど。

友人がmegを好きで、チケットを取ってくれたので行ってみたのね。
うちも中田ヤスタカ繋がりで、けっこう聴いてるし、けっこう好きだしwwwww
あ、ystkの楽曲はもちろん最高だけど、デビュー当初は岡村ちゃんと合作したりしてたってのも素敵。

たとえばこのHEARTなんて、「いかにもヤスタカ」じゃない。



ところがデビューシングルの「スキャンティブルース」なんて、完全に岡村ちゃんワールド。


この二つのギャップが激しいです。

で、ライブ。
megを初めて見たwwwwww
いや、ジャケットでちらっと見たことがあるくらいで、どんな顔をしてるのかも印象にないほどだったから。
うちの大好きな「ちっちゃい女の子」でしたwwwwww

でね、客層は一体どんな感じなんだろ?って思ってけど、megの中途半端なポジションを象徴するかのような、バラツキの激しいオーディエンスでした。
なんかね、megってば歌も上手いし、(多分)見た目も可愛らしいし、ヤスタカのおかげでオシャレ層にも受け入れられてるんだけど、逆に言うと「どのポジションを目指してるのか分かんない」って感じなのね。
だからこそ、二曲ごとに衣装チェンジの時間があるとか、信じられないライブになるしwwwww

でもね、楽しかったよ。
好き好き。
この中途半端なポジションを、キープし続けてくれるのもいいかも。

BEAM

MEG / UNIVERSAL J(P)(M)




岡村ちゃんといえば、ずいぶん前になるけどこのニュースで噴いたwwwwww
 岡村靖幸、初公判で起訴事実認め自作の詩を朗読
あwりwえwなwいwwwwwwww
で、二年の服役中な岡村ちゃんでした。
待ってる馬鹿がここにも居ます。

どんなものでも君にかないやしない 岡村靖幸トリビュート

オムニバス / bounce records




ライブといえば、先月は数年ぶりの大阪公演だった電気グルーヴのライブにも行ってきた。
これまた仕事を定時で上がって、職場の同期のM嬢とダッシュで「なんばHatch」へ。
んで、ビールを呑みながら後ろの方でまったりしつつ踊ってた。
いやぁ!最高!
今年出た二枚のアルバムがそもそも最高だったけど、そのままクオリティを膨らませて握りつぶして投げつけてって感じ(やっぱり意味不明)。
相変わらず卓球は脈絡無く喋り続けて、瀧がまともに見えるという、これまたいつものパターン。
昔はここにまりんが居て弄られまくってたなぁ、なんて懐かしくオモタ。
卓球のリクエストでまりんがナムコ系のゲームミュージックを即興で弾いてたのも、懐かしい思い出。

で、ライブ終演後、会場出口付近で相方と合流してラーメン食って帰ったのね。
そのとき、大阪駅前でひき逃げ事件現場を通りかかってその話題をしたら、翌日犯人が捕まってびびった。

あ、そういやライブ当日は小室哲哉が逮捕された日で、相方曰く卓球のトークにはそこかしこに「小室ネタ」がちりばめられてたみたい。
うちはSPEEDWAYネタしか気づかなかったけどwwwwww

YELLOW(初回生産限定盤)(DVD付)

電気グルーヴ / KRE(SME)(M)


J-POP(初回生産限定盤)

電気グルーヴ / KRE(SME)(M)






ライブはそんなもんだけど、他にはミスチルのアルバムを買った。
で、最近はシングルも聴いてなかったので、「HANABI」がめちゃめちゃ気に入った。
サビのメロディが半端無く響きまくっちゃう。
相方曰く、「80年代のEPIC SONY」って表現が言い得て妙だわwwwwww

あ、「旅立ちの唄」は去年のライブで、先行で聴かせて貰ったなぁって思い出した。
ちょうど、屋久島から帰ってきた翌々日だったかな。

アルバム曲は相変わらず桜井君が迷走してる気もしたけど、でも結構好き。

「水上バス」のサビも大好き。
 水上バスの中から僕を見つけて、観光客に混じって笑って手を振る
書けそうで書けない歌詞。

それよりもこのジャケットが気になって仕方ないwwwwww

SUPERMARKET FANTASY [初回限定盤:CD+DVD]

Mr.Children / TOY'S FACTORY Inc.(VAP)





そういやもちろんアイマスの新しいシングルも買った。
961プロのデビュー曲と、765プロ渾身の全力作品。

ちょうどTSUTAYAでポイント10倍キャンペーンをやってたのに、これが欲しいが為にゲマズで買った。



765プロは相変わらずのハイクオリティなポップソング。
とかちの可愛さも云うこと無しです。
三曲目の「サイレントナイト」にだけまっちょちょん(やよい)が参加してるんだけど、これまためちゃ可愛い!!
ってか、カズンのカバーってwwwww
アイドルマスター 「Colorful Days」765プロALLSTARS‐ニコニコ動画(ββ)

「THE IDOLM[@]STER SP」収録テーマ曲(765プロ新曲)~Colorful Days

天海春香(CV:中村繪里子) / コロムビアミュージックエンタテインメント




一方で美希が電撃移籍した961プロ。
これまでのアイマスの楽曲とは確かに違う、カッコ良さが前面に押し出された曲が続くのね。
一曲目の「オーバーマスター」の歌詞は若干失笑するってのもあるけど、それでも格好いい。
二曲目の「KisS」は、往年の中森明菜っぽさがいいwwwww
三曲目はケツメイシのカバーなんだけど、アッキーが「ラップは初めてなんで難しかったけど、チアキングの普段のしゃべりをイメージしたら上手くいった」みたいなことを言ってたのがおかしかったwwwwww
アイドルマスターSP 「オーバーマスター」 販促用‐ニコニコ動画(ββ)
THE IDOLM@STER SP アイドルマスター SP TGS2008 PV(H.264)‐ニコニコ動画(ββ)

「THE IDOLM[@]STER SP」961プロ“Project Fairy”NEW SINGLE~オーバーマスター

星井美希(CV:長谷川明子) / コロムビアミュージックエンタテインメント



どちらにも30分を超えるDVDが付いてきます。
で、今回から参入したお二人さんの初々しい姿が見れるよん。

ところでアッキー、垢抜けた?

きっと伝わる

まだネタを吐き出しきれてないハムですよ。
でも、今日も酔っ払ってるから書けない~wwww

【やっちゃった】千年の独奏歌 PV 修正版‐ニコニコ動画(SP1)

クララの傑作、修正版がうpされました。
微調整もあったけど、何よりもサムネールの再作成がメインかなwwwww

初期版はついに1400近い再生数。
んで、もっと凄いのが今度の修正版はたった二日で600以上の再生数。
いやぁ、素晴らしいねぇ。

くららのブログにあるように、同時期に1万再生を突破した手書きPVが登場して、その起爆剤として見事な役割を果たしてるし、一方でその神PVのオススメのトップにクララのが来てるから相乗効果があるかも。

影ながら応援してるのさ~

何かが似ているかもね

WiiFitのボクシングが意外なところで良い影響を起こしたハムですよ。
昨日はPerfumeのライブへ行って参りました。

(オフィシャルサイトから引用)

Perfume First Tour 『 GAME 』の初日ということで、Zepp大阪へ。

もうね、めちゃめちゃ楽しかったのよ。
踊って歌って叫んで。
あ~ちゃんのトークも、のっちの笑顔も、かしゆかの突っ込みも最高。
歌もダンスも文句なし!
あ~ちゃんが泣く光景はよく見かけるけど、最後にかしゆかが泣いてたのが印象的でした。
3人ともファンへの感謝の気持ちを上手く言葉に出来ないもどかしさから、とにかく「ありがとうございました」の連発。
んで、うちは前から4列目の右端にいたので、右側のスピーカーの真ん前。
今でも右耳が聞こえにくいですよwwwww
でも、いいんだ。
ヤスタカとPerfumeの音を一番贅沢な場所で聴けたんだから。

c0105957_18254054.jpg

今回は久しぶりにツアーグッズを色々買ってみた。
まずは左上のタンブラー。
ほんとはこれだけを買うつもりだったのに、左側のツアーパンフも買っちゃったwwww
んで、持ち歩くのが大変なので、エコバックも購入。

タンブラーはやたらと格好いい。
職場で使おうっと。

コンサートパンフはねぇ。
昔はよく買ってたんだけど、大人になるとさすがになかなか・・・。
久しぶりに買ってみたけど、それほど法外な値段でもないし(2000円)、中身は可愛いし、読むところもあったし良かった。

エコバックは、ぱっと見てもじっくり見てもPerfumeのってわかんないっしょ。
一応、書いてはあるけど。
500円とお手頃価格だし、普段使いに便利そうなのよね。



というわけで、前回のライブと同じくセットリストをニコニコ(主にニコマス)で振り返る!!!
セットリストの参考は「Perfumeライブレポートまとめwiki」 ですよ。

軽めの全曲レビューですよ

ツンデレーション 君が好き 分かりにくいね

研修中に爆睡しまくってたハムの人ですよ。
で、眠気防止にコレを書いてる(笑)。




c0105957_2171656.jpg

昨日、クラブニンテンドーの2007年度プラチナ会員特典が届きました。
前に申し込んだ時も書いたけど、スーファミコントローラー型のクラシックコントローラー。
正式名称は「Wiiスーパーファミコンクラシックコントローラ」。
パッケージからして、思いっきりスーファミのパッケージしまくってる。
いきなり笑っちゃった。



c0105957_219798.jpg

反対面にはクリアで中が見えてる。
ちょうど当時のHORIのコントローラーパッケージみたいね。



c0105957_21151428.jpg


デザインは100%スーファミコントローラー。
ってか、オリジナルのコントローラーのガワをそのまま使ってるんじゃないかと思うくらい。



c0105957_21165371.jpg

というわけで並べてみました。
ってか、本物のスーファミコントローラー、日焼けと手垢で汚れすぎ・・・。
ほら、やっぱり同じサイズだし、後ろのネジ穴も一緒。



c0105957_21241490.jpg

ちなみに裏面の刻印を見てみるとこんな感じ。
ココだけがオリジナルだね。



適度なサイズとボタンの数のバランスが絶妙かも。
バーチャルコンソールのソフトで、GC以外の物だと全てこれで対応出来そう。
FC、MK3、MSXはWiiリモコンでオッケーだし、MD、PCエンジン、NGはこのスーファミコントローラーでオッケー。
64はGCコントローラーじゃないときついかな?
バーチャルコンソールも随分充実してきたし、来月からはついにMSXソフトの配信も始まるので楽しみ~。



では、最近買ったものを。



GAME(DVD付) 【初回限定盤】
Perfume / / Tokuma Japan Communications =music=
ISBN : B00130MASG
スコア選択:



現在、大ブレイク中のPerfumeのニューアルバムであり、初のフルアルバム。
1枚目はベストアルバムだったからね。


今回はシングルとそのカップリング5曲を含む12曲。
シングル曲はリミックス無しだけど、収まるべくして収まってるように、アルバムの中にハマりまくり。
それでいてアルバム新曲は、シングルには成り得ないのに、一曲一曲のクオリティは異常。
アルバムタイトル曲の『GAME』のカッコヨサはガチ過ぎる。


そんでね、ystk(中田ヤスタカ)の変態っぷりがふんだんに発揮されたラストソング『puppy love』が凄い。

  ツンデレーション、君が好き。分かりにくいね

ツンデレーションですよ、ツンデレーション。
すげぇ言葉を作っちゃったよ、ystk!
予想通り、こんな動画が上がってるし(笑)。

 アイドルマスター×Perfume  “Puppy love” 伊織・雪歩・美希

c0105957_21311422.jpg



とにかく名盤です。
食わず嫌いの気持ちもよく分かるけど、ぜひ一度ご試聴あれ。
あとで紹介する『CONTINUE』最新号のインタビューで、のっちが言ってた事が素敵。
「『GAME』だけを聴いて、Perfumeが好きだと思ってくれたら「昔から好きだった」と言っていただいていいです(笑)。『GAME』を聴けば、もう”Perfume通”です!」
みんなでツンデレーション萌えになるべし!





THE IDOLM@STER MASTER LIVE 02 REM@STER-B
ゲーム・ミュージック / / Columbia Music Entertainment,inc.( C)(M)
ISBN : B0014D4CXS
スコア選択:



im@sアルバム新シリーズ、第二弾。
L4Uで採用されたリミックスのうち、今回は有料配信で提供されたRemixBを収録。
前回は閣下の「う~わっほい!♪」と、とかちの「スイハンジャー」に度肝を抜かれたけど、今回もイオリンの「キュンキュキュン♪」と、真の「まこまこり~ん♪」にメロメロになっちゃうこと間違いなし。
小鳥さんの歌声も再び聴けるし、ファンなら必聴!
ジャケはエヴァ風ですな。

 【ニコニコ動画】俺のL4Uで真さんが本気を出したようです

c0105957_21403393.jpg



 【ニコニコ動画】アイドルマスター My Best Friend REM@STER-B 水瀬伊織 だ~いせっき~ん☆

c0105957_21432529.jpg





コンティニューvol.39
Perfume / / 太田出版
ISBN : 4778311280
スコア選択:



『CONTINUE』の特集は、ついにPerfumeが表紙も含めてジャック。
以前にも書いたように、本誌で連載しているPerfumeのコーナーも10回を迎えたようで。
かしゆか可愛いよ、かしゆか。

他の特集と言えばモンハン。
あぁ、うちを誘惑しないで…。

保坂尚輝のインタビューがかなりワロタ。

出張メイドインベーダーカフェにリビドーの極地を見た!


で、一体いつになったら「GAME OF THE YEAR」の座談会をネットで公開するのよ・・・。

だったらうちらはシリウスに祈ろう

仕事中に泣いたのは初めてで。
相方に言われて思い出して、慌てて現ちゃんの出棺時間に合わせて2chへ書き込もうとしたら、現地の報告が満載で。
逝っちゃったんだなぁと思うと、泣けて泣けて仕方なくて。
頭の中では『胡蝶の夢』が鳴りやまず。


しばらくして仕事に余裕が出来たので、『ハーメルン』を口ずさみながらスレの頭から読み返すと、レピッシュのメンバーの弔辞が。
雪好の弔辞でまた泣いた。
MAGUMIの弔辞で泣きワロタ。
4人でハーメルンを演奏したって聞いて、何よりも泣いた。
あまりの偶然にビックリしながらサーバールームでがんがん泣いた。
祭壇の写真の見事な笑顔とトラッキー&ラッキーにまた泣かされた。
それに雪好・・・・来てくれてありがとう・・・・。


今は現ちゃんを思い出しながら献杯。
2chスレはレピッシュらしく、何度も笑わされてるwwwww


毎日.jpのフォトレポートが素晴らしすぎ。
290のレポが分かりやすくて感謝。

で、これもコピペ。

6 伝説の名無しさん sage New! 2008/03/13(木) 15:29:41
過去ログから拾ってみた。コメント下さった皆さん。


小野島 大
ttp://onojima.txt-nifty.com/diary/2008/03/post_9d6f.html

大槻ケンヂ
ttp://o-ken.blog.so-net.ne.jp/2008-03-12

青山陽一
ttp://www.mountainblues.net/everyday.php

梶原徹也
ttp://blog.kansai.com/kasinoki/638

UK Project社長
ttp://d.hatena.ne.jp/daimas/20080310/p1
ttp://d.hatena.ne.jp/daimas/20071022/p1

プライベーツ森原光司
ttp://yaplog.jp/freak-beat/archive/1009

川村結花
ttp://sabiblog.exblog.jp/7493997/

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
ttp://blog.livedoor.jp/keralino/archives/65012067.html



50 伝説の名無しさん sage New! 2008/03/13(木) 16:06:53
コメント下さったみなさん@その2  @その1 >>6 


エンリケ
ttp://enrique.laff.jp/blog/2008/03/post-b3d4.html

奥村大
ttp://ameblo.jp/daiokumura/entry-10078913134.html

スキップカウズ
ttp://ccr.ne.jp/skipcows/members/

DJ OZMA
ttp://playlog.jp/ozma/blog/2008-03-10

寺田仁
ttp://aleatorik.blog119.fc2.com/blog-entry-50.html

種ともこ
ttp://www.tomokotane.com/blog/archives/2008/03/post_238.html

森若香織
ttp://ameblo.jp/youth-moriwaka/entry-10079014809.html

元ニューロティカ修豚
ttp://diary7.cgiboy.com/2/lessfat/i.cgi?y=2008&m=3&d=10

篠原美也子
ttp://www.room493.com/day/diary.cgi

勝手にしやがれ STAFF DIARY
ttp://playlog.jp/katte-staff/blog/2008-03-10



現ちゃん現ちゃん、やっぱり寂しいよ。

こっから追記

胡蝶の夢は、いつまでも

悲しみと虚無感は勿論違うものだけど、二人は仲がイイ。
いつだって手を繋いでやってくる。


朝、目が覚めたら顔がなくて、隣の猫がくわえてたから、色々思案したけど最終的に自分の顔に猫の絵を描いた。

現ちゃんの人生は胡蝶の夢だったと、そう信じたい。
生きていることもそうでないことも、結局全て一括りで現ちゃんだと。
猫も青い箱も阪神タイガースも全部。


いつも白昼夢みたいな曲ばっかり書いて、いつもそのちっさい身体でサックスをぶっぱなして、キーボードの上からダイブして。
マグミの割れるような歌声と、狂市のニヒルなのにニヤニヤした表情のカッティングと、当たり前のようにバックで支える雪好と達のリズム隊と、そこで大暴れするちっさいオッサン。
もう何回見たか分かんないくらいのそんなステージ。

うちにとってレピッシュとはそう言うバンドだったし、うちにとって音楽とはそういうもんだった。
こないだの復活ライブ、体調不良で参加できなかった現ちゃんだから、代わりに登場した名前入りのショルダーキーボード(YAMAHAのKXだっけ?)が最後に会った現ちゃんになったね。
それでもギリギリまでライブに出ようとしてたこと、今思い返すと涙しか出ないよ。


現ちゃん、今年のタイガースはけっこうやれると思うよ。
だからスポーツ新聞にはちゃんと目を通しておくように。
また便所で名曲が浮かんだら、狂市の夢枕にでも立って叩き起こしてやってよ。


大丈夫、鳴りやむことはないから。
とりあえず、おやすみ。
13日は行けなくてゴメン。

,