<   2009年 09月 ( 79 )   > この月の画像一覧

神戸発 函館行き 3日目まとめ(9/21 富山県高岡市~新潟県柏崎市)

健康ランドで目覚めたのは5時。
本当に隣で寝ているヤツが最低だった・・・。
ベッドを乗り越えて手足がはみ出してくるわ、イビキが強烈だわ・・・。
生まれて初めて耳栓を買って装着したよ。
他にもメガネをベッドの向こうに落として、うちは二階建てベッドの二階だったから、一階の人が寝ている横を進入してメガネを拾ったという・・・。

さて、5時に目覚めてまずは朝風呂で心機一転!と思ったら・・・朝は清掃中でした・・・。
おいおいおいおいおいおいおい、健康ランドのメリットが半減じゃない!
でも清掃が終わる時間を待ってらんないし・・・。

仕方なくチェックアウトして出発することに。
ところが会計をすると7000円オーバー。
ただでさえキャンペーン中で利用料は安くなってるのに、どう考えても昨日食べた海鮮丼と、酔った勢いで頼んだクイックマッサージが余計です。
健康ランドに泊まって、ビジネスホテルより高く付くとか馬鹿じゃないかとwwwww


6時前に出発。
今日も良い天気だし、昨日と違って風は無さそう。
いやぁ、何よりもそれが嬉しい。

国道156号線を北上し、高岡市の中心部を抜けて8号線に乗る。
しばらくは高速っぽいバイパス状態だけど、早朝だけに車も殆ど走ってないよ。
とりあえずマクドで朝食を取りたいなぁと思いながら、走り続けたのね。
なのに、なかなかファーストフードが出てこない。
出てきても平日11時オープンとか、モーニングメニュー無視の営業時間にビックリ。

結局、51km走って魚津のファミマへ。
「気をつけて行ってらっしゃいませ」ってレジのお姉ちゃんに言われたのが嬉しかった。
それにしてもファミマにはいると、もうこの曲が必ず脳内再生されちゃう。
【ファミマ入店音】ファミマ秋葉原店に入ったらテンションがあがった‐ニコニコ動画(ββ)



ファミファミファミ~マ♪ファミファミマ~♪って口ずさみながら、快調に8号線を進む。
いやぁ、向かい風がないって、ほんっとうにいいですね!

魚津を過ぎ、しばらく行くと8号線に城山トンネルってのが出てきて、ここが自転車走行不可ってんで、迂回路が示されている。
んで、それに従っていくと・・・突然日本海が現れた!
たった一日ぶりのはずなのに、すごい久しぶりの感覚だわ。
思わず記念撮影。

c0105957_20525264.jpg



再び8号線に合流し、走り出した直後、いきなり目の前にけっこうな坂が見える・・・。
あ~、ちょっと休憩しちゃお。
ちょうどこの辺りの名物である「たら汁」の店が何軒かあるので、そのうちの「いかにもドライブイン」ってかんじの店に入ってみる。
んで、たら汁を注文。
c0105957_2185126.jpg

出てきたのを見てビックリ。
いや、値段(確か800円だったと思う)で薄々感づいていたけど、まさかこんなにでかいとは・・・。
どんぶり鉢一杯に酒粕と味噌による汁がたっぷりで、その中にどか~んとタラが丸々入っている。
多分一匹丸々。
アラも身も白子、なんもかもどっかんどっかん入ってる。
んで、ネギとゴボウがパンチを効かせまくり。
これは美味い!
ちょっと寄ってみただけなのに大正解だったよ!


たら汁でエネルギーを回復し、目の前の坂を上り始めるとあっさり終わったw
でもね、そこからしばらく行くと、北陸一の難所である「親不知」が・・・。
噂には聞いてたけど、本当に強烈です・・・。
断崖絶壁の海の真横を、延々とトンネル(海側が空いているタイプね)が続くのよ。
しかもアップダウン付きで。
狭いわ、高いわ、怖いわで、面倒終太郎もビックリって感じだわ。
しかもそれが10km近く続くのよね。
途中のトンネルで自転車通行不可の所があって、迂回路から撮った写真がこれ。
海は綺麗けど、断崖は怖い・・・。
c0105957_21271037.jpg

しばらく走って糸魚川のセブンイレブンで休憩。
スミマセン・・・糸魚川っていう川があるんだと思ってました・・・。


糸魚川市街を抜けると再び日本海沿岸の道。
そんな中、突然物凄い台数の車が入っていく道の駅が現れたのね。
警備員まで出て、大変なことになってるその道の駅は「マリンドリーム能生」。
とにかくカオス・・・。
立ち並ぶカニ屋でカニを購入し、何十人、いや百人は居るんじゃないかと思わせるほど大量の人たちが夢中になってカニを食ってる。
いや、マジでカオス・・・。
さっきの休憩で補充してなければ、ここで食べてたのに・・・。
いや、土産だけでも買っておけば良かったかも・・・。
あとになって後悔しまくりです。
c0105957_21353333.jpg



さらにさらに海岸線を走ってると、途中で自転車道の看板が。
うちはどっちかっていうと自転車道ってのが嫌いでね。
なんていうか、どう考えても人が住んで無さそうなところを走らされそうで(笑)。

なんてことを思ってたんだけど、気付けばその海岸線の道の少し上を自転車が大量に走っている。
そのうち、白いルイガノのロードに乗っている人に挨拶をして、うちも自転車道を走ってみることに。
ルイガノローディ曰く、この自転車道は直江津まで続いてるんだって。
途中のトンネルなんかも気に入ったうちは、そのまま自転車道を走ることに。
ほらこんな感じで気持ちいいのよ。
c0105957_21404088.jpg



自転車道が終わっても、まだまだ海岸線の道は続く。
この頃にはなんとかゴールが見え始めたので、柏崎の宿を予約することに。
海岸線に沿って走ってるのは道路だけじゃなく、北陸本線もなのよね。
だからこんな感じで道路と線路と海って感じ。
c0105957_21444735.jpg



そんな感じで本日の終着点である柏崎へ到着。
柏崎は海水浴場があったりと、けっこうリゾートっぽい感じでした。
あ、田舎の観光地って方が正しいけど。
んで、良い風景がたくさんあったよ。
こんな写真を撮ってる時点で、いかにこの日は気持ちの余裕があったかってのが分かるけどw
c0105957_21491183.jpg

c0105957_21492318.jpg

c0105957_21493654.jpg



柏崎では駅前のビジネスホテルへ。
4950円だからまぁまぁって感じだけど、部屋はめっちゃ綺麗だったよ。
まずは今回の旅行初の洗剤を使った手揉み洗濯を行ったのでした。
で、どうしても肉が食いたかったので、一人でホルモンを焼きに行ったよ。
こんなにも魚が美味そうな街なのにね・・・。
c0105957_21514019.jpg


本日のルートはこちらで公開しておりまする。
本日の走行距離:182.18km
本日の平均速度:23.2km/h

c0105957_22134844.jpg

c0105957_2214041.jpg

神戸発 函館行き 2日目まとめ(9/20 福井県敦賀市~富山県高岡市)

目覚めたのは5時。
敦賀の朝は天気がよさそう。
とりあえず昨日書きかけだったブログを更新するため、湯船に浸かりながらメールを打ち続ける。
昨日、洗剤なしで洗濯したブツは、生乾きっぽい・・・。
とりあえずドライヤーで乾かしちゃえ。


6時20分に出発。
まずは朝食を摂るためにコンビニを探して。
そしたら今日のルートの入り口である8号線の交差点でファミマを発見。
パンを買い込んで、座り込んで食べる。
そうしているうちにオッサンが近付いてきて「どこまで行くの?」って聞かれたので、「とりあえず今日は金沢まで」と答える。
金沢までは最初の峠さえ越えてしまえば、あとはずっと平地だって。
こりゃ嬉しい情報だわ。

8号線のバイパスに入り、日本海に沿って進む。
最初は単純なアップダウンで気持ちよかったけど、海岸線から少しずつ離れ出すと坂が続き、トンネルも連続。
まだ早朝だから交通量が少ないのでいいけど、交通量が増えたらここは怖いだろうねぇ。
横は断崖だしさ・・・。

c0105957_22403398.jpg

いきなりの坂で苦労していると「たこの呼び坂」って看板があったので何となく撮影。
んで、道の駅に到着。
ここの道の駅は見晴らしが素晴らしい。
それでいて、向こうには原発群が見えますよw
c0105957_22402282.jpg


さてここからは峠の連続。
大した標高はないし斜度もないけど、それでもけっこうしんどいしんどい。
とはいえ、これさえ乗り切れば平地だって言うオッサンの言葉を信じてるw

実際、峠を越えて武生まで来たら、そこからはほとんど平地だったのよね・・・。
ところが・・・。
強烈な向かい風が止まらない!!!!!!
ず~っと、ず~っと向かい風。
とにかく向かい風。
やらためったら向かい風。
こいでもこいでも進まない。
8号線は超走りやすそうな道なのに進まない。

逆に峠が出てくると風がやむので嬉しいというおかしさ。
たとえばこれは福井県と石川県の県境にある牛ノ谷峠。
c0105957_2305724.jpg


しばらくはず~っと北上する道だったので、石川県に入って北東への道に変わると風向きもマシになるかも・・・なんて甘い夢を見てたけど、ぜんっぜんダメ!!!!
やっぱり向かい風。
とにかく向かい風。
首が痛くなるほど向かい風!!!!!

もうね・・・この日は語る事なんて何もないよ・・・。
金沢には結構早く着いたから、やっぱり高岡を目指したくらい。
んで、その時に、健康ランドを検索したら評判の良いところが見つかったので、そこを目指したくらい・・・。
到着したら風呂にジャポーンして、海鮮丼食べて、生ビール二杯飲んで酔っぱらって、30分のクイックマッサージなんか受けちゃったりして。

走ってたときの記憶がほとんど無い。
とにかく風がやんで欲しいと思いながら、高岡まで向かい風(もちろん強風)を浴び続けたのでした・・・。

あぁ、一つだけ思い出した。
あまりにも辛いから心を癒してもらおうと思い、強風のなか自転車通学をしている女子高生に声を掛けたのよ。
この辺りっていつもこんなに風が強いんですか?って。
そしたら「台風が来てるらしいですよ」って、驚きの解答が・・・。
台風・・・だと・・・?
これからの予定がぁぁぁぁぁぁぁぁあああと思って調べたら、日本から逸れていったの「チョーイワン(だっけ?)」しか見あたらなかったよ。
女子高生に担がれた? それともマジでこれが近付いていると思ってた?

もう一つ思い出した。
健康ランドへ向かっている県道で、道ばたの子供達に応援されたことがあったんだ。


本日の走行距離:176.5km
本日の平均速度:19.8km/h


本日のルートはこちらへ投稿済み。
c0105957_2371815.jpg

c0105957_2383541.jpg

神戸発 函館行き 1日目まとめ(9/19 兵庫県明石市~福井県敦賀市)

ほんとは4時頃に出発したかったのよ。
でも日の出が5時半頃だと後で気付いたことと、何よりも前日寝るのが遅かったので(笑)。


4時半に目覚めて最後の準備。
主にケータイとかデジカメとか、ギリギリまで充電してたものばかりだけど。
で、肝心なツーリングマップルの全体地図を忘れた…。


前日の晩に注油とタイヤの空気入れは済ましてたので、単純に荷物を積むだけ。
最後まで悩んだけど、重いからサンダルは置いていくことに。

c0105957_18451261.jpg

記念撮影をしてから、5時45分にスタート。
とはいえ神戸まではいつものルートだし、平坦で楽勝だからボーナスステージみたいなもんだけど。

三ノ宮を過ぎて、2号線から43号線に。
走りやすいんだけど、信号にかかりすぎだわ…。


最も嫌だった171号線には7時半頃入ったのかな?
で、大阪には8時に突入。
入った直後にダイハツの本社があってビビった。
全然しらなかったよ。
もちろんダイハツ町。
んで、この直後に道を間違ったのでした。


高槻から長岡京まではとにかく走りにくく、歩道に上がることも何度も。
で、車が減ると風が強くなるし。


朝から22℃程度だった気温も、9時を過ぎる頃には28℃まで上がって、めちゃめちゃ暑い。
しかも京都ではミンミンゼミが泣いてるし…。


東寺に着いた時はテンション上がりまくり。
投稿したおっちゃん以外にも、写真を撮ってくれたお姉ちゃん二人組や、チャリに興味を持った中学生とか、色々と触れあったよ。
c0105957_18572453.jpg


まずは最初の目標をクリアしたので、次の目的地である琵琶湖へ。


ところが予想してた通り、100㎞を越えるとガクッと疲労がやってくるのね。
東寺でちょうど98㎞ぐらいだったんだけど。
東山から伸びる峠がそれに追い討ちをかけて、辛い辛い。
ダンシングすると太ももがつりかけたので、途中で休憩したり。
c0105957_1904637.jpg

一つ目の峠を下ると1号線から161号線への分岐点。
敦賀に行くには161なんだけど、どう見ても自動車専用道っぽい
たもとにあるガソリンスタンドの兄ちゃんに聞いてみるとやっぱりその通りで、「この1号線をまっすぐ行って山を越えると、そこにも161への分岐があるんで」って教えてくれたけど、山って…。

斜度はさほどキツくないけど、疲労してる身には辛い。
路肩も狭いしね。
あ、横には京阪電車の線路が平行してた。
その峠のてっぺんが、逢坂の関所だったのよね
c0105957_19151.jpg


さて、峠を下ると大津なんだけど、そこで本日一番の衝撃が!
平行してた京阪電車の踏み切りがあるんだけど、正確には遮断機が無いのね。
「何でやろ…?」って思ってたら、ちょうど電車がやってきて、踏み切りの途中から進路を変えて、いきなり道路を走り出した!
うおっ!ってマジで声に出したよ。
さっきまで線路を走ってたのに、いきなり路面電車になるなんて…(もちろん路面にも線路はあるけど)。
路面電車用の車両じゃないからか、とにかく長い。
恐らく4両か5両。
それが街中の坂を下っていく様子は、かなり異様だったよ。


峠を下り終えると電車は右折して駅へ。
うちは161号線に沿って左折して北へ。
昼食にカツカレーが食いたいのに見当たらず、CoCo壱すら出てこない。
空腹が頂点に達した頃、天下一品の看板を見掛けて飛び込んだのね。
カツ丼セットなんていう、カロリー王向けのメニューを注文して完食。
ちょうど1000円。
水を補給して120円。
c0105957_1941844.jpg


まだバテバテだったので、しばらくしゃがみこんでたけど、このままじゃいつまでも動けないので奮い起って出発。
ちょうど目の前をリュックを背負ったMTBと、キャリアにバニアバッグなルイガノのロードが居たので、付いていって引っ張ってもらうことに。


「先行ってください」って道を譲られたけど、「疲れてフラフラやから引っ張って」ってお願い。
ここからしばらくは彼らと一緒に。
彼らは京都から来た学生で、二日がかりで琵琶湖を一周するんだとか。
ルイガノな彼はかなり走り込んでいて、それこそ北海道方面への情報なんかを教えてくれた。
敦賀の手前の「国境」っていう峠がけっこうつらいですよ、って。

彼らに奢った分も含めて、コンビニで540円。
ところがこの辺りから風が異様に強くなってきたのね。
高槻から吹き始めていた風だけど、ここにきて暴風に。
左前から吹いてくるんだけど、チャリが真っ直ぐ走らないほど(笑)。
とにかく辛い!
でも彼らと一緒で良かった…。
c0105957_1981573.jpg

白髭神社で休憩し、しばらく行くと彼らと別れてまた一人旅。
強風の中も黙々とこぎ続けるしかないけどね。
さいわい途中からは161号線も自転車で走れるバイパスになってたので、信号が無くて助かったけど。


161から県道へ入る分岐点のセブンイレブンで休憩。
ここで今晩の宿を取ることに。
前に目星をつけてたビジネスホテルがまだ空いてたので楽天から予約。
こんなとき、あいぽんがあって良かったと思うよ。
水と非常用食料で300円。


県道を琵琶湖に沿って進む。
あんまり見る余裕は無かったけど、琵琶湖の風景は綺麗だわ。
淀川に流れ込む頃には汚い水になってるけど。

腹が減ったと感じる頃、ちょうど「白い鯛焼き」があったので購入。
130円。
大将に敦賀までのみちを聞くと「自転車だと結構キツイっすよ」と言われる…。


琵琶湖のてっぺんで再び161と合流し、いよいよ峠越え。
まずはマキノ追坂峠って、どんだけ「おおさか」って言葉が好きなんだよ(笑)。
ここは短めでさほど辛くない。
これで終わりだったら良かったのに…。

平行区間だった308号線と別れた直後から、交通量が一気に減って、またもや登り始めた。
噂の国境…。
滋賀と福井の県境・・・。


いやぁ、辛い!
斜度はたいしたことないのに、170㎞を走ってきた足には地獄。
このカーブを曲がれば峠のてっぺんのはず…なんて、いつも通りの心境で登り続けた。
標高はおよそ380m。
てっぺん近くで前を走っていたチャリダーに追いつく。
彼らは西宮からうちと同じコースで走ってきて、20日から開催される「ツール・ド・のと」に出場するんだって。


頂上で彼らと別れ、そこからは幸せな下り坂。
とはいえ油断すると荷物の重さでこけちゃうけど。

敦賀市内に入って、ホテルに着いたのが6時半。
さっそく風呂に入って、洗剤がないから水洗いで洗濯(笑)。

その後、晩飯ついでに100均に寄って、洗剤とサンダルを買ったのでした。
朝、搭載するのを断念したサンダルだけど、100均で売ってたのは衝撃の軽さだったんで。
コレはマジでこのたび通じて役に立ったよ。

晩飯は近所の食堂で一品を幾つかと「ざるラーメン」。
なぜかこの付近でやたらと見かけるメニューだったの気になってたのよねw

9時半には就寝。

本日の走行距離:200.09km
本日の平均時速:22.7km/h


本日のルートはこちらに投稿済み。
c0105957_1953960.jpg

c0105957_1965162.jpg

さらば北海道

わずか7時間の滞在でした(笑)。
とりあえずフェリーに乗った〜


【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b43.19053&lon=%2b141.01451&fm=1

北斗19号

c0105957_17411496.jpg

実は特急電車に乗るのが生まれて初めてという…。
輪行の自転車も、他の荷物も半端無い量なので、まいったわ…。

函館!

c0105957_17355179.jpg

そして真のゴールである函館駅へ到着!
ついにマジでゴールに!

大慌てで輪行袋につめて、荷造り完了!
特急は既に入線していたので、先に荷物を積んで、ダッシュで土産と弁当を購入に。

北海道上陸!

c0105957_1695126.jpg


【GPS情報】
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=1&lat=%2b41.80745&lon=%2b140.71055&fm=0

特上鮪丼

c0105957_154467.jpg

肝心のこれを忘れてた(笑)。


大間の浜寿司にて、特上鮪丼を注文。
マジで清水の舞台からダイブした3900円なりよ。


大トロって初めて食ったけど、もはや魚ではないね、この味。
震えるほど美味い。
中トロだって負けない美味さ。
そして赤身も普段食べてるのと全然違う。

とにかくあまりの美味さにでかい溜め息をつき、寿司屋の大将に大笑いされるくらいだったよ。

さらば本州、しばしの別れ

c0105957_13585957.jpg

これまた、清水の舞台どころではないほどの金額で、土産用に中トロの切り身を購入し、職場用にはおざなりな煎餅を購入し、ついに津軽海峡フェリーへ乗船。
本州とはしばしの別れ。

大間から函館の海峡間は僅かに17㎞。
実際、こちらの村には、函館の医者案内看板をいくつかみかけたしね。
青森へ出るよりも、よっぽど楽なんだろうね。
写真の奥に見える影が北海道。
試される大地(笑)。

やっぱりこれっしょ

c0105957_1137756.jpg

c0105957_1137753.jpg

まずは露天でマグロ(赤身3、中トロ2)と、生きてる生ウニを。
うめぇ。

,