<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

そんな風に君は言った


余っているモニタに振り回されてるハムの人ですよ。
いっそのこと付いてこなければ、もっと気は楽なのに。

昨日は予定通り、二つのイベントをこなして参りました。
まずは酷い方から。

「日本橋オールコンテンツ祭り『娯楽』」っていうイベントがこの週末開かれてまして、その一環として「いとうのいぢさん&松岡由貴さんトークショー&サイン会」ってのがあったのよね。
事前に様々な「音々ちゃんグッズ」を購入すれば、このイベントの抽選券が貰えるっていうんで。

「音々ちゃん」ってのは、この子のこと。
「日本橋まちづくり振興会」が作成した、町おこしキャラクター。
んで、そのデザインをのいぢが、CVを由貴ねぇがやってるわけですよ。
音々ちゃんについてはこちらのサイトに詳しく書いてあるから。
由貴ねぇが当ててる音々ちゃんの声も右上のボタンで聞けるのよ。


----中略----
というわけで抽選券15枚を握りしめ、うちとあっちゃんは11時に抽選会場に向かい、見事にイベント参加券をゲットしたのでした。
----中略----

16時半からのトークショーは、由貴ねぇが機関銃のように辛口トークをぶっ放し、のいぢがそれにまったり絡み、その合間に司会のおねえちゃんこと「大阪萌え大使」によるアップアップな進行をするするという、かなりカオスな状況。
いや、由貴ねぇのトークはめちゃめちゃ面白いけど。
んで、のいぢは「ほら、通販で何でも買えるから」って、引きこもり生活を暴露しすぎ。

トークショーを終えて15分の休憩の後、サイン会がスタート。
とはいえ、新PCが届いてずっと弄りっぱなしのうちは、二日連続二時間睡眠という状態で、休憩時間に爆睡。
さらに自分の順が回ってくるまで30分以上あったので、そのときもまた爆睡。

サインは由貴ねぇ、のいぢの順に。
でもね、二人ともとってもいい人で、一人一人とじっくり話しながらサインしてくれるのね。
なのに、うちは寝起きの頭から目覚めることが出来ず、由貴ねぇの時にはロクな話が出来なかった・・・。
のいぢには宛名も書いてもらうんだけど、「『ハムの人@ほにゃらら』って長い名前ですね。なんで『ハムの人』なんですか?」って聞かれたので、「ここで話すと長くなっちゃうので、次の機会にでも」と答えるのが精一杯だった・・・。
猛烈に後悔してますよ。

c0105957_06124.jpg

由貴ねぇはハルヒのライブDVD「激走」で見たとおりの人。
いやぁ、可愛い。
んで、やっぱり一緒に呑みに行きたい(笑)。
あ、「消失」は既に台本が届いてるけど、まだ全く読んでないんだってw

のいぢも「痩せてる期」で美人だった。
トークは素人臭さが出てるのに、ああいうイベント慣れしてるのか、随所随所の切り返しが面白いのよ。

二人ともいい人過ぎただけに、自分の不甲斐なさが残念すぎ。
手ぶらで行っちゃったという意味でも。

とはいえ憧れの二人に会えたし、話すことも出来たしで、幸せな時間でした。
サインは家宝にします。




んで、二つ目は「サイクルモード2009」。
物凄くざっくりと言えば、チャリンコ版のモーターショーだと思いいねぇ。

いやぁ、もう格好いいモデルが溢れまくって、目移りして大変だったよ。
コルナゴちゃんから浮気するつもりはないけど、物欲を刺激されまくった。

デジカメを持って行ってなかったこともあって、ほとんど写真を撮らなかったけどこんな感じ。
c0105957_0162257.jpg

c0105957_0163577.jpg

c0105957_0164531.jpg



サイン会の抽選会と本番の間の数時間に行ってみたので、あんまり時間もなくて試乗も出来なかったけど、めちゃめちゃ楽しい時間だったよ。
カタログもたっぷり貰ったし、初めて「電動デュラエース」を触らせて貰ったし。
来年も是非行こうっと。

3A07

【アイドルマスター】3A07 ~Memories are here~‐ニコニコ動画(9)

やっと見た。
初回※消しで泣いて、二回目※有りで泣いた。

気づいたことが一つ。
大丈夫、うちらにはニコマスがある。
こんなにも幸せな場所がある。


本編をみたあとの、この予告編で再び震える。
3A07 ~Memories are here~ トレーラー‐ニコニコ動画(9)

聞こえる? (眠いから寝る)

c0105957_4201274.jpg

結局、あれからXPS9000が届いたのは14時前でしたよ。
さらに今日はワンフェス限定ミクも届いたりとか。
というわけで、こんばんは。
データ移行作業やら何やらをやってる最中のハムの人です。

新しいPC、新しいOSとの新生活が始まりました。
彼の名前はフェラーリレッドのアクセントにちなんで「ポルコロッソ」となりました。
あ、前のキューブは「マチルダ」さんでした。
さて、まぁこれから色々と書きたいこともあるんだけど、とりあえずは軽めに。
c0105957_434323.jpg

新しいPCになって、よくよく考えたら「新しくできること」なんてほとんど無いのよね。
たとえばPS3を持ってなければ「Blu-rayソフトが見れるようになった!」とか、たとえばこれまで小さな液晶だったのが「24インチ フルHD液晶で、動画も迫力!」とか、そういう感動や興奮ってのがあるんだろうけど。

もともと目的が「ニコニコを快適に見る」ってことであり、「ようつべフルHD動画を見る」ことであり、ようはこれまでよりも快適になればそれでオッケーなのよね。
あとは5年使うための保険みたいなスペックだから。

上のWindowsエクスペリエンスのスコアが思ってたよりも低いのは、HDDが足を引っ張ってるから。
ってか、7200rpmでこれならば、RAID0を組むか、SSDに変更するかぐらいでないと、劇的にスコアが上がることはなさそう。
ほら、他の項目はいい感じでしょ。
c0105957_4372051.jpg



さて、当初の目的通り、ニコニコもようつべも超快適になり、心配していたアプリケーションもWindows7かつ64bitでありながら問題なく動作してるのね。
Vistaをパスしたことから、OSそのものの使い勝手はがらっと変わってしまい、今のところは慣れてないだけに使いにくい。
Vistaの時に変わってしまったフォルダ構造は同じような感じだし。
目的のファイルにたどり着くまで、まだしばらくは時間がかかるだろうねぇ。


もう一つの目的としていたことがあって。
それは「PSUを快適にプレイできる」こと。
これまでは本当にアップアップだったしね。
だからこそ今回はGeForce GTX 260を選択したんだし。
笑っちゃうようなVRAMの量も含めて。
c0105957_4443181.jpg



というわけで、ブラウザ環境が整ったら、次はPSUをインスコして、最重量設定を試してみることに。
しばらくFS0の生活から遠のいてたから、これこそかなりの進歩だと思うのよね。
んで、当然だけど快適なぬるぬるプレイ。


そんななか、みるっちから「PSUのアンチエイリアス化」なんていう素敵な情報をもらって。
PSUってもともとアンチエイリアスを「ほぼかけることが出来ない」、嫌なアプリケーションだったのよ。
ところが最近、アンチエイリアス化の方法が見つかったそうで。
これこそグラボの性能をフルに発揮しまくるから、GTX260の持て余した性能を活かすにはちょうどいいネタ。
さっそく「おもにPSUぶろぐ」のぶりちゃんさんが編み出した設定方法を参考に(いや、参考じゃなくて全くそのままw)挑戦してみることに。
その際に利用する「nHancer」というツール(ForcewareのUIで設定できない項目を設定、管理するツール)の「アンチエイリアス互換性(Anti-Aliasing compatibility)」に入力する値で苦労したけど、なんとか正しく設定できたようで。
というわけで、結果を以下に。


まずはこれまでのノーマル状態ななえっちホワイトバージョン。
原寸未加工で圧縮率100%のJPEGです。
c0105957_554361.jpg



次にアンチエイリアス後のなえっち。
同じく原寸未加工で圧縮率100%のJPEGです。
c0105957_57149.jpg





どう分かる?
一度分かってしまえばこれだけでもわかるんだけど、縦に並べると比較しにくいよね。
というわけでもう一丁。
左側がアンチエイリアス、右側がノーマル状態です。
クリックして拡大してもらう方がいいと思う。
見事にスカートのエッジや手の部分が見事に滑らかになってるでしょ。
同じく原寸未加工で圧縮率100%のJPEGです。
c0105957_51897.jpg



さらに一部分だけをピックアップしてみた。
これだとクリックしなくても分かるかな。
c0105957_5204216.jpg




というわけで、拡大して見ればよく分かるこの効果。
だからといって普通に見てるだけじゃ分からないかと思いきや、キャラも敵も背景もすべて「柔らかい印象」と与えるようになったのね。
それはもちろんジャギーが減って滑らかになったおかげなんだけど。

一方でやはりこの補正をゲーム中にリアルタイムで行うのは大変みたいで。
まさにグラボの性能を活かしてる感じ。
この状態でプレイ中、うちのGTX260は55℃程度。
みるっちの9000シリーズは70℃近くまで上がってるみたいだから、この辺が性能の余裕を発揮できるところ。
しばらくこの設定で使ってみるよん。

意地になってるわけじゃない

【11/15(日)】 

3:00
カオスヘッドノアの記事を書きながら、つべの動画をリンク。
ってか、単なるHD動画なのに、ドロップしてるフレームが多すぎるわ・・・。
こないだのニコニコ高画質祭りにもついて行けてないし、今度はつべがフルHD化するし、そろそろ買い換えないとやばいかなぁ。

これまで通りケースはキューブがいいんだけど、Shuttleは新しい製品を出してこないし・・・。
唯一のハイエンドであるこの「SX58H7」のデザインは好きじゃないしねぇ・・・。




ずっと前から気になってるエプソンダイレクトのEndeavorPro7000はMacProによく似てて、それでいてかっこいいんだけど、やっぱり高いんだよねぇ。




ケースだけ売ってれば組むつもりで前に調べた時にLian-Li製だってのは分かったんだけど、同じケースは市販されてなかったのよね。
さっきもう一度調べてみたけど、やっぱり売ってないわ・・・。





12:00
みるっちとメッセで相談。
エプダイのEndeavorPro7000の格好良さに、みるっちも絶賛。
Lian-Liのケースは素敵すぎるよね~。
で、みるっちのケースがLian-Liだと知って羨望の眼差し。




14:00
近所の工房でショップブランド物とかを一応チェックしにいく。
価格的にはそりゃ安いけど、やっぱケースがだせえええ。
萎えるなぁ・・・。





16:00
Pro7000でどう組んでも18万円オーバーしちゃうのよね。
んでグラボがラデってのが我慢できない。
カスタマイズで交換すると高すぎるし、メモリ追加も高いのよ。
購入後、我がで交換するにしろ、結局18万円+数万円って感じになっちゃうしね。

Webをウロウロして、久しぶりにDELLをチェック。
Studio XPS 9000って、そこそこ格好良くて安いからいいんじゃね?






19:00
みるっちとダラダラトーク。
Pro7000を猛プッシュされて、ついにカートまで入れちゃったけど。
深呼吸して、せめてクーポンコードをゲットするまで落ち着くことに。
エプダイは注文後、2日で納品されるのが魅力だよね。

XPS9000の「てかてかボディ」は指紋が付きそうってことと、拡張性を考慮すると、やっぱりPro7000じゃね?っていうみるっちのアドバイス。






【11/16(月)】

12:00
仕事の昼休みにエプダイとDELLを両天秤にかけながら、色々と情報をチェック。
エプダイがこの週末に大阪駅でイベントを開催するようで、そこで1万円クーポンを貰えるらしいよ。
現物を見てから購入したいってのもあるから、これは行ってみようかなぁと。



19:00
DELLの今週のキャンペーンが明日の早朝6時までなので、それまでにポチるかどうかを判断するために現物チェック。
神戸のソフマップに「あると思っていた」展示品をチェックしに行ったんだけど、StudioXPSシリーズはどれも現物が並んでない。
XPS9000は日本橋のリアルサイトに行かないと置いてないんだって。
とりあえず今夜ポチるのはやめた~。
明日、日本橋まで見に行こうかなぁ。





【11/17(火)】 

12:00
DELLの新しいキャンペーンが開始。
16,000OFFってのは非常におっきいと思うけど、今度は金曜日の朝6時までなんだよね。
週末にエプソンイベントでPro7000の現物を眺めて、それからに日本橋でXPS9000の現物を眺めて判断したいんだけどね・・・。
でも、これかなり安くなるなぁ・・・。




22:00
色んな割引パッケージを組み合わせながら、XPS9000で安くなるパターンをチェック。
モニタは要らないからモニタパッケージをチェックしてなかったけど、実はこれが一番安いかも・・・。
最初からメモリもHDDも容量が多いし、不要なのにブルーレイドライブまで付いてきて、んで安い。
モニタも今アームに取り付けている15インチと差し替えて、BRAVIAと併せてフルHDデュアルモニタにしてもいいかなぁと。

c0105957_2332337.jpg






23:00
モニタパッケージに付属する24インチ フルHDモニタはST2410なんだけど、どうやらこれにはVESAアーム用のネジ穴が無いらしいよ・・・。
今どきそんなモニタがあるなんて思ってなかったけど、DELLの安いモニタは結構そんなのが多いかも。
こうなったらこのモニタは売りに出して、資金にするかな。




ってか、ついに配信が始まったようつべのフルHD、全く動かねぇ・・・。
ブラウザが落ちちゃうよ・・・。

んで、同時に発表されたFlashPlayer10.1ベータ版によるDXVAサポート。
ようやくFlashでもGPUの動画再生支援機能が利用できる様になったんだけど、うちが装着してるGeForce7600GSは対象外ですよ・・・。
ってか、7600GSはPureVideoHDもVP1なんだから、そりゃ無理だわね・・・。
それどころか、ベータ版だけあって不安定で、ニコニコがバグりまくり。
元のバージョンに戻しておいた。

明日、仕事を定時で上がって、それからDELL日本橋で現物をチェックしてからポチろ。





【11/18(水)】 

12:00
仕事の昼休み、相変わらず安く買う方法を眺めてる。
んで、DELLの購入相談用チャットからクーポンコードをゲットしたっていう情報が。




18:00
予想外の仕事のトラブルにより、定時上がりは失敗。
こうなったら日本橋へは行けないですよ・・・。




21:00
酔っぱらってグダグダになった状態で、何度も繰り返した一番安くなる組み合わせを探す。
DM限定パッケージもかなり安いが、ディスプレイパッケージの安さが際立ち過ぎ。
4000円の差額で24インチ フルHDモニターが付属するなら、そっちを選ぶよね。
こないだも書いた様に、VESAアームが取り付けられないなら売っ払っちゃえばいいしさ。

んで、DELLのチャットを開始。
予想通り相手は中国系の方。
VESAについて再確認したところ、最初の回答は「付けれる」って回答だったけど、再確認したら「付けれない」って回答だったw

価格についても確認。
今週のキャンペーン「16,000OFF」よりも来週を待った方がいいのかとか、厚顔にも値引き交渉までしてみた。
「購入時に営業担当として私の名前を記入いただければ、万が一来週以降の価格が今より安くなった場合、修正することが出来ます」って言葉を信じようと思う。
クーポンコードは貰えなかったけど。




22:30
というわけで、ついに注文。
以下の様な構成で。

 Studio XPS 9000
 OS:Windows7 Professional 64bit
 CPU:Core i7-920(2.66GHz)
 メモリ:6GB(2GB x 3)
 グラボ:GeForce GTX 260 1792MB
 HDD:1TB
 光学ドライブ:ブルーレイコンボ
 モニタ:ST2410 24インチ フルHD


これで15万円。
前にも書いた様にブルーレイコンボなんて不要なんだけど、標準モデルにDVDを選ぶより安いからさ・・・。
ゲフォの「1792MB」とか異様なVRAMに笑っちゃうよね(リファレンスの倍)。
今のキューブのメインメモリよりも大きいもんね。

Windows7はHomePremiumでも良かったんだけど、64bitである以上 どうしても動作しないアプリも想定されるからさ。
そのときはXPモードで対応しようかなぁと。



24:00
基本的にDELLは受注生産で、発注後 中国の厦門で生産された上で船便で日本へ輸送されるので、順調にいけば二週間ぐらいの納期。
んで、Webを色々と覗いてると、DELLの納期に関する不満が多いことに驚く。
みんな、DELLの納期に期待し過ぎちゃ駄目だよ・・・。
そういうもんなんだよ・・・。
納期優先なら国内メーカー、BTOなら間違いなくエプソンダイレクトだってば。
いや、勿論うちだって早く届いて欲しいけど。





【11/19(木)】

15:30
DELLより決済完了のメール到着。
ここから生産状況のステータスページでチェックすることが出来る様になったのね。
んで、現時点のステータスは「製造工程」。
受注日と生産開始が11/19になってるわ。

注文時に納期が遅そうなパーツは無かったから、サクッと製造が終わってしまえばいいねぇ。
お届け予定日は12/4だから、注文から半月ほどってとこかな。



17:30
相方(雌)よりロッテリアエヴァカレンダーが今日から販売されることをメールで教えてもらう。
前回、アスカボトルを買い損ねたうちに色々アドバイスをくれたロッテリアの中の人でもある彼女だけど(結局買えなかった・・・)、今回のキャンペーンは認知度が低そうなので、早めに行けば買い損ねる事はないのでは、とのこと。
仕事帰りに買おうと思う。





22:30
呑みに行ってしまったので、既にロッテリアは閉まってた。
明日でも大丈夫だろうか?





【11/20(金)】 

8:00
いつも通り出勤したため、朝からロッテリアへ行く時間が無かった。
認知度が低いという言葉を信じて、今夜に期待。



19:00
今夜も呑みに行きそうだったけど、結局無くなった。
外で呑むか、家で呑むかの違いだけど。
いつの間にこんなことになった?
いや、それでも呑みに行くのは職場の師匠とばっかりだけど。




20:00
ロッテリアに行ってみた。
んで、期待は裏切られ、見事にカレンダーは売り切れてた。
恥ずかしいので、晩飯代わりに絶品バーガーを買う小心者。
さぁ、どうやって手に入れよう。
関係ないけど、絶品のパテの品質が数ヶ月前から落ちまくってると思わん?


23:00
DELLの新キャンペーン開始。
再び9%OFFに戻ったから、こないだのポチりタイミングは正解だったかも。
Web上のステータスは変わらず、ステータスメールも届かない。
もしかしたら、やっぱり納期がかかるパーツがあったのかなぁ。





【11/21(土)】

11:30
DELLからステータスメールが到着。
生産完了して国際輸送準備中とのこと。

Web上のステータスをチェックすると確かにその通りになってるけど、製造完了日は11/20になってた。
Web上のステータスが変わるタイミングと、ステータスメールが届くタイミングってリアルタイムじゃないのね。
あ、それともWeb上のステータスは時差がある厦門の現地時間?
いや、1時間しか時差がないから、そういうことはないね・・・。

乗せる船便は毎日出てるわけじゃないだろうから、タイミング良ければいいんだけどね~。
お届け予定日は12/1頃に短縮されてた。



13:00
近所のイズミヤにあるロッテリアへ行ってみることにした。
んで、ポスターすら貼ってなかったけど、無事にカレンダーをゲット。
それこそ恥を捨てて、カレンダーだけ買う勇者。
ついでに60周年セール初日のユニクロを覗いたら、あまりにもカオスだった件。



20:00
シネ☆MAD3rd」のニコ生「シネ☆ふぇす」開始。
魔汁Pは相変わらずいい声過ぎる。
んで、哀川兄貴は落ちすぎw
衝撃のOP動画非公開状態とか、後半は兄貴が落ちたまま帰ってこなかったりとか、魔汁Pが一人になってテンパり過ぎたりとか、とにかくカオスな状態。
そういうところも含めてニコマスイベントは楽しまなくちゃね。
んで、itachiPのOP動画が格好良すぎた件。
【アイドルマスター】 シネMAD3rd オープニング‐ニコニコ動画(9)



21:00
「シネ☆MAD3rd」最初の作品「CROSS LIFE」公開開始。
ほどよい「すいぎん成分」と、素晴らしいシナリオと、たまらない「描いてみた」の組み合わせによる極上作品。
特に何度も挟まれる「あの時の3人による握手写真」が良すぎる。
「知る人ぞ知る誕生秘話」っぽいエピソードって、ファンにとってはたまんないよね。
それとはちょっと違うけど、それでもあの写真はそういう空気をまとってる。
【アイドルマスター】CROSS LIFE プロローグ‐ニコニコ動画(9)
c0105957_0102941.jpg





22:00
Web上のステータスをチェックすると「国際輸送中」になってた。
無事、船に乗ったようですよ。
今日出港のがあってよかったよかった。
でも、納品予定日が12/2頃に延長されたw
10日以上も船の上ってこと?



25:00
納品予定日が11/27に短縮された!
ここまでの流れは12/5 → 12/1 → 12/2 → 11/27

色々と調べてみると、厦門から大阪までの船便なら3日もあれば到着するみたいね。
おそらく西日本は大阪か神戸で陸揚げして、そこから捌いて配送って感じだろうから。
となると、11/24到着して、11/25に捌いて、11/26頃に到着って感じだったらいいなぁ。



25:30
DELL 営業担当よりメール到着。
さっきも書いたとおり、出荷したことと11/27頃に到着予定だってことの連絡。
んで、出荷しちゃったから、これ以降は配送先、日、時間の指定や変更が出来ないとのこと。

DELLの営業担当は、いかに自分が販売に貢献したかを会社にアピールして欲しがる。
チャットの時も、このメールでも。
もちろんこれが営業成績に関わるんだろうけど、何となくこの辺が日本人とは違う印象。
いや、もちろん悪いとか言ってるんじゃなく、表現方法が違うなぁと素直に感じたところ。





【11/22(日)】

21:30
3連休、何となく引き籠もりっぱなしになりそうだったので、本当は昨日のロッテリアののち日本橋へ繰り出して、いとうのいぢ&松岡由貴トークショー&サイン会の抽選券を確保しに行こうと思ってたのに、結局そのきりょくが無かった件。
もちろん今日も出かけそうにない。

DELL 営業担当へメールを入れる。
配送が始まった際は、ケータイにも配送会社と問い合わせ番号をメールして欲しいと依頼。
きっと仕事中の配送になりそうだから、早めに配送会社と連絡をとって受け取りの調整をしたいじゃない。
特に今回は馬鹿みたいにでかい荷物なのに、不在で持ち帰りしてもらうのは申し訳ないからね。
それがいつもの佐川のおばちゃんだったら尚更。



26:00
DELL 営業担当よりメール。
希望通り配送会社と問い合わせ番号が分かった時点でメールする、とのこと。
このメールも既にケータイアドレスがccだった。





【11/23(祝)】

11:00
結局自分も納期が気になって仕方ないんだけど、Web上のステータスは変わらない。
そりゃ、そんなすぐに変わるわけ無いじゃんって思うんだけど、奇跡の様な航空便とかを期待しちゃう自分が嫌。
今日も日本橋へ行く気力がなかった。



15:00
あっちゃんからメール。
ミナミに出る用事があるから、抽選券を確保してこようか、との申し出。
喜んでストラップ4つ購入を依頼。
ストラップなんて要らないけど、抽選券との交換比率が一番お得なのよね。
これで12枚ゲットできたので、当日はイベント参加できたらいいなぁ。



15:30~23:00
春ちゃんから予想外のメールが届いて噴いた。
いとうのいぢが女性であることについて、んで結構美人であることについて、お互い由貴ねぇはたまんないよねと言った最低トークに発展。
厨二病ぷげら~とか。



22:00
この3連休に進めてた「Never7」終了。
ものすごく90年代のPC用ギャルゲっぽい絵で、まさに自分のゲーム屋店員時代を思い出す様な懐かしさを感じながらプレイ。
とにかく「絵が古い!」&「あまり、金がかけれない!」感じが滲み出てる。
c0105957_235985.jpg

途中出てくるムービー(とは言えないな。単なる動画)のセンスとか、エンディングのセンスとか、もうまさに「ソフトハウス」って言葉がぴったり。
肝心の本編もところどころ唐突な部分があったりと、いわゆる「こなれて無い印象」があるけどね。
とはいえ、さすが5pb.のスタッフが作っただけ有り(Infinityシリーズは倒産したKID制作だけど、そのスタッフの多くは現在 5pb.に在籍しているらしいよ)、メインルートはまさに怒濤の展開。
これこそがシュタゲとカオヘの原点なんだなぁって実感した面白さだった(ネタ的にも)。
物足りなさがあるのも事実だけど、それは次のEver17に期待するとしよう。

Never7 -the end of infinity-(通常版)

サイバーフロント



まだまだこの先も11/27分まで続くのですよ

変わらないもの



人生にはたくさんの選択肢があって
いつも自分が選ぶ方は裏目に出るばかりで
間違ってばかりで
間違ってばかりで

変わることが怖くて
変わらないものに固執し続けて
結局、その選択も間違ってるのかも

悲しいけれど
寂しいけれど
それでもついて行くことは出来ないかも
変わることが怖いから
変われないことが怖いから

間違ったことに気づいても
簡単に選び直せるほど、自分は器用じゃないから

前にも進めず
撤退することも出来ず
ただ立ち尽くすだけで

変わらないものはきっとあるんだと
そういやずいぶん前、春ちゃんに話した気がする
でもそれは変わらないんじゃなくて
変われないだけだったのかも

同じ失敗ばかり繰り返して
それでも変化を望まないのなら
もう仕方ないのかも

相対性理論って・・・とってもロマンチックで・・・とっても切ないものだね


タイトル通り、シュタゲ脳が暴走しまくっているハムの人ですよ。
先日書いたとおり、「シュタインズゲート」を11月3日に全ルートクリアしたんだけど、それからはやたらと虚脱感が。
まさに「好きだったドラマが最終回を迎えた時」の様で。
これが噂に聞く「シュタゲ脳」か・・・なんて思いながら、結局は翌日以降もTrueエンドルートを味わい直したり、OPからやり直したり。
んで、ネタバレ満載だった公式サイトを隅から隅まで味わったり、攻略wikiの考察を眺めたり。

そんな中、やっぱり「5bp. × nitro+」のタッグによる前作「Chaos; Head」が気になってね。
シュタゲと直接的なストーリーの関係はないんだけど、「カオヘ」をプレイしてると楽しめる小ネタがシュタゲには散りばめられているらしく。
んでね、一番気になったのが、シュタゲの公式サイトやPVなんかで出てきてた「渋谷崩壊」「渋谷地震」ってキーワード。
シュタゲ本編に出てこないのに印象的なキーワードだったんだけど、これがカオヘのことを指してるって知って更に興味が沸いたのよね。

というわけで、このシュタゲ脳な虚脱感を打ち破るためにも箱○版の「Chaos; Head NoAH」を買って参りましたよ。
ちょうど近所のGEOに在庫があったので。

CHAOS; HEAD NOAH(カオスヘッドノア)(限定版)【CEROレーティング「Z」】

5pb.


CHAOS; HEAD NOAH(カオスヘッドノア)(通常版)【CEROレーティング「Z」】

5pb.



PC版でもいいかなぁと思ったけど、箱○版の方が完全版っぽいのでそちらを選択。
CEROのZ指定なんだけど、この歳になって購入時に身分証明書を求められるとは思いませんでしたよw
GEOの店員、くそ真面目すぎだろwwwww
ちなみにZ指定の理由は「エロ」じゃなくて、箱○版で追加された梢シナリオの猟奇表現らしいっす。
だからPC版は18禁じゃないのよね。


というわけで、シュタゲと比較しながら感想など。


「シュタインズ・ゲート」の一年前、渋谷を舞台に繰り広げられる連続猟奇的殺人の謎を追うストーリー。


え~っとねぇ、まさに厨二病っぽいストーリーが繰り広げられますw
シュタゲが「厨二病な『設定』を楽しむ」っていうのに比べて、「まさに厨二病なストーリーを楽しむ」ってとこかな。
色々とアレゲな『設定』がたくさん出てきます、これまた『安っぽい科学理論』とともに。


んで、ストーリーがストーリーだけに、かなりグロ画像が豊富に出てきますよw
うちは「血」が駄目な人なので(入院ネタの時にも書いたけど、献血に行けないどころか血液検査も駄目)、慣れるまでは辛かったわw
そりゃZ指定だよ、って感じで。


絵はいわゆる『萌え絵』なんで、一見してギャルゲーに見えて仕方がない(ってか、ギャルゲーだわな)。
いや、最初はシュタゲの「味のあるhuke氏の絵」って、女の子への入れ込みっぷり(もっとストレートに言うと「好きになる度」)を考えると「萌え絵の方が良かったかも」って思ったりもしたのよ。
ところがカオヘをプレイしてみて、huke氏の絵の偉大さがよく分かったというか。
萌え絵だとどうしてもリアル感が少なくて、ストーリーも相まって、まさにアニメを見せられてる感があるのよね。
あ、カオヘのアニメーションはよく動くし、ムービーシーンのレイアウトやカメラアングルも素敵で、それはそれで好きなのよ。


UIはシュタゲの方が優秀。
オート機能のON/OFFやクイックセーブがワンボタンで行えるシュタゲの有り難さを、カオヘをプレイすることで知った。
プレイ中は気にならないけど、ウインドウを開くときの操作がもっさりな所も少し気になるしね。

それに全シナリオをクリアしないとTrueENDにたどり着けないんだけど、そのためのプレイが結構かったるい。
いや、個別シナリオそれぞれは楽しめるんだけど、個別シナリオへ入るフラグは序盤で立てなきゃいけなくて、でも個別シナリオは終盤にならないと始まらないのね。
ところが再プレイのメッセージスキップがそれほど高速じゃないので、個別シナリオに入るまで1時間以上かかっちゃうのですよ。
エンディングが9種類あることから、この時間を想像してもらうと、そのうざさが分かってもらえるかと。


舞台となる渋谷は人生で一度しか行ったこと無いのよ。
これまたPSO東京オフ会(ただし第二回)の時だしw
カラオケ→呑み→呑み→カラオケというパターンで朝まで遊んだんだけど、何よりもロシア軍っぽいコートを着て、着付け教室帰りの着物のお嬢さんと並んで渋谷を歩いたことが一番の印象w
そんなわけなんで、街並みはスクランブル交差点ぐらいしか印象に残ってませんw
ゲームの舞台に対して思い入れというか「空気感」が感じられないのは残念だけど、そりゃ仕方ないわね。


登場人物は「いかにもギャルゲ」な見かけ通り、ヒロインが6人。
妹もツンデレもヤンデレもロリもアンニュイキャラもカバーしてますよw
あ、うちは七海ちゃんプッシュと言うことで、一つよろしくお願いしますw

んでさ、主人公のうざさが半端ない。
引き籠もりに近いヲタっていうぐらいなら全然大丈夫なんだけど、最後の最後までウジウジしっぱなしでイライラしまくり。
まったく共感できない。
うちの中では、この主人公がゲーム全体の評価を下げちゃうほどに。
シュタゲのオカリンが後半に行くほどに格好良くなるのと決定的に違うのよ。



っていう感じでした。
肝心のシナリオは「アニメっぽい話が好き」な人にはいいかも。
うちも嫌いじゃないけど、のめり込むってほどじゃなかったなぁ・・・。
さっきも書いた主人公の性格がかなりの原因だけど、「妄想を現実にする能力」のおかげで何でもありになっちゃうのよね。
そのせいか、「先が気になる」っていう気持ちになりにくくて、何となくプレイし続けるってことになっちゃうのよね。
特に全シナリオをクリアするためのプレイなんかは、完全に「作業」になっちゃうところもあるし。

あ、もちろんクリア後の満足度はあるよ。
点数をつけるなら70点くらいかなぁ・・・。
シュタゲとプレイ順が逆ならもうちょっと高い点をつけれたかもしれないけどね。
全体的なクオリティはもちろん高いから、後悔する様なことはないと思うしね。
ほら、このPVなんてやたらと面白そうに見えるでしょ。









というわけで、うちにとってシュタゲ脳はあまり解消できなかったんですよ。
とはいえ、うちの中で今来てる「AVGブーム」に乗っかるためにも、シュタゲのレビューにおいていろんなところで見かけた「Never17」ってソフトをプレイしてみようかと思って、シリーズ全収録の「Infinity plus」を入手済み!

インフィニティ Plus

サイバーフロント





※ この文章、RSSでご覧いただくとおわかりの通り、11/8にはほとんど仕上がってたんだけど気にくわないまま放置してたのでした。んで、またお蔵入りの記事になりそうだったので、とりあえず体裁を一部直してこうかいしたわけですよ。

9000000msの奇跡

2月6日公開だと知ったときよりも、11月21日に前売り券が発売だと知ったときよりも、神戸の劇場でも公開されることが知ったときよりも、今回のが一番テンションあがったよ。


「涼宮ハルヒの消失」 約150分予定!!!

いくらでも、釣られてやるよ!!!!!!!!!!!


公式サイトはこちら

厨二病の地平線を越えて



というわけで、約4日間、50時間以上ぶっ続けでプレイして参りました。
箱○専用AVG「Steins;Gate」を。

あぁ、そうですよ。
あそことか、あそことか、あそことかの記事に踊らされたんですよ!
いや、面白そうだと感じたのは事実だとはいえ、普段ならそういうネタに食いつかないんだけど、「箱○専用」ってところに目がいっちゃって。
箱○普及率から考えても、プレイしたくてもプレイ出来ないユーザーがたくさん居るんだからね。
せっかく環境があるんだからプレイしてみようと思って、

というわけで、水曜日に体験版で第一章をプレイしてみて、即購入決定。
ところがAmazonでは売り切れまくってたんで、Yahooショッピングの「在庫があり」で良心的な価格の店に注文(既にプレミア価格になってた所もあったから・・・)。
数日待っても連絡が無くて結局その店にも在庫はなかっんだけど、金曜日の昼休みに寄ったTSUTAYAで通常版を発見して確保したわけですよ。

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)(数量限定版)

5pb.


Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)(通常版)

5pb.



で、金曜日の晩からさっきまでプレイしっぱなし。
休憩と称して化物語 BDを見返したり、ラブプラスを買い取りに持って行ったり、PSPo2体験版ダウンロード祭りに参加したり、化物語Web配信を待ち続けたりしてたけど、それ以外は起きてる時間ずっとプレイしてたかもw
いや、「目が離せない」とか、「やめるタイミングが分からない」とか、尼のレビューやスレで並ぶ絶賛コメントには若干違和感を感じてるんだけど、確かに「先が気になる」ってのが理由だわね。
とにかくこの4連休で終わらせようって思ってたのもあるし。
こういう物語って一気に味わいたいってのがあるし、そこらで取り上げられてるからこそネタバレを目にしちゃうのが怖いってのもあるし。



内容について語っちゃうとすぐにネタバレになっちゃうから書きにくいので、その周りのこととか。

キャラクターデザインのhuke氏は、「ブラック★ロックシューター」の人であり、Supercellのメンバーみたいね。
今知ったw
ニコマス仲間であり絵師でもあるみっちゃんhuke氏のファンっていう理由で「シュタゲ」に手を出したくらいだから、この人の絵目当てで買う人もいるよね、きっと。
うちは最初この絵に馴染めなくて(あ、B★RSは好きなのに)、特に主人公の幼なじみであるまゆりが顔も服装も好みじゃなくてねぇ・・・。
最初、絵でくじけそうになったくらいだもん。
でも進めてるうちに気にならなくなったし、紅莉栖フェイリスはタイプですw
あ、性格では鈴羽も好きなんだけどね(笑)

基本的に紙芝居でアニメーションはほとんど無く、口パクくらい(”まばたき”も無し)なんだけど、その点は気にならなかったかな。
逆に無理に動かそうとするシーン(「抱きつく」のを表現するために、スーッと水平移動して、キャラ重ね合わせ、みたいな)は要らないかもw




メインヒロインである紅莉栖はツンデレの天才少女なんだけど、CVはミンゴス(今井麻美)がやってるのね。
ミンゴスの演技はもちろん好きだけど、どう聴いても千早との区別が付きませんw
いや、キャラクターの性格が紅莉栖と千早でよく似てるってのもあるけど。
ニコマスPの皆さん、いいMAD素材がたくさんありますよwwwww



で、舞台は秋葉原。
2009年現在の秋葉原がリアルに再現されたこの街で、サンボの牛丼を食いながら話を進めるのが楽しい。
背景絵としてはそれほどたくさん用意されている訳じゃないんだけど、どのシーンも見覚えのある通りばかりだから、主人公との一体感とか、その場の「空気」を一緒に味わってる感じがするわ。
んで、うちが人生で初めて訪問したメイド喫茶である「Cafe Mal:lish」も舞台の一つだし。

うちが秋葉原へ初めて行ったのは2003年のPSO東京オフの時なんだけど、その頃の秋葉原は駅前の開発が始まる前だったかな(いや、工事が始まってたかな。でも電気街としてカオスっぷりは残ってた)。
既に萌え文化の浸食が始まってた頃、とはいえメイド喫茶はまだ乱立しておらずスタイルも模索中って感じだったかも。
当時のHPに書いた日記には、初メイド喫茶で興奮しまくってるうちの様子が。

さっきも書いたけど、身近に感じるところが物語の舞台になると、キャラクターへの感情移入が倍増って感じね。
んで、ソフマやメイトやゲマズやとらあなが実名で登場するから余計に。
あ、サンボもw
アキバで生活してる感が出ちゃうのですよ。



問題はここから。
主人公は重度の厨二病、しかも邪気眼。
んで、相棒のキモヲタピザデブは2chスラングをリアルで口にする重度のねらー。
この二人に我慢できるかどうかが、このゲームの最も高い壁だわ。
いや、マジでこれだけで毛嫌いする人が多そうだし。

だからこそね。
ストーリーも含めて「今も厨二病の人」、「かつて厨二病だった人」でないと楽しめないってのがあるかも。
基本的にはタイムリープ物だから、「ときかけ」や「消失」や「ドラえもん」っぽいネタが溢れてるし、ストーリーや設定に矛盾は見受けられるけど、そういうのも含めて楽しめる人でないと。
そういった意味じゃ、ゲーマーなんて厨二病が多数を占めるわけだし、今回話題になってるみたいな「泣きゲー」好きなんてその最たるもんだし。

あ、うちはこのゲームで泣くことなかったなぁ。
後半は切なすぎて死にそうだったけどw
なんせ、常に顔をしかめながらプレイしてたもんw
それよりも一番ゾクゾクしたのは、某章の某キャラが書いた手紙のシーン。
某声優の迫真の演技もあって、夜中にプレイしてうちには怖すぎたよ・・・。


アドベンチャーゲームなのに選択肢が出てこないってのも斬新。
というか、このおかげでスイスイと読み進めれる。
かかってくる電話に応対するかしないか、メールの送信するかしないか、届いたメールの返信内容とかによってストーリーが分岐されるのですよ。



というわけで、ゲームについて語らずにレビューすることの難しさを知った今回でしたw
あ、各所で絶賛されているとおり、シナリオはとにかく面白いです。
んで、結構なボリューム。
どっぷり浸かるためには、うちみたいに一気プレイをお薦めしますw



噂通り公式ページにはネタバレが溢れてるし、そこらでレビューされまくってるので、プレイするつもりの人はぜひ早めに。
このPVの方が全然良心的だわ。







2003年2月22日の日記

エル・プサイ・コングルゥ

某所に踊らされて、金曜日の晩からぶっ続けで某ゲームをプレイ中のハムの人ですよ。
プレイ時間はまもなく40時間を超えるぐらい。
明日くらいには全クリアで報告できるかな。


c0105957_2234126.jpg


今夜から13話をWeb配信予定の化物語
なのに今の時点でも編集作業中とか、シャフトクオリティ最高だわwwwww
スタッフブログがカオス過ぎて目が離せませんwwwww
頑張れ~!
配信が始まっても見れなかったり鯖落ちしちゃう可能性が高いけどね。




※ 3時半追記
某ゲームしながら寝落ちしちゃってた。
スタッフブログは更にカオスと化してる。
大体、WEB配信なのに「テープ落とし」とか、どこまでが信実なんだか(笑)。
少なくとも朝の8時までは掛かるらしいよ。
とにかく頑張れ〜。



※ 8時15分追記
MY体内時計はリビドーに忠実な様で、目覚ましもなくこの時間に目覚めましたよ。
おはようございますです。
スタッフブログによりますと、現在エンコ作業は40%終了、公開は12時前後とのこと。
おk、把握、つまり「11月2日 36時から」ですね。
頑張れ頑張れ。
ハルヒちゃん事件」に比べたら、全然好意的。




※ 14時追記
11時前に配信は開始されて、なかなか繋がらなかったけど無事ストリーミングの尻尾を捕まえたのよ。
こんな風に。
とはいえ、某ゲームがクライマックスに差し掛かってたのでこのまま一時停止状態で放置しておいて、先ほど見ようかと思ったらここから進みませんよw
ま、今日中には見れるでしょw

c0105957_141924.jpg

,