<   2010年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今年こそ高見へ

ハルヒ初のBDが「ハルちゅる」であることに、不思議な気分となったハムの人ですよ。
残念感というよりは、「そっちから来たか~」って感じで。
1枚なのに「BOX」とは、これいかに。
一方で価格はやはり角川ぼったくりプライス。

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱&にょろ~んちゅるやさん Blu-ray Disc BOX 【初回限定生産】

角川映画




さて、一年越しの悔しさを胸に、ついにやってきますよ!
Mt.富士ヒルクライム」が!!!
来週の日曜日ですよ!!!!!
c0105957_1371459.jpg


昨年は抽選に外れるという残念な結果だった上に、当日は予定まで入ってしまい、抽選に受かっていても行けなかったであろうという・・・。
今年は先着順の受付だったので、次郎、あっちゃんと共に、仕事中 急いでエントリーしたのでした。
しかし・・・恐れていたとおり今年も同じ日に予定が出来たわけですよ。
でも、今年は富士へ行きますよ!
頭下げて富士に行きますよ!

先にも書いた様に6/6の日曜日が本番、受付は前日の夜8時まで。
うちはあっちゃんを拾って車で河口湖まで行ってエントリーした上で、次郎のお仲間と共にバンガローへ泊まるのですよ。
楽しみですよ。

c0105957_1473550.jpg

5000名の参加者なんで、スタートは申告タイム順、うちは適当なタイムを書いて申請したので第5スタートなり。
5700番台のコルナゴちゃんを見かけたら、お声を掛けてくだされ。
あ、下山時はきっとアイマスジャンパーだなw

実はGW以来、走ってないんだけどw
明日明後日には頑張ろうw

毎晩続いている異文化交流


やりすぎ!!!!
おもろすぎ!!!!
昨日の19時から今まで、10時間半ぶっ続けでキャンペーンモードの続きをやってた。
またもや春ちゃんと協力プレイで。

キャンペーンモードの協力プレイは4人まで同時に出来るので、途中で色んな人が乱入してきて。
アメリカ人やカナダ人や、謎めいたヨーロッパっぽい人(国旗で表示されるので分かんないw)や日本人と、ずっとやってた。
ノーマルモードをクリアしたら、そのままハードで二周目を始めるほどにwwwww

カナダ人はPK出来ないけど嫌がらせしてくるしw、アメリカ人は色んな人に分け隔て無く回復してくれるし。
あぁそうだ、カナダ人のボイスチャットは後ろで家族と喋ってるのが丸聞こえ、日本人の彼は何だか若そうな雰囲気で敬語で喋る人だった。

そんな感じで色んな国の人が乱入してくる度に「異文化交流異文化交流」って春ちゃんと言いながらプレイしてる。
たまんねwwwww

仕様上は「10時間連続通話」なBluetoothヘッドセットは、本当に10時間で電池切れして、ちょっと充電したらすぐに復活した。
耳にセットするフックとメガネのつるが干渉して少し痛いけど、それでもスペック通り働いてくれて満足だわ。

氷の世界を飛び出して

c0105957_132319.jpg

うぉぉぉぉぉぉおおお!!!
ロストプラネット2が面白すぎるぅぅぅぅぅぅ!!
キャンペーンモード(シナリオモード)もオンラインで協力プレイが出来るんだけど、これがめちゃめちゃおもろい!!!
春ちゃんとボイスチャットしながら、絶望的にでかい敵相手に、戦い続けてる!!!
辞めるタイミングが見付からん!!!!

ロスト プラネット 2

カプコン


ロスト プラネット 2

カプコン


KAKU-tailDSの好きな作品を、何日もかけて語ってみる

もはやうちのブログの黒歴史となる「im@s24を24時間以上かけて語ってみる(未完)」を自ら掘り起こす様なタイトルを付けてみました。
GW後半である5/6から書き始めてますよ、ハムの人です。
「KAKU-tailDS」があまりにも凄すぎて、もう書かないわけに行かない。
息切れするかもしんないけど、とりあえず始めてみまする。


「iM@S KAKU-tail Party DS」 Prologue‐ニコニコ動画(9)

ニコマスPV系のイベントに飢えてたとはいえ、このプロローグ動画で発表された参加者を見ちゃうとテンションが上がらないわけ無く
ニコマス界のオールスターが参加する祭になっちゃったんだから。

開催前からInformation動画やニコ生で煽られたら、そりゃ見るしかないっしょ。
って言っても、実は本番についてはリアルタイムで見れたのが初日だけで、あとは追っかけだったんだけどね。
おかげで後夜祭のニコ生を見れなかったのが一生の不覚。

というわけで、カクテルDSが何であるか、本編開催前の煽りがいかに酷かったか(笑)については、以下のサイトでお調べください
↑ 丸投げ、ひでぇ。だって、敷居の人の文章が秀逸過ぎるんだもん。

 カクテル公式ブログ
 カクテルDSニコ生が盛り上がりすぎな件について


いや、いくら何でも投げっぱなし過ぎるかwwwww
カクテルってのは参加者に対して「担当アイドル」と「お題」がランダムで与えられ、それらを消化しながら2分程度の動画を作るお祭り。
きつねP主催のイベントで、今回が5回目(im@s24のカクサバを加えると6回目ですね)。
回を追うごとに規模がでかくなり、今回関わってる運営側の数も半端無い。

というわけで、好きな様に語ってみまする。
いや、語らないかもw


■1st night - Opening

●狡猾全裸富竹P
HELLO!! 愛・絵理・涼 MMD×アイドルマスター‐ニコニコ動画(9)
「ニコマス界の善良なる腐女子」こと富竹Pといえば、かつては手描きMADの人、そして今やMMDの人。
富竹モデルのMMDは可愛らし過ぎて狡い狡い。
その富竹Pが完全新作として作成したDS3人組による"HELLO!"が初日のオープニング動画。
モデリングはもちろんのこと、衣装、アクセサリ、ダンス、ステージ、アピールのどれもが素晴らしすぎて言葉を失うほど。
PVそのもののクオリティも抜群で、後半のサビでステージが菜の花畑にブワっと切り替わりカメラが回り込むときの感動ったらありゃしない。

c0105957_1329423.jpg

愛の可愛らしさ、絵理の儚い美しさ、涼の男の娘っぷりw、その全てがMMDとは思えないほどの存在感を持って踊り続ける。
ホントに箱○でDSキャラが配信されたのかと見紛うほどに。
特に今回初公開と思われる絵理の完成度は異常。
いや、愛ちゃんだって初めて見た気がする。

とにかくこのオープニング動画で視聴者全員の度肝を抜き、「オープニングがラスボス」ってコメントするしかない。
そりゃ初っぱなからハードルとテンションを上げ過ぎでしょ。



■1st night - A
「iM@S KAKU-tail Party DS」 1st night - A‐ニコニコ動画(9)


●シメジP
アイドルマスター 「デイズ」 アニメPV‐ニコニコ動画(9)

オープニングでいきなり殺されたうちらは、その直後に公開される一作目への心配をするしかなかったのね。
そりゃ、富竹PのあんなすげえPVを見せられたら、並の作品だと霞んじゃうから。

そんななか、先陣として送り出されたのが「菌類最強」ことシメジP
実は、以前の作品について失礼ながらあんまり印象に残ってない(のに、名前だけがやたらと印象的)ので見返そうと思ったら、全て消しちゃってたのね。
んで、今回のカクテルDSで電撃復帰というわけ。
アイドルは「春香」、お題は「memory」というわけで、始まったらいきなりこれだよ↓
c0105957_192733.jpg

エウレカ初代OP「DAYS」を使った、フルアニメーションPV!!!
すげぇ、ぬるぬる動きやがる!!!!!
なんだよ!これ!
2分間、完璧に描き続けただけじゃなく、ストーリー、背景画、カメラワーク、楽曲とのシンクロまで完璧!

Bメロ終わりからサビ前のテンポ良く切り替わるシーンと、サビの花畑での別れを予感させる花びら舞い散るシーンで鳥肌が立つほど。
なんだこれ? いつアニメ化されたんだ?(ゼノは除くw)
関係ないけど、L4Uのアニメは嫌いじゃないですw
c0105957_19371326.jpg

おかげでいきなり「トップバッターにイチロー」なんてタグを付けられるほど。
いやぁ、最初は息をすることを忘れてて、次に溜息と「すげぇ・・・」と言う言葉しか出てこなかったほど。



●かおす二号P
アイドルマスター 「Dreadnought」 秋月律子‐ニコニコ動画(9)
いや、全体的にどうなってんだっていう暇もないまま、次はかおす二号P
りっちゃんでお題は「誓」。

すみません、かおす二号Pがどなただったか全然認識できてなかったんですが、これまた始まって8秒後には名作決定。
これは随分昔に蔵人Pも言ってた気がするし、他の方も言ってたと思うけど、ニコマス動画に限ったことでもなく掴みの10秒ってほんと大事だと思うのよね。
わずか数分の動画でも、前半でピンとこないと最後まで見ないことが多いからさ。
逆に始まってすぐに「これ、名作に決まってる・・・」って分かっちゃうこともあるわけで・・・。
c0105957_19242485.jpg

はい、これが本作品の冒頭9秒目です。
この自作背景、このDJMAX的な選曲、そして何よりもたったこの一枚だけで伝わってくるこの空間の空気。
名作に決まってる!

顔が塗りつぶされたりっちゃん、唇が誇張されたりっちゃん、続々と”降ってくる”765プロのメンツ。
そして一転、曲がよりいっそうハードになったにも関わらずニコニコと踊り始めたりっちゃんは、何かの覚悟を決めたかの様。
これが「誓」なのか・・・。

ごめん、いまいち解釈がヘタなんだけど、とにかく格好良くて、後半のりっちゃんの笑顔が怖くて悲しくて素敵。
たまらんたまらんたまらん。
単品はまだ上がってないのに、何度も何度も繰り返しこの作品は見たよ・・・。
好きすぎる・・・。



●いけP
「iM@S KAKU-tail Party DS」 1st night - A‐ニコニコ動画(9)
※現在、単品動画は無し。4:29より
ここまで3本も化け物作品が続いた1-A。
ここでいけPを挟んでくるところに、運営陣もよく分かってらっしゃるという感じ。
本当に「すげぇすげぇ」と言い続けるしかなかった数分間だったから。

というわけで、いけPは千早で「瞳」。
「歌うんだろ!歌うんだろ!」と期待した我々の目の前へ、いい声のナレーションとともに飛び込んできたのはこの映像。
c0105957_19481413.jpg

im@sですらねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇええ!!!!
そして、これにとどまらず、いけPワールドが続々と展開される二分間。
あんた・・・期待に応えすぎだよ・・・最高だよ・・・。
ネタバレされちゃう前に、ぜひこの続きをみてくだされ!!!



●怒首領蜂P
アイドルマスター やよい 「Solid State Squad -ENERGY MAX!!-」‐ニコニコ動画(9)
ひとしきり笑ったあとは、再びの度肝作品。
蜂Pだからガチに決まってる。
あとは、やよいと「反」というお題をどのように消化してくるか。
c0105957_20215528.jpg

ビーマニの「solid state squad」を巧みに使った音M@DダンスPV。
これまたのっけから物凄いシンクロで、網目をフェンスのように表現しながら、「オセロ」という誰もが忘れているやよいの趣味を表現してお題をクリア。
展開が変わると、やよいカラーな黄色をバックに可愛いやよいと共にこれまたシンクロしながら切り替えまくり。
一転してモノクロで「静」のシーンが繰り広げられた後、圧倒的な8つ打ちにシンクロしまくるやよい。
c0105957_20241426.jpg

う~ん、文章では表現しにくいな~。
とにかく、「恐ろしいほどのシンクロ」+「やよいなのに格好いい」ということが何よりも伝えたい。
特に上のシーンのシンクロが、ゾクゾクと寒イボが立つほど好きw





■1st night - B
「iM@S KAKU-tail Party DS」 1st night - B‐ニコニコ動画(9)


●MIP
アイドルマスター『L&L』‐ニコニコ動画(9)
MIPはあずささんで「運」。
ぶっちゃけ、うちにとってあずささんのPVってのは基本的に琴線に響かないことが多いのね。
というわけで、スルーかなぁと思ってたのに・・・。
c0105957_23432625.jpg

美希の悪魔と、雪歩の天使が可愛すぎるってのもあるけど、新谷良子の曲セレクトとそれに併せたシーン切り替え、ストーリー、ダンスセレクト、積み上げられたテレビオブジェクト、どれもとってもいい!
繰り返し繰り返し見ちゃう見ちゃう!



●いちじょーP
雪歩 White Lotus... ‐ニコニコ動画(9)
いちじょーPのお題は「東」ということで、なんとなく予想できた「東方M@ster」。
ところが・・・さすがはいちじょーP、目の付け所が違う!
ゆきぽの人力ボカロで仕立てあげた上に、元のボーカルと重ねてデュエットさせることで、人力ボカロの不自然さをカバーするというアイデアに脱帽。
c0105957_22472787.jpg

そして、歌い続ける雪歩の背景は真っ暗だったのに、サビを歌い終えると共にこの曼荼羅にも似た眩しくて美しい紋様が・・・。
思わず「うぉ・・・」って声が漏れたよ・・・。
うちにとっていちじょーPはim@s24の「二条に歌声は・・・」の印象なので、この美しさも同じ延長線上に見えてくる(日本語がおかしい)。



●よりみちP
アイドルマスター 「ポケッターリ モンスターリ」 真美+765プロALLSTARS‐ニコニコ動画(9)
どれだけ経っても、ふと見返したくなる動画ってあるよね。
うちにとってよりみちPの「Super Scooter Happy」はまさにそれ。
うちのcapsule好きを決定づけた作品。
そんなよりみちPが活動休止してはや2年、このカクテルDSで復活だ~~~!
c0105957_2315471.jpg

亜美真美でテーマは「輪」から導き出されたのは、「秋の祭典」でちんこうPの妹も手がけたポケモンの「ポケッターリ モンスターリ」。
こ!れ!が! あらゆるシンクロを包含した傑作!
歌詞といい、歌声と言い、ダンスセレクションといい、とにかく見てて楽しい、見てて気持ちいい。
(だからこそ、一枚絵だと全然伝わらないw)
間違いなくニコニコしちゃうこの作品は、やっぱり「Super Scooter Happy」に通じる物がある。
おかえり、よりみちP、次も楽しみにしてるよ。



●カイザートP
【KAKU-tailDS】ラブアトミック・トランスファー‐ニコニコ動画(9)
「やよいお」ってのが新鮮な上に、原曲のピアノが気持ちよすぎる件。
ラストにはこっそりMMDも登場するし、単品はさらに人力ボカロにまで挑戦してるんだね~。






■1st night - C
「iM@S KAKU-tail Party DS」 1st night - C‐ニコニコ動画(9)



●ok3P
【水瀬庵】Here We 豪鬼!!【八神伊織】 KAKU-tail DS「瞬」‐ニコニコ動画(9)
あんたはやっぱり北米版か!!!!!
しかし・・・絵理は予想外だった・・・。
c0105957_0425358.jpg




●蝉丸P
【仏具で】きみのためなら死ねる・カクテル単品【演奏】‐ニコニコ動画(9)
リア住爆発しろ!!!!
初日のシークレット枠は誰かと思いきや・・・リアル住職にして「仏具で演奏してみた」な蝉丸P
c0105957_0541995.jpg

そwれwがwwwwwww
まさかのMMD!
しかもりっちゃんのバックで、大物3名が踊り狂うという馬鹿動画wwwww
カメラワーク、ダンス、替え歌のどれもがクオリティ高いところも馬鹿馬鹿しいwwwww
c0105957_0561698.jpg

いや、マジでこの1-C組は、しょっぱなのぐっさんPが不憫に思えるほど、酷すぎる組だぁぁぁぁぁ!
いや、ぐっさんPもサムネは酷いけどw
ミキはいつでも直感パラダイスなの。‐ニコニコ動画(9)


もちろんベホイミPは酷いに決まってるw
【アイドルマスター】「アズオイ」【KAKU-tailDS】‐ニコニコ動画(9)






■1st night - D
「iM@S KAKU-tail Party DS」 1st night - D‐ニコニコ動画(9)



●ぷっつんP
アイドルマスター 伊織 ある日の風景5.5‐ニコニコ動画(9)
1-C組がカヲス過ぎたが為に、1-D組は浄化枠w
とはいえ、先ほどまでのインパクトがあまりにも凄かったため、1-D組の堅実性が逆に印象薄になるという弊害・・・、おそるべし、1-C組・・・。
ぱるぷんてPの「やよい迷迷」はとっても可愛いし(コスコスの使い回しの印象が残念。完全に作り直してるはずなのに・・・)、ジャバラPの「猫が横切った」はチバユウスケの格好良さと謎の歌詞シンクロが素敵すぎるし、あかしPのファミソン8bit曲を使った雪歩はコミカルだし、とにかく名作は揃ってたのに、その印象を打ち消すほど・・・。
やよい迷迷(マイマイ) PV アグネスver.‐ニコニコ動画(9)アイドルマスター 『猫が横切った』 美希‐ニコニコ動画(9)

そんな中、1-D最後に登場したのがぷっつんPで伊織の「笑」。
ぷっつんPといえば、派手さはないのにこれまた堅実なPVを作るという(あくまでもうちの中での)印象。
特に綺麗なのを作らせたら、釘付けになっちゃうほど。
c0105957_0452913.jpg

「笑」というお題はベタすぎてやりにくいはずなのに、伊織とセットにするとベタとは違った意味でやりにくそう。
いや、逆に伊織の方がやりやすいのかも?
とにかくそんな直球のお題に、ぷっつんPが選んだのは奥 華子の「笑って笑って」。
これこそど真ん中。

ストーリー系のPVで、色んな意味で期待通りの展開。
そこに重なる奥華のバラードが、直球過ぎるけどとっても合う。
あそこでPじゃなくて、765プロのみんなを出したところが、とってもとっても素敵だと思う。
c0105957_0525794.jpg

浄化枠の最後に相応しい、いおりんの笑顔とぷっつんPの良識で締まった10分間でした。





■1st night - E
「iM@S KAKU-tail Party DS」 1st night - E‐ニコニコ動画(9)


●KIDP+fftq氏
アイドルマスター フタリの記憶(fftq Remix)‐ニコニコ動画(9)
浄化されたと思ったら、1-E枠はまたもやカオス。
仲良し0711Pの「出落ち+あの会社への挑戦」、dodoPの「出落ち+オマケ+前振り」、お茶Pの「dodoPの前振りから見事に引き継いだ、ショパンに謝りたい動画」と、怒濤の3連発。
●●●●●●ター  マコマコリカルパレード‐ニコニコ動画(9)ショパンに謝りたい‐ニコニコ動画(9)

そんな中、初日最後はKIDPfftq氏のコラボという、どう考えても鉄板。
なのに、「疑心暗鬼枠」タグの通り、落ち着かないのは1-E特有の症状だわwwwww
千早で「時計」というお題も、この二人なら大丈夫・・・なはず・・・。
c0105957_121431.jpg

しかし、やはりこの二人は格が違った。
どうしてfftq氏のリミックスはこんなにも優しいのか、どうしてKIDPの自作背景は物凄い作り込みなのに硬さがないのか。
なんなんだ、この余裕すら感じられる風格は・・・。
c0105957_1223330.jpg

千早が歌う「フタリの記憶」って初めて聴いたけど、とってもよくあってるね。
んで、コメントでも指摘されていた様に、60bpmにすることでもお題を消化しているという、コラボで二人共がお題をクリアするなんて、これまでになかったかも。
初日の最後がこの作品で良かった。
明日も楽しみに見ることが出来る、そんな風に思いながら、カクテルDS初日の夜は更けていったのでした。
通しで3回も観てからw

(2日目に続くなり)

君が帰ったあとの夕焼け

ベヨ姐さんをクリアしたハムの人ですよ。
面白かったぁ。
しばらくは実績解除のためにヤリ込むと思いまする。

c0105957_20375368.jpg

青空と夕陽が沈んだあとの東の空と飛行機雲。
嘘みたいに綺麗な景色だったから撮ってみた。



c0105957_20392097.jpg

くららにメールで教えてもらった、細い三日月と金星のコラボ。
ついさっき、アパートからあわてて飛び出して撮影したのがこれ。
くららの言うとおり、絵本みたいな景色。

ニャンコをいっぱい歩かせた

毎日、睡眠時間が足りませんよ。
ハムの人ですよ。

本日は少しだけ。
ニャンコをいっぱい歩かせてみました。

c0105957_23371276.jpg

素材はいつも通り2垢のカメラさんに座らせて一人称視点で撮影。
タイトルバックの黒猫を反転させて、aviutlでそこら中に配置してクロマキーで抜いて合成。
んで、座標位置に直線移動を設定させて、スタート位置とゴール位置を指定。
どうやって動かせばいいのか悩んでたけど、サクッと設定できてビックリした。
いやぁ、aviutlは何かと偉大すぎる。

問題は、なえっちの後ろにニャンコを回り込ませることが出来てないこと。
これはさすがになえっちも抜いた上で配置しない限り無理かなぁ・・・。



作成中のテスト動画 その4‐ニコニコ動画(9)

ちょっとだけシーンを追加してみた

オヤスミナサイマセ。
そろそろ寝ますよ。

眠いから超やっつけで後半を追加してみました。
このシーンとか。

c0105957_1472746.jpg


c0105957_1473915.jpg



テキストもフィルターを掛けないと、クッキリしすぎだわね。
それとテキストの3D効果を超適当に掛け過ぎたw
ってか、消失点の設定がわかんね~。




作成中のテスト動画 その3‐ニコニコ動画(9)

勢いがある内に、動画作成の続きをやってみた

さすがに明日から社会復帰するのが怖いので、2時間だけ事務所に行ってみたハムの人ですよ。
タイトルの通りなんだけど、動画作成の続きをやってみましたよ。

昨日、寝ながら考えたのは「アニメーションだけのシーンなら、手描きでもいいんじゃないか?」ってこと。
少なくとも、このニャンコのシーンは、頑張れば書けるんじゃないかと思って。

c0105957_047965.jpg



ちょうど、先日のカクテルDS単品として、オンナスキーPがトレス動画作成講座の動画をアップしてたのを思い出して。
というわけで、早速見てみた。
【トレスOP】 まことスネイク 【トレス動画講座】‐ニコニコ動画(9)



基本的に対象の動画を画像化し、1枚1枚トレスで手描きしていくという気の遠くなる作業。
でもね、うちがやろうとしている素材はもっと簡単だから、意外とすんなり出来るんじゃないかと思って。
といわけで、オンナスキーPの助言そのままに、もっと楽な作業で挑戦してみた。



まずは動画を画像に落とすところから。
さっきのニャンコ動画は約10秒、これをaviutlで30fpsから15fpsまでフレームを落とし、BMPに書き出したらこんな感じ。
あ、15fpsに落としたのは手抜きのため。
オンナスキーPの助言そのままw
c0105957_0534753.jpg



わずか10秒でも約150枚のBMP画像が生成される(15fpsだから、そりゃそうだよね)けど、結局のところ、ニャンコが歩いてるところの繰り返しなんで、実際には20数枚のフレームを繰り返してるだけ。
これなら何とかなりそう。


とりあえずPhotoshopに取り込んで、ニャンコだけにしてしまえば、あとは何とかなるでしょって感じ。
たとえば一番最初のフレームはもともとこんな感じ。
c0105957_102748.jpg



これをPhotoshop上で適当に加工。
余計なところをブルーバックの青で、ニャンコは黒(正確にはグレー)で塗りつぶし。
自動選択ツール万歳だわw
あ、ニャンコの塗りつぶしが粗々だけど、これでも大丈夫。
c0105957_1322397.jpg

c0105957_1323137.jpg

c0105957_1323878.jpg




一旦、BMPに書き出したら再度Photoshop上で自動選択ツールを使い、ブルーバックの部分を白に、グレーの部分を全部グレーに塗りつぶす。
自動選択ツールや、塗りつぶしツールの許容値を調整することで、薄いグレーも濃いグレーも全部同じ色で塗りつぶせるのよね。
だからさっきは粗々でも大丈夫だったのさ。
c0105957_133938.jpg




こんな感じで塗りつぶしたニャンコが19枚完成。
ダブリカットがあるので、ニャンコの歩きは19枚、24フレーム程度で作られてるのね。
c0105957_1121199.jpg




とりあえずこれを繋げばアニメーションになるわけだから、お手軽にWindowsLiveムービーメーカーで繋いでみた。
あ、もちろん作業中に書き出す動画は常に非圧縮AVIで保存してまする。
c0105957_1135888.jpg




これでニャンコは完成。
とはいえ、オリジナル版を見てみると、ニャンコはかなりボケボケ。
しかも上下の帯はニャンコのグレーと違って真っ黒。

うちがPhotoshopで作成したニャンコは超くっきり。
んで、上下の帯も、さっきの塗りつぶしの時にニャンコと同じグレーになっちゃってる。

ってなわけで、aviutlで先の動画に「ぼかしフィルタ」と「黒縁」を入れて、ニャンコそのものは完成。
c0105957_121647.jpg




さらにぼかしたニャンコをaviutlで読み込み、今度はテキストの挿入。
aviutlでも複数のレイヤーをタイムライン上で扱える拡張機能があるので、それを使って順番にテキストを置いていくことに。
フォントはそれっぽいのを選んだけど、オリジナル版と同じじゃありませぬ、
c0105957_1245074.jpg




こんな感じで作ってみたのでした。
ついでに出だしの三角錐クルクルについても、同じようにトレスしてみた。
トレスと言うよりも、必要な部分を綺麗に抜き出すって感じだけど。
こっちは42枚。
このあと同じように繋いで動画にして、テキストを乗っけていくのね。
c0105957_1265343.jpg




ってなわけで、素材を一つ一つ作成して、最後にまた全部を繋いで完成。
今日の作業時間は7時間・・・。
できあがったのはこちら。


作成中のテスト動画 その2‐ニコニコ動画(9)

動画作成しようとして断念したGW後半

クリアした「GOW3」を早速買い取りに持って行き、箱○のベヨ姐さんを手に入れたハムの人ですよ。
エリートにベヨ姐さんと痛車Forzaが同梱された影響か、値段も下がってたしね。
アクションゲーム三昧のGWにしてみようかと思ったんですよね。
いやぁ、うちはGOW3よりも、こっちのほうが好きだなぁ。
必死になってやり過ぎて、手が痛くてケータイでメールを打つのも辛いほど握力が無くなりましたw

BAYONETTA(ベヨネッタ) 特典 スペシャルサウンドトラック「RODIN'S SELECTION」付き

セガ





今朝、目覚めたベッドの中で「動画、作ろうかね」と思いまして。
6時間試行錯誤して、断念したのよ・・・。

前から作りたい動画ってのが2本あって。
一本はしーなPの『Princess Bride!』を、なえっちで再現して417祭に出品するって野望。
※ 関係ないけど、昨晩のわかむラジオにはしーなPが出演してたw
アイドルマスター KOTOKO Princess Bride!‐ニコニコ動画(9)



んで、もう一本が今回挑戦しようとしたヤツ。
化物語「つばさキャット」の実写版OP『sugar sweet nightmare』の再現。
オリジナルがどんなのか、まず見て貰った方が話は分かりやすいので、とりあえず貼ってみますよ。



見ましたか? 見ましたね?
気になりましたか? 気になりましたよね?
どう考えても委員長、太ましすぎだろ!!!


太ましい物を見ればすぐになえっちで再現したくなるんだけど、このOPってモデルが酷い以外は大好きなのよ。
映像も、ほっちゃんの微妙な歌唱力(笑)も、歌そのものも。
でね、この映像だと結構作るのも難易度が低いんじゃないかなぁと思ったわけ。

 ・基本的には止め絵
 ・モノクロなので、画像処理の粗が分かりにくそう
 ・シャフトお得意の「漢字まみれ」にPSUネタを仕込めそう


とはいえ、やっぱり作り方が分からないことが多すぎて。
特に、動画の中で別の動画オブジェクトを動かすってどうするんだよ!みたいな。
それと動かすオブジェクトはどうやって作るんだよ!みたいな。
たとえば、このデブ委員長の頭に浮いている三角錐とか。
あ、右端のちっさいやつね。
c0105957_2343122.jpg



これ、クルクル回ってるのよね。
で、我らが味方、aviutlだと動画同士を合成できることは分かったのね。
しかもクロマキーで抜くことまで出来るっていう。

もう一つ悩んだのが、このクルクル回る三角錐の素材をどこから用意するのかってこと。
ニコニココモンズやモリモリソザイにそんなピンポイントな素材が落ちているわけもなく、何を使えば作れるのか(もちろん無料で)分かんない。

仕方ないからOP動画そのものから切り抜いて使ってみましたよ。
水平に回転するこのシーンから抜いてみた。
c0105957_2350214.jpg



ところが背景も真っ暗じゃなくてグレーだし、クロマキーで綺麗に抜けない。
画像だったら違う色に変えちゃって抜きやすくするんだけど、動画だとその方法も分かんない。
仕方ないからそのままaviutlで取り込んで、閾値やらなんやらで適当に誤魔化した。
んで、最初のシーンを作成したところで力尽きました・・・。
未完成で悔しいからブログのネタにしようと思い、文字替えを加えてこんな感じで上げてみましたよ。
あ、文字だけのシーンも、黒じゃなくてグレーにしなきゃダメだなw




マスキングが酷すぎるとか、そういうのは勘弁してw
いま、このブログを書くために、急遽付け足したからw
ってか、散々苦労して合成した頭のクルクル、上の埋め込みプレーヤーだと全然わかんないね。
一応書いておくけど、ここだからね、ここ。
c0105957_0224926.jpg




くるくる回るのを見るために、出来ればこちらからフルスクリーンで見て貰えると嬉しいですよ。
解像度低めで上げてるけど。
作成中のテスト画像‐ニコニコ動画(9)


とりあえず、以下のことが分からないので、こっそり教えてくれる人いませんかw
 ・クルクル回る三角錐の素材、もしくは作り方
 ・制止画だけどパンする方法(肉体地図部分とか)
 ・アニメーション猫もどうやればいいのか分かんないw

という、投げっぱなしな感じでいかがでしょうかw

禿げマッチョの大冒険

GWの終わりが近づき、ビクビクしているハムの人ですよ。
10連休もしちゃうと、もう働きたくない。
っていうか、働きたくないのはいつも一緒だわw

ゴッド・オブ・ウォー III【CEROレーティング「Z」】

ソニー・コンピュータエンタテインメント


GW後半はインドアに過ごそうと思い、前から気になってた「GOD OF WAR III」を購入してみたなり。
鉄は熱い内に打たないと、冷めちゃうと結局は手を出さないしね。
それに、さほど時間を掛けることなくクリアできそうってのも、選んだ理由。


ゲームの概要は、ギリシャ神話をベースにしたアクションゲーム。
戦争を勝ち抜くべく神に魂を売ったスパルタ人「クレイトス」が、神々の策略にはまって娘と妻を殺してしまい、その復讐を果たすべく神々に挑む物語。
「III」のタイトル通り3作目で、IとIIはPS2で発売。
クレイトスはIIの時点で既に人間ではなく神となっており、今作では「父」であるゼウスを倒すことが最終目的。
c0105957_13474760.jpg

ゲームシステムとしては「デビル・メイ・クライ」のアクション性に、「バイオハザード」のカメラワークと、「ゼルダ」や「ICO」のパズル要素を組み合わせた感じ。
基本はバリバリのアクションで、コンボを決めまくって敵の大群をばっさばっさとなぎ倒し、キー入力により技が発動させまくるってやつ。

背景はもちろんのこと、各キャラクターの高画質っぷりは異常で、ムービーシーンとプレイシーンの差がほとんど分からないほど。
全長500mの敵キャラも含めて、巨大なキャラがぐりぐり動くサマは圧巻。
んで、それを魅せるための演出も抜群で、最も魅力的に見せるために、カメラは自動で切り替えのみ。
その辺は、この動画を見れば分かるかな。
深夜に限定公開されていたCMなんだけど、これの過激版が公式サイトで公開中
ちなみに1本目と4本目のサムネが同じのになってるけど、別のCMだす。









ってなわけで、レビューなど。
システムとしては非常に良くできてる。
先読みにより、プレイ中のローディングはほとんどと言っていいほど無い。
だからこそテンポの良いプレイができるし、ムービーシーンとプレイシーンがシームレスに切り替わるのよね。
これはめっちゃいい。

一方でゲームオーバー時のロードは結構長い。
オートセーブや復帰ポイントの多さなども考えると「死んで覚える」タイプのゲームなんだろうから、ここがもう少し早いと嬉しかったねぇ。

演出のためにカメラが固定ってのは非常に格好いい部分もあり、一方で「こっち側を見たいのに!」っていう気持ちにもなるよね~。
ま、それを利用した隠し宝箱もあるから、そういうシステムだと割り切らなきゃ仕方ないけど。
c0105957_13435261.jpg


操作方法という意味では、二段ジャンプがけっこう重要なのに、うちは下手くそですよ・・・。
ドラゴンバスター以来、約25年、いまだに二段ジャンプが苦手です・・・。
ってか、ちょっと癖があって、普通の二段ジャンプなら「最高地点でジャンプボタンをもう一度入力」って感じなのに、GOW3の二段ジャンプは「最高地点までにもう一度入力」っていう簡単さ。
ただそれゆえ、普通の二段ジャンプのつもりで入力すると、遅れて落下→死亡って感じだからw

それと先のカメラが固定ってのにも関係有るのかもしれないけど、宝箱やセーブポイントは、ある決まった位置でないと認識してくれないのがイラっとする。
宝箱は本当に真正面じゃなきゃダメだし。セーブポイントなんて円形にも関わらず特定の場所の特定の距離感でのみ認識するからさ。

一方でR1ボタンを活用して様々なアクション(鎖を引っかけてジャンプとか、飛び移ったりとか、壁際を進んだりとか)を行うんだけど、その判定はやたらとイージー。
けっこうざっくりとした地点で認識してくれる。
c0105957_13463470.jpg


中ボス以上の敵には、フィニッシュシーンが用意されてるのね。
「CSアタック(コンテキスト・センシティブ・アタック)」って呼ばれてるんだけど、ライフが減ると相手の頭に「○ボタンアイコン」が表示されて、CSアタック開始。
画面に表示されるボタンをタイミング良く正しく入力することで、フィニッシュが完成するわけ。
さっきのCMにもいくつか出てきてたけど。
これがやたらと気持ちよくて、やたらとグロいwwwww
たとえばこれとか。
このあともちろん、目ん玉を引きずり出しますよ。
c0105957_13244274.jpg




あ~、感想が全然書けてないなぁ。
結局面白かったのは間違いないんだけど、どっぷりはまったり、やり込もうとは思わなかったのよね。
どうしても「やらされてる感」というか「一本道」というか、自分で攻略したというよりは、用意されている脚本通り演じたって感じが強いのが、夢中になれない一番の理由かも。
R1ボタンを使って様々なアクションが取れるんだけど、それだって決まったシーンで決まったアクションが出るだけだから、まさに「演じさせられる」感じ。
CSアタックだってそうだね。
そういうところが気持ちよさにも繋がり、一方で第三者視点にもなっちゃのかも。

あとはうちがコンボを繋げるのが下手なので、もうちょっと気持ちよく決めれる様になったら夢中になりまくってたかも。
純粋にうちの腕の問題だと思いまする。

ゼルダやICOのようなパズル的要素も、もっと多いか、全く無しかのどっちかがいいなぁ。
手応えがあまりないので、解けた瞬間の気持ちよさがそれほど多くないのと、固定カメラ故に仕掛けを探すってことがほとんど出来ない(と言うよりも、最初に提示される仕掛けが全て)ってのが残念。
ゼルダみたいに、うっひょ~!解けた~!って気持ちにならないってことねw

逆に映像や演出の凄さとか、戦闘の爽快感を喚起するためのフィニッシュ(CSアタック)とか、各ボスも最初は歯が立たないのに何度か挑戦すれば倒せるという絶妙な難易度とか、7.1chサラウンドの気持ち良さとか(大量のハエのシーンが一番凄かったw)、「魅せる」「楽しませる」っていう観点からは洋ゲーらしい大味さも含めてとっても良かった。
IとIIを先にプレイしておけば、シナリオはもっと楽しめたはず。
3部作の最終章なんでほとんどのキャラがIIまでに出てきてたみたいで、それを踏まえての会話ばっかだったからね。
いや、大抵のことは伝わるんだけど。

あ、18禁故にグロだけじゃなく、エロまで用意されてるのがワロタ。
いかにも「洋ピン」って感じのエロシーンなんだけど、ここもCSでボタン入力&レバー入力するというwwwww
特にレバー入力は自重しろwwwww
c0105957_1342938.jpg




ってな感じでした。
ノーマルレベルをクリアするのに2日ほど要したけど、それでも十分楽しめたよ。
アクションの得意な人は上位レベルでヤリ込みってのも、これまた楽しいと思うよ。

もう少しプレイ動画を見たい人は、これなんかいかがでしょうか。
ゲームの雰囲気が良く伝わってくるから。
あ、日本版は日本語吹き替えのみで、字幕のON/OFFは選択可能です。

,