<   2011年 05月 ( 142 )   > この月の画像一覧

祭りのあと

c0105957_1521794.jpg

成績はのちほど。

ピットロードは川

c0105957_1282858.jpg

6時間へ短縮決定

c0105957_10573580.jpg

カオス

c0105957_8463847.jpg

寝る前にもう一つ

ちゃんとソースを追えてないんだけど、MMDの作者である樋口氏が、MMDの開発から手を引くんだって?
というか、正確には開発終了だね。

ニコマスファンとしても、MMDの偉大さにはただただ敬服するばかりで。
MMDがあるからこそ、ニコマスの自由度もさらに広がったんだし。

色々と書くことも出来なくて、ただ「ありがとう」しか言えないのは、うちが作り手側じゃないってことなんだろうなぁ。
本当にありがとう。

スズカ8時間耐水エンデューロ(前日編)

というわけで、色々とバタバタしまくってこんなことになっちゃいました。
早く帰って昨日の続きを書こうと思ってたのに、こんな時間に帰ってきたので無理wwwww

c0105957_116728.jpg

もうタイトル通りなんだけど、明日(というか今日か)から「スズカ8時間エンデューロ2011」なのですよ。
うちが参戦する「8時間エンデューロ」は日曜日なんだけどね・・・。
もう、今日も明日も明後日も土砂降り。
日曜日なんて台風も来るしね!!!!!
どうするんだよ!!!!!
初めて参加するエンデューロだし、初めて参加するチーム競技だから楽しみにしてるのにね・・・。
大雨どころか、中止もあり得るのかな・・・。
c0105957_181037.gif

鈴鹿サーキットを走るのも、本当に楽しみなんですよ。
あたしゃ、こう見えてもF1好きだから。
ちなみに大会では、コースを逆走なんですよ。
だから最終コーナー→シケインという順で、第1コーナーが最終コーナーなのです。
書いてて意味不明だなw

明日、車のタイヤ交換をしてから、鈴鹿へ向かいまする。
明日は次郎の実家へ泊めてもらうんだよね。
タイヤとチューブは真っ新にしたから、あとのメンテナンスは次郎んちでやるつもり。
真っ新のタイヤなんて、グリップ力が無くて危ないのは分かってるんだけどw

まぁ、開催されたら、怪我をしないように頑張ってくるよ。
せめてコース試走の時に、周回動画を撮るつもりだったけど、さすがに無理そうだよね・・・。

久しぶりに自由に書ける喜び

ぬっは~。
呑んじゃってるハムの人ですよ
ひゃっほ~。
長らく続いた旅行記もようやく終わって、久しぶりに好きな事が書ける~~~~~。

c0105957_21252960.jpg

昨日のラストは文字数制限に引っかかったのと、ハルヒ新刊が読みたくて、やっつけっぽい感じになっちゃったのでしたw
んで、ハルヒ。
4年間待たされただけあってキョンの冗長すぎる一人語りが懐かしすぎて胸熱だったけど、何よりも国木田を「殺すリスト」へ入れる羽目になるとは思いもしませんでしたともw
c0105957_21484464.jpg

そして佐々木。
うちにとってこの4年は、長門さん以上に佐々木の二次創作SSを読み続ける毎日だっただけに、もう色々とたまらない時間だったよ。
佐々木かわいいよ佐々木。
でも、もう原作には出てきそうにないね・・・。
しかし・・・初回限定版の特製小冊子は、佐々木ファンにとってご褒美過ぎる・・・。
あ、CMもやってたんだね。




旅行から帰ってきて、ほとんどの時間はブログを書く事に費やしたのね。
とはいえ、実は5/11から東京出張なのでした。
おかげで5/13に投稿したこれは、全ての活字をケータイで打ってiPhoneへ転送し、写真も含めてエキブロアプリで投稿するという力業なのでした。
さすがにきつかったw
だからこの日だけ、画像のサイズがSVGAなのよね(普段はSXGA)。

んで、東京では仕事をしてたんだけど、土曜日は何故か一人で高尾山へ登ってたw
昼頃に起きて、夜は友人と呑む約束をしてて、その間に行ける場所はないかな~って思ってw
c0105957_21493522.jpg

舐めてかかってたら、特に前半はしっかりとした斜度で、ちょっと焦ったよw
登山口の入り口へ着いたとき、既に15時だったので、下山してくる人ばっか。
c0105957_21474165.jpg

森林浴出来てとっても気持ち良かったし、旅から帰ってすぐだったのに身体を動かす楽しさを感じまくり。
本気の登山スタイルの人もたくさんいたけど、意外と若い男女がたくさん居たなぁ。
うちが学生なら、登山コンパもアリだと思ったw
c0105957_21551865.jpg

登りは1号路を使ってノンビリ2時間ほど、下りは稲荷山コースで1時間ほど。
とっても楽しかった。
「何で一人で登山してるんだ?wwwww」って考えが、頭から離れなかったけどw
c0105957_21594720.jpg

関東の人には、少し歯ごたえがある、それでいてお手軽なハイキングコースとしてとってもいいなじゃいかなぁ。
ミシュラン三つ星だけあって、外人さんもたくさん居たよ。



ニコマスは予想通り、GWにはとんでも作品が大量に投下されていたのでした。
その中でもやっぱりうちにとっては、orgonePの作品に歓喜しまくったわけで。

もはや、格が違いすぎる・・・。
表現としてはさほど新しい事をやってるわけじゃないのに、そのどれもが斬新だと思わせる。

※以降、執筆中

と思ったら、全く時間が無い件。
続きは後日改めて。

ハルヒ

読了!
おやすみ!

神戸発 四国ぐるり一周 9日目まとめ(5/6 新居浜~高松~明石)

●「ワンチャン」
またもや昨晩の続きから。
「オンラインゲームパック」専用ルームに入ると、先客が二人、ネトゲに興じてる。
うちはというと、一番奥の座席を確保して、店を散策開始~。
いや、ネカフェとかほとんど行ったこと無いから、物珍しいのよw
ってかドリンク飲み放題だから、お金を入れなくてもボタンを押せばジュースが出てくる自販機とか、子供の夢みたいwwwww
あ、これが現代版「蛇口を捻るとミカンジュース」じゃない?
アルコールが有料でも売って無くて、ちょっと残念だったけど。

一週間ぶりのPC、一週間ぶりのまともなネット環境。
iPhoneは調べ物とブログ投稿に使う以外は、電池の消費を抑える為に、利用を控えてたしね。
宿にも泊まってないからテレビも新聞ないし、完全に世俗の情報が分からない。
宇和島で鯛めしを食べるとき、店員さんが新聞を持ってきてくれて、それで初めて暗殺作戦のことを知ったんだもん。

c0105957_22211397.jpg

あぁ、早く帰りたいなぁ。
ドロッセルお嬢様や、助手や、あなるや、みんちや、エリオや、アリアが見たい。
そして何よりも、ニコマスにこの一週間何があって、どんな作品が投下されたのかを知りたい。
旅に出たからって、煩悩が消えるはずもないんだよw
でも・・・せっかくここまで来たんだから、帰るまで全部ガマンしよう。
c0105957_22163328.jpg

ゴール地点である高松東港までは、あと100㎞と楽勝。
よっぽどの事が無い限り、辿り着けないことはないよね。
15時半か20時の便に、余裕で間に合いそう。
万が一ダメだったら夜中の便だね。
そんなことを考えながら明日のルートを検討したり、メールを打ったり、ブログを更新しているうちに寝ちゃってた。

深夜1時頃、何故か目覚める。
ネトゲルームには人が増えてて、やたらと賑やか。
どうやら地元のネトゲ仲間が、毎日ここへ来て一緒にプレイしてるっぽい。
物好きだな、おいwwwww
あ~ゲーセン感覚なんかな。
20代のフリーターっぽいのが5人ほど。

そのうちの一人が、やたらと「ワンチャンあるな!」と連呼しまくるwwwww
うるせえよwwwww
日常会話で初めて聞いたよwwwww
それでも眠れるのが、うちだけど(笑)。



●ソロモンの悪夢
ガバッと飛び起きる。
ちょっと待て…いま何時だ…。
目覚まし、掛けてないぞ…。
最終日に不覚をとるとは…。
時計を見ると4時45分、ぬう…軽く寝過ごしてる…。
慌てて荷物をまとめて店を飛び出し、出発準備が整ったのは5時半。
c0105957_222305.jpg


ちょうど陽が上るタイミングだよ。
あれ? 何だか久しぶりに日の出を見る気がする。
毎日、朝方は曇ってる事が多かったからかな?
c0105957_22234811.jpg



うちは仕事が嫌いだけど、それでも尊敬する人が何人か居る。
そのうちの一人は四国の方なんだけど、こないだ久しぶりに呑みに行ったとき、教えてもらった丸亀市の”うどん屋”があってね。
その店に行くのも、今回の旅の一つの目的。
昼までしかやってないから、タイミングが合うかなぁって思ってたけど、この感じだとバッチリだし。
余裕をもって寄りたいからこそ、朝のうちに距離を稼いでおきたいのよね。


うどんの国、香川県へ入ったのは7時。
香川よ! 私は帰ってきた!!!


違いますね。
こちらですね。
逆光のおかげで、全然見えないんだよwwwww
c0105957_22364037.jpg


残りは70kmほど、うんうん順調順調。
あまりいい路肩じゃないから、時々 歩道に逃げたり。
決して前のJKを撮るために、歩道を走ってるんじゃないからね。
c0105957_22444580.jpg




●死ななかった世界線
運命の8時12分5秒、この時、うちの世界が変わった。
場所は予讃線「みの駅」近くの国道11号線交差点。
信号が変わりかけたのもあって車道から歩道へと移ったけど、黄色だから渡っちゃえと思った瞬間、背中でキャリアの悲鳴を聞いた。
いや、聞いたと同時に物凄いブレーキが掛かった。
そもそも歩道を走った時点で速度は落ちてたんだけどね。
最後に記録されているのは19.2km/hという低速。
その5秒後は「0km/h」。
c0105957_2315226.jpg

キャリアが・・・折れた・・・。
落ちてきたキャリアが・・・タイヤの回転を停めた・・・。
低速で良かった・・・。
車道じゃなくて良かった・・・。
キャリアが真っ直ぐ落ちて良かった・・・。
高速で走ってたら、確実にこけてた・・・。
車道でこけてたら、確実に撥ねられてた・・・。
キャリアが真っ直ぐ落ちてこなければ、ホイールのスポークが折れてた・・・。
c0105957_2353581.jpg

上の写真、分かりにくいよね。
キャリアの後部を下にして、立てている状態。
銀色の部分が、シートポスト(サドルの下のパイプ)に取り付けられていた部分。
ここのボルトが折れたのよ・・・。
この写真の、ここの部分ね・・・。
c0105957_23123513.jpg

真っ青になりながらその場に立ちつくし、オロオロしまくり・・・。
あったかもしれない過去と未来に、ゾッとするばかり・・・。
我に返って歩道の端に寄ることに。

どうする?どうする?どうする?どうする?
残り50kmにして、リタイヤか・・・?
どうする?

いや、キャリアさえ直せば走れる、なんて意味の分からないことを思い浮かべる。
見掛けた近所の奥さんに「この辺りに、自転車屋さんかホームセンターは無いでしょうか?」なんて聞いてどうすんの?
いや、ボルトを付け替えようとしてたんだけどw

いやいやいや・・・そんな簡単に直せるかどうか分かんないぞ・・・。
それに直して済む問題じゃない・・・。
チャリンコで世界一周する人が、よく「壊れたキャリアを工場で溶接してもらった」なんて書いてるけど、うちの場合はそんなカッコイイもんじゃない・・・。
明らかに積載量オーバーによる金属疲労だし、破損じゃなくてボルトが折れたんだから・・・。
直したところで、いつまた壊れるか分からないじゃない・・・。


そうだ・・・。
幸いコルナゴちゃんは無事っぽいから、キャリアや荷物さえなければ走れる。
だったら不要な物は全部 家へ送りつけて、身体とコルナゴちゃんだけで走ればいいじゃない・・・。
それしかない・・・。

しかし・・・この辺りに荷物を送れそうな店なんて無いぞ・・・。
少し前にコンビニがあったのは覚えてるけど・・・。
先へ進めば出てくるかなぁ・・・。
c0105957_0181792.jpg

バッグにショルダーベルトを付けてキャリアごと肩にかつぎ、コルナゴちゃんを押しながら歩き始めたのね。
しかし・・・それっぽい店が出てこない・・・。
んで、目に入ったガソリンスタンドへ飛び込んで聞いてみることに。
「この辺りに、荷物が送れそうなコンビニはありませんか?」って。
でも、うちが覚えてた手前のコンビニくらいしかないみたい。
この先は峠があって、それを越えて下ったところにはあるらしいけど・・・。
「なんせ田舎だからねぇ・・・」とは、ガソスタのおっちゃんの弁。

こんな状態で、峠を越えれるはずがない。
だったら手前のコンビニしかないじゃない。
しかし・・・荷物が送れる様なコンビニだったっけ・・・?
ローソンとかセブンイレブンとかファミマでは無かったと思うぞ・・・。

慌ててGoogle先生で調べたところ、そのコンビニはミニストップだったのね。
荷物の取り扱いがどうかを調べるより電話した方が早いと思い、なかなか経験する事のない「コンビニへ電話」。

公「荷物を送りたいんですけど、佐川とかクロネコとかの取り扱いはありますか?」
店「佐川やクロネコは無いんですよ・・・」
公「・・・・そうですか・・・・」
店「ゆうパックならあるんですけどね」
公「それでいいですっ!」

なんという焦らし戦法wwwww
こちらの現状を伝えると「気をつけてきてください。それと段ボール箱もまだ捨ててないのがあるんで、確保しておきます」なんて、めっちゃ親身になってくれる。
うん、嬉しい。

とりあえず荷物を送る前に、まずはコルナゴちゃんを修理しないと。
キャリアが折れたとき、タイヤがロックしたって言ったじゃない。
大したスピードは出てなかったのに、その時にリヤタイヤがアスファルトと摩擦した結果、表面がズル剥けに。
こんな状態で走れるわけがない・・・。
c0105957_23452297.jpg

これまた奇跡の様な話だけど、宇和島の爺さんとこで黄色タイヤに交換した際、念のため元のタイヤも引き取って持ってたのよね・・・。
助かった・・・。
あの時捨ててたら、完全に詰んでたかもしれない・・・。

というわけで、雨の中でパンクしたタイヤと交換。
これも僅かに傷が入ってるので、こないだと同じように内側からビニールテープで補修して。
あ、チューブはこないだパッチを貼って以来、絶好調。
うん、タイヤを替えるときにチェックしてみたけど、エアーの漏れは全然無かったし。

修理が完了すると、最低限必要な荷物(工具、換えチューブ、一部バッテリー、上着、ワイヤーロック)だけを簡易サコッシュに詰めて、残りは全部送り返す事に。
コルナゴちゃんをガソリンスタンドへ停めさせてもらって、バッグとキャリアを担いでサンダルでミニストップへダッシュ!

1km戻った先に出てきたミニストップ 三豊高瀬店
電話に出てくれた女性が、丁寧に対応してくれるのね。
この箱で入りますか?って、いくつもの段ボール箱を持ってきてくれた。
ちょうど電話をしたとき、ゴミとして捨てるところだったらしく。
タバコの段ボールがピッタリだったんで、そちらへ入れてみたのね。
c0105957_23572246.jpg

これで幾らくらい掛かりそうですか?って聞いてみると、ゆうパックは重さじゃなくてサイズで料金が決まるんで、2000円を超えるかもって。
「だったら他にも詰めるんで、ちょっと待っててください! チャリンコの所に、もう少し荷物を置いてきたんで!」って、再びダッシュで1kmを走ってコルナゴちゃんの所へ戻るうちw
それから今度はコルナゴちゃんに乗って、ミニストップまで。

実は詰めたい荷物があったんじゃなくて、工具を取りに行ったのよ。
キャリアをバラせば、もっと荷物は小さくなるんじゃないかなぁと思ってね。
んで、よくよく考えたら銀マットなんて、原価600円のものじゃないwwwww
こいつが一番でかいんだから、こいつさえ放棄してしまえば、荷物は更に小さくなるに違いない。
ってなわけでカッターを借りて、段ボールの高さは当初の半分にw
送料も1200円になった!

ゴミとなった銀マットやズル向けのタイヤまで、お店で処分してくれるという幸運。
あぁ・・・いいお店だなぁ・・・。
いいお店と、いい店員さんに巡り会えて良かったなぁ・・・。

発送の手続きも終えて、お店で一休み。
朝飯を食ってないのに、気付けば10時になっちゃってるよ。
走りまくったのもあって、汗もかいたしね。
グリルポークハニーマスタードとノンアルコールビールでくつろぐ事に。
「私もこないだ、懸賞で当たって神戸へ行ったんですよ」なんて、語る店員さんと話しながら。
c0105957_085921.jpg

しばらく休憩して再出発。
「また香川へ来る事があったら寄ってください」とか、どんだけいい人なんだよ、あんたwwwww
沈んでた気持ちもすっかり晴れた。
よし、帰ろう。



●丸亀市の皆様、ごめんなさい
一応、他にも異常がないかをチェックしつつ、ガソリンスタンドを通過して、オッサンが言ってた峠へ。
わずか100mほどだけど、やっぱりあんな荷物を担ぎながら、コルナゴちゃんを押しつつ進むとか、無理しなくて良かった・・・。

30分ほど走って丸亀市へ。
めっちゃ立派なスポーツセンターを目印に、県道へと入る。
c0105957_0261942.jpg


右手に見える丸亀城が物凄くショボくてハリボテかと思ったのに、実は現存天守だと知って愕然・・・。
すみません・・・丸亀の皆さん・・・。
c0105957_0331652.jpg



向かったのは「麺処 綿谷」。
丸亀は讃岐うどん不毛の地というイメージを勝手に持ってたから(さっきから、どんだけ丸亀に失礼なんだwwwww)、全くノーマークの店だったんだけど。

11時、スーパーの裏手にある店に着いて驚いたのは、久しぶりの平日にも関わらず、店へ入って行く客の多さ。
しかも、サラリーマンが大量に。
うどんの国の人は、11時から昼休みですかwwwww
それとも「うどんは昼飯に含まれません」ですかwwwww
c0105957_19353313.jpg

新しい店構えに若干不安を覚えつつ、飛び込む店内。
カウンターへ並ぶ行列。
頼むのは「スペシャルぶっかけ冷や冷や大(480円)」で。
元々、肉ぶっかけで有名な店らしく、「スペシャル」は牛も豚も温泉玉子もワカメも乗ってるのよ。
「大を頼むと後悔するよ」と言われてたけど、だったら大にするしか無いじゃない(笑)。
c0105957_19354114.jpg

ヤバい!
見てからに旨そう!
しかも確かにめちゃめちゃ量が多い。
たまらん…。

うどんのコシと、肉のプリプリっぷりと、肉の甘い味付けと、冷たい出汁と、ネギのシャキシャキのハーモニー。
こりゃ確かに美味いわ…。
土産で持って帰りたくなるほどに…。


めちゃめちゃ満足して店を出て、外のベンチに座る。
実はちょっとした懸念事項が見付かったから。
またかよ(笑)。

担いでる簡易サコッシュ(というか、斜め掛けビニール巾着)、うどんを食うときに下ろしたら、巾着部分が破れ始めてる…。
もう、同じネタはいいからwwwww
マジ、勘弁wwwww
c0105957_1947726.jpg

荷物は減らしたから肩への食い込みはあまり辛くないんだけど、やっぱりビニールの袋へ入れるには重すぎたか…。
まだ破れ始めたところなんで、ビニテで補修した上に、ビニテで更に補強を。
んむ、大丈夫だと信じよう。
残りは30㎞。


鹿児島行きではコーラがマイブームになったけど、今回の旅では足摺岬の夜以来、アンバサやカルピスウォーターがマイブームなのよね。
休憩の時、貧乏性が発動して1リットルのペットボトルを買ったものの、バッグが無いことに気付いた(笑)。
仕方無いからヤッケのポケットへ。
ホント、万能のアウターだわ…。
c0105957_19433525.jpg




●まだ終わらない旅
国道11号へ復帰してすぐに、気になる看板が。
坂出 山下うどん」って、あの山下うどんだっけ…?
いや、こんな所に無かったはず…。
綾川の堤防沿いすぐの所にあるので、行ってみようか。
今日は”うどん”のはしごをするつもりなんて無かったのに(笑)。

土手を走ってすぐに、いくつか車が停まっているエリアがあるのね。
うん、ここだね。
土手を降りるとガレージがあって、そこにはベンチとテーブルが。
そこで食べている人も居る居る。
ガレージを抜けると中庭(?)になってて、店の入り口が。
おお!店構えからからして、製麺所だねぇ。
c0105957_1948826.jpg

コルナゴちゃんを隅に停め、店の中へ。
うんうん、この薄暗い雰囲気、並ぶ椅子と長テーブル、おばあちゃんちみたいなテーブルクロス、とってもいい。
そして並びまくる天婦羅類が旨そう。
「かけ小熱々で」と注文して、定番の竹輪天を頂く。
 ※帰ってから知ったけど、海老のかき揚げが有名らしいよ
んで、窓際に座席を確保して、外の風景を眺めながら頂くことに。
c0105957_19482926.jpg

感動的な旨さは無い。
麺のコシも強烈さは無い。
出汁は美味いけどね。
でも何より、この雰囲気は「讃岐うどんを食いに来たな~」って気分になれる(笑)。
特に今日は平日だけあって、空いてるからノンビリ出来るし。
味や感動っぷりは「蒲生うどん」に勝てないけどね。

「小と竹輪で」って自己申告の後払いで支払い、今度こそ高松を目指して出発したのは12時半。
いや、もう目の前なんだけど(笑)。
c0105957_19495779.jpg


11号線が都市高速の高架下となる頃には、見慣れた風景となる。
うん、うちがここを走るのは、三度目だから。
目の前にはチャリダーカップルが。
いよいよオシマイが近づいてきたな~。
c0105957_19505996.jpg


国道を北へ折れると、そこはもう高松の中央通り。
中央通り沿いには栗林公園があるんだよね。
いつも「くりりんじゃなくて、何て読むんだったっけ?」って、一瞬考えなきゃ分かんないんだけど(笑)。
c0105957_19531972.jpg

今日の100㎞地点は栗林公園横。
だったらせっかくだからと、公園の入り口まで行って記念写真を。
c0105957_19532620.jpg

15時半のフェリーに空きがあることを確認し、これからどうしようかな~って考える。
今は13時半、乗船時間を考えても1時間以上は余裕があるし。
だったら、うどんだな(笑)。

讃岐うどんを巡るとき、いつも参考にしてるのは「さとなおさんとこ」。
確か、高松駅付近の店のリストもあったはず。
うん、これこれ
c0105957_2192238.jpg

あ~「さか枝」がめっちゃ近いなぁ。
一度行ってみたかったんだ~。
そうしようそうしよう。

栗林公園からは、ほんと目と鼻の先。
北に向かって県庁を通過したところに…ママチャリが大量に停められている「さか枝」の登場。
写真を撮ったら、オッサンのグラビアになった(笑)。
c0105957_1956370.jpg

店はテーブルが大量に並び、奥の厨房前で注文するセルフ式。
ただ、天婦羅の類いを取るタイミングを間違えて、単なるかけうどんになっちゃった(笑)。
おろおろしてたら、店のおばちゃんに「天婦羅だけでも、お会計出来るよ!」って。
何かよく分からないけど、謎のでかさを誇る天婦羅を80円で購入。
いや、でか過ぎだろwwwww
ネギをたっぷり入れて、出汁も自分で入れて。
c0105957_195613100.jpg

結果的にこの天婦羅が失敗だった。
最後まで、一体何の天婦羅か分からないほど、衣の印象ばかりが(笑)。
かしわの様にも、魚の様にも感じるけど、とにかく薄味過ぎて衣を食ってる気になる(笑)。
いや、見た目から明らかに魚なんだろうけど・・・。
おかげで、うどんの印象が全く残ってないという…。



●確かな一歩

 よし、帰ろう。
 765プロのみんなが待つ我が家へ。

高松東港へはいつもの海沿いの道じゃなく、11号線を東に向かって、川沿いを北へ上がる。
あぁ、もうすぐ終わるんだなぁって、ずっと思いながらね。

ゴールとなるフェリー乗り場に着いたのは14時半。
4月29日にここを出発して、7日と9時間が経過しちゃってた。
こんなにもコルナゴちゃんの姿が変わるなんて、あの時は思いもしなかったけど(笑)。
いつもいつも無理をさせてゴメンよ。
んで、付き合ってくれてありがとね。
c0105957_1959389.jpg

二輪車置き場にコルナゴちゃんを停めて、待合所で乗船手続きが始まるのを待つ。
チャリダーが他にも5人ほど居て、何となく嬉しくなるね。

往復券を持っている場合は乗船手続きが不要と言われ、しばらく待ってるうちにもう乗船しているチャリダーに気付き、うちもコルナゴちゃんを押しながら乗船。
平日の昼間の便って事もあるし、船内は空いてるのでゆったりした座席を確保出来た~。
よし、ご褒美に船内の売店で何か買おう。
あぁ、うどんはもう結構ですw
レディボーデンにしよ~っと。


出港するときには既に爆睡してたwwwww
もう、四国との別れの寂しさとか関係ないwwwww


目を覚ますと・・・外は既に夕方っぽい。
んで、目の前に大きな橋が見える・・・。
う~ん・・・まだ瀬戸大橋をくぐるところか・・・。
んじゃ、写真を撮って、もう一回眠ろう・・・。
c0105957_20103125.jpg

嬉しそうに、下をくぐるまでの間、何枚も撮りまくってから気付いた・・・。
よくよく考えたら、瀬戸大橋の下なんかくぐるわけないじゃないwwwww
さっきの橋は・・・もう飽きるくらい毎日見てる明石海峡大橋だwwwww
馬鹿wwwww
c0105957_20151344.jpg

恥ずかしさのあまり、もう眠る事も出来ず。
そもそももうすぐ到着だしw
いつもの通り『二人を結ぶジャンボフェリー』を聴いてから、神戸へ着いたのは19時半。
c0105957_2021884.jpg


 帰ろう帰ろう。
 我が家へ帰ろう。

観光ガイドに載ってそうな写真を撮っちゃえ。
帰ってきた気がするなぁ・・・。
c0105957_20233996.jpg



我が家まで30km、背中に背負ってるサコッシュも何とか無事みたいだし。
いつもと変わりない2号線を走りながら、長かった一週間を思い出す。

今回の旅でも、忘れられない思い出が沢山出来たけど、いつもの旅と違う衝撃も受けたなぁ。
一つは「歩くお遍路さん」、もう一つは「津波への備えが日常に浸透している生活」。

なんて、おセンチになるはずもなく、旧居留地もこう撮ると絵になるなぁと思うのでした。
おしまい。
c0105957_2033681.jpg




本日の走行距離:134.27km
本日の平均時速:20.3km/h
本日の走行時間:6:36
獲得標高:390m


トータル走行距離:1170.45km
トータル走行時間:56:11
トータル獲得標高:8521m


c0105957_21343676.jpg


c0105957_2138599.jpg


本日の高度表示
c0105957_21342642.jpg

本日の速度/高度表示

c0105957_2135314.jpg

神戸発 四国ぐるり一周 8日目まとめ(5/5 八幡浜~新居浜)

※昨日の最後に、少し付け足してるから、そっちから読んでね。

●一週間ぶりの瀬戸内海
4時、まだ夜は明けないけど、近所に24時間営業のローソンがある事を知り、そこで朝食を食べようと。
夜中にフェリー乗り場の自販機でカップヌードルは食ったんだけどねwwwww
4時半になり、フェリー乗り場を出発。

c0105957_14235673.jpg


ローソンでパンを買い、軽い朝食を済まして本日のスタート。
まずは昨日も通過した保内まで行き、そこから国道378号線で北へ向かって瀬戸内海へ抜けるつもり。
地図を見ながら気付いた事があってね。
昨日、佐田岬行きのスタート地点からいきなりちょっとした峠越えがあって保内へ付いたんだけど、海沿いルート+トンネルでも保内でも行けるじゃない。
これだと楽ちんっぽい。
c0105957_1446742.jpg


5時前というのは、まだこんなに暗いのよね。
峠を越える代わりにトンネルを抜けるのです。
このトンネル、歩道無いし、やたらと狭い・・・。
早朝で良かった・・・。
c0105957_1834155.jpg


保内からは国道378号線へ入り北へ向かう。
「瞽女ヶ峠バイパス」という、知ってなきゃ読めない愛称が付いてるのよね。
んで、その峠をパスするためのトンネルが「瞽女トンネル」。
四国で5番目に長いトンネルらしく、2156mもあるのですよ。
とはいえ、バイパス自体が新しいので、歩道も広くて走りやすい。
c0105957_18262185.jpg

って、これ、死亡フラグじゃないかwwwww
昨日のパンクシーンが頭をよぎるのよ。

まだ5時半と早朝だから車道を走ろう・・・。
目立つ様に、車道のど真ん中を走ろう・・・。
いくら長いトンネルであっても、車が通らなきゃ全然平気だよ・・・きっと・・・。
c0105957_18263370.jpg

うん、誰も居ない長いトンネルってのも新鮮よね。
童心に還って秘密基地っぽいというか、ジャブローというかw

ぐおおおおおおおおおおおおおおおっと、轟音が聞こえてくる。
知ってる?歩きや自転車でトンネルを走ってると、車の音って物凄いのよ。
2kmもあるトンネルなのに、車がトンネルに入ってきた瞬間から轟音が聞こえる。
だから車との距離感が全然分かんない。
後ろを振り返ると、張るか遠くに車が。
うちを視認できる距離までは道の真ん中を走り、近付くと端に寄って追い抜いてもらって。

トンネルを抜けるのに7分、その間に抜かれた車は2台。
良かった良かった。
トンネルを抜けると、もう目の前は瀬戸内海。
毎日、太平洋を見続けたけど、これからは瀬戸内海とのお付き合いですよ。
c0105957_1841347.jpg


空はスッキリしないなぁ。
さっきから時々、ポツポツと落ちてくるときもあるし。
今日は晴れるハズなんだけどねぇ・・・。

うちが驚いたのは、たとえ瀬戸内海でも綺麗な海はあるんだって事。
ほら、こんな風に。
c0105957_18434049.jpg

平和すぎる平坦な道、国道378号線はいつのまにか「夕やけこやけライン」なんて可愛らしい愛称になってるw
残念、今は朝だし、曇り空だ。
確かに夕日や夕焼けを遮る物は無い地形だもんね。
宿毛の「だるま夕日」といい、西にはそういうメリットがあるよね。

うちも本当は佐田岬の先っぽで夕日を見たかった。
当初の計画では反時計回りで四国を回り、三崎港か佐田岬キャンプ場に宿泊して、岬の先っぽで夕日を見るつもりだったんだよね。

今回見れなかったのなら、次また見に来ればいい。
んで、三崎港から佐賀関へ渡り、そこから阿蘇を目指すってのも素敵じゃない。



●いつか行ってみたかった駅
長浜町の河口で橋を渡っているとき、すぐ上流に立派な鉄橋が見えたのね。
気になったけどそのままスルーして横風のきつい橋を渡り終えたら、すぐに「可動橋と肱川嵐の町」っていう看板が。
まさか・・・さっきのが可動橋・・・?

すぐにさっきの鉄橋方面を向かって引き返す。
うん、やっぱりそうだった。
しかも赤い鉄橋とか、テンション上がる要素満載じゃない!
ほら、堂々としてるよね。
c0105957_19232428.jpg

そして橋の入り口に立っている案内板。
いや、こないだの高知の可動橋もシュールだったけど、これはこれで思い切った構造だよね・・・。
極端な言い方をすれば、毎回クレーンで吊るってことよねw
c0105957_1925859.jpg

ここが跳ね上がる境目の部分。
この上空にクレーンがあるのです。
って、肝心のそっちは写真撮ってないのかよ!
c0105957_19275518.jpg

再び国道へ戻り、新橋の方から全景を撮影。
っていうか、マジで風が強すぎるんですけど・・・。
c0105957_19291582.jpg


橋をあとにすると、嘘みたいに風はやむ。
え~っと、さっきの看板に書いてあった「肱川嵐」ってのが、さっきの強い風なのかなぁ。
六甲おろしみたいもん?
※やっぱりそうだったみたい。正確には霧を伴うのが肱川嵐みたいだけど、風が吹き抜ける構造ってのは、まさにうちが体験したとおりだもん。

思いがけないスポットへの遭遇ってのは楽しいねぇ。
そんな事を考えているうちに、長浜町から双海町へと変わる。
地図を見てたときから仕方なかった、この地名。
亜美真美、誕生日おめでとうw
c0105957_19392673.jpg



さて、地図を見て気になってたのは町名だけじゃないのね。
ここには、旅をするものにとって、特別な思いを抱かせる駅があるのよ。
それは下灘駅。
ほら、このポスターを見た覚えない?
こちらのサイトから画像を頂きました。
c0105957_19435552.jpg

c0105957_1944437.jpg

c0105957_19442031.jpg

3年連続で青春18きっぷのポスターに登場したという下灘駅
かつては日本一、海に近い駅だったらしいのよ。
いま、うちが走っている国道が出来たおかげで、その称号は無くなったんだけどね。

青春18きっぷって、別に鉄ちゃんじゃなくたって、旅人だったら一度はお世話になるはず。
んで、そのポスターって毎回、「旅に行きたくなる」デザインでしょ。


駅へは国道からアプローチできないので、手前にある踏切を渡って、住宅街の中を走る。
あ、にゃんこ。
c0105957_19503287.jpg


駅が見えた瞬間に、ちょうど電車が到着。
下りてきた乗客は、明らかに駅狙いの鉄っちゃん(もしくは旅人)のみ。
c0105957_19535389.jpg

下りてきた二人組は、ホームから海を眺めてる。
何となく絵になるから、撮らせて貰いましたよw
c0105957_19553937.jpg

やはり・・・あのベンチにてポスターと同じ構図で寝転んで写真を撮るべきか・・・?
う~ん・・・う~ん・・・。
いや、チャリンコのジャージは、ちょっと違うだろ・・・。
っていうか、ホームだと知ってなきゃ、駅に見えない写真だよね。
c0105957_19574768.jpg

無人駅の駅舎から見た風景。
うん、この構図はとっても好き。
晴れてたらもっと良かったのにね。
c0105957_2001188.jpg

駅舎にはさっきの様に改札口があるけど、事実上はうちが最初に写真を撮った駅手前フェンスの境目から出入りする人が多いんじゃないか。
うちもそこからコルナゴちゃんを入れて、一緒に撮影。
うん、どこから撮っても道路は見えないから、確かに目の前が海であるかの様に写るよね。
c0105957_2024461.jpg

ポスターと同じ構図で撮ろうとしてみたけど、これ夕方でないと難しいなw
コンデジだと、どうやっても逆光で真っ黒になっちゃうんだよね。
だからPhotoshopでノイズ覚悟で補正しまくって、ポスター風にしてみた。
空と海を青くするとさすがに嘘過ぎるから、そのままで。
イラレが家になかったので不便だったなぁ。
カラスが居たのは偶然ですw
c0105957_2047145.jpg

そんな感じで30分以上も駅に滞在し、時刻は7時半。
出発しようとしたらポロポロと乗客がやってきて、電車も入ってきたので最後にもう1枚。
JKの通学も雰囲気があるけど、なによりも左側に写った若い女性には”ありがちな”ドラマみたいで不思議な感覚だった。
駅まで母親に車で送ってもらい、ここから旅立つ彼女。
単なる旅行かもしんないけど、母親は電車が出発するまで車から見送りつづけてたのよね。
c0105957_2162339.jpg



15分後には「道の駅ふたみ」へ。
散々休憩したのに、道の駅が出てくると寄っちゃうのは、もはや脊髄反射だな。
やっぱり早い時間だから店は開いてなかったけど、よくよく考えたら今朝は顔を洗ってなかったので、ここで済ます事に。
道の駅そのものが砂浜と繋がっていて、砂浜では移動劇団の舞台が作られてたのよ。
見てみたかったなぁ。
c0105957_21151360.jpg




●ご機嫌いかが 紅緒です。
海岸沿いを離れて、100m程度の峠を越えて、いよいよ松山に近付いた雰囲気が感じられた松前町。
そろそろ腹が減りまくったので何か食べたいなぁ・・・最近は美味い魚ばっかり食ってるから、たまには肉が食いたいなぁ・・・吉野家ないかなぁ・・・あった!ってな感じで吉野家へ飛び込んだのは9時。
出発して60kmなり。
大盛りつゆだくで我慢。


松山の市街地に入ると、路面電車が見えた!
なんで路面電車って、見掛けると旅気分が出てくるんだろ。
う~ん、路面電車がある街に住んでると、きっとまた違うんだろうねぇ。
c0105957_21273396.jpg


松山城があまりにも立派な城山を持ってるので、思わずフラフラと公園の中へ入っちゃう。
すっげ~!かっけ~!登りたいなぁ・・・。
案内の看板によるとロープウエーでも歩いても登れるみたい。
う~ん、今日は我慢しよう・・・。
しかし・・・天守付近の構造は、姫路城に少し似てるね。
あっ!晴れてきた!
c0105957_21311963.jpg


公園を突き抜けて、道後温泉へ向かおうとした瞬間、とんでもない物が目の前を通過していく。
なんだありゃ!
SLが路面電車として走ってる!
しかも汽笛を鳴らして蒸気を出して!
思わず追っ掛けて、何枚も写真を撮っちゃったよw
c0105957_21392693.jpg

c0105957_21393294.jpg


松山市街をかっ飛ばして道後温泉へ向かう。
冷静に考えると、こんなにも都会のすぐ側に温泉があるって凄いよね。
わずか数キロだもん。
路面電車と並んで走るw
c0105957_221480.jpg


道後温泉駅に到着したのは10時前。
どうやらさっき見掛けたSLは「坊ちゃん列車」らしいね。
c0105957_2255139.jpg

すぐ後ろのカラクリ時計では、10時ピッタリに始まったカラクリに群がる人が多数。
うちもちょっと眺めてみた。
c0105957_228435.jpg

とにかく道後温泉本館へ入りたい。
しかし、このタイミングで洗濯をしておこうか。
とにかくさっきからめっちゃ晴れてるから、せめてアンダーシャツだけでも。
というわけで、道後温泉本館裏手にある立派な公衆便所横にコルナゴちゃんを停めて、洗面所で洗濯しコルナゴちゃんに干しておいたw
ついでに裏手から道後温泉本館を激写。
こっちからの姿も立派よね。
c0105957_22191532.jpg

さすがにGWだけあって、観光客の数は多いねぇ。
道後温泉本館横にも行列が出来てるのよ。
これは・・・風呂へ入るのに並ばなきゃいけないのか・・・。
c0105957_22261061.jpg

とりあえず入浴券売り場へ行って、「大広間の茶菓子+浴衣貸し出し」の「神の湯2階:800円」を購入しようとしたところ、やはり行列に並ばなきゃいけない、とのこと。
学生の時の貧乏旅行で2階へ入った事があるから、今日はいいかなぁって、「神の湯階下(入浴のみ)」の入浴券(400円)を購入して突入。
こっちは並ぶ必要がないからさ。

番台ではタオルや石鹸、シャンプーを売ってる。
宇和島の銭湯での辛い思い出が蘇るなw
シャンプーと石鹸を購入。
石鹸は「みかん石鹸」なんて可愛い名前が付いてるのよ。
c0105957_22304873.jpg

中の雰囲気はこんな感じ。
とってもいいよね。
左手が男風呂、右手が女風呂、奥が2階への階段。
c0105957_2232107.jpg

脱衣場へ入る前に、コインロッカーへ貴重品とかを預ける事に。
貴重品って言っても、財布とケータイだけなんだけどね。
んで、ここで馬鹿な事をした・・・。
最初に100円入れて鍵を閉めた直後に、タオルをコインロッカーに入れたままだった事に気付いた・・・。
仕方なく開けてタオルを取り出し、もう100円入れて鍵を閉めた直後に、買ったシャンプーと石鹸をコインロッカーに入れたままだった事に気付いた・・・。
おかげで300円もかかるというお馬鹿さん・・・。

脱衣場は広いねぇ。
んで、神の湯は東と西の二つの風呂があるのね。
まずは東へ入って散々洗う。
え~っと風呂はいつ以来だっけ?
あ~宇和島以来だから二日ぶりかw

壁の装飾も、浴槽の真ん中にある湯の排出口も立派。
お湯は熱過ぎず快適だし。
うちが洗った位置の足元に、なんだったけな~、何かの印があったw
かつての湯の採取口だったっけw
あ、これだ!
c0105957_22432439.jpg

せっかくだから西側にも入ってみる。
お、装飾がちょっと違うね。

ゆっくりと浸かってから脱衣場でノンビリと。
散々水を飲みまくってw
脱衣場の窓は道路に面していて、ちょうどそこでは出し物が繰り広げられてたのね。
声だけがよく聞こえてくる。

温泉を満喫して、出てきたのは11時。
あらためて道後温泉本館の写真を撮っていたところ、観光案内っぽい袴を着た女性に「撮りましょうか?」って声を掛けられたのね。
うちのタイプだったので「せっかくだからお姉さんと」ってお願いしてみたら、「だったらマドンナさんと撮りましょうか」って言われて収められたのがこの写真。
マドンナさんよりも、お姉さんの方がタイプですwwwww
微妙な表情になってるのはそういう理由wwwww
c0105957_22475735.jpg

反対側の角度からもう一枚。
指が掛かってるという最低っぷりだけどw
左下の気合いが入った兄ちゃんは、人力車の引き手ですよ。
c0105957_22495328.jpg

一旦コルナゴちゃんへ戻り、タオルも干した上で、再び温泉街へ。
あ、温泉街って言っても、普通にイメージするのとはちょっと違うなぁ。
普通は山の中で、真ん中に川が流れてて、土産物屋が並んでて・・・っていう感じだけど、どっちかって言うと道後温泉本館を中心とした商店街って感じだわ。
というわけで、温泉饅頭とかに巡り会えたりも出来ず。

道後温泉斜め向かいにはちょっとした公園があって、そこには売店や土産物屋もあるのね。
まずはそこで「いよかんジェラート」を!
温泉であったまった身体に、最高です。
c0105957_2303831.jpg

次は「清美タンゴール」100%ジュースを。
うめぇ!染みる!
こりゃ最高だな・・・。
c0105957_2322194.jpg


道後温泉本館横にある「玉の石」。
少彦名命が舞った石らしいよw
お湯を掛けて礼拝するんだってさ。
というわけで、お姉ちゃん達が礼拝する姿をw
c0105957_2362465.jpg


道後温泉本館横には、こんな魅力的な店まで建ってる。
実は今まで見て見ぬふりをしてきた「地ビールレストラン」。
温泉から上がったあとの地ビールなんて、美味いに決まってるじゃない。
c0105957_2375389.jpg

土産としてチェックしようかなと思ってメニューを見てみたら、料理も美味そう。
で、飛び込んで、伊予地鶏の皮丼を注文したw
中には温泉玉子まで入ってるんだよ。
待ってる間も、食ってる間も、周りで飲みまくってる地ビールが羨ましすぎたけど、うちはまだ100kmほど走るつもりだしねぇ・・・。
我慢我慢。
c0105957_23113134.jpg

レジで支払ってるときに、土産の地ビールは売ってないのか聞いてみたところ、すぐ近くの商店街の中に店があるんだって。
というわけで、いつも通りパスタ屋の仲間と呑むために購入。
1L瓶は2856円で3種、それにクール便の送料も含めると1万円を越えるというショックから、スタウトだけは我慢して・・・。
ケルシュとアルトを購入なり。
c0105957_23384271.jpg





●瀬戸内の海と焼豚玉子飯
なんだかんだで2時間半も満喫し、道後温泉を出発したのは12時半。
この時点で75kmなり。
再び国道へ復帰し一路 北へ、今治へと向かう。
あ、松山直前から、あの”かつての悪夢”の56号線となっているのですw

バイパスの様に快適な道がずっと続く。
とにかく走りやすい。
んで、道も平坦。
唯一、風が斜め前からやってくる事を除けば。
でも、我慢できないほどの強さじゃないし、今治を折り返せばきっと追い風になってくれるだろうしね。

それにしても、やっぱり海が綺麗。
本当に瀬戸内海のイメージが変わっちゃうほどに。
c0105957_23514536.jpg


こんな平地なのに、久しぶりにライダーが追い越し際にサムズアップで応援してくれる。
ちょうど信号待ちで追いついたので「ありがとうございますっ!」って言ったら、わざわざシールドを上げて「頑張ってください!」って言ってくれるとかw
うんうん、やっぱり嬉しいねぇ・・・。
c0105957_23492044.jpg


本日の100km地点は今治市までもう少し、菊間って駅の少し手前。
うん、久しぶりに100km写真だなw
いかにここんとこ余裕がなかったか、よく分かるw
また指が掛かってるけどw
c0105957_2355327.jpg


カモメが多い海岸。
わざわざツーリングマップルにも「よそ見して事故らないように」って書いてあるほどに。
デジカメでは上手く撮れなかったので、珍しくP3で。
c0105957_2357499.jpg


あまりに綺麗ので、何枚も何枚も撮っちゃう。
c0105957_23583111.jpg

c0105957_23584179.jpg

c0105957_2358514.jpg


今治市にはいると、県道へ入り、港方面へ向かう。
しまなみ海道へ向かうんじゃない。
今治城へ向かうんでもない。
以前、しまなみ海道を走ったあとに辿り着いた焼豚玉子飯の名店、「重松飯店」へ向かうんだ!
c0105957_011982.jpg

しかし・・・無情にも「シゲハン」は休憩時間であった・・・。
そりゃ15時なんて時間、中途半端だよね・・・。
同じく観光客っぽい3人組の女の子も、ガッカリしてたw
代わりに3年前の写真をw
c0105957_031422.jpg


よし、だったらもう今治に用はないwwwww
次は南下だw
探すのも面倒だったので、道すがらで焼豚玉子飯の旨そうな店があればな~と思ったのに、県道は走りにくいだけで、いい店は出てこない。

国道196号線と合流した直後に出てくるのが「道の駅 今治湯ノ浦温泉」。
いや、道の駅そのものに温泉施設はないんだけどね。
泉源のオブジェがあるくらいで。

この道の駅には、チャリンコお遍路組が大量に集っている。
みんな小径車ってことからも、同じグループなんだろうね。
焼豚玉子飯が食えなかった影響もあり、やたらと腹が減ったので食堂へ。
ここのメニュー、やたらと味に自信ありげに見えるのは何故なんだろ(笑)。

残念ながら焼豚玉子飯は無かったけど、炭火焼鳥が3本入った「おんまく飯」。
おんまくってのは「物凄く美味い」ってことらしいね。
今治は人口当たりの焼鳥の消費数が日本一らしい。
どんな統計だよwwwwwって思うけど、焼き鳥好きなのは間違いないんだろうね。
c0105957_20483978.jpg



17時、西条市を目指して出発。
いきなり山っぽい雰囲気にちょっとビビったけど、何でもない坂道。

目指すのはチェーン店ぽいネットカフェ
3店舗あるから、近い所から順に行ってみて、座席の空き具合と料金プランをチェックだね。
国道を逸れてすぐにある東予店に着いたのは17時半。
入り口に貼られている料金案内をチェックして、長いプランがないことに軽くショックを受けたけど(笑)。
18時に入って明日の朝4時くらいまで、ちょうど10時間だからいいかなぁと思ってたのに。
早朝に出ちゃうなら、ナイトパックのお徳度は低いなぁ。
c0105957_20523577.jpg

まだ時間があるから10km先の西条店へ行ってみる。
これまた「産業道路」なんて、明らかに走りにくそうな名前の県道沿いにあるんだけどw
んで、受付の兄ちゃんに料金プランを確認すると、今日は祝日だから3/6時間パックは適用できないとのこと。
オンラインゲームパックとナイトパックの組み合わせで安く済ませるしかないなぁ。
ただ、オンライン(ryは個室ブースじゃないらしいけどね。
いや、疲れてるからどこでも眠れます。

「自転車じゃかなり辛いですよ」って言われたけど、まだまだ時間があるから国道11号線へと復帰し、さらに13km先の新居浜店まで辿り着いたのは19時でした。
今夜はここでオヤスミなりよ。
グースカピー。


本日の走行距離:161.90km
本日の平均時速:20.7km/h
本日の走行時間:7:49
獲得標高:687m
c0105957_21113627.jpg


高度表示
c0105957_21114463.jpg

速度/高度表示

c0105957_21115428.jpg

,