<   2012年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

みるっちのために、そのいち!

c0105957_22372331.jpg

いや、その二はないけどw
というわけで、今朝から案内開始となったim@s2ねんぷち、尼でも瞬殺となって唖然としたけど、さっき見たら在庫は復活してた。
さぁ!ポチれ!
ちなみに今更言い訳臭く胡散臭いことを言うけど、エキブロの尼リンクは、Exciteに金が落ちるんだぜ!!!!

THE IDOLM@STER2 ねんどろいどぷち THE IDOLM@STER2 ステージ01 BOX (ノンスケール ABS&PVC製塗装済みトレーディング可動フィギュア)

グッドスマイルカンパニー




招待やよいが可愛すぎて、死んでしまう・・・。
これ・・・やばいだろ・・・。
さっそく一枚だけ入手したよ。
c0105957_2239472.png

梁山高校2年B組 麻宮サキ!

c0105957_14352484.jpg

千早、誕生日おめでと。

バレンタインイベントが終わったモバマスは再び育成期間へ戻り、道場へ日参して殴らせてもらってますよ。
戦国&バハのLv30報酬やら、それに伴う招待トレードやら異種トレードやらで、相変わらず無課金ながらも楽しませてもらってます。
うちの所属するプロダクションはおそらく全員が無課金組なので、のんびりとしててピッタリ。



さて、昨日投稿した「膝に矢をm@ster」動画だけど、一晩で再生数がえらいことになってる。
再生数もデイリー60位とか、これが祭に乗っかるって事か・・・と実感。
便乗にもほどがあるけどwwwww
ぎょPの作品がKotakuに取り上げられたこともあって、瞬間風速的な風が吹いてる感じだわ。
ご視聴いただいた方、ありがとうございます。




さて、実は昨日、もう一本動画を上げておりまして。
これまた昨日発表と公開された「PS3版DLC第5弾」からネタを頂きました。
愛ちゃんが配信された時から予想されていたとは言え、絵理ちゃんのDLC配信にはテンションが上がったけどね。
涼チンも早く来い!
いや・・・それよりもサイネリアを・・・。

っていうニュースがTLを駆けめぐる中、先のPVで50秒付近から流れる新衣装「スクールガールウェア」のロングスカートっぷりがあまりにも昭和過ぎて、ピンと来すぎたwwwww

 昭和の制服 → 3人組 → スケバン刑事IIかIII → 南野陽子大好き

んで、これまたネタ被りする前に作らなきゃと思って、大慌てでつべから素材を拾ってきて、作業したのでした。

PVの中であの衣装が登場するのは僅か11秒ほどなので、CM風に仕立て上げるしかなかったのよw
スケバン刑事IIの主題歌と言えば、うちにとっては吉沢秋絵の『なぜ?の嵐』か、南野陽子の『悲しみモニュメント』の印象が強いんだけど、せっかくだからナンノの曲を選ぶ方が分かりやすいかなぁと思って。
僅かに弄ればダンスもシンクロしてたしね。

依田P


真樹翔P


というわけで、これまた1時間ほどでさっさと作ってしまいました。
「膝に矢をm@ster」と比べて、あまりの伸び無さにワロタwwwww
もう少し何とかならないかと、さっきタイトルを変えてみたけど。

っていうかさ、よくよく考えたらロングスカートってだけで、セーラー服じゃないんだから、完全に間違えてるんだけどねw
ま、ここんところ続いているネタ動画と言うことで、大目に見てくださいな。

早い者勝ちだと聞いて

風邪でぶっ倒れてるハムの人ですよw
im@s2発売一周年記念の今日は、風邪引きのために有休。
いや、正確には昨日38℃あった熱も、今日はほぼ治まり気味なんだけどね。

そんななか、動画を作ってました。
いや、作るとも言い難いほど、ほとんどぎょPと同じ構成です・・・。


昨日投稿されたくらふと氏の作品から始まった「膝に矢を受けm@ster祭」。
高熱にうなされながらぎょP赤ペン先生の作品を見た時に、「早い者勝ち」という言葉が浮かんだのでした。
んで、今朝起きた時にはすっかり忘れてたw
さっき思い出して、ネタ被りしてないことを確認して、慌てて作ったw
いや、マジですんませんw

くらふと氏



ぎょP



赤ペン先生



「膝に矢を受けてしまってな…」の元ネタはこちらを参照。

土日はこれも

横浜アリーナでのim@s7周年ライブについて詳細が発表されたことに伴い、im@s 5巻を何本買うか悩んでいるハムの人ですよw
既に高度な情報戦が繰り広げられ、「横浜アリーナの規模だから、チケット取得は余裕だろ」という言葉を思わず信じそうにもなりますが、やはり二日間とも満喫するためには最低でも2枚購入すべきか・・・。
1枚はG4Uセットとして、もう1枚はDVDでいいかな・・・。
初回限定版にしか先行優先予約申込券が入ってないってのも、辛い話しだわな。

アイドルマスター アニメ&G4U!パック VOL.5

バンダイナムコゲームス








じゃぱねっとPの3作目はとてつもなく楽しくて、その一方で「生みの苦しさ」は相当な物だったようで。
おかげで、可愛いだけじゃない、わずか1分半の間に詰め込まれまくったネタの数々に、ツッコミが追いつかないw
「可愛いだけじゃないんです」を地でいくような、"超娯楽大作"とでも呼ぶべきか。
とはいえ、一番好きなのは、この左に立つ美希の可愛らしさだったりするんだけどw
c0105957_23281180.jpg






「ネタ:可愛らしさ」のバランスが逆のパターンで行けば、migiri氏のこれ。
すみません、それこそ本当にテレビを見ないので、マクドのこんなCMがあるのを知りませんでしたよ。
んで、完全に「ハッキョーセット」なんだけど、MMDモデルの"やよいおり"が可愛らしい故に、ネタ動画のヒトコトで片付けるには勿体ない作品。
あぁ・・・あずささんは・・・アレですね・・・。
c0105957_2332794.jpg

c0105957_23321891.jpg








ぽPの百円M@STER作品、格好良すぎて死ぬwwwww
あの素材で、ここまで出来るのか・・・。
企画当初にほんの僅かでも「うちでも出来るかも・・・」って思った自分を蹴りたい。

構ってちゃんは格納

巨人の島

【本編とは全く関係のない枕】
モバマスで、初めて招待トレードとやらをやってみたハムの人ですよ。
スタドリも招待千早も潤ったのでした。
招待千早、5人合成するには、やっぱり5人ともMAXにした方がいいのかな?
無課金組だけに、いや無課金組だからこそ、色々と工夫するのも楽しいよね。
対戦相手にorgonePが登場して、守備が堅過ぎて敵前逃亡したのは内緒だw

c0105957_22532524.png



先日、ぼ~っとWebを漂っておりましたら、気になる物が見えましてね。
そそ、Newラブプラスの新機能である「どこでもデート」を解説したスペシャルページ
遙か前に書いたとおり、ラブプラスには全くはまらないまま早々に買い取りへ持って行ったんだけどね。

で、話は戻りまして、こちらのページで紹介されているのが「どこでもデート」を使ったサンプル動画。
その名の通り、3DSのカメラを使うことで、目の前の風景でデートできる機能らしく。
スペシャルページで紹介されているのは、世界各地の名所でデートするシーン。
んでね、そこにこの二つがあったのですよ。





実はですね。
あたしゃ10年以上前にイースター島へ行ったことがありましてね。
昔からの夢だったんだけど、さすがにここへは辿り着けると思ってなかったから、未だに夢だったんじゃないかと思ったりもするんですよ。
ほら、この嬉しそうな馬鹿w
c0105957_2301179.jpg



これはラノララクですね。
モアイを切り出していた岩山。
ラブプラスの動画も、同じ場所。
そんなことを思い出したのでした。


バレンタイン・キッス

職場では課内全員に配られた一つだけだった、三次元には夢も希望もないハムの人ですよ。
いいんだ! 仁奈から貰ったからいいんだ!
食べやがりますよ!もちろん!
9歳児だけど、気にしたりなんてしないぜ!

c0105957_2331986.jpg






MA2メドレーの単品にして、いろはP、もあP、dodoP、syu-kaP、カジカP の合作がこの素晴らしいタイミングで投下された!
ダンスと歌詞のシンクロも、エフェクトも衣装のセレクションも、とにかく可愛いとしか言いようのない破壊力。
伊織のズルさは、「あざといと分かってても、なお可愛い」ってとこだよね。
ベストシーンは、やっぱりこのお尻ふりふりでしょw
c0105957_23161897.jpg


もっとビックリしたのは、今日 国生さゆりが入籍したことだけどwwwww
今朝、さっきの動画を見てから出勤しただけに、仕事中にニュースで知って噴きそうになったwwwww
んで、これ、昨日の出演とかwwwww
こうやってみてみると、国生さゆりってでかいんだなw



1986年と言えば小学校高学年でしたよw
多感な時期でしたよwwwww
この頃の男子小学生は全員、このサビを歌いながら踊ってましたよwwwww




バレンタインと言えばチョコレートで、チョコレートなニコマスと言えばあれだけど、もうあの件についてはあそこで語ったつもりだから、ここではノータッチ。
恒例だったはずの巡回じゃなく、ローカルで堪能。
あ、立体回転寿司もねw

今年のチャリンコ予定を書いてみる

せりざわP北海道旅行tweetを追っ掛けてると、わずか半年前の北国のことを思い出して、胸が熱くなるハムの人ですよ。
冬の北海道、確かにバスや電車で旅行するのも楽しそうだなぁ・・・。
行ってみたいなぁ・・・。
これ、オロロンラインにも似てるけど、オホーツク側だから違う風車だね。

c0105957_22214369.jpg


今年は本当に資金難に陥りそうなんで、チャリンコ旅行は自粛かも・・・。
可能性があるなら身近なルートかなぁ。
「山陰地方日本海ルート攻め」とか、「次郎みたいに紀伊半島一周」とか、「知り合いの家リレーによる大阪-東京ルート」とか。

もちろん、北海道の続きを攻めたいのは山々だけど、なかなか厳しい状況。
稚内からスタートして、知床峠を越えた上で釧路辺りまで辿り着くルートを考えてはいるんだけど・・・。
800km弱だから、知床峠の地獄っぷりと、知床半島を満喫することと、釧路湿原を満喫するのにピッタリだとは思ってるんだけどね・・・。
こうしておけば、残りも800kmほどで函館まで辿り着けるから、3年掛かりで北海道一周できると思ってたんだけどw
c0105957_22432355.jpg



暖かくなれば、あっちゃんと次郎とで「しまなみ海道+とびしま海道」を走るつもり。
まだまだマイナーな「とびしま海道」も、しまなみ海道と同じく島々を結ぶ橋で、これまた楽しそう。
一泊で走れば、本当にお手軽な距離だしね。
まぁ、一日で全然走れきれる距離だとは思うんだけど。
いや、「たまゆら聖地巡礼」とか、しませんよwwwww
c0105957_22525699.gif

しまなみ海道とびしま海道サイクリングマップ

東海図版四国営業所 / 東海図版




あとは近くにありながらやったこと無い定番コースである「琵琶湖一周」かな。
うちから見たら、さくさくっと行ける距離にあるから嬉しい。
自走するときついけどw




大会は去年と同じような感じかな。
まず、スタートは3月4日の「スプリングエンデューロード IN はりちゅう 」から。
今年こそは、ビギナー2でそれなりに走れるようになりたいなぁ。
c0105957_2331958.jpg



次にこれまた二度目の参加になる3月25日の「第2回六甲山ヒルクライム・チャレンジ in 芦有」。
前回が17分台だったから、今年は15分台で。
そのために毎日ローラー台を踏んでるんだwwwww
c0105957_2351320.jpg



4月15日には初参加となる「伊吹山ヒルクライム2012」。
なかなかきつそうなコースだけど、関西に住んでるんだから一度は出場しておきたいもん。
昨年はキャンセル待ちにエントリーしたものの抽選に外れた挙げ句、東北の震災の影響で大会そのものも中止されたんだよね。
だからこそ、楽しみにしてる人がたくさん居るはず。
c0105957_2382013.jpg



5月20日は「第3回スズカ8時間エンデューロ 春SP」。
ただし、場合によっては春をスキップするかもね。
ちょっと大会が続きすぎるからwwwww
c0105957_23114752.jpg



6月3日は大本命の「第9回 Mt.富士ヒルクライム」。
毎年この時期は所用と重なるから、参加できるかどうかいつも怪しいんだけどw
今年こそは参加したいなぁ・・・。
1時間半を切りたいなぁ・・・。
c0105957_23143876.jpg



7月1日は「サマーエンデュロード in はりちゅう」。
なんせ、我が家から近いんでwwwww
しかし・・・このコースは相性が悪いしなぁ・・・。
c0105957_23175247.jpg




前半の予定はおよそこんな感じなんですよ。
詰め込みすぎだから、やっぱりスズカは秋だけにすべきか・・・。
実は、他にも参加してみたい大会があるんだよね。
一番興味があるのはこれ、「日本の蔵王 ヒルクライム・エコ2012」。
蔵王の雪壁の中を駆け上がるという、とんでも無い大会wwwww
ほら、写真を見るだけでもテンションが上がるでしょwwwww
しかし・・・蔵王は遠すぎる・・・。
青森までどうやって行けばいいと言うんだ・・・。
c0105957_23221014.jpg



けっこう真剣に参加を考えているのが、阿蘇の連山を4つも巡るというとんでも無い大会「サイクルマラソン阿蘇望」。
まだ、今年の案内は開始されてないけど、例年7月後半に開催されてるね。
完走率が60%を切るという恐ろしさ・・・。


といった感じで、ツーリングはともかくとして、大会にはちょくちょく参加しようかなぁと思っているのでした。
まずは何よりも、富士の先着順エントリーを勝ち抜くことだな・・・。
今年は日曜日に受け付け開始なんで、競争率が上がってしまうし・・・。

巡り会い、海

晩飯はドライカレーとカレーライスだったハムの人ですよ。
先に本編とは違う話を。
第8回MMD杯のRidgerP作品、相変わらずすさまじい・・・。



さて、今日の昼間は久しぶりに暖かくて、今日こそはシロコに乗ろうと決意したのでした。
こないだも書いたように、MINOURAのローラー台とLiveTrainingの組み合わせが楽しすぎて、毎日毎日六甲山を登ってるw
当初より3分近くタイムは短縮できてるんだけどね。
そんなこともあり、寒い中を飛び出る元気もないまま、年が明けてから一度もシロコに乗ってないのでした。

c0105957_015146.jpg



昨日仕事をしてた時に神戸港に自衛隊の船が入港しているってのを耳にしていたので、何ならシロコに乗ってそれを観に行ってみようかなぁと思ってね。
調べてみたら、護衛艦「いせ」と「さざなみ」が停泊していて、この土日は一般公開もされているようで。
おお!これは行くしかない!
特に「いせ」は、まるで空母みたいじゃないの。
両方とも呉から来てるみたいね。
c0105957_2251557.jpg



というわけで、慌てて昼飯を食べて、シロコに飛び乗ったのは13時頃。
久しぶりに乗るシロコは絶好調で、特に漕ぎ出しと高速域の伸びが相変わらず気持ちいい。
それに、6700ULTEGREAのカッチリとしたギヤの入りっぷりがたまんない。
二号線をスイスイと東へ。

神戸ハーバーランド付近で信号待ちになった時、ケータイを開いてみたらあっちゃんからメールが来てて。
んで、その内容に噴いたwwwww
うちが今向かってる護衛艦の写真だったwwwww
何という偶然wwwww


というわけで、30km走ってポートターミナルへ到着。
せめてシロコと行ったんだという証拠にこの写真をw
c0105957_22573718.jpg



ポートターミナルの一階まで降りて、金属探知機で検査を受けると、ついに護衛艦とご対面。
でけぇ!!!!!
「いせ」の土手っ腹だけど、でかすぎて何も見えないwwwww
c0105957_230384.jpg



まずは、あっちゃの待つ「さざなみ」へ向かうとするか。
「さざなみ」の前方には、54口径127ミリ速射砲が。
そして、六甲山側の曇ってきた空が、より迫力を増してる。
かっこいいいいいい!
c0105957_2344832.jpg



振り返ると「いせ」のお尻が見える。
完全にタンカーみたいなでかさじゃないか・・・。
c0105957_236651.jpg



さざなみ」に乗り込む。
自衛官の人が並んで出迎えてくるんだけど、みんな若いねぇ。
「さざなみ」のパンフレットも頂いた。
先ほどの54口径127ミリ速射砲を経由して、あっちゃんの待つ後部甲板を目指す。
モバマスをプレイしながらwwwww

真ん中付近であっちゃんと合流。
ちょうどド迫力な艦対艦ミサイル発射装置の辺りで。
この写真は、いただいたパンフレットから。
c0105957_23121055.jpg



そのまま後部甲板へ回り、艦載しているヘリを眺める。
顔出し看板は、「さざなみ」のイメージキャラクターである「漣 太郎」らしいよw
c0105957_23133380.jpg



ヘリの内部。
この中には入れなかったねぇ。
c0105957_23142225.jpg



ヘリの横には搭乗するときの服や鞄が。
様々なワッペンが格好いいなぁ。
東北大震災のワッペンも。
右上はソマリアの海賊対策のときのね。
c0105957_23164125.jpg



ヘリの格納庫には、グッズ販売がwwwww
物販コーナーwwwww
写真撮ってないwwwww
しかし、ワッペンもキャップも、ちょっと欲しいなぁ。



次に「いせ」へ乗り込むことに。
ほら、こんな感じで腹の中へ入っていくのよ。
c0105957_2315892.jpg




入るとそこは巨大な格納庫。
まるでフェリーの車両甲板のよう。
c0105957_23252439.jpg



「いせ」の目玉は、前後に搭載された「航空機用エレベーター」。
これが凄い・・・。
これに乗って、甲板へ上がることが出来るのよ。
c0105957_23271882.jpg



エレベーターから上部を見上げる。
このエレベーターはワイヤーで稼働してるんだけど、全く揺れもなくスムーズに動くのよ。
本当に凄い・・・。
c0105957_23285668.jpg



甲板後部と神戸の街並み。
そこかしこに自衛隊の方がいて、一生懸命に説明をしてくれるのよね。
右手側に集まってるのは、消防服を着れる体験コーナーw
c0105957_23314427.jpg



甲板後部にある「垂直発射装置」。
ほら、良くアニメとかで見るじゃない。
ここがパカッと開いて、ミサイルが次々と垂直に飛んでいく様子を。
c0105957_23325561.jpg



甲板後方から「さざなみ」を眺める。
「さざなみ」だってデカいはずなのに、こっちから見ると小さく感じちゃうw
c0105957_23375218.jpg



甲板は広い。
とにかく広い。
んで、吹きっさらしだから寒いw
c0105957_23393454.jpg




艦橋にもレーダーが沢山。
甲板後方にも大量にあったのよ。
c0105957_2342389.jpg




甲板前方には、これまたデカいヘリが。
乗れるみたいなので、行列に並んでみた。
c0105957_2345960.jpg



ヘリの前方では、乗員服とヘルメットを着せてもらえるコーナーも。
ちっちゃい子供が着ると、とっても可愛いwwwww

そしていざ中へ。
まずは後部座席に座ってみたけど、めっちゃ狭いwwwww
おそらくレーダーの類が映るディスプレイの右側。
c0105957_23482350.jpg



そしてコックピット。
センターのコンソールがめっちゃカッコイイ・・・。
左右のどちらの座席でも、操縦できるようになってるのね。
c0105957_23492137.jpg

c0105957_23494036.jpg

c0105957_23494954.jpg



ヘリの後方左側から。
この汚し塗装・・・半端ねぇ・・・wwwww
c0105957_23503512.jpg



側面にはチャフとフレアの放出装置が。
上のがチャフ、下のがフレアね。
c0105957_23521551.jpg



ド迫力の空対地ミサイル、ヘルファイア。
c0105957_23552266.jpg



甲板前部には高性能20ミリ機関砲。
いや、連装された弾が流れるであろう部分が、痺れるほどカッコイイ。
c0105957_23583817.jpg



ラストは前方から後方に向かって。
甲板の広さが伝わるかなぁ。
c0105957_2359143.jpg




こんな感じで、初めて自衛艦というのを体験したのでした。
いやぁ、貴重な体験だったなぁ。
何よりも、自演艦の方々が親切で礼儀正しいところが、やっぱり嬉しかった。
震災の復興でも、本当に頼りになったしね。

しかし・・・途中から曇り空になったのもあり、めちゃめちゃ寒くなったんだよ・・・。
おかげで帰り道は冷えまくりwwwww


あ、そういや、「いせ」ではパンフレットだけじゃなくて、クリアファイルも頂いたのでしたw
んで、パンフレットの後ろにある、Q&Aに噴いたwwwww
どんだけ、カレー押しなんだwwwww
おかげで今夜はカレーを食っちゃったじゃないかw
c0105957_0134883.jpg

それでも僕らは祈りと感謝を捧げるしかないのか

ネガティブな話題を避けるような子供ではあるけど、それでもやっぱり触れておかないと。


 捕捉できる範囲でK_1155氏
 おくるだPのtweet


去年の3月、翼Pのオーバーマスターがバンナムの申請で削除された時、本当にニコマスが終わってしまうんじゃないかと呆然としたのね。



今回の大規模削除は「公式曲が消される」っていうことと意味合いが全く違うんだけど、K_1155氏が補足してくださっている一覧を見る限りでは、いわゆる「20選級」の作品がごっそりとやられているだけに「見せしめ」的な意味合いがあるのかなぁと。
もちろん、権利者には「その権利」があるわけだし、MADというのはそういう物だから、「空気嫁」なんて誰にも言う権利がないんだけどね。
許諾されている著作物以外を使用することは、いつだってこうなる運命を孕んでいるんだからさ。
それでも自分勝手な見る選Pとして恐れるのは、万が一にもこれがきっかけでPV作品を投稿する人が減っていくことだなぁ・・・。
それは無いだろうけど・・・。


全力で奥歯を噛みしめながらこれを書いてるんだけど、僕らには何が出来る?
何か出来ることはある?
考えても考えても、やっぱり「今、この瞬間を楽しむ」ことくらいしか思い浮かばなくて。


忘れがちだけど、本来は刹那的な物なのかもしれないね。
でも、僕らにとって、そこは永遠にある理想郷の様に見えてしまってるから。

だからこそ、作品と作者の方々には、いつでも全力で感謝と笑顔を。
消えてしまった作品には、いつまでも思い出と共に語り継いでいくことを。
好きな物を好きでいること、好きだと言えること、好きだと胸を張って言えること、それだけは決して失わないでいたい。
たとえそれをみんなのコメと共に見れなくなったとしても。



君が居て良かった」って言葉の対象は、もちろん765プロのみんなでもあり、ニコマス作者の方でもあり、そしてニコマス作品そのものでもあるのよ。

忘れない。
これまでの5年間も、これからの未来も。
共に過ごした思い出と、感謝の気持ちを。

だから僕らは祈る。
この世界がいつまでも続くことを。
それが目溢しを願うことになるんだとしても。

今ここにある未来

c0105957_21291159.jpg

ドリPの新作が素晴らしすぎたので、大慌てでこれを書いてるw
そう、あのGoogleのCMを、ニコマスで再現(と言っても、CMと同様にYouTube仕立てのシーンも多いけど)。


この動画ってある意味、ニコマス入門としてもとってもいいんじゃないかと思って、使われてる元ネタを並べてみようかなと思いましてね。
思い出せない動画もあるんだけどw
というわけで、「アニメでアイマスは知ったけど、ニコマスは敷居が高い」なんて思っちゃってる人向けに、解説してみましたよ。




c0105957_21384752.jpg

THE IDOLM@STER OFFICIAL WEB - バンダイナムコゲームス公式サイト
スタートは現在のim@s公式サイト。
これはさすがにお馴染みよね。






c0105957_21403211.jpg

THE IDOLM@STER WEB
打って変わって、アケマス時代のサイト(再現版)。
アイドルマスターはアーケード(ゲーセン版)からスタートしてるんですよね、もう6年半前に。
このサイト、実は読み物としても結構楽しめるのよ。







c0105957_21442122.jpg

中村先生のレコーディング風景。
みんな大好きメインヒロイン春香さんの中の人は、本職が芸人です。
この動画、見付からないwwwww






c0105957_21444914.jpg

上の中村先生と同じシーンかも。
バンナム(バンダイナムコゲームス)のサウンドチーム、中川氏によるレコーディング風景。
作曲だけでなく、サウンドチームの統括なんかも担当されてます。







c0105957_21455588.jpg

アイドルマスター L4U(ライブフォーユー!)のカタログ7号で配信された『ふるふるフューチャー☆』をポチるシーン。
アイドルマスターと言えばDLC(ダウンロードコンテンツ)。
衣装やアクセサリ、追加曲など、買い始めると底無し沼。
でもね、みんな「全部買い」しちゃうんだよw










c0105957_2146227.jpg

箱○版、タイトルデモ。
ニコマスはこの箱○版があってこそ、始まったと言えるもんね。
社長のこの声を聞くだけで、「週マス(週刊アイドルマスター)」を思い出すのもニコマス民の習性。
なお、im@s2やアニマスの社長は高木順二郎、それまでの社長は兄の高木順一郎なりよ。










c0105957_2383661.jpg

箱○版のタイトル。
STARTボタンと共に、うちらのプロデューサー生活が始まる。








c0105957_2314191.jpg

ニコニコがYouTubeの動画を間借りしていた時代、一世を風靡した「セクハラさん」コミュ。
これでim@s動画を初めて見たって人も、当時は多かったねぇ。
背景が違うけど、ニコニコで一番古いセクハラさんを選んでみた。
元々はYouTubeで270万再生しているこっちが震源地。









c0105957_23285133.jpg

七夕革命の瞬間。
箱○版アイマス2作目のL4Uにおいて、背景をブルーバック化させるコマンドが発見(発覚)されたのは、2008年7月6日から7日にかけてのことでした。
この発見により、ニコマス動画作成の自由度は飛躍的に発展し、より高見を目指すPは自作背景への道を歩み始めたのでした。










c0105957_23411261.jpg

L4Uプレイ動画だけど、元動画が見付からないw
アイマスカタログ06号(2008年7月30日配信)」のDLCであるオトメサンバを選択しているシーン。









c0105957_23515735.jpg

初代はステージで勝利するために衣装やアクセサリ、楽曲、メンバー構成を考えなきゃいけなかったんだけど(im@s2もそうか)、好きな衣装で好きな歌を満喫するために生まれたのがL4Uとも言えるのね。
そういった意味じゃL4Uはファンディスク的な扱いだったけど、ゲームとしては「いわゆる音ゲー」でした。
しかもそのSEが「俺たちのコール」という、今考えて「始まりすぎてる」内容w
当時は哀川 翔P主催で、スコアアタック大会も開催されたのでした。
うちは名誉の「しーなPの次点」で32位w










c0105957_235808.jpg

NHK MAGネット第15回で放送された「アイドルマスター」の回から、im@s2のモデリングについて解説しているシーン。
下の動画の40分頃です。










c0105957_031621.jpg

同じくMAGネットの映像にくらふとPの杉浦茂風「ゆかいじゃのう動画」第一弾を併せた映像。
とりあえず「ゆかいじゃのう」と言いたくなれば、もうすっかりニコマス民です。











c0105957_03530100.jpg

仮面を被った人は、いまやボカロMMDの人となった艶村PわかむらP
元ネタであるミクCMで実際にわかむらPが出演してるシーンから。
NHKの『ザ☆ネットスター』という番組でMAD動画特集に出演した際、顔バレを恐れたわかむらPに対して、番組側が用意したのがこの覆面でした(わかむらPが指定したわけではないと、本人は仰ってますw)。
「ガラス窓とハンマー」ってのは、わかむらP作品でよく使われる効果ですね。
つまり、「ガラスがパリーンと割れる」っていうシーンを、よく見かけるという意味で。










c0105957_043431.jpg

引き続きわかむらPです。
動画作成のプロとなるに当たってご本人自らが削除した今でも、ニコマスを象徴する作品となった「パフェクトスター・パーフェクトスタイル」。
画面に映っている映像が、ニコマスを変えた瞬間と言っても過言ではない通称「回転寿司」です。
あきやんPがりっちゃんだけで再現してくれたこちらの動画でどぞ。










c0105957_051383.jpg

アイドル達の派生キャラとしてクリーチャーシリーズがあるんだけど、その中でも比較的 心臓に悪くない「キモ春香」。
映像は何と併せてるんだろ?
これまたMAGネットかなぁ・・・。










c0105957_0561655.jpg

ここから先の実写についても、ほとんどが先のMAGネットから。
左上は幕張メッセのライブ前かな?
右上はコール本を作成し、無料配布してくれてたりゅん☆氏
右下は電撃マ王のイマイチP








c0105957_13685.jpg

最上部、左から二番目がMAGネットで対談していた荒木ビビさん。
二段目右端がのコミック版アイマスを執筆した上田夢人氏と、さっきのイマイチPと対談してます。
三列目、右から二番目は、これまた幕張ライブ前?
一番下、左から二番目がアイマスシリーズのゲームプロデューサーであるガミP(坂上陽三氏)
いつもオレンジのポロシャツを来て、ライブ会場で登壇すると「変態コール」が巻き起こるのよ。
右から二番めは、先日「ばんえい十勝」で行われた「ばんえい競馬とアイドルマスターのコラボ企画」において、メインレースの誘導馬に乗った「お姫ちん(貴音さん)のコスプレをした競馬場スタッフの方」。
なぜ、ばんえい競馬とコラボしたのかは、この曲がきっかけですw











c0105957_1133628.jpg

下から二番目、左から二番目に映っているのが、im@s2から登場することになったジュピターの「生みの親」の一人である、バンナムの遠藤暢子氏。
MAGネット映像の39分頃から出演しています。
右上の法被姿の人、いい笑顔過ぎだろwwwww









c0105957_1173819.jpg

上から二段目、真ん中付近に映っている「インパクトのある真美」は、実物大のペーパークラフトです。
もはやとんでも無い出来映えwwwwww
うちは先日開催されたニコマスイベントである「トカチゴールド3」で拝んできました










c0105957_1215318.jpg

箱○版アイドルマスターの発売半年前に東京ゲームショーで公開されたPVから、『GO MY WAY』を踊る春香さん達。
箱○版を象徴する曲として、発売当初は「ゴマ和え」とも呼ばれて愛されてました。










c0105957_129217.jpg

へぼピーナッPベルナール・リヨ3世による手描きMADの超名作。
可愛らしすぎる絵、とんでも無いアニメーション、全編に渡って凄すぎる勢い。
確実にニコマスを象徴する一作。










c0105957_132461.jpg

傭兵Pによる手描きMADの超名作w
ちょうどこの作品が投下された頃に「ニコニコ広告」がスタートして、初めて100万ポイントを達成した動画でもあるのよね。
確実にニコマスを象徴する一作w










c0105957_1925489.jpg

本動画の作者である、ドリPの作品が連発。
え~っと、他の誰もが作れない動画を作る、唯一無二系のPですw
特に30歳以上であれば、より楽しめるネタが溢れてますw
りっちゃんの扱いが、「アレ」です(いい意味で)w















c0105957_1939683.jpg

アイコンはローソンのあきこちゃん。
「Niinami Takeshi」はローソンの社長ですねw
りっちゃんの私服がローソンの制服に似ていたことから「ローソン」と呼ばれるようになり、4周年ライブが行われた2009年5月には実際にローソン名誉店長として就任することになったのでしたw
「リッチャンハ、カワイイデスヨ」は、adobePが投稿した動画へ自ら書き込んだことがきっかけで、当時のりっちゃんのポジションを象徴する意味でも大流行したフレーズ。
昔はあまり人気がなかったんだよね・・・うちは大好きだけど・・・。









c0105957_19515617.jpg

ニコニコ動画にあるim@s公式チャンネル「たるき亭」
各PVやラジオなどが配信されますとも。







c0105957_19555342.jpg

ベルギー人でアイマス民でもあるくぎやまP
PS3版im@s2初回限定版をわざわざ輸入して、その開封の儀式を動画として投稿した「青い目をした俺たち」。
めちゃめちゃ嬉しそうに開封する様子を見てると、こっちもニヤニヤしちゃうwwwwww
んで、二作目以降では日本語ぺらぺらで、強烈な部屋の様子まで映っちゃってるのよねw
マジ、im@sもグローバルwwwww
元はYouTubeのこちら









c0105957_2021028.jpg

Video Game Unboxing: Idolmaster 2 PS3 Ver.
この方、初めて知りましたよ。
くぎやまPと同じく、im@s2(通常版)を輸入して楽しんでいる模様。
YouTubeのチャンネルを見てみると、重度の「俺たち」ですwwwww








c0105957_2094616.jpg

L4Uにおいて、ゆうパックの箱に入ったまま耳だけでパーフェクトを叩きだしたことで、うちらの度肝を抜いたゆうパックPの二作目。
デビュー作では春閣下に土下座をしたままパーフェクトを叩きだした名誉愚民(春閣下のしもべを、愚民と呼ぶのです)が、次に挑んだのがこのプレイ。
何度見ても、最後に照れてるのが笑えますw










c0105957_20212056.jpg

中村先生(中村繪里子)とミンゴス(今井麻美)が遙か昔にやってたインターネット番組「PreStar」において、中村先生が奇跡を起こした瞬間と、7年越しでアニマス15話「生っすか!?サンデー」にて再現された模様を比較した動画。
色んなバージョンがあるけど、分かりやすいこれを。







c0105957_20315338.jpg

Cosplay Idol Master Epitanime 2011
ここから、外人さんの「踊ってみた」シリーズw
まずはフランス(?)のアニメイベントっぽい映像。
りっちゃんと千早に悪意がありすぎますwwwww
何が凄いって、Aメロ途中から手拍子とコールが入るところwwwww
しかも2ステージに別れてて、2ステージ目には物凄い巨乳の雪歩と、物凄いちっぱいの美希が登場wwwww
決して、箱○版im@s2のCMではありませんwwwww









c0105957_2111845.jpg

iDOLM@STER cosplay Ami Futami RAC 2010
次はブラジルのコスプレ大会(?)から。
この子、きっと亜美と変わんないくらいの幼女だけど、かなり可愛いwwwww
んで、手足が長い!!!!






c0105957_21101564.jpg

IdolM@ster Cosplay - The Blessed Birthday & Christmas for you - EOY 2009
最後はシンガポールのジャパンカルチャーイベントEOYから。
『神様のバースデイ』っていう選曲が渋いw
ってか、千早って言うよりもイカちゃんwwwww

まさか収まらなかったので、この先に続いてます

,