<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Mt.富士ヒルクライム 予選通過!!!!!

c0105957_13124941.jpg

今年もやってまいりました。
503祭、整理券祭でお馴染みの「Mt.富士ヒルクライム」エントリー日が。
5500人の定員が一瞬で埋まってしまう恐ろしいイベントだから、このエントリーこそが「予選」なんだよねw
これまで2年は平日の昼にエントリー日が設定されていたけど、今年は日曜日。
やっぱり今年の方が公平だと思うけどね。
もちろん、競争率も上がるけどw

というわけで、エントリー開始の12時少し前から待機。
んで、12時ジャストと共にエントリー画面をリロードして、予選スタートw
503エラー、真っ白画面エラーを繰り返し、初期画面へ戻ること5回、クレカ情報を入力したこと2回、45分掛けて無事にエントリー完了しましたよ!!!!!
c0105957_13135713.jpg


去年はDNSだったからこそ、今年は出場したい!
一昨年の「3分届かなかった屈辱」を払拭するために、なんとしても1時間半は切りたい!
一昨年と比較して、フルカーボン化、ホイールのグレードアップ、6700ULTEGRA化と、確実にチャリは良くなってるんだから、あとは自分が頑張らなきゃね。

その前に、まずは来週の「六甲山ヒルクライム・チャレンジ」だな!


※追記
1時間50分ほどで定員終了とのこと。
毎年、これくらいで終わってるイメージ。
相変わらず鯖は酷いが、先着順となると仕方ないのかもしれないね・・・。
エントリーできたからこそ言えるのであって、出来なかったら発狂してるだろうけど。
c0105957_16363936.jpg

Vita版PSO2について見解

c0105957_21571955.jpg


前回のアレだと本当に単なるネガキャンになっちゃうので、出来る限り冷静に今のうちの見解を表明しておくことにするよ。
既にそこらで語られ尽くされてることで、何ら新しいことではないので、その辺りはご了承を。
さらに、その一部の懸念に対するソニチの公式回答も既に示されているんだけど。
c0105957_2338142.jpg




今回のVita版PSO2における懸念事項は大きく3つに分けることができる。

 1.PCとVitaのスペック差による弊害
 2.コミュニケーション手段
 3.課金体系



●このタイミングに発表したと言うこと

うちが何よりも気にくわないのは、このタイミングで発表したということ。
どうしてPC版のβが完成すらしていない状態で、他のプラットフォーム展開について発表したんだか。
せめて、PC版の発売してから、もしくは発売にめどが立った時点にしろよと。
予定通り発売することをソニチに期待するほど愚かではないけど、それでもうちらは待ってるんだよ、一日でも早いβテストを、一日でも早い発売日を。
「そんなことはない」と言われても、それでもリソースの分散を想像しちゃうじゃない。

うちらはこれに似た風景を見たことがある。
PSUの発売日、パッケージを開けたうちらに飛び込んできた「イルミナス」のフライヤー。
買ったその日に「続編」のチラシを見せられるガッカリ感。
しかもPSUそのものの立ち上げはグダグダで、うちらは有料βテスト状態の中、イチローと戦い続けたのに。
その後ろでは「イルミナス」のチラシと告知Web。
この「なんだこれ」感。
c0105957_23364497.jpg




●うちがPSPo2を憎む理由
ちょっと本題からズレるけど、PSPo2が嫌いだ。
嫌いというか憎んでる。
アレがなければ、PSUの人が減ることもなかった。
アレがなければ、PSUにガキが増えることもなかった。
PSPo2に手を出すことはPSUを裏切る行為だと信じていた。
PSPo2が面白いからこそ余計に。
結局、買ったんだけどねw

PSO/PSUは吹き出しチャットがアイデンティティの一つだと考えてる。
だからこそ、PSPo2を認められないってのもあったのね。
キーボードチャットが出来ないなら、Skypeでボイチャしながらプレイってスタイルに落ち着いちゃうんだけど。
c0105957_23233344.jpg


んで、本題。
PSO2はα2においてチャットが非常に快適となったのね。
ある意味、PSUのチャットシステムは非常に完成されていたから、ほぼそれを再現出来たというか。
PSOユーザー、PSUユーザー共に納得いくほどに。
c0105957_23261152.jpg


ということでVita版。
どう考えたってキーボードチャットはあり得ないから、Vitaのbluetoothによるボイスチャットか、Skypeなどを使ったボイスチャットになるのは見えてる。
PC版はキーボードチャットで、Vita版はボイスチャットで。
共存することはないんじゃないかなぁ・・・と思ったりしてるのよ。
ボイスチャットに抵抗がある人以外は、みんなボイスチャットになっちゃうんじゃないかなぁと。

とはいえ、パブリックでボイスチャットは抵抗が強すぎるから、ロビーではみんな無言。
パーティチャットでボイチャが繰り広げられるだけ、みたいな。
結果的に見かけ上、ロビーは「シーン」とした状態になっちゃうじゃないかなぁと。
たとえばロビーの向こうの方で繰り広げられるチャットを拾って話題に加わる、なんてことが無くなってしまいそうな・・・。

心配しすぎなのかなぁ・・・。
そもそもα2でも、けっこうロビーは靜かだったしw
↓全然静かじゃないスクショ。吹き出しは出てないタイミングだけどw
c0105957_23352528.jpg




●不可避となった「基本無料アイテム課金」
Vita版もオンライン専用になるという。
とはいえ、PSPo2やPSPo2iに慣れ親しんできたユーザーが、月額課金を受け入れるとは到底思えない。
いや、月額課金ではVita版が売れると思えない。

そうなるとやっぱり「月額無料アイテム課金」という料金体系を採らざる得ない。
PC版ではまだ月額課金の芽が残ってたけど、Vita版と一緒ならそれはあり得ない。
大っ嫌いな有料ガチャも含めて、金を積まないとゲームにならない、不当な搾取のシステムが構築されると思うとゲンナリする。
それが嫌だから、うちはPSUから距離を置いたというのに。
それが嫌だから、今でも毎月1050円を納金しているというのに。
c0105957_23573611.jpg


何とかならないものかなぁ。
いや、Vita版ユーザーがケチだとは言わない。
ただ、PSPo2/iを無料で楽しんできたユーザーがVita版のメイン層だと想像されるだけに、月額課金は受け入れてもらい難いよなぁ・・・。
それともオンライン専用って時点で、月額課金も許容してもらえるかなぁ・・・。
ぬうぅ・・・何とかならないものかなぁ・・・。






●繰り返される泥人形祭と禁止部屋の悲劇

今回、そこらで最もよく語られたのは、最初に書いた1について。

 1-1.Vitaのスペックに合わせた結果、全体的なクオリティが低くなる
 1-2.VitaではPCと見える物が違う(泥人形等)
 1-3.Vitaのスペック不足の結果、プレイそのものも遅延してPCに弊害が出る
 1-4.Vitaの容量に併せた結果、大型アップデートが行えない


かつてPSOの頃、クロスプラットフォームは夢の世界だった。
今は亡きPSOのニュースサイトにおいて、エイプリルフールに投下されたのが「1日限定で、DC PSOとGC PSOが同じ鯖でプレイできる!」ってネタだったのね。
一瞬でも釣られてしまうほど、それは魅力的な「嘘」だった。


PSUでPCとPS2がクロスプラットフォームになると判明した時、あの「夢」が「現実」になると確信した。
それは本当に夢のようだった。
夢が現実になるというのはこういうことなんだと、あの時は震えてた。

雲行きが怪しくなったのはPS2がスリム化した辺りから。
かつて(実質)FF11の為にHDDオプションが用意されたPS2だったけど、本体のスリム化に伴ってHDDオプションが利用できなくなったのよね。
FF11のようにPSUもHDDインストールして、大型アップデートもあると信じてただけに、これは完全に出鼻をくじかれた。
この時点でPSU発売の約1年前。
すでにソースが見付からないけど、ソニチも「予想外」といった反応を見せてた気がする。

そしてPSUのサービスイン。
PS2のスペック不足による弊害は予想以上で、HDDが無いことによる小規模なアップデートはPCユーザーを苛立たせたのね。
いや、PS2ユーザーも(ある意味ソニチも)被害者だからこそ、責めるつもりなんて無いんだけど。


話は長くなったけど、みんなの反応を見てると今回のVita版で最も懸念されているのが、このスペック差による弊害とアップデートの小規模化。
ソニチも、というかハゲ酒井Pもここについては後日改めて見解をだすという異例の事態。
あ、「異例の事態」ってのも、ソニチにとっては日常みたいなもんだけどw
「ご理解とご協力を(ry」でお馴染みですから。


実はこの1についてはさほど気にしてないってのが、うちのスタンス。
かつてPSUでPS2を切ったように、無理ならVita版を切っちゃうでしょ。
もしくはPSOのEP3のように、ロビーだけを共有するとってのも出来るわけだし。




●まとめ

Vita版を疎んだりしてない。
Vita普及の起爆剤になってもらえたら、それはやっぱりPSシリーズファンとして誇らしいから(2013年発売だから、ちょっと遅いなw)。
いちゲームとしてみた時、十分楽しめるだろうしね。
ショートカットアイコンをタッチで利用できたりするだろうから、その辺は便利だろうなぁと思うし。
c0105957_0115380.jpg


ただ、「今回こそは」と思っていたうちらにとって、冷や水を浴びせられたのは確かなのよ。

だからこそ、うちは何度もソニチに騙される覚悟でいる。
何度も裏切られる覚悟でいる。
はやく行きたい、オラクルへ。
信じたい、というのが本心なのかもね。



という感じで、全然冷静でない文章はオシマイw

私のメガネ、好き?嫌い?

ネガキャンは嫌いだけど、Vita版のPSO2はかなりガッカリしているハムの人ですよ。
良くなると信じたいけど、ソニチはいつも僕らを裏切るからねw
今回も作られた総統閣下シリーズが秀逸だわ・・・。
それでもうちはPSO2をやるさ。



今日は札幌でクラブイベント「メガネゴールド@札幌 Vol.2」が開催中!
もちろんUstで中継されてるから、今すぐみるんだあああああああああああああ!

c0105957_2115828.jpg


今日明日は北海道のアイマスイベントが熱いみたいで。
今日は同じく札幌で同人イベントである「Do-M@s」が開催されたようで。
更に明日は、「ばんえい競馬」への日帰りバスツアーが開催されるという徹底っぷり。
もちろんアイマスP協賛レースもあるんだとかw
・高槻やよいバースデー4Uカップ
http://twipla.jp/events/19613

・十勝でお仕事☆春のアイモバP杯
http://twipla.jp/events/19611

・東北REST@RT祈念
http://twipla.jp/events/19604

・今年は辰年にひひっ 竜宮小町杯
http://twipla.jp/events/19326


・がんばればんえい!道民P記念
http://twipla.jp/events/19624



熱い!熱すぎるぜ、北海道!
せっかくLCCのPeachが就航したんだから、うちもメガネゴールドは観に行けば良かったなぁ。
やっぱりすっげぇ楽しそうだもん。
ちなみにPeachだと最安値で関空-新千歳が4780円なり。

くぅ・・・thumbPのハットとドヤ笑顔を観に行きたかったw

春のはりちゅうで惨敗w

アイマス7周年ライブの先行予約に落選したハムの人ですよ。
横浜アリーナほどの箱だから、落選する人なんて居ないだろって言ったのは誰だwwwww
TLを見る限り、かなりの人が落選してる感じが・・・。
あっちゃんも落選しちゃったので、今のところは二日間ともチケットがない状態ですよ・・・。
くぅ・・・まさかのピンチ・・・。

c0105957_3384625.jpg

というわけで、先週末は「スプリングエンデューロード IN はりちゅう」のビギナー2クラスへ参加してまいりましたよ。
昨年の初参戦ではビギナー1で沈没した挙げ句、2周目でパンクしてリタイヤ、夏の参戦では様子を見ている間に終わってしまったという不甲斐ない大会にw
この時に引いていた風邪がいつまでも治らず、ローラー台にすら乗れない状態が直前まで続いていたという言い訳を、最初にしておくとしてw

現場で慌てるのはもう嫌なので、早起きして会場入りしたのは7時過ぎ。
受付が始まるのは7時半だけど、さすがにこの時間だと駐車場もガラガラ。
開始された受付をサクッと済ませる。
うん、天気は良くないって聴いてたけど、今のところは晴れてるね。
c0105957_40398.jpg


シロコの準備。
もう12年になるミニバンだけど、チャリンコを積むのに丁度いいなんて、12年前には思ってもみなかったw
最近の年間走行距離は、チャリと車であんまり変わんないけどw
c0105957_403285.jpg


8時過ぎから試走開始。
昨年末、シロコデビュー二日目に参戦して落車した時とは逆に、時計回りでのコースを確かめに。
本番と同じく4周走りに行く前に、ニヤニヤしてる状態w
逆光だけどw
c0105957_432673.jpg


本番前の待機状態。
シロコに語りかけるうちw
呪文を掛けまくりw
c0105957_453035.jpg


何度も言うけど、やっぱりうちはこの風景が好きなのよね。
徐々に空は曇り始めたけど。
c0105957_463410.jpg


あ、プロの写真だと、もっと素敵だな。
んむ、さすが。
c0105957_47711.jpg


70人近い大所帯であるビギナー1の2分後に、うちらのビギナー2はスタート。
ほら、こんなにも少ない17人wwwww
c0105957_4112255.jpg


これまではローリングスタート(スタート直後はペースメーカーが入って、落ち着いたらヨーイドンってやつ)だったから今回もそうだと思ってたのに、残念ながら普通にヨーイドンのスタートw
スタート地点からいきなりイヤンな登りが500mほど続くんだけど、一周目はのんびり登れるなぁって思ってたのに・・・。
c0105957_4153786.jpg


とはいえ、いきなり飛び出る人も居らず。
一塊でテロテロと登っていくことに。
あぁ・・・ここんとこずっと課題なんだけど、スタート直後に太ももへ乳酸が溜まるのは何でなんだろ。
すぐに足が動かなくなるんだよね。
これは自宅でローラー台を回してても同じ。

というわけで、一周目から微妙に遅れてて。
先頭グループから少し離れちゃう感じ。
しょぼ。
仕方ないから落ちてくる選手を拾い続けるしか無くてね。
c0105957_437181.jpg



しかし・・・参加人数が少ないグループってのは、やっぱり同じペースの人を見つけられなくて。
ほんとんど単独走って感じだなwwwww
去年の夏にも感じたけど、無理をしてでも先頭にくっついて走らなきゃダメだな・・・。
例え足が売り切れるんだとしても。
c0105957_1226847.jpg


というわけで、出場17人中10位という、なんともショボイ感じの結果に。
僅か12kmで先頭から2分以上も遅れるってのは、根本的に遅いな・・・。
だからといって、やめるなんてありえない。
たとえ、この辺りを常にウロウロするんだとしても、うちはいつまでも走り続けるさ。

あ、そうそう
もちろん先頭クラスになれば全然違うんだけど、もしかするとビギナー1の方が走りやすいのかも。
さっきも書いたように、油断するとすぐに単独走となっちゃうビギナー2の人数と比べて、ビギナー1は常に誰かと一緒に走れるイメージがあるからさ。
夏はもう一度ビギナー2で走ってみたうえで、対策を考えてみるとしますか。
c0105957_439285.jpg


何よりもシロコは、よく言うことを聴いてくれる。
それがとっても気持ちいいw
コルナゴちゃんのジャジャ馬っぷりとは別物だなw
その代わりコルナゴちゃんは、ガッチガチアルミの逞しさと弾丸っぷりが素敵だったけど。

僕たちが選んだ 僕たちのニコマス

c0105957_2218191.jpg

首を長くして待ち続けた。
「JPF!」って言える日を待ってた。
(主に卓球Pの)産みの苦しみを乗り越えて、ようやくやってきましたよ!
2011年下半期ニコマス20選まとめが!





投下直後から食い入るように見つめて、Vol.1は卓球Pのラジオを聴きながら再視聴。
Vol.2は我慢できずラジオを無視して見ちゃったよw

相変わらずミーハーなうちは、自分の20選の中で17作品がまとめ動画に載るというベタっぷり。
んむ、没個性だって、個性の一つだと思ってるからw

コブラが上位へ来るのは誰もが予想していたことだろうけど、「うちのクラスの天海さん」は予想以上だったなぁ。
なんとなく「とのばな>天海さん」だと思ってたからw
ちなみにうちはどっちも好き過ぎて選び切れませんwwwww






ンモーPが2位を飾ったのも衝撃だったけど、妖弧PンモーPりんごPの流れが(アイキャッチも含めて)「5年経っても、ごった煮のニコマス」を象徴しているようで、本当に楽しかった。
「アニマスMADのコブラ」→「ノベマスの天海さん」→「ストーリー系ダンスPVの響ちゃん」→「ダンスMMDの4D」→「描いてみたアニメーションのアズパンマン」→「わけが分からない謎の技術PV」って、ほら上位を並べてみても、そのジャンルの多彩さに舌を巻くほど。
前回、話題になったように、ノベマスや架空戦記などのテキスト系作品が選ばれにくいイベントではあるけれど、それでもやっぱりこうやって見ると、ニコマスの楽しさが詰まってる。
そう、やっぱり「ニコマス好きが選んだ」作品たちだもの。
だからこそ、「SIDE-B」も楽しみだなぁ・・・。



うちは泣けた。
カズマさんの言うとおりりんごPが1位だったことにはある種の驚きがあるけど、それでも泣けた。
ブログの閉鎖を(一方的に)見届けた(つもりになってる)うちにとって、その寡作さですらドMにはご褒美ですw
いや、今は関係ないなw
りんごPが「ド直球に評価される」時代が来たことに、というべきか。

何よりも「ねじ伏せる力」があると思うのよ、この有無を言わさぬ技術力には。
「認めざるを得ない」と言うべきか。
そういった意味じゃ、「技術力に嫌みがない」けるまPの「ホーリーナイト」は対極だなぁ(あ、「技術力に嫌みがない」云々は、昨晩のラジオから頂きましたよ)。
「技術力でねじ伏せる」のと、「技術力をひけらかさないのに凄い」のと、どっちも「とんでもない」と思う。



やっぱり個人的に一番嬉しかったのは、透-架Pが今でもちゃんと評価されること。
「古参の思い出語り乙」って言われるのかもしれないけど、例えそうであったとしても忘れられない12月になったから。
「一分の隙もない」、うちだったら透-架Pの作品にこそ、この言葉を送りたい。



といった感じで、ニコマス民にとって幸せな時間を過ごしてる。
しばらくはDBから巡りまくりそうな気がするよw
そしていつものとおり、卓球Pを始めとした運営の皆様に感謝を。
愛してる。

,