<   2012年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

神戸発 北海道行き再び その1(1日目 9/15 首都アイモバ争奪編)

c0105957_1119913.jpg


好きな物を好きだと、恥ずかし気もなく言い放ちながら生きてる。
死ぬ時にはどうやったって後悔するんだから、だったら一つでも「あれをやっておけば良かった」って思えることが少なくなるように、好きな物に遠慮しないように生きてるw
「やってみたいこと、行ってみたい所、見てみたい風景」は、うちにとって全部「やるべきリスト」だものw
「夢」じゃなくて、「かなえるべき願望」だね。
そうやって、イースター島まで行ってきたんだからw
c0105957_1054911.jpg



北海道が好き。
旅人として、チャリダーやライダーとして至って普通の発想で、これまた「雪国の苦労を知らない暖かい国に住む」からこその、いい加減な旅情だってのは自覚してるけどさw
それでも初めて上陸してから既に20年近く、何度も何度も通い続けちゃうんだよ。
c0105957_11141668.jpg


去年の最北端行きを完結させたことで、コルナゴちゃんとの日本縦断旅は終わった。
本当ならその続きとしてシロコと共に稚内から時計回りでスタートしたかったんだけど、金銭的な事情が許してくれなかったのよw
いや、スケジュール的な理由も大きいんだけど。
今回は初日に東京で遊んだ後、北へ向かうのよね。
だからこそ大洗からフェリーで北海道入りなんて、関西人にとっては変則的なアプローチだしw


というわけで始まります。
いつも以上の「珍道中」がw
長らく続くので、よろしくお願いしまする。

あぁそうだ。
もうチャリ旅なのか、アイモバ旅なのか、ニコマスなのか、段々分からなくなってる時点で、うちの人生は「勝ち」だと思ってるw

※ 前回の準備編はこちら



【9月15日(土) AM4:00】

●旅の始まり
4時に起きて、用意してた荷物を積んで西明石駅まで走る。
言わずもがなの真っ暗。
要るの?こんな写真w
c0105957_11315743.jpg


んで、駅にて「超速FIVEストロンガー」へ収納。
キャリアを付けたまま収納できる輪行袋って多くないから、この商品はむっちゃ助かるんだよね。
その分、収納後のサイズもでかくなるんだけどw

オーストリッチ 輪行袋 超速FIVE ストロンガー (車輪カバー付)

オーストリッチ



だからこそ、西明石駅発の始発「のぞみ」へ乗ることにしたんだよ。
確実に座席最後部の隙間へ、チャリを置くことが出来るようにね。
それに、東京まで乗り換えなくて済むしさ。
c0105957_5132996.jpg



5時半、準備は整ったけど、西明石駅の新幹線の改札は開かないw
そうか・・・始発の少し前まで、改札は開けないものなのね・・・。
c0105957_5115451.jpg


改札が開いて、さっそくチャリンコの置き場所を確保しに行く。
ほら、超速FIVEのでかさでも、3人席の後ろならはみ出さずに収納できるんだよ。
c0105957_512134.jpg


三連休の初日とはいえ、始発の出発駅ともなれば車内はガラガラだね。
贅沢な気分になるのは何故かしらw
c0105957_5123685.jpg



ちなみに兵庫県内の新幹線は、東半分がほとんどトンネル。
そんな中、新神戸駅に停車するピンポイントなタイミングで「釣り針」を垂らしてた暇人はこちら。
c0105957_13131644.png


これに対する本人のコメントはこちら。
c0105957_13202465.jpg





●首都エリア争奪作戦

今回、まず東京へ向かうのは、昨年も踊り狂った「NoNoWire on floor2」に参加するため。
うちのブログにしてはあり得ないビュー数を叩きだした珍しい記事はこちら
秋葉原MOGRAで開場13時、開演13時半。


さっきも書いたように、シロコを担いでるが故に始発に乗ったのよ。
ということは、東京着の9時過ぎから開場の13時までの4時間弱がフリータイムって訳で。

前日の夜、何しようかな~って考えてて閃いた。
まだ残してる、都内のエリアを制覇しようかなぁって。
ちょうどこんな感じで残ってるのですよ。
c0105957_561457.jpg





とはいえ、この中途半端なバラツキと、列車の路線天国を考えると、首都圏在住Pに相談するのが一番に決まってる。
JRで取れるところは大体取っちゃったから、私鉄と地下鉄を活用しなきゃ行けないもんね。
というわけで、投げてみたのでしたw
c0105957_348375.jpg



何人かが教えてくれたけど、ビビさんのルート構成が至れり尽くせりで腰を抜かしたw
さすが鉄分多いだけ有る・・・( ビビさん談:鉄分は多くないよ!( ̄・ω・ ̄))
c0105957_46413.jpg


んむ、完璧すぎる・・・。
これだ・・・この通り進むしかない・・・。
あ、ちなみにもちろん「大島」「三宅島」「小笠原」は除外してるからねw
それと「成増」があるのも忘れてたw





●コンシェルジュって発音しにくい

さて、とはいえチャリンコを担いでウロウロできない。
そもそも、ライブハウスへチャリンコを持って行くわけにもいかないw
というわけで、都内でチャリンコを預かってもらえる場所についても、みんなに相談したのでした。

いわゆる「自転車ロッカー」的な預かり施設が都内には増えてるみたいだから、そこを臨時貸しで借りれたらなぁって思ってたのよね。
そしたらなんと、東京駅の駅チカ「グランスタ」のクロークでは、手荷物預かりや宅急便の発送をしてくれるのよ。
電話で確認してみたら、その手荷物預かりに「輪行袋へ入れた自転車」も含まれるという素晴らしさ。
c0105957_4203620.jpg



新幹線で爆睡して9時に東京へ到着。
んで、チャリンコをグランスタへ預けに向かう。
おう、そうか・・・。
なるほど東京観光の人が活用するのか、普通は。
預ける人と、ホテルまで荷物を送る人が半々って感じかな。
行列が出来るほど、賑わってる。
c0105957_5153627.jpg


チャリンコのバッグはロッカーへ預けなきゃいけないかなぁって思ってたけど、輪行袋の中に入れちゃえば一つの荷物として預かってくれるんだって。
これで500円なんだから、かなりお得なサービスよね。





●東京周遊いらっしゃいませ

章題はもちろん「あの映画」からw
いや、特別に牧瀬ファンだったわけじゃないのよw
c0105957_112046100.png


さっそく、ビビさんの教えてくれたとおり、JRで浜松町へ向かう。
そこから、地下鉄のフリー切符を購入。
普段ならPASMOを持ってくるんだけど、今日は忘れたのよね。
なのに、乗り換えが頻発するから、いちいち切符を買ってられないし、料金も調べてられない。
だったら、せめて一番利用の多い地下鉄だけでもフリー切符にしちゃえってことで。

ここからは全部補足しきれないので、ダイジェストでいくつかw
 ・麻布十番は駅のホームで取れないから、出口で地上まで
 ・時間が足らなそうなので、世田谷エリアはスルー
 ・天王洲もホームでは取れず。ってか、りんかい線って地下なのかよ
 ・地下鉄じゃないから改札の外に出られない。改札付近でウロウロしてたら、ギリギリ取得
 ・どの路線も乗り換えの度に、とにかくダッシュしてるw
 ・人形町へ戻ってきた時点で12時過ぎだったけど、結局最後まで突っ走ることにw
c0105957_563357.jpg



というわけで、予定していたうち、世田谷以外の全てのエリアを取り終わったのは12時50分。
NoNoWireの開場10分前w
しかし、16エリア制覇して、ついに東京都の知名度は95%まで上昇!
c0105957_4374238.png


そんな素晴らしい都内での午前の過ごし方w
アイモバ民としての正しい過ごし方w

神戸発 北海道行き再び(準備編)

c0105957_0491536.jpg

シェフは、響ちゃんのことを「アンダギー」と呼びますw

旅から帰宅して一週間、ようやく書く機会がやって参りましたよ。
というわけで、今日からまたダラダラと書き続けますので、よろしくです。
あ、前回の計画編はこちらね。


●キャリアの悩み

GWの東京行きでは荷物が少なかったので、キャリアは付けずにハンドルバッグだけにしてたのね。
でも、今回はさすがにキャリアを付けなきゃ。
そう、禁断の「カーボンロードにリアキャリアを装着」。
一体どこまで影響があるのか、全く見えないんだけど。

tubus(チューブス) Logo ブラック



我が家のキャリアは、昨年の北海道行きに向けて導入したtubusのLOGO。
ドイツからやってきた助っ人ですw
c0105957_16282490.jpg


これにロードバイク取り付け用オプションでコルナゴちゃんへ装着してたのね。
そう、こんな感じで。
c0105957_16305491.jpg


キャリアは基本的にリアホイールのクイックリリース(車軸)で支えられてるんだけど、キャリアの前後のブレは前へ延びたステーで固定するのね。
そのステー、ツーリング用のランドナーやクロスバイクだとフレームにダボ穴(ネジ穴)があるんだけど、ロードバイクはやっぱりオプションでフレームへくくりつけるしか無くて。
コルナゴちゃんには、こんな風に固定してました。
c0105957_1635611.jpg

c0105957_16351875.jpg


とはいえ、コルナゴちゃんは「ガッチガチ」のアルミフレーム。
今回のシロコは「しなやかな」カーボンフレーム。
もっとぶっちゃけて言えば、単なる塩ビ管だよw
そこに一点集中で負荷を掛けるのは怖い。
しかもシートステーは極太だから、少なくともさっきの金具だと取り付けできない。

というわけで、ここは定番の「ダボ付きシートクランプ」の導入と言うことで。
実は昨年の北海道行きの時にも、予備に買ってたのがあったのよね。
グランジのシートクランプを。

グランジ キャリアダボ付シートクランプ 【31.8mm】



しかし・・・シートチューブの径を計り間違えてて、昨年は旅へ持って行くこともなかったのでしたw
んで、シロコにも合わないサイズw
っていうかさ、シートポストの径で表示されている訳じゃないから、どのサイズを選べばいいのかがむっちゃ分かりにくいのよね。
だから、今回は34.9mmと31.8mmの二種を注文(もともとは28.5mmを持ってたのよ)。

結局、31.8mmがピッタリだったみたいなんで、装着してみた。
その様子がこれ。
c0105957_1721511.jpg


お!いい感じじゃない、って思ったでしょ。
あまいね・・・。
失敗だったんだぜw
ほら、この写真を見てちょうだいなw
c0105957_173818.jpg


分かる?
ダボ穴が下にあるが為に、フレームへ接触してちゃんとはまってないのよ。
c0105957_17104869.jpg


カーボンフレーム故に太さがあり、トップチューブからの付き出し量も短いからこそ発生したトラブル。
くっ・・・このタイプはダメか・・・。
ということは、ダボ穴が後ろへ延びるタイプじゃないとダメって事よね。
仕方ない・・・これを買うか・・・。

エイカー キャリアダボ付シートクランプ2 サイズ:31.8mm

ACOR(エイカー)



見た目がかなりダサイし、樹脂で出来た素材がかなり弱そうなのは不安なんだけど・・・。
さっきのグランジのクランプは、同じく樹脂とはいえガッシリしてたからねぇ。
c0105957_17164848.jpg


今度こそはバッチリ!
って、写真撮ってないじゃないw
あ、P3で撮ったヤツならあるか。
ほら、今度こそバッチリでしょ。
c0105957_17203128.jpg


バッグも搭載してみたらこんな感じ。
んむ、旅気分が盛り上がるw
c0105957_1721196.jpg


しかし・・・これまた新しい不安を抱えていたのでした。
ほら、ステーのキャリア側は、この写真の上にある金具に穴を通して締め付けて固定されてるのね。
c0105957_1726932.jpg


ところが、さっきみたいな角度で取り付けちゃうと、その穴からスポッと抜けて走行中にキャリアが後ろへ落ちてしまいそう。
本来なら、青い線がステーの取り付け位置だから、すっぽ抜けない角度で固定されるはずなのよね。
c0105957_1729295.jpg



ま、なんとかなるかwwwww
シートポストとキャリア本体を何かで縛っておけば、万が一抜けたとしても後ろへ落ちることはないだろうし。
あ、そうだ。
輪行袋についてくる、ホイールをフレームへくくりつける紐で固定しておこうかしら。





●ホイールの悩み

GWの旅でも実感したけど、Eurusの2-way-fitはリム打ちパンクの不安がないという素晴らしさが、ツーリングの時は更に効果を発揮する。
ツーリング中のパンクは、とにかくガックリ来るもんね。
というわけで、今回もEurusで行くことにしたんだけど。

ミシュラン PRO4 Service Course BLACK 700x23C PRO4SCBLK

ミシュラン


Eurusと同時に導入したミシュランの新しいタイヤ、Pro4サービスクルス。
むちゃむちゃ気に入ってたんだけど、なんか後輪がやたらと扁平になっちゃった。
接地面が真っ平らになった感じ。
普段なら尖った頂点だけが接地してるイメージなのに。
c0105957_17414652.jpg

そういったこともあって、新しいタイヤを装着することにした。
せっかくだから前後輪共に。
んで、同じくPro4サービスクルスでも良かったけど、少し厚くて耐久性の高い(=少しだけ重い)Pro4エンデュランスを選んでみたよ。
もともとは、阿蘇の大会のために準備してたんだけどねw

ミシュラン PRO4 Endurance プロ4 エンデュランス 700C(622) フォルダブル レッド/700×23C

MICHELIN(ミシュラン)


ところが・・・Eurusを初めて導入した時もそうだったけど、このホイールってとにかくタイヤをはめるのが難しい。
むちゃくちゃ硬いw
仕方ないから最後はタイヤレバーを使って装着すると、チューブを傷つけて二本もダメにしたよ・・・。
結局の所、あさひのこのページにあるように「バルブ側を最後に入れる」ってのと、チューブレスタイヤと同じく「ビートを真ん中に落とす」ことを意識することで、レバーを使わなくても装着できたのでした。
c0105957_17473590.jpg






●他の持ち物

今回の旅に向けて、準備したのはこれくらい。
他に新兵器はないなぁ・・・。
あ、そうだ。
こないだ1万円の商品券を貰うためだけに、導入/維持費0円で手に入れたauのwimax+3Gモバイルルーター「DATA08w」は、念のため持って行くことにしたw
c0105957_17523462.jpg


基本的にiPhoneは2台体制のまま。
イーモバのモバイルルーターで旧iPhone4を接続した上でナビやアイモバを担当させる。
新iPhone4Sは撮影用にトップチューブバッグへ入れる感じで。
ナビをさせるためにも、取り付けはこれまた前回の北海道で導入したZYKLOP-NAVIGATOR。

【BIRZMAN】ZYKLOP-NAVIGATOR Bagフレームバッグ 【トップチューブバッグ】

BIRZMAN



ほら、だからトップチューブバッグはGWに続いて今回も二個装着w
サドル手前のも基本的には走行の邪魔にならないのよね。
c0105957_217963.jpg


バッグの中身は出来る限り軽めに。
やっぱり不安だから予備チューブはついに8本、予備タイヤも2本持ってるけどw
昨年の経験を活かして、ライダーハウスを渡り歩くつもりで、寝袋だけ持ってテントは積まないことにしたのでした。
あ、だからこそ、今回は0円マップを買っていったw

0円マップ北海道 ’12~’13―ツーリングGO! GO! (SAN-EI MOOK ツーリングGO!GO!ガイドシリーズ)

三栄書房



いつも通り服装はチャリンコウェアだけ。
毎日洗濯だね
でも、今回は初日が東京だから、着ていく普段着が有るんだけどね。
これは北海道へ着いたら送っちゃおうかな。
スニーカーも含めて。
あ、そうだ。
スニーカーはいつ捨ててもいいように、履き潰したコンバースにしておこw


荷物のやりくりもね。
これまた前回に思いついたテクニックだけど、自分宛に郵便局留めで荷物を送ることで、チャリンコをこいでる時に使わない荷物を到着地点で受け取ることが出来るのよね。
今回の場合、初日が東京行きで新幹線輪行だから、持ち歩く荷物を減らしておきたい。
だからバッグの一つは苫小牧郵便局へ送りつけておいたのでした。
んで、苫小牧から次は旭川空港近くの郵便局へ、不要な者を送ろうかね。

その他、持参物は鹿児島行きの時に書いた二年前からあんまり変わってない。
一時期持ち歩いてたチェーン切りは、さすがに辞めたけどw
今回はこないだ導入した12000mAhのモバイルバッテリーが頼もしいねぇ。


っていう感じの準備を適当にやったのが、旅立つ一週間前から前日までw

今日もグラールに陽が沈む

c0105957_0314337.jpg

大好きだった。
楽しかった。
ここでみんなと出会った。
忘れるわけ無い。
イチローもセットで。

最後まで、みんなバカで良かった。
最後に温泉へ行って良かった。
c0105957_0315619.jpg


酒場が好きだった。
溜まるのにちょうど良かった。
一人で呑むのにもちょうど良かった。
c0105957_0325786.jpg


オウトクシティのこの眺めが好きだった。
空の上に何があるのか、最初の頃はよく見上げてた。
c0105957_0335310.jpg


また会おう。
違う宇宙で。
ありがとう PSU
c0105957_0353589.png

帰宅したよ

ただいま帰宅しました。
いつもの通り、長文のまとめ記事をこれからアップする予定だけど、残念ながら9/29に試験が待ってるので、今週は勉強しなきゃいけないですw
いや、こんな一夜漬けで通るような試験じゃないんだけど。

一応、前回以降の大まかな流れを。


9/21
午前、郵便局で輪行袋を受け取る。

知り合って僅か三日ほどの、北海道在住PであるあおちょPが駆けつけてくれる。

あおちょPの車でヤマト運輸まで行って、シロコをサイクリングヤマト便で自宅へ送る。

不要な荷物をゆうパックで自宅へ送る。

美幌峠を攻める。

そのまま、あおちょPの車で帯広へ向かう。

たろPとも合流して、帯広名物の豚丼を食いながら、プチオフ会となる。

風呂へ送ってもらい、帯広のライダーハウスへ送ってもらい就寝



9/22
開店直後のクランベリー本店と六花亭本店でスイーツを手に入れまくる

帯広から列車で富良野へ。

富良野でレンタサイクルを手に入れ、ママチャリで岩見沢エリアをゲット。

「くまげら」で和牛ローストビーフ丼を食い、騒ぎを起こす(後日詳細w)

列車で美瑛へ

美瑛の丘を徒歩で巡る

美瑛のライダーハウスで就寝


9/23
ライダーハウス前を走る「美瑛センチュリーライド」を応援しまくる

マックスファクトリーのMAX渡辺氏と握手する

美瑛駅前からバスに乗って旭川空港へ。

スカイマークで関空へ

帰宅


という感じでした。
先ほどチャリンコを受け取ったけど、恐らく大丈夫っぽい。
色々とトラブルだらけだったけど、取っても楽しい旅だったよ。

温泉三昧

昨日は宿についてから、頂いたり調べたりした情報を元に、片っ端からチャリ屋へ電話。
北見、釧路、網走のチャリ屋へ。
ところがやはりカンパのEurusのスポークを張れる店はなくて。
代用品として安いホイールに履き替えようかともおもったんだけど、それも在庫がなくて。
そもそもこの2日間は札幌の展示会へ行ってる店が多いし。

というわけで、チャリ旅は断念することに決定。
だったら早々にシロ子だけを送り返したいんだけど。

サイクリングヤマト便のタグは持ってるけど、チャリを詰める輪行袋がペラペラのやつだけ。
しっかりしたやつは苫小牧へ着いたときに、旭川東郵便局まで送っちゃったからね。
だったらこっちへ転送してもらったらいいかなって。

そんななか、ライダーハウスのご夫婦が近所の温泉へ行くらしいので、車に同乗させてもらったのよ。
着いたのが、屈斜路湖畔にある露天風呂「コタンの湯」。
目の前が湖と言うとんでもないシチュエーション。
だけど、真っ暗だから何も見えないw
代わりに…満天の星空!
もうね、とてつもない!
ベタな言い方しか出来ないけど、プラネタリウムだろ、これ。
去年の礼文島も凄かったけど、ここは天頂の開放が凄いから、より一層 包まれてる感がある。
とにかく凄い!


今日は朝から郵便局で荷物の転送手続き。
けっこうややこしい手続きだったけどね。

んで、今日は一日、歩きで屈斜路湖を満喫。
百均サンダルしかないから、ライダーハウスのお父さんに靴を借りたw

c0105957_2103840.jpg


歩いて和琴半島へ。
まずは、じゃがいも団子。
んまー。
c0105957_2104060.jpg


んで、屈斜路湖。
んむ、美しい。
c0105957_2104143.jpg


半島の入り口にある露天風呂。
ここはオープン過ぎて、なかなか入りにくいなw
c0105957_2104228.jpg


半島を一周する遊歩道は約2キロ。
入ってすぐに、湖面に映る雲が撮れたよ。
c0105957_2104461.jpg


裏側の展望台からは、気持ちのいい風景が。
たまんないね。
c0105957_2104592.jpg


裏側の薮を掻き分け、ロープを降りたところにある、素敵過ぎる野天風呂。
真横が湖面というか、湖面と繋がってるというか、とてつもない。
c0105957_210482.jpg


ほら、風呂から見た風景はこんなん。
凄いっしょ。
c0105957_2104925.jpg


ここで一時間以上、一人っきりで満喫。
最高過ぎる。
c0105957_2105184.jpg


そのあとは共同浴場も覗いてみた。
これまた雰囲気があるなぁ。
c0105957_2105293.jpg


和琴半島を満喫したら、昨晩行ったコタン温泉の昼間も味わってみたいと思って、15キロほど歩いて到着。
おお!こんな温泉だったのか。
c0105957_210541.jpg

c0105957_2105745.jpg


今晩の晩飯は、鹿肉ロップ。
んまー。
c0105957_2105626.jpg

シロ子とのチャリ旅は完結出来ない運命か

四国一周旅以上に事件が発生するとは、思っても見なかったw

あ、昨晩は鯨の刺身ってやつを頂きましたよ。
銀鱗荘で。

c0105957_657765.jpg



朝、雨の中を飛び出しましてね。
ほぼ、上がりそうだったから。
c0105957_1162181.jpg


結局は網走方面へ向かうことに。
んで、道中に摩周湖と屈斜路湖に寄ってみようかなぁと。

釧路湿原を見るために、細岡展望台へ。
最後の2キロが「砂利よりマシ」な舗装。
それを乗り越えたけど、駐車場より先は歩きじゃなきゃ無理で。

まずは釧路湿原駅。
c0105957_1162390.jpg


んで、細岡展望台からの眺め。
c0105957_1162471.jpg


そのまま北上し、標茶町で道道へと逸れて根室エリアを確保。
c0105957_116264.jpg


一旦、標茶町に戻ってから国道へも復帰。
北上し続けて、弟子屈中心地から摩周湖へ。
なぜか摩周湖の標高は250m位かと勘違いしてて、いつまで着かないから呆然としてた。
霧はでまくるは、荷物を積みながらのヒルクライムは堪えるはで、地獄w
結局、第一展望台の標高は683メートルと、マジでちょっとしたヒルクライムだし、これまで避け続けて来た峠越えよりも下手するとキツイじゃないw
c0105957_6504554.jpg

摩周湖は定番通り霧に包まれた湖だったよ。
前回来た時には晴れてたから、今回は霧が見たかったのよね。
c0105957_6504794.jpg

売店で、この旅始まって以来のソフトクリームを。
バニラと摩周ブルーのミックスという、若干ゲテモノw
c0105957_6504889.jpg


事件が起きたのはこのあと。
あとは屈斜路湖畔にあるライダーハウスまで、下りで20キロだから楽勝だと思ってたのよ。
とはいえ、摩周湖を下り終えるまでは、急な下り坂と霧だからゆっくりしたペースで。

摩周湖YHの前を通りかかったとき、16年経っても変わらない姿に感動してたのね。
んで、ダウンヒルも終わりに近付いて、後ろから来たバスにパスしてもらったあと、道はほぼ平坦になったからペダルを一漕ぎしたわけ。
パキンって音が鳴って、シャリーンと金属製の何かが落下する音。
もしかして、ついにキャリアが崩壊したか…と思って見てみたら…。
なんと、後輪のスポークが一本、見事に折れてる…。

幸いこける事もなく、リム側に残ったスポークがチューブをパンクさせる事もなく(構造的には、しないはず)、チャリとしては無事だけど。
スポークが折れたから、テンションが変わって、後輪は軽く左右に振れる。
ブレーキシューに軽く接触するくらいに。
ブレーキアーチを緩めてシューの間隔を広げると接触もなくなる。
一応、ブレーキもかかる。

どうしようか悩んだけど、ここでジッとしてても解決出来るわけもなく。
twitterにチャリ屋の情報を求めると、たくさんの方が協力したくださったのね。

とは言え決定打も無い。
とりあえず、屈斜路湖畔のライダーハウスまで行くか。
宿に辿り着いたら、調べ物でもなんでも出来る。どちらかというと既に17時なので、真っ暗になる前に宿へ着いておきたいし。

と言うわけで、何とか自走出来る事を確認したのち、宿へ向かっての14キロをゆっくりと走ったのでした。
やっぱり、辺りは真っ暗になっちゃったけどね。
無事に辿り着いて、これを書いてる。
今日の走行距離は160キロくらい。
(ここで寝落ち)
c0105957_6505079.jpg

生きてます

昨日は強烈な向かい風の中、170キロ走って襟裳岬へ。

c0105957_2148282.jpg

萌えに侵食される襟裳岬。
c0105957_2148548.jpg

そしてウニ丼。
c0105957_2148743.jpg

予定通り、元YHの民宿に泊まってジンギスカン。
c0105957_2148992.jpg


今日は釧路まで193キロ。
ダラダラとしたアップダウンが苦痛。
c0105957_2148105.jpg

鶴を目撃して
c0105957_21481219.jpg

乳神様の降臨に感謝して
c0105957_21481584.jpg

恋問海岸で豚丼を食い
c0105957_21481710.jpg

恋について考え
c0105957_21481966.jpg

今夜の宿である釧路のライダーハウスに入ったのでした。

明日はどこへ向かうか考えなきゃ

今夜はウトナイ湖畔で野宿

c0105957_23233558.jpg

苫小牧港に到着したのは20時。
苫小牧郵便局で先送りの荷物を受け取って、帰りまで使わない荷物を旭川東郵便局まで送り付けて。
旭川空港に近い郵便局を尋ねたら、局員総出で調べてくれたw

そのまま走って千歳エリアを制覇したのち、引き返して道の駅ウトナイへ。
ちとせライダーハウスも考えたけど、明日は襟裳岬を目指すなら逆方向だしね。

道の駅には車中泊が40台ほど。
ライダーか一人、既にベンチに寝袋で爆睡中w
うちも隣で寝ようかねぇ

船上の暮らし

c0105957_1431979.jpg

おはようございますよ。
夜中にエリア取得して、眠い眠い。
朝に目覚ましで仙台市周辺を取得しに起きたら、全然電波が入らなくて焦ったw
しばらくしたら安定したけど。
今は…って八戸沖に入ってる?
電波がまた怪しい!

いや、GPSがフラついてたw
八戸エリアの手前。
でも電波は怪しいなぁ。
函館エリアは取れないかもなぁ。

長距離フェリーに乗るのは二年ぶりかな。
九州最南端旅のあと、志布志から大阪南港まで乗って以来。

しかし、食堂が無いのは予想外だったw
もともと利用する予定は無かったけど、自販機のカップ麺とかレンジ調理とか、そんなのだけが売ってるのよね。

深夜便はフェリーも小さい。
設備もさほど充実してない。
それでもノンビリと海を眺めることが出来たら、それで十分かな。
充電も出来るし、風呂も入り放題だしw

深夜便にはベッド相部屋グレードのみ。
最初は貸切だったけど、結局3人になっちゃった。
ゆっくり眠れるけどね。

今日は19:45に苫小牧着。
郵便局で荷物を受け取って、それから道の駅で野宿かな。
でも、寝袋しかないのに、23度という噂を聞いたしなぁw

フェリー乗り場へ向かってる

c0105957_2274062.jpg

NoNoWire on floor2を満喫してから、常磐線で大洗港を目指してるのよ。
しかし…関東だと言うのに、途中から車内には乗客が殆ど居ないんですが…。
ローカル線に乗ってる気分だわw

,