<   2013年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

響ちゃんと出雲大社で縁結び旅2(11/23)

c0105957_2051879.jpg


※前回はこちら

【レンタカー】
予約しているレンタカーは駅から近いはず。
とはいえ、せっかくだから駅まで迎えに来てもらうか。
小雨も降り始めたことだし。

レンタカーを借りて、出雲大社へ行くよ〜。
どうやら今日は、念に一度の神迎祭の神事らしいね。
だから、三連休に加えて、こんなにも観光客が多いみたい。
凄いタイミングに来ちゃったなぁw

道中、シェフにトラブルが発生して帰宅フラグが立ったけど、何とかなりそうだったので旅は継続。
んで、出雲大社付近は予想通り大渋滞。
もう歩けばいいやって、手前の博物館に駐車しちゃうことに。



【大社にて】

車の渋滞っぷりから想像するほど、大社は混雑していない。
とりあえずお詣り前に、腹ごしらえするかな。
c0105957_21275326.jpg



大社前の参道にある店のうち、そこそこ行列が出来てる店に目星を付けて並ぶ。
しかし・・・これが失敗だったよ・・・。
店の中はガラガラなのに、外の客を案内しない酷い店だった。
この店、最悪だわwwwww
意地になって待ってやったw
c0105957_21552858.jpg


「お待たせしました」ってようやく店の中に案内されたから、「ホンマにめっちゃ待ったで」って答えると、行列からは失笑が漏れるw
もちろん意地になって、5枚注文したw
c0105957_221452.jpg



16時、ようやく出雲大社へ突入~。
玉砂利を踏みしめながら進むよ。
c0105957_22151324.jpg



鳥居をくぐって、まずは拝殿でお詣り。
普通の神社と違って、二礼 四拍手 一礼なんだって。
何だかよく分からんが、さすがひと味違うぜwwwww
c0105957_2223062.jpg



そしていよいよ、大注連縄。
出雲大社と言えば、この神楽殿にかかるこの注連縄をイメージするもんね。
そして、今日は神迎祭だけあって、物凄い行列wwwww
拝殿よりも、みんなこっちにお詣りするのねw
c0105957_22334953.jpg



そうこうしているうちに、雨が再び降り出す。
神楽殿横には、見事な紅葉が。
c0105957_22464096.jpg


あ、巫女さんだwwwww
紅葉と注連縄と巫女さんのコラボレーション。
c0105957_22471148.jpg



傘を差しながら、本殿付近をウロウロと。
今夜は神事が行われる様で、境内ではその準備が進んでる。
見ようかなぁとも思うけど、夜までこの雨の中を待つのも辛いしね。
というわけで鳥居をくぐって退出し、門前にある「ご縁横丁」のぜんざい屋へ。
c0105957_2326224.jpg




【夜もまったり】

満足して駐車場へ戻ると、諦めてた「古代出雲歴史博物館」がまだ開いてる。
どうやら神迎祭の期間は、営業時間を延長してるらしいよ。
せっかくだから見ていこっか。

この博物館では、昔の出雲大社の謎を探る展示にテンションがあがる。
ほら、こんなにも巨大で、とてつもない本殿が立ってたかもしれないと思うだけで、テンションが上がるよね。
公式サイトから引用なり。
c0105957_23525312.jpg

神話を描いた昔の絵を見ては、神様のお茶目っぷりにテンションが上がるwwwww
活き活きしすぎだろ、神さんwwwww


すっかり暗くなった出雲市内を車で走り抜け、郊外にあるホテルへ飛び込む。
食事が充実してて笑っちゃったw
600円の焼き肉定食wwwww
c0105957_23495098.jpg

どん底からの再スタート

c0105957_22155875.jpg

未だかつて見た事無いほど、酷い成績だったハムの人ですよ。
こないだの週末は、「伊吹山ドライブウェイヒルクライム」へ参加して参りました。
昨年も参加した伊吹山ヒルクライム、あまりにも見晴らしのいい最高のコースを再び味わうために、行ってまいりました。
しかも今年は、これまでに一度しか開催された事の無い「フルコース」での開催という素晴らしさ。
これまでは除雪が間に合わず11kmのショートコースだったんだけど、今年は暖かくなるのが早かったおかげで、15kmを走って9合目まで登る事が出来るんだよね~。
詳細なルートはこちら~

 距離:14.9km
 標高差:1036m
 ゴール地点標高:1240m
 平均斜度:7.4%


c0105957_2231991.jpg



さて、最初から全力で言い訳なんだけど、実はあの9月の摩周湖下りでホイールのスポークが折れて以降、一切チャリに乗ってないのよね。
正確には正月の小笠原で20kmほどと、一週間前に10km、たったそれだけ。
結局の所、あのトラブルでチャリから遠ざかる事になっちゃったのよ。
c0105957_22352239.jpg



半年チャリに乗らず、半年で体重は増え続け、半年で筋力は衰え、そんな状態で挑んだ本番。
昨年のショートコースは11kmを42分で、前から3割くらいの順位。
同じペースで走れたらフルコースで60分前後ってのが妥当だけど、さすがにそこまで甘くは無いでしょ。
この練習してなさから判断すれば70分以上・・・ってのを覚悟してたのよね・・・。
c0105957_22401341.jpg



あっちゃんを拾って会場へ。
関ヶ原役場に集結した坂バカ2800名。
c0105957_22404788.jpg


タイムを狙うとかそんな次元じゃ無いのは自覚してるから、サドルバッグも付けたまま。
タイヤだって、ツーリングの時のミシュラン Pro4 エンデュランスのままだぜw
あ、セラSMPは愛してるw
c0105957_23322463.jpg

SELLE SMP サドル STRATOS ブラック


ミシュラン PRO4 Endurance プロ4 エンデュランス 700C(622) フォルダブル レッド/700×23C

MICHELIN(ミシュラン)




スタート地点へ移動~。
30代おっさんクラスの行列ですよ。
c0105957_22483395.jpg



伊吹山ドライブウェイの料金所がスタート地点。
ここでスタート時間を待つ。
c0105957_22501013.jpg



一時間で登ろう・・・って思ってたのに・・・。
ここからが地獄だったよ・・・。
c0105957_22502980.jpg



スタート直後は悪くないと思ったのね。
行ける行けるって感じで。
ボッカンボッカン抜きながら進んで行くこと数キロ、あっという間にヘロヘロになって一気にシフトダウンw
そしたらチェーンが落ちたwwwww
内側に外れるとかwwwww
シロ子に乗って、チェーンが外れたのは初めてだよwwwwww

慌てて下車して、チェーンをセット・・・してたら左足が攣ったwwwww
酷すぎだろwwwww
そのままジッとして悶える事30秒、何とか復活したので再スタート。

遅れを取り戻すためにぐいぐい進むんだけど・・・全然走れないwwwww
それどころか、7kmを超えた辺りで完全に沈み始めるwwwww
足、回らねぇwwwww
キツイwwwww

前回のゴール地点である11kmを通過する時には、もう下山したかったwwwww
「あと5km!」って応援してくれる人が居るんだけど、「まだ5kmあるのかよ・・・」って思っちゃったw
前回はここを42分で登ったのに、今日は既に56分wwwww
やっぱり酷すぎるだろwwwww


ここからの5kmが長かった・・・。
いつまでも見えてこないゴール地点、気付けばあっちゃんにも追いつかれちゃうしwwwww
ほら、二人揃ってニヤニヤし過ぎwwwww
後ろには残雪が。
c0105957_233136.jpg



こういう言い方をすると超失礼だけど、うちは富士山を84分、あっちゃんは120分。
こんなにも差があるはずなのに、あっちゃんが伸びて、うちが沈んでって結果、追いつかれる羽目にwwwww
ここからは二人で並んで登り続ける事に。


ラスト1km、ようやくゴール地点が見え始めたので、意地になって再度踏み始める。
いや、やっぱり全然進まないんだけどwwwww
んで、待望のゴール・・・。
70分どころか、85分とか・・・。
富士山を登るよりも時間が掛かるとか・・・。
c0105957_237511.jpg



お約束だから山頂で撮ってみた。
山頂と言うよりも、九合目なんだけどね。
c0105957_238433.jpg



ちびきのピントが合わなさ過ぎです
ひでぇw
c0105957_2321068.jpg



みんなチャリンコを置いて、配られるバナナとミルクティーの行列に並ぶw
晴れてるとは言え、さすがに山頂は気温が低いから、ミルクティーは最高~~。
c0105957_23135339.jpg

c0105957_23135955.jpg




下りは超寒いので、冬装備に着替えて下山開始。
伊吹山の醍醐味は、下りの眺望。
とにかく素晴らしい眺めを満喫しながら、ノンビリと1000mを下るw
c0105957_23181216.jpg



あ、いつも通り765プロのジャンパーで下ってますよ。
下りは楽しそうだなwwwwww
c0105957_23244560.jpg




という感じでした。
本当に酷いタイム、酷い成績。
あ、順位は前から8割、というか後ろから2割という酷さwwwww
んむ、やっぱり登りは実力がハッキリ出るねぇ。
半年のサボりが、そのまま結果となった感じだね。

うん、ここまで来たら開き直れる。
これが底、ここから這い上がろう。
半年もシロ子を待たせたんだから、ここからもう一度始めよう。
9月の乗鞍岳へ向けて。
c0105957_23284187.jpg

響ちゃんと出雲大社で縁結び旅1(11/23)

c0105957_2113462.jpg


※プロローグはこちら

【雨】

雨だった。
目眩がするほど土砂降りだった。
ここまで律儀に天気予報を守る必要は無いのに。

5時にシェフと目覚めて、土砂降りの中、傘をさしながら駅まで歩く。
それでも心は浮き立つけどね。
特急の旅。
何だか特別な感じがする。
馬鹿馬鹿しいかもしれないけど、「プレミアム」な感じがする(笑)。
グリーン車ですら無いのに。

関西には、少なくとも自分の生活圏内には、新幹線以外の指定席を必要とする電車は走ってないからね。
それこそ、山陰地方や北陸地方への長距離列車くらいなもんで。
何よりも新快速が速すぎるからなんだろうけど。


そんな特別感に溢れた気持ちで西明石駅に到着。
あの、大笑いした大量のきっぷを取り出して、これから乗るのに必要な分を探す。
ん・・・よく分かんないwwwww
必要なのは「神姫ゾーンからフリーエリアまでの往き券」と新幹線の指定席。
指定席はすぐに分かるんだけど、「往き券」が見当たらない。
何だかどうにもおかしい。
c0105957_2125239.jpg


改札前で探してもよく分かんないから、改札で駅員さんに聞いてみたのね。
「うーん、このきっぷはどちらで買われました?」って、ここだよ、ここwwwww
かなり悩んでるようだけど、新幹線が既に入ってきてる。
「とりあえず通して。新幹線に乗り遅れるからwwwww」
というわけで、改札を抜けて新幹線のホームヘ。





【新幹線でよく考えてみた】

6時27分、まずは「レールスター」で岡山まで。
よくよく考えたら、西へ向かう新幹線に乗るのって高校生の時以来だわ。
広島大学の受験以来wwwww
もちろん落ちたwwwww
c0105957_23415563.jpg


岡山までの旅路は、さほどワクワクすることもなく。
だって、新幹線だしwwwww
アイモバ的にも、代行はそれなりという程度だし。
あ、曇り空とは言え、とりあえず雨は上がったねぇ。

さて、今のうちに、さっきの切符について、もう一度確認しておきたい。
窓口で受け取るときに、一枚ずつ説明を受けたから、足りないはずは無い。
全部並べて確認してみたら・・・。
間違ってるやん!
発券が!

この山陰めぐりパス、往復共に特急指定席に乗れるとは言え、同じ列車には乗れない。
つまり、往きが"やくも"なら還りは"はくと"、もしくは往きが"はくと"なら還りは"やくも"。
島根と鳥取の両方を通ってもらうためなのかな。
c0105957_2171783.jpg

うちは前者のパターンなんで、特急券は往きが「神姫ゾーン~伯備線経由~自由周遊区間」、帰りが「自由周遊区間~智頭急行線経由~神姫ゾーン」とならなきゃいけないのね。
ところが、手元の切符はこれが逆になってるwwwww
指定券は正しくて、特急券が逆と言う謎なパターンwwwww
どうなってんだよwwwww
岡山に着いたら"やくも"の出発まで1時間あるから、その間に再発券してもらうか。


07時08分、岡山駅に到着。
c0105957_23422133.jpg






【ハイテンション岡山駅】

さっそく在来線の改札へ向かって、事情を伝える。
状況は理解してもらえたものの対応は即答出来ないみたいだから、調べてもらうことに。

待つこと15分、ようやく出た答えは「京阪神だけで発売してるきっぷだから、ここでは再発行出来ない」ってこと。
ただし「事情を説明した『業務連絡書』を発行するから、何かあればこれを見せてください」って。
書類がすごい役所っぽいのは、国鉄の名残かしら。
c0105957_23423886.jpg


何にしろ安心して旅を続けられるなら、それが一番よね。
満を辞して新幹線の改札を抜け、在来線へ。
あ、そうだ!
せっかくの特急旅なんだから、駅弁とかオヤツを買っちゃえ!
弁当は岡山の豚トコTON弁当wwwww
あとはなんか美味そうだった天麩羅(練り物)と、吉備団子も買ったよ~。
c0105957_21255727.jpg


8時、待望の"やくも"が到着。
オラ、ワクワクすんぞ!
c0105957_13503547.jpg


って、こんなペースで書いてると、一生終わらないことに気付いたので、スタイルを変更wwwww





【やくもにて】

ほぼ初めて乗る特急にテンションが上がりまくった二人。
おお!
2列+1列なのか。
確かに「ゆったりやくも」よね。
シートはもちろんリクライニングするし、快適。
c0105957_13503728.jpg


んで、予約した時にも苦労した通り、グリーン車も含めて満席、とのアナウンス。
実際、自由席に座れなかった人が、デッキに溢れてる程だもん。
指定席が取れてホントに良かった。


「"はくも"だよ」と聞かされていた通り、確かに揺れは激しい。
とはいえ、座っていたら全然感じないのは不感症かしらwwwww
車内放送では「揺れますので、ご注意下さい」って流れるほどだけどwwwww
実際、トイレへ行くときには、まっすぐ歩くのが大変だったけどね。


驚いたのは、車掌が車内放送で観光案内をしてくれること。
これって、特急では普通なの?

豚トコTON弁当にありつき、練り物にかぶり付き、吉備団子を貪る。
幸せな列車の旅。
c0105957_21201363.jpg







【超画伯の時間】

キッタミーが絵を描けと言う。
よっぽど山形の時のアレが楽しかったらしい。
仕方ないなぁ。
画伯を降臨させるか。
いおりんを所望されたので、サラサラっと描き上げる。
シェフの3DSで。
完璧だな・・・。
c0105957_13504187.jpg



ちなみにシェフが描いたのはコチラ。
c0105957_13504339.jpg




ついでに響ちゃんも描いてみた~。
誰だよ!
ドラキュラ伯爵とか言った奴は!
c0105957_13504571.jpg




みんなが投げてくれるのも勿論あるけど、偶然にも今週は鳥取がアンテナ県。
特に米子はばんばんと代行が降ってくるよ。
美味しい美味しい。
c0105957_2124646.jpg

車窓から宍道湖を眺めながら、出雲市駅へ着いたのは11時過ぎ。
んむ、特急やくも、むっちゃ楽しかったぞ。





【出雲ですぐに乗り換えて、更に西へ向かう】

出雲市駅での乗り換えは30分。
というわけで、改札を出て駅舎を撮ってみた。
出雲大社を連想させる太い柱が立派なのに、クロネコヤマトの営業所みたいになっちゃった件w
c0105957_8393315.jpg



11時半、スーパー沖雅也こと、「スーパーおき」キター!
出雲から乗る人が多く、米子から乗り続ける人も多く、自由席はやっぱり一両なんで座れず。
米子でこれへ乗り換えることも考えたけど、やくもを最後まで満喫したかったもんね。
c0105957_8393471.jpg



すぐに日本海へ出る。
ひゃぁ!
やっぱり、海が見えると旅気分が増すねぇ。
c0105957_8393536.jpg



最初の停車駅である太田市駅で、無事に座席を確保。
その先の田儀は停車駅ですら無いのに、単線なので特急がすれ違いの特急待ちをする羽目にw
なかなかに衝撃。
c0105957_8393645.jpg



そして、江津/浜田エリアを取って、島根県は隠岐以外完了!
淡路島ほどでは無いにしろ、届かないもどかしさってのは確かにあるよね。
c0105957_19302661.jpg







【衝撃の時刻表】

1時間の特急を満喫して12時半。
江津駅で下車して、折り返しの特急待ちは約30分。
ちなみにあたしゃ直前まで「えづ」だと思ってたw
c0105957_19302864.jpg



しかし・・・最近は随分見慣れたとは言え、ここまで過疎ってる時刻表に恐怖したよw
すげぇな…。
江津駅から広島方面へ出てる三江線というローカル線なり。
c0105957_19302974.jpg


wikiによるとこんな感じ。
2008年度の1日平均利用客は前年比12%減の全区間合計で約370人(JR西日本米子支社による)に過ぎない。2008年度の数字では、三江線の輸送密度(平均通過数量)は83人/日であり、JRの全路線中、東日本旅客鉄道(JR東日本)の岩泉線(49人/日)の次に少ない。

c0105957_19303030.jpg



改札を出てみると、三江線の萌えキャラ、「石見みえちゃん」がお出迎え。
とはいえ、駅前に何かがあるわけではなくw
c0105957_849440.jpg




13時前、ガランとした駅を30分ほど満喫し、折り返しの「スーパーまつかぜ」が到着。
スーパーおきと同じ車両なのかな。
c0105957_8375561.jpg



今度は自由席でも座れた〜。
しかも先頭付近だから、前方の見晴らしが良くて楽しいねぇ。
大袈裟過ぎない紅葉も。
c0105957_8375787.jpg


しかし…太田エリアは代行が山ほど降ってくるなぁ。
なんて思ってるうちに、気付けば寝落ちとかw
再びの出雲市駅に到着したのは14時前。

c0105957_2235499.jpg



※次回はこちら

,