<   2013年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

奇跡の307 - 響ちゃんと呉鎮守府で提督活動してきた その5

【10月13日(日)15:00】

では、今度こそ提督活動を。
まずは大和ミュージアムの向かいにポツンと置いてある、「てつのくじら館」へ。
ポツンというか、デデーン!っていうとてつもないデカさ(全長76m)の「潜水艦あきしお」がショッピングセンターの横にあるのは、相変わらず非日常w

c0105957_1156548.jpg



「てつのくじら館」は愛称で、正式名称は「海上自衛隊呉史料館」。
その名の通りの施設で、入場は無料。
というわけで早速突入!
あきしおの建造レシピを調査中w
c0105957_11592852.png



展示内容は、潜水艦と掃海艇に関する物。
特に掃海艇のフロートがお茶目w
アイモバ民にはお馴染み、小笠原諸島の「母島」の名を持つ掃海艇のフロートがこちら。
c0105957_1203553.jpg



潜水艦のベッド体験コーナー。
こういう馬鹿な役は、自分とオルベアマンの仕事w
c0105957_1223735.png



そしてついに「あきしお」の中へ突入!
防諜のために写真撮影は禁止だし、一部しか見れないんだけどね。
c0105957_1261017.jpg

c0105957_1255553.jpg



ベタだけど、潜望鏡を眺める体験ってのが初めてだけに興奮するねぇ。
しかも呉の港には護衛艦がたくさん停泊してるから、雰囲気も出るし。

最後にグッズショップが。
ココがヤバイ!
完全にすり寄ってきてる!
「てつくじきゅん」wwwwww
c0105957_1291230.jpg



欲しい物もたくさんありすぎてヤバイwwwww
Tシャツもキャップもトートバッグも欲しいぞwwwww
あ、てつくじきゅんのじゃなくてwwwww
散々悩んで響ちゃんのキャップを。
c0105957_12123252.jpg



響ちゃんと言えば、やっぱりキャップでしょ~。
いまだ、白い子には改造できていませんw
c0105957_12141744.jpg



それでは満を持して大和ミュージアムへ。
実はGWに「とびしま海道&しまなみ海道ツーリング」へ行ったときに、少しだけ寄ったんだよね。
その時は時間が無かったから、大型展示をチラ見しただけなんだけど。
その時に撮った、戦艦 陸奥の41センチ主砲のデカさ・・・。
さっきの副砲もデカいと思ったけど、この主砲の前には霞んじゃう。
全長18メートル、射程37,900メートルという化け物。
チャリと比較すれば、そのデカさが伝わるかと思って。
c0105957_1222495.jpg

c0105957_12225646.jpg



まずはシンボルとなる1/10の戦艦大和。
デカ過ぎて、しかも必ず逆光になるから難しいw
c0105957_1226517.jpg

c0105957_1227557.jpg



提督が、呉鎮守府に着任しました!
c0105957_12274524.jpg



度肝を抜いたのが、金剛ちゃんのボイラー。
なんと、第一次改装の時に取り外されたものは海軍技術研究所、科学技術庁の建物の暖房として利用されてたらしいよwwwww
その現物をここへ移設。
c0105957_12305959.jpg



金剛のボイラーデース!
我が艦隊には彼女もまだ来てくれません・・・。
c0105957_12315770.jpg



模型も食い入るように見ちゃうwwwww
赤城さんの甲板、やっぱり素敵!
c0105957_1234210.jpg



ゼロ戦も回天も現物が展示されてる。
テンションは上がりっぱなしwwwww
んで、来場客も大入り。
c0105957_12364368.jpg

c0105957_12365692.jpg

c0105957_19542835.jpg



このタイミングでCSの敗退と桧山のHRを知る。
生まれた瞬間から阪神ファンをやってる者として、桧山と言えば「打てない4番」「期待を裏切る男」という印象が強すぎるので、長らく好きになれなかったのね。
好きになったのは代打専門になってからのこと。
お疲れ様、今日まで本当にありがとう。



大和ミュージアムの裏手は波止場になっていて、実は実物大の大和の甲板になってる。
この写真の立ち位置が艦橋で、波止場の先が舳先。
デッキに描かれたのが主砲や副砲。
そう、甲板の左半分を表現してるのよ。
c0105957_2082245.jpg



Googleマップの砲が分かりやすいよね。
左下の赤で囲んだ部分が上の写真。
ほら、甲板の形してるでしょ。
真ん中上の「あかつき」と比較しても、大和のデカさが伝わるよね。
c0105957_20165713.jpg



呉の海に夕日が沈む。
今日も一日いい天気だったねぇ。
c0105957_20182424.jpg



んじゃ、本日のラスト。
呉鎮守府へ向かうとしますか。

旧呉鎮守府は、海上自衛隊呉地方総監部庁舎として現存。
毎週日曜日には公開されてるのよね。
合わせて週末には艦艇も公開されてるんだけど。
ただ、どっちにしろ公開時間には間に合わないw
行くだけ行ってみることに。


しっかり閉まっちゃってたから、門から撮影してみた。
ラッパが鳴り響くタイミングで焦ったんだけどw
c0105957_20244213.jpg



もういっちょ、歩道橋の上から撮影してみた。
煉瓦造りの素敵な建築物よね。
c0105957_20254820.jpg




今夜の食材をスーパーで確保して、山奥のコテージへ帰還したのは20時。
さらにそのまま益田エリアまで代行を確保しに。
一応、今夜が週間ランキングの締め切りだから、こないだの壱岐/対馬のラッキーも含めて週間一位を狙えるチャンス。
みんな協力してくれて、代行を譲ってくれるのよね。
というわけで、益田でも12件を確保。
c0105957_203617.png



とはいえ、765デーと重なっていたこともあって月曜日は響ちゃんじゃなかったし、そもそも他のPの動きを見てないから、取れるのかどうか全然分かんない。
その上、今週はしらがPがチケットを剥きまくって全国へ投げてるので、ちょっと厳しいのかも。
まぁ、なるようになるさ。


というわけで、提督達のバーベキュー活動、始まります!
昨日の肉がたっぷり残ってるので、昨日と同じ風景でw
c0105957_20401321.jpg



毎日肉を食って、酒呑んで、こたつに入ってテレビ見て、こんな幸せな夜は無いねぇ。
しかも山の中だから、星空も素晴らしいし。
気付けば自分もコタツで寝落ちしてた・・・。
んで、夜中に気持ち悪くなって目覚め、思いっ切り外に吐きに行ってから、二階の布団で眠ったのでした。
もちろんオルベアマンKSRは、そのままコタツで爆睡w
c0105957_20563255.jpg

奇跡の307 - 響ちゃんと沈んだ陸奥たんに手を合わせてきた その4

【10月13日(日)6:00】

提督の朝は早い。
あり得ないほどにw
昨日行けなかった陸奥記念館を予定へ組み込むには、陸奥記念館の開館と同時くらいに飛び込みたいのよ。
というわけで、こんな時間に起きることにしたのよね。

出発の準備をしてるうちに、キッタミーが行方不明に。
こっそり抜け出して、すぐ近くにある益田エリアまで、代行回収に行ってやがったwwwwww
このオッサン、いつまでも貪欲wwwww

7時、8℃という恐ろしい寒さの中を出発。
ほら、早朝の雰囲気が出てるでしょw

c0105957_1412813.jpg



延々と山を下り、瀬戸内海で出る。
橋を渡って、周防大島(屋代島)へ。
陸奥記念館は、屋代島の先っぽにあるのよ。
c0105957_1595254.jpg



島に入ると、ずっと海岸線を進む。
海の風景が素敵すぎる。
c0105957_201721.jpg




道の駅サザンセトとうわで休憩して、朝食代わりにダンゴを買った~。
c0105957_245563.jpg



9時半、ようやく陸奥記念館に到着。
海岸の手すりが、既に陸奥たんwwwww
c0105957_275768.jpg



あ、今更だけど、陸奥たんのお姿を。
ちなみに、未だに我が艦隊には来てくれませんwwwww
c0105957_2105115.png



というわけで陸奥記念館
戦艦陸奥が沈んだ沖を望む場所に立つのよね。
前には引き上げられた錨が。
でけえ!!!!
c0105957_2132310.jpg



記念館のパンフと入場券。
シルエットが素敵!
c0105957_2151722.jpg



展示内容は最高すぎる。
うちと同じく、艦これで興味を持った人にはたまんないと思うのよ。
比叡、鳳鷹、赤城、鬼怒、扶桑、山城、陸奥、日向という、4-4も平気でクリアできそうな夢のような艦隊写真とか。
c0105957_2184388.jpg



艦内には陸奥を模した内装。
c0105957_2191661.jpg

c0105957_2192275.jpg



数々の資料、写真、模型、どれも夢中になって食い入るように眺める提督一同w
一方で戦争の悲しさを胸に刻みながら。
c0105957_2215685.jpg



外にはもっと凄い物が。
引き上げられた14cm副砲のデカさは、KSRとの対比で実感してくだされw
c0105957_2243865.jpg



ここにはスクリューや、陸奥の舳先まで展示されてるのよね。
本物の迫力。
c0105957_2311489.jpg



戦艦陸奥は、この3km沖で爆沈したのよね。
1100名の犠牲者の方も含めて両手を合わせる。
c0105957_2283179.jpg



満喫したので次は大和ミュージアムへ。
船で真っ直ぐ渡れたら目の前なのに、グルッと150kmも回り込まなきゃいけない。
船ルートも考えたけど、松山を経由する必要があるという意味の無さw
c0105957_11105436.jpg



って、島を出る前に「グリーンステイながうら」の温泉へw
瀬戸内海の島で海を眺めながら、午前中から温泉に入る幸せw
c0105957_1114182.jpg



土産物コーナーで見かけた「大島伝統の糂汰味噌が入ったエビカツバーガー」ってのがむっちゃ美味そう!
糂汰味噌ってのは、メバルのほぐし身と麦味噌を併せた物なんだって。
その場で焼いてくれる。
c0105957_11194764.jpg



予想通り、むちゃむちゃ美味い!!!!!!!!
絶賛してたらKSRPも買ってた。
というわけで、彼の写真を勝手に拝借w
c0105957_11241332.png



大島みかんプリンも二人揃って買っちゃったぜ!
プリンと言うよりも、ゼリーとババロアって感じかな。
c0105957_11293511.jpg




オルベアマンカーで呉へ到着したのは14時。
折しも例大祭のシーズンなんで、いつも以上に町は賑やか。
まず目指したのは、「田舎食堂 いせ屋」。
c0105957_11424055.jpg



呉と言えば海軍カレーでしょ、というわけで歴史のあるこちらの食堂へ。
行列はあったけど、待ち時間はそれほど無し。
まずは「海軍さんの肉じゃが」。
これ、うめぇ!
白飯か酒が欲しいw
c0105957_11432396.jpg



そしてカツカレー。
もちろん美味いんだけど、特別美味いわけじゃ無いから、1100円といういう金額には見合わないかなぁ。
c0105957_11492118.jpg

奇跡の307 - 響ちゃんと誕生日記念に錦帯橋へ行ってきた その3

【10月12日(土)6:00】

ここから先はあっさりと。
朝の6時、サウナを出発して、バスターミナルへ。
朝焼けの長崎。

c0105957_2334170.jpg



長崎のバスターミナルから、またもや高速バスで博多駅まで。
2500円という格安っぷりw


オペラPの新作のアニメーションっぷりと、「ダイオード」というキーワードに反応せざるを得ない。
超可愛いwwwwww



爆睡しているうちに博多駅に到着したのは9時10分。
オルベアマンPが飛行機でやってきたKSRPと福岡空港で合流できていないことを知り、自分も福岡空港まで出ることに。
それにしても、博多駅から地下鉄で二駅とか、とてつもなく便利なところにあるな。
c0105957_23401575.jpg



オルベアマンとは毎月会ってる気がするし、KSRとは二週間ほど前に「らんちぱっく尾瀬合宿」で会ったところだし、もはや久しぶりなんて感覚は無いw
オルベアマンの車で、とりあえず九州脱出。
一方、KSRといえば、ガラケーとiPhoneとiPadでアイモバをプレイ中w
c0105957_23443733.jpg



門司側のSAで関門海峡を眺める。
鳥天とカリントウ饅頭という、早速食べ歩きの旅が始まったw
c0105957_23455665.jpg



本州に入って下関に着いたら高速を降りて、唐戸市場を目指すw
観光市場なんだけど、超楽しいwwwww
目移りしまくったけど、フグ雑炊と、フグ天麩羅と、寿司と、鯨の竜田揚げを!
超うめぇwwwwww
c0105957_23501836.jpg



もちろん「ふく刺し」も食わねば!
トロ箱の上に乗せて、立ち食いするという謎シチュエーションwwwwww
c0105957_20502381.jpg



岩国で北見Pと待ち合わせてるんだけど、食うことに夢中で思いっ切り遅刻。
その上、道を間違えるというwwwww
ようやく本日の集合場所である錦帯橋へ到着。
c0105957_20595857.jpg



ホントはこのあと陸奥記念館へ行く予定だったけど、すっかり遅れちゃったから今日は錦帯橋と岩国城を満喫することにw
れんこんコロッケ、食うよ~。
c0105957_2115017.jpg



錦帯橋はチャリ旅行で辿り着いたけど、渡るのは初めてだねぇ。
かなり楽しいし、造形が美しすぎるよね。
c0105957_212398.png



橋を渡って、名物らしいソフトクリーム屋へ。
120種類の品揃え。
ゲテモノ揃いでヤバイwwwww
c0105957_22153680.jpg



じゃんけんで負けた奴がゲテモノを食うことになってキッタミーが負けたんだけど、結局はオルベアマンがワサビを、自分が味噌ラーメンを、キッタミーが納豆を食うことにwwwwww
JCらしい写真を撮ってみたw
c0105957_2192985.jpg



錦帯橋を渡るのは有料なんだけど、せっかくだからロープウェイと岩国城もセットにしてみた。
というわけで、アラフォーのオッサン4人でロープウェイに乗る地獄のようなシチュエーションwwwwww
c0105957_21152431.jpg



頂上に着くとさらに歩いて岩国城天守へ。
写真じゃ分かりにくいけど、下層は黒い板に覆われてたので、ちょっとだけ熊本城に思い出す。
c0105957_2117033.jpg



外観からはあまり期待してなかったんだけど、展示物となる刀剣類も素敵だし、何よりも天守からの眺めが素晴らしい。
数多ある天守閣からの眺めでも、これ程までに見事なのは見た事無いかも。
日本中を旅したキッタミーも同意見。
普通の天守は都会の真ん中にあることが多いのでビルに囲まれた風景となることが多いんだけど、ここは山城の立地を活かして、見下ろした風景が見事すぎる。
蛇行した川、囲む山、城下町と海、港、瀬戸内の島、どれも城が現役だった頃と変わりない風景なんだろうねぇ。
c0105957_21345860.jpg



下山して、スーパーへ買い出しのあと、本日の宿へゴー。
近いのかと思ったら、島根県との県境にある、60km以上も登った本当に山奥だったwwwww
らかん高原 深谷峡温泉 清流の郷という場所にあるコテージを一棟借りたのよね。
到着したら19時で真っ暗だから、帰る日に撮った写真を。
c0105957_223242.jpg



標高も高いので、気温も一桁wwwww
コテージには暖房とコタツが実装済みw
さっそくコタツへイン!
c0105957_21461033.jpg



オルベアマン奥さんから素敵なプレゼントを頂く~。
スズカはこれで走るよ~。
c0105957_21475769.jpg



では、さっそくバーベキューを始めますか。
数週間前に尾瀬で見たのと全く同じ風景となる、KSRPが炭火番おじさん
c0105957_215014.jpg



本日のメインディッシュは、オルベアマンが買ってきてくれた豊後牛A5クラスの極上肉!
尾瀬の時にKSRPが持ってきてくれた前沢牛A5クラスはとてつもなかったけど、豊後牛もとんでもないwwwww
c0105957_2153247.png



では、かんぱあああああああい!!!!
提督アイモバおじさんの宴が始まるうううううう!
c0105957_21571643.jpg



キッタミーも2kgもの肉を買ってきてくれたので、食っても食っても肉肉肉!
肉食獣はたまんないw
c0105957_21591460.jpg



しかし、火に当たってるうちはいいけど、火から離れると寒い寒いwwwww
食い終わるとコタツへイン。
んで、KSRオルベアマンはコタツで寝落ちwwwww
うちとキッタミーは二階のロフトへ布団を敷いてオヤスミナサイマシw。
c0105957_22103334.jpg

奇跡の307 - 響ちゃんと誕生日記念に壱岐遠征してきた その2

10時半、博多港へ帰還。
慌てて次のエリアへ向かう。

c0105957_2213646.jpg



太古を使わずに昼の船で五島列島へ渡るには、佐世保(もしくは長崎)の港を目指すしかない。
博多から佐世保へ行くには電車という手段もあるけど、早くて安いのは高速バス
30分間隔のダイヤで、佐世保まで2時間で2200円(特急かもめや特急みどりを使えば似たような時間で辿り着くけど、ダイヤの関係でバスの方が早く着くし、特急を使えば3770円)。
c0105957_13215864.gif


高速バスは西鉄バスセンターを11時に出発。
ところが博多港から出る路線バスだと、その時間にギリギリ到着。
タクシーを使うには中途半端な2㎞強。
仕方ない・・・走るか・・・。


雨も上がって晴れ間が見え始めたおかげで気温も上がるなか、汗だくになりながら猛ダッシュwwwww
15分も掛からずに到着したけど、乗り場が分からずに迷いまくるバカwwwww
飛び込んだ窓口でチケットを購入。
ついでにオニギリと「いきなり団子」を購入して、11時に出発。
c0105957_22162796.jpg



このバスが少しでも早く佐世保へ到着すると、高速船に乗れるんだけどね。
さすがに難しいかな。
予定しているフェリーに乗っても、長崎県のエリアは全部取れるはずだから問題ないんだけど。
c0105957_2217030.jpg



バスの車内から佐世保エリアを制覇して485エリア。
佐世保バスセンターには定刻の13時11分に到着。
佐世保駅を抜けて、港を目指す。
c0105957_1621197.jpg



佐世保駅前には有名な佐世保バーガーの店、ログキットが。
フェリーの出港までは時間があるから、食っちゃおうかなぁ。
いや、まずは港でフェリーのチケットを確保してから。
c0105957_22124899.jpg



九州商船の窓口で、有川までの往復チケットを求める。
往復割引は無いのか尋ねたところ、なんと二回分の回数券があるらしいのよ。
僅かに4000円で五島列島(中通島)を往復出来る素晴らしさ。
ちなみに片道だと3180円だから、往復のお得さが更に際立つよね。
c0105957_22155087.jpg


「有川へ着いたらすぐに戻ってきたいんですけど、出来ますよね?」って壱岐の時と同じ質問を窓口のお姉さんにしてみたら、「え?」って言われたw
これはマズイwwwww
こんな時のために用意していた理由を説明しなきゃw
「海の写真を撮りたいんですよwwwww」
「あー!なるほど!晴れて良かったですね!!!!!」
嘘ついて、ごめんなさい・・・。
c0105957_20223565.jpg



少し時間があるから、近所を散歩しつつ佐世保バーガーを食べてみるかね。
フェリーは一番海側にある「鯨瀬ターミナル」から乗船するんだけど、手前にある「新みなとターミナル」にも佐世保バーガーのお店があったからね。
ピアカフェという港のベーカリー&カフェで、テイクアウトすることに。
c0105957_2210858.jpg



13時45分、佐世保港を出港。
思ってたよりも大きな船だね。
平日だけあって、客の入りはパラパラ。
二等船室で場所を確保してから、デッキへ向かう。
c0105957_13334347.jpg



佐世保は自衛隊基地も米軍基地もあるから、停泊してる船を見てるだけでも楽しい。
提督活動は明日から本格化するけど、今日も少しだけ。
c0105957_1334464.jpg

c0105957_13345774.jpg



んじゃ、こんな風景を眺めながら、さっき買った佐世保バーガーをいただきますか。
ホントに晴れててよかった。
むっちゃいい天気。
c0105957_13352027.jpg



しばらくは入り江の風景を満喫してから二等船室へ。
冷房がキツいな。
五島エリアに入るまでは、こんな感じでLTEのまま。
電波は好調。
c0105957_13354236.jpg



しかし、五島エリアに入ると、少しずつ悪くなる。
床に置いてると1xになりそうなほどだけど、窓の高さまで持ち上げるとLTEが入る。
両者のスピードテストの結果も、ハッキリと違いが現れてるよね。
c0105957_13373855.jpg



そして五島エリアを制覇して486エリア目。
29件の代行なんて、普段なら狂喜乱舞なのに、さっきの壱岐のおかげで麻痺してるwwwww
有り難みが無いwwwww
c0105957_2085066.jpg



しかし、代行をこなしながら感じたんだけど、五島エリアの代行は「今日が期限」のだけは綺麗に無くて、明日以降のしか残ってない。
もしかすると在住Pが、代行失敗を防ぐために当日期限の代行だけは消化してくれて、残りは遠征Pの為に残してくれてるのかしら。


五島列島よ!
私は帰ってきた!
太古が満席だった三ヶ月前の悪夢を忘れる為に!
c0105957_13402378.png



いや、初めて来たんだけどさwwwww
二時間半の航海を終えて五島列島 中通島 有川港へ到着し、またもや先頭で下船し、乗船手続きのために窓口へ急ぐ。
ターミナルは新しく、鯨の骨格が天井からぶら下がってるねぇ。
この島もホエールウォッチングが盛んなのかな。
c0105957_13405810.jpg



ところが、窓口は激混みwwwww
最終のフェリーだけあって、とにかく人が多い。
いや、三連休直前だからかな。
c0105957_13412843.jpg



出港に間に合わないと判断したのか、チケットを持ってるならそのまま乗船して欲しい、と係員の人の呼び掛け。
というわけで、五島列島はわずか15分の滞在wwwww
陽が傾き始めた空をバックに背負った、さっきまで寝転んでた船に復帰。
c0105957_13421763.jpg



有川港を離れて1時間後、後部甲板へ上がってみると、五島に沈むデカい夕陽が。
みんな顔を赤くしながら眺めてるwwwww
c0105957_13425056.jpg



19時、五時間ぶりに佐世保へ帰還。
次の電車まで30分ほどあるので、駅付近で何か食おうか。
レモンステーキが名物らしいと、わざわざ調べてくれたゆかりさんが教えてくれたけど、時間も金も足りない。
夜の佐世保港を響ちゃんと歩く。
c0105957_13432899.jpg



ってなわけで、今度こそは駅にあるログキットで、再びの佐世保バーガーを。
ビールと共に頂きますよ。
c0105957_13435892.jpg



先週までなら佐世保駅にも呉駅にも艦これのポスターが貼ってあったはずだけど、既に撤去済み。
代わりに、こんなのを見付けたよ。
って、ボンビーじゃないかwwwww
c0105957_13444188.jpg



※ 佐世保の艦これポスターは、こんな素敵な龍田ちゃんだったらしいよ。
  ファミ通の記事から引用ね。
c0105957_2147379.jpg



改札の横には「JR最西端の駅」の碑が。
日本最西端は、こないだの那覇空港駅だけどね。
c0105957_13451352.jpg



佐世保駅の改札はICカードを使えない事に気付き、久しぶりにJRで普通の切符を買った気がする(笑)。
諫早まで1250円。
19時42分、青いシーサイドライナーに乗って出発。
c0105957_1347442.jpg



海岸線を走ってるはずだけど、陽が沈んだあとだからさっぱり何も見えない。
この路線、晴れた日中に走ってみたいなぁ。
30分でハウステンボス駅に到着。
一度くらいは行ってみたいね。
c0105957_1348442.jpg



この旅で最初の列車移動だけど、やっぱり難読駅が楽しい。
「彼杵」は読めないwwwww
c0105957_134952.jpg



車内で長崎エリアを制覇して487エリア。
一時間半かけて諫早駅へ到着。
諫早と言えば、諫早湾の干拓が有名だったっけ?
乗り換え時間が20分あるので改札を出てみたけど、駅前に目ぼしいものは無く。
c0105957_13494279.jpg



んじゃ、島原鉄道の切符を買うか。
愛野まで500円、って高いなwwwww
第2/4日曜日だとフリー切符が発売されるんだけど、その割引切符のチラシのイラストが昭和臭しまくりw
c0105957_13502833.jpg



島原鉄道の車両は真っ白で可愛いねぇ。
21時26分に出発。
c0105957_13505133.jpg



一番驚いたのが、途中で車内放送を使って観光案内が始まったことwwwww
しかも諫早高校放送部wwwww

20分の乗車後、アイモバ民が必ず下車するであろう愛野駅へ到着。
って、真っ暗すぎるだろ・・・。
他に降りる客も居ないし・・・。
c0105957_20502262.jpg




いよいよ、本日最後の営業活動。
雲仙/島原エリアを制覇して488エリア目!
予定通り、長崎県を赤100で制覇なり!!!!
c0105957_20523534.jpg



そして!
九州全県赤100達成で、南の夢ゲットですよ!
三ヶ月前の忘れ物を、ようやく取りに来ることが出来たよ!!!!
c0105957_20531161.jpg



やっとここまで来れた・・・。
あとは会津若松の赤染めと、北海道を残すのみ。
いよいよ505のゴールが見えてきたよ。

なんて感慨に浸りつつも、愛野駅の誰もいない状況に心細さを覚えていたw
折り返しの電車は25分後の22時12分にやってくる最終電車。
駅の周りにも何も無く(住宅はある)、車通りも無いこの空間は、なかなかに怖いぞw
c0105957_21164093.jpg



愛野駅は、その名にちなんで恋人の聖地(にしたい)らしいw
駅で結婚式をやったりもするらしい。
駅には愛の伝言板が掲示されて、パラパラとメッセージが記されている。
しかし・・・この誰も居ない状態で眺めても、虚しいだけだなw
c0105957_2133726.jpg



折り返しの電車がようやくやってきたことに安心し、諫早駅まで再び観光案内を聴きながら進むw
諫早駅での乗り換えは4分。
大慌てで乗り換え。
またもやシーサイドライナーだけど、今度はハウステンボス仕様だね。
c0105957_2162135.jpg



TLを賑わしていたえにこPの新作を我慢できずに車内で視聴w
度肝を抜くクオリティ。
相変わらず頭おかしいwwwww
凄すぎるwwwww



23時5分、本日の終着駅である長崎駅に到着。
昨晩、三宮から夜行バスに乗って以来、24時間の殆どを乗り物で過ごしたんだけど、それもここで一休みw
c0105957_2113449.jpg



どこで晩飯を食おうかと駅前の歩道橋を渡ってると、眼下には市電の駅が。
可愛いねぇ。
c0105957_21153780.jpg



さまよってるうちにラーメン屋へ到着。
っていうか、長崎駅前はこの時間だと、居酒屋くらいしか開いてないんだよw
c0105957_21181484.jpg



本日の宿は、一応出発前に目処を付けていたサウナへ。
割引券を使って1500円ほど。
風呂を満喫しつつ、アニマス再放送を満喫したのでした。



というわけで旅はまだまだ続くんだけど、アイモバ遠征としては一段落。
壱岐/対馬エリアの大豊作のお陰で、週明けには二度と無いと思っていた週間一位の座へ返り咲くことも出来たのでした。
しかも、二位のCoCo@さんも響ちゃんを担当してたので、ワンツーフィニッシュ。
なかなかに珍しいんじゃない?
c0105957_21244325.jpg



 ・壱岐/対馬での307件の代行取得
 ・九州全赤100による南の夢獲得
 ・週間一位のウィークリーアイドル賞を再び獲得


響ちゃんの新しい一年のスタートに相応しい、そして最高の誕生日プレゼントになったんじゃないかしら。
今回の響チャレンジも大成功!
あと少し、頑張ろうね。
c0105957_21275534.jpg



今回のルートはこんな感じ。
長崎県制覇のご参考にでも。
c0105957_21362122.jpg

奇跡の307 - 響ちゃんと誕生日記念に壱岐遠征してきた その1

はいさい!色々と突き抜けたハムの人ですよ。
こないだの三連休は予定外の遠征と、予定通りの提督活動をしてまいりました。
響ちゃんの誕生日記念も兼ねてね。

c0105957_2224538.jpg



アイモバ(i)界では、数日前からimas505iタグやスレで話題になっているエリアがあって。
そう、長崎県の離島である壱岐/対馬エリアが、少なくとも9月末から代行消化されていない模様。
自分の周りでも実際に数日消化されず、代行失敗まで被害が広がってる様子。
ということは、恐らく代行は三桁レベルで溜まってるんじゃないかと。
c0105957_2110645.jpg



壱岐/対馬エリアと言えば、7月の波照間遠征の帰りに行こうとして、五島行きの船が満席だったので諦めたエリア
おかげで九州は長崎県だけが未着手(黄色も無し)。
c0105957_22261546.jpg



この三連休はオルベアマン達と広島/山口で遊ぶ予定で、土曜日の昼に岩国か、朝のうちに福岡空港で合流しなきゃいけない。
ということは、それまでに長崎県を埋めてしまえば、行き帰りの交通費は無駄にならないんじゃないかと。
それに気付いた火曜日、時刻表を確認する前に、金曜日の有休申請をしてたwwwww

長崎県のエリア数は5、そのうち離島である壱岐/対馬エリアと五島エリアは少し難易度が高い。
どちらも高速船やフェリーが色んな経路からたくさん出てるし、移動時間も長くないから、一つ一つはそれほどキツくないんだけどね。
アイモバ的に定番と思われるのは、朝のうちに壱岐を船で往復して、福岡県内を埋めたのち、深夜便で五島列島へ向かうフェリー太古で唐津と五島を制覇。
翌日の朝から船で佐世保へ渡り、電車で長崎経由して雲仙エリアを制覇して帰宅するか、そのまま更に船で熊本へ渡って旅を続けるか。

しかし今回は金曜日1日しか時間がない。
少なくとも、土曜日の朝には博多へ着くプランとしなきゃいけない。
ってなわけで、色々と調べたんですよ。
前置きはここまで。



【10月10日(木) 22:00】
結果的に金曜日に有休を取ったことは大正解だった。
平日の夜行バスは3900円だしね(金曜日の晩だと9800円)。
というわけで、22時15分に高速バスの集合場所へ。
初めて使うブルーライナー変な場所へ集合させられて、駅付近のバス停へ案内される。
いつもの三宮バスターミナルじゃないのね。

22時30分、三宮を出発。
4列バスでトイレも無しと言う最低環境だけど、どうせ道中は徹夜で代行を取ってるし、何よりも博多まで3900円と言う安さは魅力的過ぎるもの。
c0105957_2212131.jpg



ってなわけで、ポチポチしながら博多を目指す。
途中から雨が降りだして、相変わらずの雨男っぶりに泣けてきたけどwwwww

道中の代行は快調。
周南エリアでは13件をゲット。
広島の一部と福岡で寝落ちしたけど、ほぼ徹夜で博多駅前に到着したのは7時前。





【10月11日(金) 7:00】
まず、目指すは博多港。
8時発の高速船へ飛び乗るために、ホントなら30分前に到着しなきゃいけない。
まぁでも、旅客なら結構ギリギリでも大丈夫でしょ。
ってなわけで、路線バスで港を目指すことに。
雨は上がり始める。
c0105957_22143529.jpg



港行きのバスはバスターミナル発じゃないことに翻弄され、何とか港へ到着したのは7時40分(運賃:220円)。
高速船のターミナルへ到着すると、チケットを求める行列が多数。
いくら平日とはいえ、朝イチの便は混むものなのね。
c0105957_22381429.jpg



往復チケットを購入するとき九州郵船のお姉さんに「壱岐へ到着したらとんぼ返りしたいんですけど、乗り換える時間ありますかね?」って聞いてみたら、先頭で下船して乗船手続きすれば大丈夫だといういう返答。
往復割引で行きが4320円、帰りが3930円なり。
こないだの隠岐の島を思えば、良心的な運賃。
c0105957_22405850.jpg



高速船ヴィーナス2に乗り込んで、壱岐の陸地側になるであろう右舷の二階フロア窓際席を確保。
電波状況を少しでも良くするためにね。
c0105957_2211585.jpg



壱岐/対馬エリアの代行は残っているだろうか・・・?
「残ってりゃラッキー」くらいのつもりで居たけど、夜行バスに乗ってる辺りから「誰かが既に渡航して取ってたりして・・・」っていう考えと共に胃が痛くなるバカw
実は広Pが向かってるんじゃないかという妄想に囚われてたところ、都合良く広さんの拠点エリアのオファーが届いて声を掛けてみたら、少なくとも今は地元に居るみたいw
良かったw

ここまで代行が溜まっているであろう事態を聞いたことが無い。
稚内や日高、根室は溜まってる報告があるけど、それでも二桁。
今回は明らかに三桁あるはず。
アイモバPなら誰もが夢見るエルドラド。
こうしている間にも、日本全国の何処かから、誰かが壱岐へ向かっているかもしれない。
もしくは何らかの手段で壱岐をめざしているかもしれない。
そう、まるでキャノンボールのように、手段や経路は問わないレースw
昨晩の日付変更をもって、dorayamPの代行依頼が失敗に終わったことから、少なくとも幾つかは残ってるんじゃ無いかと思ってる。
c0105957_2243395.jpg



であれば、朝イチのこの船に乗れば大丈夫だと思うんだけど・・・。
正確には長崎空港から壱岐空港へ飛ぶ朝イチの飛行機が最速だから、そこにライバルのPさえ乗ってなければ・・・。
いや、自分の乗る高速船に同乗している可能性も・・・。
あいつか?それともあいつがライバルか?

馬鹿なことを妄想しているうちに、壱岐へ近付いてくる。
そろそろみんなに明かそうか。
この壱岐渡航を。
「誕生日翌日の響チャレンジは!壱岐/対馬エリアだああああああ! 」
c0105957_1385899.jpg



周りはともかく、どこで誰が見てるか分かんないから、今回の計画を明かすわけにはいかなかった。
というわけで、みんなの反応を楽しむバカwwwww


いよいよ壱岐エリアに突入したのは8時46分。
すでに飛行機はとっくに壱岐へ到着してる時間だけど・・・代行は残ってた!!!!
スクロールしても終わりが見えないほどに!
大成功だ!!!!!!!!
響ちゃんへの、最高の誕生日プレゼントだよ!
c0105957_22463920.png



3分かけて50件消化してからTweet。
底が見えないwwwww
c0105957_22474530.jpg



14分かけて200件消化。
終わらないwwwww
これ、折り返して帰るまでに消化し終えるのかwwwww

あ、そうだ。
こんなこと、もう一生無いから、動画で撮っちゃえw



9時6分、合計で307件の代行を消化!
少なくとも自分では聞いたことの無い代行件数。
これは・・・とてつもないんじゃ無いか・・・?
一応、手元に残ってた期間限定ファン増加アイテムを全部使用してたので、一回の代行につき72000人ほど増える。
それが307件だから・・・この20分で2200万人はファン増加したことになるwwwww
最近は一週間で1000万人前後しか稼いでないのにwwwww
c0105957_22494721.jpg



9時10分、壱岐 郷ノ浦港へ到着。
予定通り先頭で下船し、すぐに窓口へ。
「あぁ、とんぼ返りの方ですね。聞いてます」って、連絡済みかよwwwww
恥ずかしいじゃ無いかwwwww

無事に折り返しの列にも並べたので、久しぶりにimas505iタグで投下する。
きっと、消化されないことを知ってて、代行依頼していない方もいるだろうしね。
c0105957_2253929.jpg



気になって見てみたら、代行消化時に貰えたギャラで、ヤマネコが46匹w
おそらく元々5匹持ってたから、13%の確率でギャラが付いてきたことになるね。
c0105957_22534697.png



壱岐滞在時間は10分で、すぐに折り返しのヴィーナス2に乗り込むwwwww
壱岐牛、食いたかったなぁ。
c0105957_22151177.jpg



帰りの船の中でも二つほど投下された代行を回収しつつ、みんなの祝いと驚嘆のリプを楽しむ。
面白いなぁと思ったのが、300件代行したことをRTしてくれた人たちの反応。
必ず「自分は○○エリアの○件が最高記録」って書いてる所が、アイモバPに共通したところ。

嬉しかったのが、このOZ秘Pの祝いの言葉。
F版(ケータイ版)からのユーザーでも、300超ってのは驚きなのね。
初めて小笠原へ上陸したアイモバPの事を思い出したよ。
c0105957_22572967.jpg


他にも、見ず知らずの二人の方から「なかなか消化されなくて心配だったから、消化してくれてありがとう」なんて連絡まで。

一方、予想通り本スレでも晒されてたけど、さすがに「ああ、やっぱ(位置)偽装か。そいつは前から怪しいと思っていたんだ」には噴かざるをえなかったwwwww
こんな詳細に実況しながら遠征してても疑われるのなら、もはや彼を納得させる方法が思い浮かばないwwwww

巡り巡る

自分は便乗しただけに過ぎないけど、それでもこうなったら乗っかるわけしかないわけで。
前回のポストは、そもそも箱さんのこれを受けてのエントリー。

 駄々。

c0105957_2263958.jpg




そしたらすごろくさんがその流れを拾ってくださいまして。

 10/6雑記 最近読んだニコマス記事

c0105957_2254650.jpg




一方で、カズマさんはうちの記事にこんなブクマコメントを付けてくださいまして。
額面通り受け取っていいかどうか、悩んでたんだけどw
c0105957_21575224.jpg

転載されてるアドレスを貼るのは偉いと思った。
消されずニコ上にあり続けていつでも見られることの重要性も確かにあるんだけど、見てないならまず見ないとだもんねえ




ところで先日、面白いやりとりをみかけまして。
ニコマス系のあらゆるイベントの仕掛け人として有名なloop氏と、マイリスト職人の小魚さんのやりとり。
これはいつかネタに使えると、ファボってたんだけどw
c0105957_2203450.jpg

loop氏「ニコニコで消えてしまったけどyoutubeとかで見られるアイマス動画をまとめたサイトとか欲しい」
小魚さん「つべに転載してる本数の多い人はっておきます(生き残ってるのが多いので探すの大変ですけど) 」




作者の方が自ら消した作品ならいざ知らず、権利者削除で消えちゃった作品ってのは、その作品を好きであれば余計に思い入れが増すものでして。
特にコメントが溢れる名作は。
そんな作品を、「広告王」turnKさんが時々ニコ生で流してくださったりします。
たとえば手前味噌だけど、うちのこのVRLの記事にあるみたいにね。


消えた作品の転載と言えば、カズマさんも言及されたりしてますが。
ついに昨日、小魚さん自らがブロマガでまとめてくださいました!!!!
初っぱなからラインナップが凄まじすぎて、「老害ニコマスブロガー」として有名なカズマさんは涙がとまらないことでしょうw
少なくともうちは止まらないw

 跡地めぐり

c0105957_22155342.jpg




さって、このラインナップだぜ・・・。
震えるでしょ・・・。

アイドルマスター iM@Sオールスター×Perfume “チョコレイト・ディスコ” ‐ ニコニコ動画(原宿)ニコニコ動画(原宿)ニコニコ動画(原宿)如月千早 「桃」 ‐ ニコニコ動画(原宿)アイドルマスター 『樹海の糸』 春香ソロ ‐ ニコニコ動画(原宿)THE iDOLM@STER 天海春香 「サンデイ」 ‐ ニコニコ動画(原宿)アイドルマスター 如月千早 × 30minutes night flight ‐ ニコニコ動画(原宿)THE IDOLM@STER UNITED ‐ ニコニコ動画(原宿)アイドルマスター「君がのヮのな物語」春香 ‐ ニコニコ動画(原宿)ニコニコ動画(原宿)アイドルマスター 「Crazy」 ‐ ニコニコ動画(原宿)アイドルマスター 「H@NABI SKY」 ‐ ニコニコ動画(原宿)【アイドルマスター】”Be Myself” LIVE【伊織誕生祭】 ‐ ニコニコ動画(原宿)アイドルマスター Destiny -太陽のあずさ- 永遠の20歳 ‐ ニコニコ動画(原宿)


という便乗報告でした。

ダダをこねろと言われたので

c0105957_0163923.jpg

いや、うちは言われてないけどw



かよーPの最高傑作であると今でも信じてる『如月千早 × 30minutes night flight』が4年経った先日、権利者削除に。
公式には参加しなかった「2009年上半期20選」で選出させていただいたときには、こんな風にコメントさせてもらった。
色鉛筆風のエフェクトで描かれる、260秒のドラマ。
OPから40秒でこちらを見る千早に殺されて、視線とリップシンクとダンスに溜息が出て、サビ後のパンアウトで息を飲んじゃう。
夕陽が差し込む電車の車両も大好き。

昔、「ほんの一瞬のフライトプラン」ってテーマで曲が書きたかったけど、もちろんタイトルだけで何も書けず。
この曲を見て何となくそれを思い出したのでした。



先日のオールタイム114選におけるマイリス一言コメントでは、こんな風に書かせてもらった。
これで真綾のファンになりました



そりゃ、悲しいに決まってるじゃない。
叫び出したいに決まってるなじゃい。
でもね、ダダをこねるのはちょっと違うかなって思うな。

ニコマスは基本的に「限りなく黒に近いグレー」なんだよ。
だからこそ、前にも書いたとおり、こういう表現になっちゃうんだよ。
だから僕らは祈る。
この世界がいつまでも続くことを。
それが目溢しを願うことになるんだとしても。


だからこそ僕らは、その刹那の喜びと楽しみを精一杯味わって、幸せを噛みしめるんだよ。
んで、「これ見なきゃ、人生損してるよ!」って、誰かに言いたくなるんだよね。
その一つの答えが、カズマさんこれだと思うし、それを受けて自分もこれを書いた。
ゴウゾウさんこれだってその一つだと思うし、そもそも見る専Pのブログはみんなそういうもんじゃない?
作者の方への感謝を示すと同時に、たとえ押しつけであっても「見ろよ!すげぇから!」って言う気持ちと勢いが、見る専Pの初期衝動であり本質だと思うのよね。

ダダをこねたい気持ちは分かる。
自分だって、アレとかアレとかアレが消えた日には、しばらく立ち直れないかもしれない。
でもね、やっぱりそれを言う権利はうちらにないんだよ。
だからこそ繰り返しになっちゃうけど、巡り会えた喜びを存分に味わうしか無いんだよ。


というわけで、見た事無い人のために。かよーPの「祖先にまで伝えたい名作」はこちらからどうぞ。


 アイドルマスター 如月千早 × 30minutes night


※ もちろん、今回の内容は某氏への批判じゃ無いのでw

,