<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

響ちゃんと出雲大社で縁結び旅3(11/24)

※前回はこちら。
一年ぶりの更新で、2012年11月の遠征記録です。


【稲佐の浜】
ホテルで爆睡して寝坊したので、目覚めたのも遅め。
早朝には土砂降りな雨の音が聞こえてたけど、起きたら雨は上がってるのが素晴らしい。
とりあえず、昨日行けなかった「稲佐の浜」を目指すことに。

稲佐の浜ってのは出雲大社のすぐ横にある浜で、昨日実施された「神迎祭」で神様が最初に上陸する場所なんだって。
レンタカーで浜の手前へ乗り付けて、歩いて近付いてみるよ。

c0105957_17451694.jpg



風がキツくて、波も激しい。
これぞ日本海って感じだわね。
シェフがちょっとかっこいいw
c0105957_17473413.jpg



確かに不思議な岩。
昔はこの辺りも潮が引くことは無かったらしいよ。
c0105957_1751056.jpg





【スーパーおきで松江へ】
本当は日ノ御碕灯台まで行きたかったんだけど、レンタカーの返却時間が迫ってきたので断念。
約束の時間3分前にレンタカーを返却して、出雲市駅へ送ってもらって。
次は松江へ行くよ~。
せっかくのフリー切符なんだから、特急スーパーおきに乗って。
c0105957_17543839.jpg

c0105957_17544487.jpg



自由席だけど無事に座れたねぇ。
宍道湖を車窓に、25分の特急の旅。
c0105957_1759254.jpg



松江駅では武将が歓迎してくれる。
おっすおっす。
c0105957_1814872.jpg



とりあえず昼飯代わりに駅弁を。
「島根牛みそ玉丼」ってのを。
んむ、味が濃くて美味い。
c0105957_18103753.jpg





【松江城】
腹ごしらえが完了したら、松江市内のループバス「ぐるっと松江レイクラインバス」にライドオン!
おしゃれなレトロバスなのです。
c0105957_18115191.jpg



バスで一日乗車券(500円)を購入。
乗り放題な上に、これから向かう松江城とかの割引も受けられるみたいなので。
利用者が利用日を削るって、ちょっと面白いね。
c0105957_18232571.jpg



お堀から観る城壁と紅葉が見事。
うん、見事なバランス。
c0105957_18255095.jpg




城内の観光案内所では、無料で荷物を預かってくれる。
ありがたい話だねぇ。
城内はさらに紅葉に溢れてる。
c0105957_18282124.jpg

c0105957_18285338.jpg



イチョウの絨毯も素敵。
c0105957_18292449.jpg



割引料金(団体料金と同じ)の入場料を支払ったら、入場券の絵柄が予想外すぎてワロタwwwww
なんで谷岡ヤスジwwwww
c0105957_18432274.jpg



現存天守である松江城は、黒壁の迫力も合わせて素敵すぎる。
着物を着た歴女と思わしき女性の集団が撮影中だったけどw
c0105957_19362415.jpg



松江城の天守からは、宍道湖がよく見える。
これまた素敵な風景。
c0105957_19393198.jpg





【狐の国】
天守閣を出て、城内敷地を歩く。
天守閣の裏手にあるのが「城山稲荷神社」。
c0105957_19544968.jpg


その通りお稲荷さんなんだけど、小泉八雲が愛した神社なんだってさ。
そのうえ、境内には狐が溢れまくってる。
半端ない数で。
c0105957_19573922.jpg

c0105957_19581429.jpg



それではお茶屋で甘味を。
よもぎ団子とぜんざいを頂きましょう。
c0105957_201344.jpg

c0105957_2014673.jpg

響ちゃんと18きっぷで四国を散歩

c0105957_2319921.png

年度末ゆえに、日々の仕事に忙殺されてるハムの人ですよ。
せっかくの18きっぷシーズンだからどこかへ行きたいなぁと思いつつ、行き先を考えるのも面倒な毎日。
とはいえ、いや・・・だからこそ旅に出て癒されたいと思うもの。

前日にビールでさっさと寝落ちしたせいか、土曜日に目覚めたのは朝の4時半。
ん?今から家を出たらどこかへ行けるんじゃね?と思い、慌てて風呂に入って駅まで向かったのでした。
んで、みどりの窓口で18きっぷを購入。
何となく当たりを付けてた高松へ向かうことに。

四国と言えば昨年のアイモバ四国一周合宿以来だけど、過去も含めて電車で行ったことが無いのよ。
そこも含めて楽しみで、高松まで出たらレンタサイクルでも借りて讃岐うどんでも食おうかなぁと。

5時49分発の各停で姫路へ。
朝食も併せて手に入れてw
あ、明石の名物ではありませぬ。
c0105957_2025682.jpg



全く充電してなかったけど、WiMAXルーターも持参。
遠征時の補助端末と言うよりも、遠征中の大量パケットオフロード用というかw
ほら、グリマスもモバマスもイベント中でしょw
WiMAXも1day600円の契約が最高に便利なのです。
c0105957_20256100.jpg



6時半、姫路で乗り換えて、鈍行で岡山まで。
ここから1時間半って、けっこうあるなぁ。
あ、懐かしいオレンジと緑の車両。
c0105957_2025738.jpg



ボックス席の窓際に座ると、隙間風が寒いw
反対側にはトレカ系のイベントへ向かう野郎三人が、朝から元気。
8時、大都会 岡山に到着。
c0105957_2025823.jpg



8時24分発のマリンライナーが到着。
四国へ渡るのに、特急だけじゃなく快速があるってのは嬉しいねぇ。
マリンライナーも1号車は指定席だけど。
c0105957_2025848.jpg



しっかりと窓際を確保。
んで、岡山駅で手に入れたデミカツサンドをいただきますよ。
先日の、宮島の帰りに食ったデミカツ丼をイメージしながら。
c0105957_2025929.jpg



おう、これはカツも分厚くて美味い!
デミグラスソースよりも、タルタルソースが同じくらい主張してくるけどw
680円だったかな。
c0105957_20251061.jpg



マリンライナーは南へ進み、いよいよ瀬戸大橋。
しかし、車で渡るのとは違って、橋の内部を走るもんだから、見晴らしが抜群ってわけじゃない。
とはいえ、晴れた瀬戸内海の上を駆け抜ける気持ちよさ。
c0105957_20251010.jpg




さて、高松まで出てから讃岐うどんを巡るつもりだったけど、この快速電車は坂出にも停まるらしい。
だったら、先にそちらで降りる方がいいかしら、などと考え始めて。

今日は「がもう」へ行って、あとは高松駅付近で、くらいのつもりだったのよ。
んで、調べてみると「がもう」は鴨川駅から歩くと近いみたい。
ってなわけで、急遽 坂出駅で下車して乗り換え。
c0105957_20251149.jpg



すぐに鈍行が来てくれるというラッキー。
坂出駅の改札を出てうろつくくらいの時間はあったけど。
c0105957_20251221.jpg



坂出から二駅で鴨川駅。
見事な無人駅ですよ。
c0105957_20251233.jpg



ここから歩いて15分くらいかな。
綾川に沿って歩いてると、お遍路チャリダーが。
もちろん、頑張ってと声をかけて。
c0105957_20251372.jpg



誰も居ない農村地帯を歩きながら、合ってるのかなぁと若干不安になりつつw
でも、突如 大量の車が駐車するエリアが目に入ったことで、間違ってなかったことを理解する。
「がもううどん」は、駐車場が整備されてたw
c0105957_20251318.jpg



しかし…この行列w
いつもは早朝に来るからここまで酷く無いけど、今日(9時半)は3桁に近い人が並んでるw
いやぁ、春の暖かさを感じる日で良かった。
c0105957_2025142.jpg



30分ほどで、店の前まで到着。
さすがに回転が速いよね。
料金は変わってないかな。
小が130円ってのは、夢のような値段よねw
c0105957_20251562.jpg



今日はハシゴしないので、大を注文。
店内は相変わらずの風景だけど、料金は先払いになってた。
ちくわ天と揚げも貰うでぇって伝えて、380円なり。
c0105957_20251672.jpg



がもうと言えば、外のベンチで田圃を眺めながら食うもの。
いや、駐車場が広がり過ぎたけどw
c0105957_20251860.jpg



うんめーにゃ!
しかし、若干パンチが弱いかも。
何が違うんだろ。
いや、もちろん美味いよ、むっちゃ!
しかし、涙が出るほど美味かったファーストインパクトに比べると、ちょっと見劣りがするかな。
c0105957_20251950.jpg



そして、がもうと言えばやはり、よううるお氏による「うどんm@ster」第一作目のこちらを紹介せずには居られない!




一気に食って、駅まで戻ることに。
四国一周チャリ旅最終日に寄った「山下うどん」が近いんだけど、ここまで来たから徳島ラーメンも食いたいなぁとw
ってなわけで、鴨川駅に帰還。
c0105957_20251981.jpg


徳島へ行く手段は二つ。
素直に瀬戸内海に沿って走る高徳線に乗るか(ピンクのルート)、土讃線で南へ下ってから東向きに走る徳島線(青いルート)に乗るか。
c0105957_23112599.jpg


後者の方がルートは楽しそうだけど、徳島線乗り換えの佃駅での時間が1分しが無く、それを逃すと2時間待ちになって、挙句の果てには18きっぷで今日中に帰れなくなるw
ま、いっかw
最悪、徳島からバスで神戸まで帰ればいいんだしw
c0105957_20252023.jpg



10時53分、まずは予讃線で琴平まで。
一旦西へ向かいますよ。
定番なのになかなか撮ったことの無いアングルの響ちゃん。
列車の旅も楽しいねぇ。
c0105957_20252111.jpg



琴平駅は金毘羅さんの最寄り駅。
乗り換え時間に余裕があるから、一度改札を出てみた。
んじゃ、この駅舎も駅名も、味があり過ぎて素敵過ぎてヒビったw
c0105957_20252110.jpg

c0105957_20252283.jpg



11時53分、今度は土讃線で南向きに。
どんどん山へ入って行きますよ。
c0105957_20252387.jpg



一両編成の列車は、単線を進む。
もちろん、通過待ちは当たり前。
讃岐財田という駅で通過待ちを眺めてたら、アンパンマン列車が駆け抜けてったw
c0105957_20252385.jpg



山深くなり、何度もトンネルを抜ける。
一両編成なんで、先頭からの風景も眺め放題。
ほら、輝きの向こう側w
c0105957_20252480.jpg

c0105957_20252411.jpg


味のある車窓が続くのよ、こんな感じで。
c0105957_20252583.jpg



そして…ついにとてつもないことが起きる。
長いトンネルを抜けるとそこは徳島県であった。
んで、短いトンネルを抜けると・・・駅が・・・あったけどスルーして行き過ぎたぞ・・・?
ん?列車が停車して、運転手が慌てて後部に向かう。
もしかして!スイッチバックするのか!
予想通り、列車は進行方向と逆にバックを始め、そのまま引き込み線で坪尻駅のホームへ。
ふおおおお!知らなかったからびっくりした!
c0105957_20252615.jpg


あのトンネルから出て来て、しばらく先でバックしてホームに着いたのです。
c0105957_20252665.jpg


そうこうしてるうちに、トンネルへ向かう本線を、普通列車が駆け抜けて行く。
え?ちょっと待って?
もしかして、この駅って普通列車も停まらない秘境駅?
c0105957_20252797.jpg



その予想は当たってた。
ウィキによると、こんな感じ。
徳島県と香川県の県境にある猪ノ鼻峠付近、標高272mの地点に位置し周辺には山林や川しかない。通過する普通列車もあり、秘境駅のひとつとして知られている。

国道から、山道というか藪を600メートルも歩かないとたどり着けないらしいよw
すげぇな…完全に秘境駅だな…。
有名な『秘境駅へ行こう!』でも、5位にランクインしてるという。
こちらのサイトの紹介が、むっちゃ面白いねぇ。


対向列車通過後、うちの乗る列車も再び南下を始める。
あ、坪尻駅では鉄分濃いめの少年三人が下車しましたw

再び飛び込んだトンネルを抜けると山間から一気に風景が広がる。
吉野川が見え始めたので、そろそろ1分で乗り換えの佃駅かしら。

単線で鉄橋を渡る瞬間を、先頭から眺めることが出来るなんて幸せじゃない?
吉野川は緑のエメラルド(というほど良い物でも無いけど、印象的よねw)。
c0105957_23173343.jpg

c0105957_2317349.jpg



そして佃駅に到着。
同時に乗り換える徳島線の列車もホームを挟んで向かい側に到着。
こんな写真を撮るくらいには、乗り換え時間にも余裕がありましたw
c0105957_23173229.jpg



やたらとジムっぽいこの車両には、大量の高校生とおぼしき学生が乗ってる。
「吉野川ブルーライン」の愛称通り、ノンビリと吉野川に沿いながら列車は進む。
んで、気になるのはやっぱり難読駅。
一番印象的だったのは「鮎食駅(あくいえき)」だけど、「府中」と書いて「こう」は完全にキラキラネームのレベルで読めないでしょwwwww
当初、真剣に誤字かと思ったよ。
wikiの画像に直リンク




そんなこんなで徳島駅に到着したのは14時半。
車両基地になってるのかな?
大量の青や緑を基調とした列車が停まってるねぇ。
しかし・・・艦これカフェ開催時期に来たかったねぇ・・・。
c0105957_23173239.jpg



では、歩いて徳島ラーメンを食いに。
うん、今日はポカポカしてるから、散歩にピッタリ。
新町川沿いには、チラホラと桜の姿も。
c0105957_2317311.jpg



そして、本日の最終目的地である徳島ラーメン「いのたに」へ。
徳島ラーメンでは一番有名なお店よね。
自分としては、有名店なら「巽屋」が好きなんだけど、徳島駅から歩くにはちょっと遠くて時間が足りないし・・・。
いや、マイナス思考では無く、いのたにだって勿論楽しみ!
c0105957_23173097.jpg




相変わらず誇らしげに「ヨード卵」と書いてある生卵と、肉大を注文。
んで、忘れてたライスもカウンターでオバチャンに告げるw
そして・・・きたああああああああああああああ!
c0105957_23173066.jpg



最高です!
最高です!
最高です!
四国一周チャリンコ旅以来のいのたにだったけど、やっぱり美味いねぇ。



帰りの電車まで時間があるので、少しだけ散歩を。
阿波踊り会館ってとこへ来てみたら、マチアソビの街だけあってさすがな感じのポスターですよ。
c0105957_23172959.jpg



あ、そっか。
んじゃ、ufotable cafeでも覗いてみるか。

あぁ・・・シネマも兼ねてるのね。
徳島は神戸と同じく千早ですよ。
映画グッズも、ハム蔵ケースと、Tシャツが残ってるねぇ。
c0105957_23172879.jpg



んで、外のショーケースには、中村先生の手形が!!!!!
あの時の手形が!!!!!
んで、昨日偶然ニュースで見かけた手形が!!!!!
c0105957_23172734.jpg




興奮しながらノンビリと駅方面へ戻ってると、駅前に行列の出来た店が。
近付いてみると、大判焼きのお店「あたりや」。
なんか珍しい要素でもあるのかしら?と思いながら、せっかくだから帰りの電車で囓るために並んでみた。
これが、皮が無茶苦茶薄くて、餡子がたっぷり入ってて美味い!!!!
c0105957_23172791.jpg




徳島駅ではあまり良い駅弁を見付けることが出来ず、キオスクで「徳島牛弁当」を購入。
牛飯なんだけど、白飯じゃ無くて「かやくご飯」ってのが特徴かな。
c0105957_23172618.jpg



16時5分、それでは帰りましょう。
今度は瀬戸内海側を走る高徳線で。
高松まで乗り換えなしの鈍行なんで楽勝かと思いきや・・・3時間の行程のうち、半分が「通過待ち」をしている時間という恐ろしさwwwww
(あくまでも印象なので、正確な時間では無いけど。駅から時刻表で確認すると、少なくとも75分は駅で停車してるw)
そもそも、高松-徳島間を3時間掛かるって、チャリとあんまり変わんないやんw


夕日が沈むのを車窓から眺めるのも素敵よね。
そういや、今年の初日の出も車窓からだったなw
c0105957_23172599.jpg



19時10分、高松駅でマリンライナーへ乗り換え。
正面から見ると、確かに「しまかぜ」に少し似てるw
c0105957_23172527.jpg



真っ暗になった瀬戸大橋は、窓の外を映しても反射しまくって全然だめw
代わりに、運転席からの風景を。
んむ、地底探検みたいだw
c0105957_23172423.jpg



ってなわけで、その後は岡山と姫路で乗り換えて、23時前には帰宅したのでした。
んむ、今回の遠征はダッシュすることも無い、ノンビリとした旅でしたよ。
副垢の岡山、香川、徳島埋めも出来たことだし。

,