<   2014年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2014年上半期ニコマス20選

c0105957_22275688.jpg

半年間の棚卸しの時間、ニコマス20選の季節がやって参りました。
20選で夏の到来を感じる身体になってしまいましたw


この半期と言えば二人暮らししてた期間が二ヶ月ほどあったので、そうなるとやっぱりニコマスに触れる時間が減っちゃうよね。
相変わらず何も考えずに、好きだと直感した作品を選ばせて貰いました。

主催のATPを始め、運営の皆様、本当にいつもありがとうございます。
今期の集計スタッフ募集に応募してみようかとも思いましたが、そもそも自分の提出すらいつも怪しいのでおこがましくてw
―――――――――――ここから――――――――――――――
基本レギュレーション
・対象は2014年上半期(1月1日~6月30日)に公開されたニコマス動画
・自身のセレクトを20作品以内でブログ・マイリスト等にて公開
・1Pにつき1作品
※作品と一緒にP名を表記していただけると非常に助かります
―――――――――――ここまで――――――――――――――

上半期はムビマスで始まりOFAまで発売されちゃうと言う公式の動きあり、横アリに続きSSAという夢のような規模のライブがあり(二日とも行った)、モバマスもグリマスも単独のライブあり(共にLVに行ったw)だったけど、ニコマスPV界は街道Pの街道生(応援記事は書いたけど、恥ずかしくて公開しなかったw)が全てを持っていった感じw
最近は週マスのポイントが全体的に低めであることと、週マスそのものの再生数が減っていることが少し寂しいのです。
今回のマイリストはこちら


1.けるまP


君と共に

伊織誕生祭に投下された、けるまPの奇跡のような作品。
星、プラネタリウム、夕暮れ、伊織、くぎゅと言った、うちらの大好きが詰まってる。
c0105957_2151854.jpg

c0105957_9493331.jpg

c0105957_9275461.jpg



ニコマスでは以前ほど見掛けなくなった、3Dによる背景制作。
明確なイメージを持って作られた各シーン。
目を離す隙すら与えてくれない。
c0105957_9282555.jpg

c0105957_9484398.jpg

c0105957_9272723.jpg



「14歳の伊織をきれいに可愛く今持てる技術で表現したかった。」
そう語るけるまPの思いを、全力で受け止める伊織だと思う。
そして、もっと高みを目指して求める二人なんだとも思う。
願わくば、この時間がまだまだ続きますように。
c0105957_949492.jpg

c0105957_950139.jpg

c0105957_9505884.jpg

c0105957_9574974.jpg

c0105957_9511782.jpg

c0105957_9571912.jpg



蛇足だけど、モデルとなったであろう明石天文科学館のプラネタリウムは、日本で最古、世界でも五番目に古く、学芸員さんによる手動操作と解説は、話が明石の誇り。
お近くにお越しの際は、ぜひとも覗いてみてくださいな。
c0105957_10311642.jpg





2.トカチP


ちいさなかいぶつ

この可愛い生き物を、ひたすらニヤニヤしながら眺めるための作品。
『トキメキの音符になって』で一番可愛い最後のポーズを、冒頭でリピートする時点で殺しに掛かってるw
パチッと目が合ったら、もうダメw
c0105957_10483755.jpg

c0105957_10491053.jpg

c0105957_10484697.jpg



あとはもう、トカチPの見事なダンスセレクトと、星梨花ちゃんの頑張ってる姿に夢中になっちゃう。
ズルイw
素材が少ない中、まるであしらえたかのような2分間。
c0105957_10515316.jpg

c0105957_10521441.jpg



星梨花ちゃんといえば、もう一人のエキセントリックで可愛い生き物である「もちょ」と切って語れないけど、あたしゃライブで見る度に「彼女のダンス、凄すぎない?」っていつも思っちゃうのよね。
普段の言動や星梨花ちゃんの可愛らしさに隠れちゃうけどw
c0105957_1054160.jpg





3.fukuyaP


阪神ファン期待のホープ

中毒性が高過ぎて、永遠に抜け出せない音MAD。
元凶は奈緒ちゃんとゆい㌧のキャラクターによるものだけど、fukuyaPの台詞の乗せ方がお見事すぎる。
特に「ありがとぉ」をあそこに配置した才能は、もっともっと評価されるべきである。
c0105957_11969.jpg

c0105957_1192180.jpg



そういやあたしゃこれまで志保属性だったはずが、SSAにおいて完全にゆい㌧と奈緒ちゃんに惚れたのでした。
え?いらない?そんな情報w
c0105957_1113946.jpg





4.総理P


夢の続き

総理Pお得意のDSPV。
876勢と言えば、アニマスでもムビマスでも「忘れられてはいない」という、公式にとっては絶妙な存在。
それ故に、SSAに戸松遥が出てきたときには、まるで夢を見てるんだろうと思ったし、そのままの勢いでポエムまで書いたw
だからこそこれから先も、いつか来る奇跡を信じて876プロのみんなと待ち続けたいんだよ。
c0105957_20245341.jpg

c0105957_20312046.jpg



シルエットの後ろに映るのは、スターピースメモリーズの765プロってのが、より一層の皮肉にも感じる。
いや、もちろん嫌みでは無く。
c0105957_20244370.jpg

c0105957_20313318.jpg



「この胸に空いた穴が今、あなたを確かめるただ一つの照明」
この言葉だって、やっぱり重すぎる。
c0105957_20315939.jpg

c0105957_20321415.jpg



それでも僕らは待つのだろう。
その日が再び来ることを。
c0105957_20363579.jpg

c0105957_2037061.jpg

c0105957_20371763.jpg





5.ナンカンP


二人だから出来る事

亜美真美について語るとき、特に真美について語るとき、ナンカンP抜きには語れない
それは2014年の今でも、けっして変わらない真実だ。
c0105957_21232753.jpg

c0105957_21233759.jpg



亜美真美誕生祭に投下されたこちらの作品は、正当派のステージ動画。
だからこそ、そのカット一つ一つが語りかけてくるこの作品は恐ろしい。
c0105957_21273563.jpg

c0105957_21315332.jpg

c0105957_21321586.jpg



そして、衣装チェンジのその瞬間、リアルに声が漏れる。
今や使い古された技法のはずなのに、こんなにも見事なのは何故なんだろう。
c0105957_21284784.jpg

c0105957_21285959.jpg

c0105957_21292068.jpg

c0105957_21292945.jpg

c0105957_21295383.jpg

c0105957_2130495.jpg

c0105957_21301849.jpg

c0105957_21302826.jpg

c0105957_21305790.jpg





6.ゴn兵衛氏


まだ見たらあかんやつやった

OFAはまだクリアしていない。
というよりも、ほとんど触れてない。
色んな事情があって(主にエースコンバットのせいw)、手つかずなままなのよね。
c0105957_21575056.jpg

c0105957_21575859.jpg



そんな人は、この作品を見てはいけない。
後悔したい人だけ、もしくはOFAを真面目にプレイする気のない人だけが見ればいい。
これは「そういう」作品だ。
うちは、何も知らず見ちゃったw
c0105957_21584928.jpg

c0105957_21591100.jpg



それを分かってて、それでもここへ選ばざるを得ない高揚感。
某Pあらためゴn兵衛氏の罪深さw
c0105957_2222065.jpg





7.hikaruP


\アネモネーション!!/ \アネモネーション!!/

そういった意味じゃ、こちらは安心して見てもらえるOFA作品w
スターピースメモリーズとOFAって、冒頭にも書いたとおりこの上半期の象徴みたいな物よね。
c0105957_22412837.jpg

c0105957_22414044.jpg



繰り返されるダンスの気持ちよさ。
この作品が初見だった「ウサギトネコ」のボイスと相まって、ゆっくりとトランス状態に落ちていくのです。
c0105957_22415167.jpg

c0105957_22415924.jpg

c0105957_22422749.jpg

c0105957_2242847.jpg

c0105957_22424247.jpg

c0105957_22425089.jpg





8.**P(eiteiP)


待たせたね

行こう。
明日が待ってる。
c0105957_21233225.jpg

c0105957_21234076.jpg



箱マスも、L4Uも、SPも、DSも、もちろんim@s2だって置いていくことなんてしない。
みんな連れてく。
みんなで行くんだよ。
c0105957_2126049.jpg



待たせたね。
c0105957_21213086.jpg

c0105957_21213926.jpg



おかえり。

ただいま。

ありがとう。
c0105957_23414583.jpg

c0105957_2342189.jpg





9.リンP


運命の人

自分には、「あの」騒動なんて無かった。
だからこそ、OFAの発売日は美しくも残酷だった。
そこに、プロデューサーとしての律子は居ない。
c0105957_23571015.jpg

c0105957_23571838.jpg

c0105957_2357264.jpg



運命の人が居るのならば、そしてその意味の捉え方が人によって異なるのならば、それもまた残酷だ。
賢い人にとっては、より一層。
c0105957_2359335.jpg

c0105957_23594417.jpg

c0105957_00240.jpg

c0105957_00476.jpg



待っててくれて、ありがとう。
c0105957_024779.jpg

c0105957_025724.jpg

c0105957_0311100.jpg

c0105957_032273.jpg





10.TataguP


目に毒

TataguPの街道生で披露された作品は、あいもかわらず猛烈に刺激的で淫靡だ。
そう、TataguPの本作は、アングラのニオイがする。
c0105957_2243172.jpg

c0105957_22451252.jpg

c0105957_22452975.jpg



一方、春香さんから生み出される矢印のシーンの爽快感は、何物にも代えがたい。
スローと矢印の爽快感、抑圧からの解放。
c0105957_22434944.jpg

c0105957_22484879.jpg

c0105957_22485885.jpg





11.アニバニアP


「彼女たちはまさに魔女かもしれません」

これぞセンスの塊、とみんながコメントしたこの作品。
気が遠くなりそうな手間を掛けて衣装の色替えを行い、「いかにも」って名前を付けて、それっぽい説明を加えて、かつ音声合成で英訳を読ませて、出来上がったのがこのファッションショー。
本当に見てるだけで楽しい。
c0105957_2383398.jpg

c0105957_2391538.jpg

c0105957_2394645.jpg

c0105957_2310739.jpg



これ、またOFAでやってほしいなぁ。
もしくは箱マスとかでも。
c0105957_23102792.jpg

c0105957_23105764.jpg

c0105957_23111988.jpg





12.匠P


貴方の故郷の空を

貴音誕生祭に投下された、ひびたかステージ作品。
ストーリー性を持たせたが故の宿命か、ステージが始まるまでの二分間で多くの視聴者を逃してる気がするのよね。
だからこそ、ここで選ばせてもらったのよ。
その熱いステージをみんなに見てもらうためにも。
c0105957_23324464.jpg

c0105957_2333056.jpg

c0105957_23344321.jpg



自分が見落としてるだけかもしれないけど、貴音が響について語る作品って、あまり見掛けない気がするのよね。
貴音は決してその弱さを響に見せないんだろうけど、それでも救われているということを胸に秘めながら。
c0105957_2335484.jpg

c0105957_23355148.jpg

c0105957_2336060.jpg





13.ペヤング氏


踊ってもいいのよ

あり得ないセンスと音ハメによるステージ系音MAD。
脅威の新人()ペヤング氏により投下されたこの作品は、明らかにもっと評価されるべきだと思う。
c0105957_23434540.jpg

c0105957_2343578.jpg

c0105957_23441065.jpg



そして後半の映像の洪水。
そのまま、溺れてしまいたい。
c0105957_2345028.jpg

c0105957_23451274.jpg

c0105957_2346563.jpg





14.サトウくんP


フォントは銃より強い

2014年初頭にデビュー以来、グリマス/モバマスを中心とした静止画MADを精力的に投下し続けるサトウくんP
その有り余る技術とセンスで、フォント民をメロメロにしてくれるw
c0105957_235946100.jpg

c0105957_003675.jpg

c0105957_023649.jpg



これはもはや嫉妬に近い。
それほどに、その空間把握力とフォントのセンスは飛び抜けてる。
静止画であることなど、もはや何のハンデにもならない。
c0105957_063940.jpg

c0105957_07092.jpg

c0105957_071899.jpg





15.あとりえP


萌え死に爆弾

あとりえPの作品を見る度に思うのが、「この時代に、貴方が居てくれて良かった」って事だ。
それ以上は言わないけどw
c0105957_2222216.jpg



いつだって視聴者を萌え殺しにかかってくるあとりえP作品だけど、この作品は殺傷力が半端ない。
G4U映像を挟ませたら、今や横に出る者は居ないだろうなぁと。
ダンスシーンも含めて、どこを撮ってもニヤニヤしちゃうもの。
c0105957_22635.jpg

c0105957_226162.jpg

c0105957_2263071.jpg



それでいてダンスのセレクトもお見事すぎて、とにかく楽しくて、何度も何度も見ちゃう。
上手いなぁって、気付けば呟いちゃうほどに。
c0105957_2272323.jpg

c0105957_22121836.jpg

c0105957_22123030.jpg


16以降はこちらに続きますよ

,