<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

im@s MSC Vという2015年式ニコマス界の殴り合い(フィナーレ):随時更新

c0105957_1544136.png


MSC5の決着が付きました。
参加された皆様、運営の皆様、濃密な一ヶ月を本当にありがとうございました。
ただひたすらに、感謝しか有りません。
投票作品に悩まされた日々もセットで、忘れられない想い出となりました。
また、一部の方には自分の駄文で不愉快な思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。









NormalPが開催期間中のサムネ一覧に引き続き、獲得票数をまとめた記事を上げられています。
「こっそりMSC5の票数を並べる [予選]」
「こっそりMSC5の票数を並べる [本選]」

ごPが得票一覧表を作成されています。
「こっそりMSC5の得票一覧表作っちゃいました。」

Vinegar56%氏が予選に引き続き、MSC関連のブログ記事一覧を作成されています。
「メモ:im@sMSC5関連記事」



以下、自分用の記録として、予選順で単品とご本人の解説記事リンクを。
ツイートで解説されている方もたくさんいたので貼ってみたら、ごちゃごちゃしたけど気にしない。
(埋め込みが出来ないのよね、エキサイトブログ)


【A-1】 ごP


「MSC5に出てました。」
c0105957_847580.jpg





【A-2】 龍弐P





【A-3】 dragontwo2p


https://twitter.com/dragontwo2/status/644861845442969600
https://twitter.com/dragontwo2/status/645044804569554945
c0105957_18334828.jpg

c0105957_1834698.jpg



【A-4】 137P
https://twitter.com/hyakusanjunana/status/644862453906456577
https://twitter.com/hyakusanjunana/status/644864007879327745
https://twitter.com/hyakusanjunana/status/644864830508167169
c0105957_9142275.jpg

c0105957_914313.jpg

c0105957_18505926.jpg




【A-5】 2番P
「だから今井。(或いはMSC5参戦に寄せて)」
c0105957_871971.jpg





【A-6】 終わり詩P
「終わり詩のMSC雑感&言い訳!」
c0105957_21343485.jpg





【A-7】 bibliomaniaP
「MSCV」
c0105957_7522414.jpg





【A-8】 スカルちくP
https://twitter.com/skulltic/status/644843781007671296
c0105957_20274696.jpg





【B-1】 ポジP


「MSCVに参加してました。」
c0105957_22144749.jpg





【B-2】 ぺけ丸P


https://twitter.com/Pekemaru_nya/status/644832471536697344
c0105957_9361945.jpg





【B-3】 /sec.P


「Challenge for MSCⅤ」
c0105957_7535851.jpg





【B-4】 Quatre mois P(四月P)

https://twitter.com/april__p/status/644838132211277825
c0105957_22424925.jpg




【B-5】 Miki.bmp
https://twitter.com/Miki_bmp/status/645058714462875648
c0105957_949661.jpg





【B-6】 あやいずP





【B-7】 妖狐P





【B-8】 卓球P


https://twitter.com/masuwohold/status/644871897658757120
c0105957_9532081.jpg





【C-1】 桃月P

https://twitter.com/momotsuki_/status/644849119677120513
https://twitter.com/momotsuki_/status/644849890531545089
https://twitter.com/momotsuki_/status/644853914647461888
c0105957_102793.jpg

c0105957_1021786.jpg

c0105957_1022749.jpg





【C-2】 hitonariP


https://twitter.com/hitonariP/status/644830978049859584
c0105957_954717.jpg





【C-3】 CloverP
https://twitter.com/CloverP/status/644932428142776320
https://twitter.com/CloverP/status/644932535076564996
c0105957_1052497.jpg

c0105957_1053447.jpg





【C-4】 ゆっぴP


「MSCⅤお疲れ様でした!」
c0105957_756167.jpg





【C-5】 カレーP
「どうも世界5位です」
c0105957_21525261.jpg





【C-6】 タイ氏


「『今さらですが、MSC5に参加していました』という話」
c0105957_229151.jpg





【C-7】 マドールンP・マツP


「取り急ぎご報告」
「MSC5に参加してきました。」
c0105957_18272959.jpg


https://twitter.com/ao_matu/status/644909757627699202
c0105957_921674.jpg



ζ*'ヮ')ζ<じゃんぷ!の制作後記

c0105957_2027566.jpg



【C-8】 きゃのんP
https://twitter.com/CANNON_P/status/644842386393206784
https://twitter.com/CANNON_P/status/644843129925861377
https://twitter.com/CANNON_P/status/644843963451469824
https://twitter.com/CANNON_P/status/644844615208534017
c0105957_10144131.jpg

c0105957_10145034.jpg

c0105957_1015071.jpg

c0105957_10151077.jpg


Dブロック以降は以下に収納

益田INAKAライドは「益田土砂降りライド」だった

c0105957_20505974.jpg


チャリンコ乗ってますか?
うちはあんまり乗ってませんよw
そんななか、久しぶりにチャリンコイベントへ参加して参りました。
9月6日に島根県益田市で開催された「益田INAKAライド」へ。
c0105957_1414796.jpg



町おこしの一環として行われている大会で、今回で4回目。
売りとしては「100km走っても信号ゼロ」ってのと、「萩・石見空港の滑走路を走れる」ってのが大きいかな。
大会の公式動画はこれ(2012年制作なのかw)。




アイモバ仲間である「らんちぱっく自転車部」部活動の一環として、2年前のスズカ8h、1年前のしまなみ以来、オルベアマンPが幹事の元、参加したのよね。
参加メンバーは「"加賀兄弟の兄"kzwaterP」「"養老鉄道の鬼"竜飛海底P」「"上京しても岩手魂"チーズP」「"キャンプおじさん"オルベアマンP」「"デブ"ハムの人P」の5名。
それと「"かな子に圧死させられたい"かわはらなお親方」が応援のみで参加と、地元民である「"益田は俺に任せろ"うっうーP」も応援に来てくれたのよね。
c0105957_14234352.jpg




金曜日、仕事を終えて、デレアニを見終えた深夜に出発。
霧の中の中国自動車道を走って岡山県のSAで仮眠したのち、朝の8時に出雲大社へ到着。
真っ直ぐ向かっても楽しくないしなぁってのと、駅メモ埋めたいなぁってのもあるけど、何よりもアイモバの副垢を埋めたかったのもあってw
c0105957_14465891.jpg


しかし・・・朝の誰も居ない出雲大社ってのは、思ってた以上に雰囲気があって素敵。
先日から急激に秋の気候になったのもあって、とっても涼しいしね。
犬の散歩をする人、結婚式の写真撮影の人、ツーリング中のライダー、キャンピングカーの家族連れ。
大注連縄もお久しぶり。
c0105957_1452247.jpg


せっかく出雲へ来たんだから蕎麦を食いたいなぁと思ったら、朝からやってるお店もあって。
出雲蕎麦と宍道湖のシジミ汁がついた朝定食を頂くことに。
朝からヘルシーw
c0105957_14582691.jpg


一畑電車の出雲大社前駅には、日本最古級の電車が展示されている。
この辺りも、ゆっくりと見た事が無かったからね。
c0105957_1511129.jpg



さらに、「旧大社駅」へ。
20年以上前に廃線となったJR大社線の終着駅だけど、大正時代に作られた和風建築の立派な駅舎は本当にお見事。
自由に見学できますよ、と。
c0105957_154199.jpg

c0105957_1542946.jpg

c0105957_1543385.jpg




そこからは日本海沿いを延々と。
3年前に江津エリアを埋める為、出雲からスーパおきで走ったことあるけど、車窓の風景が楽しいよね。
車でもソレは一緒。
晴れてたら、もっとよかったのに。
c0105957_15453699.jpg



12時過ぎに益田へ到着。
そのまま、飛行機輪行のチーズ君を迎えに萩・石見空港へ。
c0105957_163163.jpg



明日はこの滑走路を走れるのかぁって思いながら、着陸を見守って。
c0105957_1635727.jpg

c0105957_16413.jpg



オルベアマンPも車で空港へ到着したので、3人で昼飯へ。
適当に調べたら、美味そうな和食の店があったので向かってみることに。
益田駅近くにある「田吾作」へ。
c0105957_16112275.jpg



この店が大正解だった。
入ってすぐの生け簀に泳ぎまくる日本海の幸。
こんなの、美味いに決まってる!
c0105957_16144115.jpg



刺身付きの定食がたまらん!
とてつもなく美味い!
c0105957_1619681.jpg



チーズ君の頼んだイカ丼も超旨い!
最高!
c0105957_16223072.jpg



輪行で到着したよしをさんカズさんを迎えに益田駅へ。
うっう~君も顔を出してくれる。
しかし・・・益田駅の端々に漂う昭和感は、狙って作れるもんじゃないな・・・w
特に駅のCDショップのラインナップは・・・。
c0105957_16272442.jpg

c0105957_16273225.jpg



駅前で実施されている前日エントリーへ。
しかし・・・このイベントはどこへいっても地元の方のボランティアの数と歓迎が凄い。
さっきの空港でも出迎えや送迎バスがあるし、田吾作をはじめ様々なお店の方は大会のTシャツを着てるし。
ほんと、町挙げてのイベントだってのがよく分かる。
c0105957_1646780.jpg



BBQの食材を買い込み、今夜のロッジへ。
みと自然の森」は益田駅から車で1時間弱。
本来ならもっと短い時間で行けるらしいけど、土砂崩れで旧道しか使えなくなっており、車一台分の幅しか無い川沿いの崖横を、6km弱も進まなきゃいけない辛さw
これだけ見るとマシに見えるけど、少なくとも一人ではあまり走りたくない道だな・・・。
c0105957_16561628.jpg



ここの施設、アプローチ以外は最高なんだけど、あと一つだけ弱点が。
なんと・・・ソフトバンクしか電波が入らないという・・・。
そんな場所がこの世にあるなんて・・・。
管理棟付近で無線LANが使えるけど、ロッジまでは届かずw

とりあえず肉を焼く。
ひたすら焼く。
馬鹿みたいに焼く。
c0105957_1775155.jpg


途中からついに雨が降り出す・・・。
やはり・・・強力な雨男二人(ハム、オル)の前に、晴れ男の神通力など通じないのか・・・。
そして、ロッジの中に飛び込む虫の大群。
殺虫剤と虫除けが確実に必要だわ・・・。
翌朝の予報がこんな状況の中、早起きの為にも日付が変わる頃にはさっさと寝ることに。
4人はベッドで、2人は床で。
c0105957_1717121.jpg




朝4時半、目覚めても絶望感しか無い雨っぷり。
「こりゃ、中止だろう・・・」と思いながらも、みんなで準備して土砂降りの中を出発。
なんのこっちゃ分からないでしょうが、こんな雨。
c0105957_17241371.jpg



スタート地点であるグラントワの駐車場は既に満車の為、先に会場前でチャリだけ下ろして車を移動させることに。
ところが、チーズPが大失態。
飛行機輪行の為に外していたペダルを、ワイヤーロックでサドルへ括り付けてたんだけど、このワイヤーロックの鍵をロッジへ置いてきたらしく。
切れるような太さでも無いけど、「とりあえず相談してきます!」って受付へ向かう彼を置いて、駐車場へ。
c0105957_1803993.jpg



車を停めに市役所まで向かって、駐車場の案内をしているボランティアの方に「こんな雨でもやるんですか?」って聞いてみたら、「参加費1万円も頂いているので、中止するのも大変なんですよ・・・」ってw
やったらやったで事故が発生すると揉めるし、中止すると「金を返せ」ってクレームが出るし、運営側は大変だわね・・・。
この時点でも、こんな土砂降り・・・。
c0105957_17461815.jpg



そんな中、ひたすら準備する一行。
チーズ君はといえば、運営に相談していた様子を見た白バイのお巡りさんが、ガッツリ切断できる工具を持ってきてくれたらしく、見事に救われていたようでw
諦めなくて良かった・・・。
c0105957_17504894.jpg



絶望的な土砂降りの中、開会式は始まる。
「この後、雨は上がるという予報で・・・」なんて言葉は、もう信じないぞw
帰り用の荷物を預け、出走のサインをし、補給食を受け取り(さすがに、この雨でオニギリを貰う元気は無かったw)、出撃準備。
ちなみに参加賞だけ貰って帰る人も多数で、600人規模の大会だけど参加者は半分ぐらいだったみたいw
c0105957_1811444.jpg



スタート地点に並ぶ頃には、だんだんテンションが上がってくるw
ここまで来たら、もう楽しむしか無いもんね。
我々が参加する「ホッとHot70」クラスは参加者が少なくて20名程度?
c0105957_1864354.jpg



7時20分頃にスタート。
まずはこの大会の名物である「萩・石見空港」の滑走路目指して。
スタート地点からはもちろん多数の沿道の応援が。
んで、走りながら気付いたけど、中心地の信号が全部「青」。
先導してくれるスタッフの方に聞いてみると、どうやらこのイベントの為に空港までの信号はすべて青にしているようで。
すげぇな・・・。
あ、コースはこんな感じです。
c0105957_2115497.png



6km走って、空港に到着。
なんと、空港のロビー前では地元学生によるブラスバンドによる演奏が。
この雨の中、嬉しいねぇ。
そのまま、滑走路へと進入。
(NPO法人 益田市 町おこしの会のサイトから引用)
c0105957_18282716.gif



うん、やっぱり凄い。
継ぎ目の無い、ひたすらフラットで見晴らしの良い滑走路を走る気持ちよさ。
しかも誘導灯を点灯してくれてるので、物凄くロマンチック。
滑走路の一番端から見ると、もはや感動の域に達するレベル。
(島根県土木整備事務所のサイトから引用)
c0105957_18325833.jpg

c0105957_1833876.jpg



スズカの路面とは全然違うけど、走りやすいよね、やっぱり。
雨の中を、滑走路にもボランティアの方が立ってくれてる。
上から見ると、こんなだったみたいで。
(萩・石見空港のFacebookから引用)
c0105957_18362946.jpg




滑走路を出ると再びロビー前の演奏を聴きながら空港を離れて、海岸線へ。
晴れてたら綺麗んだろうなぁと思いながら通行量の少ない国道を進む。
途中、見覚えのあるRX-8が停まってると思ったら、うっう~君が応援に来てくれてたw

しばらく進んで小休憩。
止まると、とにかく雨で寒いw
チーズ君は興奮で鼻血を出すw
c0105957_18421417.jpg



更に海岸線を進んだ後、山へ向かうルートとなる。
ほとんど峠や坂は無いんだけどw
30km弱走って、最初のチェックポイントである飯田へ。
まずはスタンプを押してもらい
c0105957_1850837.jpg



補給食をいただく。
c0105957_18505016.jpg



晴れてて暑かったら、きっとこのトマトは人気だったろうなぁと思うw
雨は上がりかけてるけど、やっぱり寒いものw
c0105957_18513278.jpg



この、真珠とうもろこしがむちゃくちゃ美味い!
暖かいから更に最高!
c0105957_1852286.jpg



第二チェックポイントへ向かっている頃には、ほぼ雨も上がる。
ちょっとした峠越えがあるけど、終始平和な感じのポタリング。
里山の風景を楽しむ余裕も出てくる。
これは、遅れてる人を待ってるときによしをさんが撮ってくれた写真かな。
自分はアイマスジャンパーをカッパ代わりにしてました。
c0105957_1858349.jpg



第二チェックポイントは40km地点。
さっきから10km強しか進んでないw
ここ、横田でも歓迎は凄い。
c0105957_1953765.jpg



いなり寿司、杏仁豆腐、そして昨日行った「田吾作」からは茄子が提供されるw
c0105957_1973338.jpg



そういや今回のイベントはNHK BS1の「チャリダー」の撮影班が来ているんだけど、インパルスの堤下とモデルの朝比奈彩ちゃん(二人とも知らない人だけどw)も参加してるのね。
んで、このエイドで朝比奈彩ちゃんと一緒のタイミングだったので、気付けばツーショットでの撮影会が繰り広げられたりw
むちゃくちゃ小顔で、むちゃくちゃ可愛いな!
c0105957_204313.jpg



あとは山を登って匹見峡温泉を目指すだけ。
ゴール地点も標高は300mもないので、ノンビリとした山ポタリングって感じで川沿いに国道を進む。
c0105957_2014045.jpg



途中の小休憩で撮影大会w
カズさんが足を攣ったそうで、ちょいと遅れ気味に。
c0105957_2014209.jpg

c0105957_20145985.jpg



最後のチェックポイントである匹見(68km地点)では、昼飯が待ってる!
「わさまる」も待ってる!(ちなみに、彼は背中に「おろし金」を背負ってるw)
c0105957_20183941.jpg



昼飯は蕎麦、かき揚げ、うずめ飯、梨。
白飯に見えるうずめ飯は、下にワサビやゴボウが「うずめられている」郷土料理。
これが美味い。
c0105957_20221410.jpg



また、かき揚げも地元の野菜が。
ほら、こんな看板もね。
c0105957_20231131.jpg

c0105957_20232049.jpg




昼飯の後は、温泉だあああああああ。
70km地点にあるゴールは、匹見峡温泉「やすらぎの湯」。
c0105957_20271173.jpg



温泉へ入る前に・・・チャリを預けることに。
なんとこのコース、帰りはチャリをトラックで運んでくれて、人はバスで送ってくれるという至れり尽くせり。
しかも、こんな立派な箱に入れてくれるとか、この箱くださいw
c0105957_20283856.jpg

c0105957_20285126.jpg



みんなでノンビリと露天風呂に浸かり、雨中走行の汚れと疲れをとる。
控え室もあるのよねw
c0105957_20304254.jpg



バスに乗ってスタート地点であるグラントワへ帰還し、完走証を受け取る。
c0105957_21234325.jpg



完走証は石州半紙という手漉きの半紙で作られた物。
ほんと、最後の最後まで素晴らしい郷土愛。
c0105957_2039391.jpg



というわけで、無事5人とも完走したのでした。
いやぁ、聞きしに勝る素晴らしさ。
スタートからゴールまで、沿道の住人の皆さんの応援が絶えないイベントだったのが、本当に嬉しい限り。
あらゆる場所で、民家の前に椅子を出して、もしくは民家の窓から、お婆ちゃんもお爺ちゃんも子供達も、みんな手を振って声を出して応援してくれるんだよ。
すげぇ山の中にある民家でさえも。
次こそは、滑走路も海岸線も里山も、晴れてるときに走りたいねぇ。

昨年のPVが大会の雰囲気を見事に表現してくれてるね。




その後は、「サンライズ出雲」に乗車するかわはらなお親方と別れた後、昨日と同じように食材を買い込んでロッジでバーベキュー。
今夜は殺虫剤も虫除けも忘れてないぜw
c0105957_20535971.jpg


もやし祭も開催ですよ。
c0105957_20541330.jpg



月曜日は皮肉にも晴れw
カズさんは電車で早めに帰還。
その後、4人で美都温泉へ。
c0105957_20575148.jpg


温泉のロビーで、地元紙をチェックしていたチーズ君が見付けた昨日の記事。
c0105957_20585286.jpg


最後は三度の萩・石見空港へ向かい、空港のレストランで「のどぐろの煮付け定食」を頂いて解散したのでした。
何て言うか、食ってばっかだなw
c0105957_2102356.jpg



今年度の大会の公式映像が上がっていたので埋め込みました。
0:35の空港に入るシーンで「らんちぱっく一同」の映像と音声が、某所でオルベアマンとよしをさんが、0:54の段ボール箱へ詰め込むシーンでチーズ君と自分が、2:08の土砂降りスタート直後で自分とオルベアマンとチーズ君が映ってるw

im@s MSC Vという2015年式ニコマス界の殴り合い(決勝)

自分はベタすぎるほどベタだと思っていたのに、本戦の投票作品が一作も決勝進出していなかったことで、自分が段々とズレてきているのだと感じているハムの人ですよ。
自分がズレてきたのか、それとも世間が求める作品の傾向が変わってきたのか、その両方かもねw

いよいよ明日が締め切りとなりましたが、一足先に配信されたデレステに夢中だったり、島根までチャリンコイベントに行ってたりと、決勝公開初日に見て以来、落ち着いて選考できておりませぬ。
いつも通り、これを書きながら選んでみるよ。







【Final-1】

静止画MADがミリオンで花開いたってのは、何か理由があるんだろうか。
もちろん昔から有ったとはいえ、ここまで爆発的に広がったのはミリオンからだし、今でもやっぱり「静止画=ミリオン」っていう方程式が出来上がっちゃってる気がする。
制作の方程式も出来ちゃってるのかな。

c0105957_2245359.jpg

c0105957_224556100.jpg

c0105957_224658.jpg



アニデレが始まる前から、シンデレラの静止画作品はそれほど多くなかったもんね。
いや、どちらかと言えば「静止画MADでもバリエーションが多かった」と言うことかもしれないのかなぁ。
c0105957_22461327.jpg

c0105957_22462557.jpg

c0105957_2246389.jpg



1分になって、「見せたかった物を全部見せた!」感が伝わる作品。
そういった意味じゃ、「最初から最後まで見所で、予選から決勝まで飽きさせない」ってのは、やっぱり凄いなぁと。
いや、決勝まで残った作品全てに言えることなんだろうけど。
c0105957_22491515.jpg

c0105957_22492543.jpg








【Final-2】

いや、そうでも無いか。
この作品は「決勝に来ても、まだ引っ張るタイプ」の作品だものね。
c0105957_22521187.jpg

c0105957_22531724.jpg



新たに追加されたパートでは、ミリオンもシンデレラも撃破して、更に進んでいく。
このシーン、シルエットよりも実カード絵の方が好みだったかも?
あ、シルエットの最後は765勢なのか。
c0105957_22534817.jpg

c0105957_22555438.jpg

c0105957_2256250.jpg



そして最後の回廊のシーン!
ここ!
ここ好き!
んで、deadblue238P名作を思い起こさせますなぁ。
c0105957_22571713.jpg

c0105957_22574122.jpg








【Final-3】

1に続いてこの作品も、「今のニコマス」と言えると思うのよね。
アニマスが「アイマスを救ってニコマスを変えた」ことには間違いなくて、それそのものに何ら負の感情を持ってないんだけど。
いや、それどころか「新しい才能が集まった」とすら思ってるもの。
c0105957_2318371.jpg

c0105957_23184889.jpg



だからこそ、アニマスで入った人ほどPV作品やステージ作品にも取り組んで欲しいなぁと思うのですよ。
必要なカット、必要なポーズは自分で撮る、という一歩先へと。
c0105957_23181544.jpg

c0105957_2319560.jpg



そして本作。
ここまで来ると「早く新しいアニマス素材を!」と言いたくなるほど、見事にシャイニーフェスタの映像を使い切ってる。
冒頭の掴みだけで、白飯をお代わりしたくなるよね。
c0105957_23173530.jpg

c0105957_23192021.jpg








【Final-4】

「PerfumeM@ster」は、もはや様式美を越えた美しさがあって、それ故に挑戦する勇気も尋常じゃ無いと思われ。
ありとあらゆる名作がこのタグから生まれて、誰もが忘れられない作品を残していった。
そこへまた新しい一歩を刻んだ本作。
c0105957_23265096.jpg

c0105957_23271418.jpg



伊織が背負ってきたものはこの10年で大きく変化して、我々ニコマス民も彼女に背負わせすぎた感がある。
竜宮小町が生まれたとき、そういう風に運命付けられたのかもしれないけど。
c0105957_23342844.jpg

c0105957_23344788.jpg



最後のこのシーン、もちろん元はアニマスのジャケ絵なんだろうけど、わかむらPの『Inside of mind』を少し思い起こすよね(※転載作品はこちら)。
あのマジックを。
c0105957_23414157.jpg

c0105957_23415920.png








【Final-6】

何様だと言われそうだけど、こういう作品がちゃんと評価されるって、ニコマスも捨てたもんじゃないなぁと思うのよね。
正直なところ、決勝に残るとは思ってなかったもの。
c0105957_23495766.jpg

c0105957_2350493.jpg



それほどまでに「そこにある」「ここにいる」ドールの魅力とその生々しさが、みんなに響きまくったんだろうねぇ。
もちろん、ドール沼の皆様が、思ってたよりも多いのであろう事もw
c0105957_23501019.jpg

c0105957_23502718.jpg



実写のイメージ映像の挟み方も見事で、コメントにあるように「PVでもありメイキングでもある」贅沢さ。
そして、濡れた髪の魅力。
c0105957_2351694.jpg






【Final-7】

実は自分の中で「決勝になって、一番印象が変わった」作品。
パステル系モーショングラフィックな皆様(今、勝手に作った)の作品は、これまたいつも最高で、だからこそいつも「安心して見られる」ことが新鮮さを奪っている気もするのね。
c0105957_2358531.jpg

c0105957_23581616.jpg



ところが本作は前半のMGと打って変わって、ダンスを中心に春香さんの魅力が巻き散らかされるw
あぁ・・・可愛い・・・たまんない・・・。
c0105957_23583477.jpg

c0105957_23585138.jpg



ところでこのロケットって、えこPオマージュよね?w
書こう書こうと思いながら、何となく書けずじまいだったので最後くらいはw
c0105957_23593591.jpg

c0105957_015428.jpg








【Final-8】

この人力ボカロのレベルの高さ、バリエーションの豊富さ、そしてこの見せ方。
人力ボカロ合作カラオケ大会、誰か早くやって下さいw
c0105957_05256.jpg

c0105957_053053.jpg







【Final-9】

登場からして杏はシンデレラでも存在感を示し続けてきたけど、アニデレにおいて新たな方向性を大きく見せつけた結果として、もはや唯一無二の存在と化した。
もう、これが杏のキャラ設定として固定されていくんだろう。
響ちゃんの八重歯のように。
c0105957_010752.jpg

c0105957_0101744.jpg



彼女の生き様が、何に端を発した物なのか自分は知らない。
知りたいとも思うし、知らない方が魅力的だとも思う。
ただ、18話のきらりへ溢した言葉は、その一面を見せることが出来る仲間を手に入れた彼女の、成長の証でもあるんだろうね。
c0105957_0151438.jpg

c0105957_0152246.jpg



そして自分はこの作品に投票する。
c0105957_0153830.jpg

,