<   2015年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

響ちゃんの里帰りついでに、宮古島で台風を満喫してきた 2日目

c0105957_20273511.jpg


二日目(2015/8/6)の朝。
台風は確実に近付いてきてるので、晴れてるのは今日まで。
明日は直撃w

と言うこともあって、朝の海を眺めに早起き。
6時に起きて、ホテルのすぐ隣にあるパイナガマビーチへ。
誰も居ない夜明けの海。
c0105957_22414681.jpg



なんとなく雲行きが怪しいなぁと思ってたら
c0105957_22423878.jpg



突如、土砂降りになったwwwwww
c0105957_2243237.jpg



ほら、この雨量だものwwwww
c0105957_22444522.jpg



慌てて軒下に逃げて雨宿り。
んで、雨が上がって日が射したら、虹が出た~!
c0105957_22493462.jpg



わーい。
c0105957_22512679.jpg




ホテルでバイキングの朝食を食って部屋に戻ると、また虹が出てる!
しかも、端から端まで全部見える!
c0105957_22535474.jpg

c0105957_22535934.jpg




では、今日も観光に。
最初に目指すのは、もちろん伊良部島へ。
前回も書いたけど、10年経っても全然変わってなかった宮古島で、唯一大きく変わったのがこの伊良部大橋だから。
嘘だろって、思うほど美しい海と橋と空。
c0105957_22581623.jpg




全長3540mで、無料の橋としては日本最長なんだって。
GoogleEarthで見ても、そのとてつもないロケーションが少しは伝わるかしら。
c0105957_2384026.jpg



橋は自動車専用道じゃ無いので、チャリでも歩きでも渡ることは可能。
でも、歩道は無いから気を付けなきゃね。
んで、途中には幾つか駐車スペースが用意されてる。
これは、帰りに伊良部島方面から宮古島を眺めた感じね。
c0105957_2312431.jpg



周りを見渡すと、エメラルドグリーン+コバルトブルーのグラデーション。
たとえようが無いほど気持ちいい。
c0105957_23135280.jpg



しかもこれが無料の生活道路ってんだから、本当に幸せな場所。
この島で暮らす生活ってのは、どんなだろうか。
(かつて、「映画を見るために、沖縄本島へ行く」と聞いて、腰を抜かしたけどw)
c0105957_23204040.jpg





伊良部島に上陸して、渡口の浜へ。
宮古島で一番美しい砂浜って記憶だったけど、間違ってなかった。
c0105957_2326085.jpg



そして、砂浜の目の細かさも、ここが一番だと思う。
細かすぎて、歩くのが気持ちよすぎる。
ほら、足跡がまるで泥を踏みしめたように。
c0105957_23294685.jpg




んで、台風が近付いてるせいで、暴風で波も高いw
c0105957_2331451.jpg




サーファーもたくさん居るもんね。




砂浜の横にある河口も、素敵な色の海と、とんでもない波w
c0105957_23384884.jpg




次は伊良部島と水路(小川みたいな狭さw)を挟んで隣り合ってる下地島へ。
その端には、かつて心から驚いて感動した「下地島空港」があるのよ。
c0105957_18543838.jpg


この空港は日本で唯一のパイロット訓練飛行場。
運が良ければ、ひたすら旅客機が着陸してすぐに離陸するという訓練を見ることが出来るのよね。
敷地内は勿論ダメだけど、その周辺道路は自由に通行できるので、本当に間近に見ることが出来るのよ。
この美しい海と空と着陸誘導灯のコントラストへ降りてくる飛行機が。
c0105957_18594270.jpg



かつてはJALもANAも、ここでジャンボジェットの訓練をしていたので、本当に頭の真上(というよりも自分に向かって)に着陸してくる様子が見られたのよ。
これまた、2005年12月2日にW31Sで撮影したズーム無しの写真で、雰囲気が伝わればと。
c0105957_1995011.jpg

c0105957_19105845.jpg



Wikiによると今は小型機訓練に使われているだけらしいけど、立派な設備と間近に見れるローケーションはかつての記憶の通り。
このパノラマ写真で伝わるかな。
c0105957_19175452.jpg



そういや下地島と言えば、「通り池」という観光スポットもあるのですよ。
海の間際にある、むちゃくちゃ深そうな池が二つ。
この二つは地下で繋がっていて、更に海側にある池は地下トンネルで海とも繋がっているらしいのよね。
そういった特徴からも、ダイビング愛好家にはたまんない場所らしいのよ。
c0105957_19224572.jpg



伊良部島と下地島の探検を終えて、再び伊良部大橋を渡って宮古島へ帰還したのは12時前。
台風のせいか、朝に比べて風がどんどん酷くなってきてるw
電光掲示板の風力表示は10mなんだもんw
c0105957_19281426.jpg



ランチは宮古島らしいモノを食べようかと、定番の宮古ソバを、これまた定番の丸吉食堂で。
ゆる~い感じの店内で座敷に上がって、ノンビリとした時間を過ごしながら頂く極上のソーキそば。
c0105957_19392052.jpg



食後の黒糖キャンディが、まったり感を加速させるのよね~。
宮古に行ったら、一度は味わってみてくだされ。
c0105957_19402614.jpg



そのまま島の南側をドライブしてみたんだけど、こちら側は台風の影響が既に出まくってるw
シギラベイの沖にあるリーフへブチ当たる高波とか
c0105957_19454224.jpg



来間大橋の周りに打ち寄せる高波とかw
c0105957_19461011.jpg



そんじゃぁ、満を持して泳ぎますか。
島の西側は穏やかなので、昨日も行った一番好きな砂山ビーチで。
実は、宮古島で泳ぐのって初めてなのよねw
c0105957_19481918.jpg



適度な賑わい、適当にタオルと飲み物だけを砂浜に放置してられる緩さ、美しすぎる海、その何もかもが幸せだと感じられる。
この島が本当に好きだ。
このビーチが本当に好きだ。
c0105957_19515097.jpg



1時間ほど泳いだ後は、ホテルのプールも楽しむことに。
ほら、伊良部島と伊良部大橋も眺められるロケーションで、ノンビリと。
c0105957_1954942.jpg



夕方は早朝にも訪れたホテル横のパイナガマビーチで夕日を眺める。
水平線間際は雲があったけどね。
c0105957_19583266.jpg

c0105957_1958423.jpg



晩飯は昨日に引き続き、ホテルから歩いて平良市街の中心地へ。
「居酒屋 おでん清水」はその名の通り、島おでんを提供してくれるお店。
せっかくだからと、まずはおでんを頼んでみたら、1000円でこのボリュームw
おかしいでしょw
c0105957_2073749.jpg


その他の居酒屋メニューも美味しくて、二日続けてイイお店に当たったなぁって。
宮古島の緩さは、居酒屋に貼られたこれで伝わるかもw
c0105957_20114023.jpg




そんな感じで、二日目の宮古島も満喫。
いよいよ明日は台風が直撃する日。
明日は飛行機の欠航が確定してるけど、うちらが帰る明後日は飛ぶことになってるのよ。
無料で他の日へ振り返られる案内は来てるけど、帰れると信じて放置したままw


明日は出掛けられないだろうから、ホテルに引きこもってまったり過ごそうかしらね。
心配だけど、台風が直撃する南の島がどれだけ凄まじいのか、ちょっとワクワクしてたりもする。
それもこれも、しっかりとしたホテルに泊まってるっていう安心から来るもんだろうけど。

,