アイモバ副垢ラストスパート その10 急行はまなす編

c0105957_12230329.jpg




12月30日 16:18、釧路駅を出発。
Rきっぷなので、往きと同じく札幌までスーパーおおぞらで。
c0105957_11150608.jpg



日が昇るのが早い分、北の大地は夜の訪れも早い。
すっかりと夕焼け。
c0105957_11150664.jpg



さて、今まで避け続けたけど、そろそろ真剣に考えなきゃいけないことがある。
それは、残された東北のエリアをどうやって埋めるかということ。
c0105957_11150659.jpg



明日の朝、青森に着いて、明日の夜には都内へ戻りたい。
しかも、出来る限り「北海道&東日本パス」を活用して普通列車のみの移動とし、新幹線は使いたくない。
c0105957_11150672.jpg



とはいえ、新幹線を全く使わずには今日中に都内着は難しいだろうから、おそらく最初か最後は新幹線に乗らなきゃいけないと覚悟してる。
それと、エリアの残し方が中途半端過ぎるので、左上の秋田県 横田エリアは諦めるべきかも。
そもそも、2年前の北斗星のB寝台が心地良すぎて、思わず眠っちゃったのが失敗なんだよw
おかげで一ノ関エリアと大崎エリアを再び制覇しなきゃいけない羽目にw
これが無けりゃ楽なのになぁw
c0105957_11574175.jpg



こういう相談こそ、アイモバPに限るわけでw
投げてみたら、よしをPカロリにゃん先生アニマル兄貴が即座に調べてくれて、カロにゃんの案をベースにプランニング完了。
まずは、定刻にスタート出来ることが必須だけどw
c0105957_11574141.jpg


暗闇の中、特急は進む。
いつの間にか寝落ちしちゃってた。
20:19、札幌に到着。
なんだか、札幌が一番寒くて雪も多い気がするw
c0105957_11574127.jpg



体調がイマイチなので、乗り換え時間まではスタバで充電w
札幌駅での定番ですw
c0105957_11574161.jpg




出発が近付いたので、お土産を買ったり、寝台車に空きが無いかを確認したり。
あ、そうだ。
全然関係無いけど、北斗星の引退記念硬券を買ったw
2年前の大晦日に、ここから乗ったんだよなぁ。
c0105957_11574139.jpg



22時、いよいよこの旅の二つ目の目的である、急行はまなすの出発時刻。
ところが、稚内から降りてくるスーパー宗谷が遅延してて、その接続待ちをするために急行はまなすも20分遅れで出発するとのこと。
途中駅で通過待ちをしてもらう対向の列車が鹿と衝突して20分遅れとなったため、スーパー宗谷も遅れる羽目に。
鹿 → 気動車と衝突 → 対向のスーパー宗谷が遅延 → 急行はまなすも遅延って、風か吹けば桶屋が儲かるみたいになってるw
ってか、また鹿の仕業か!w
c0105957_11574283.jpg



まぁ、どうしようも無い話なので、入線してきた急行はまなすを眺める事に。
北斗星無き今、自分たちのような鉄分の無い連中から見ても「最後のブルートレイン」という響きは魅力的で切ない。
北海道新幹線の開業に伴い、このはまなすも廃止が決定しており、しかも大晦日と元旦は北海道新幹線の試験運行があるので青函トンネルは営業運転出来ないのね。
だから、年内最後のはまなすで、年内最後に青函トンネルを通過する乗客だw
c0105957_11574262.jpg

c0105957_11574344.jpg



その、はまなすの切符が偶然にも取れたことから、全ての旅のスケジュールが決めていったのね。
目的は納沙布岬へ響ちゃんと行く事、日程は12/30にはまなすへ乗る事、この二つさえ満たされたら、あとは何でも良かったのよ。
もちろん安くつく方法で。
「北海道&東日本パス」を買ったのだって、はまなすの乗車券に使えるからって事だしw
c0105957_11574381.jpg

c0105957_12230326.jpg




ホントなら寝台車かカーペットカーに乗りたかったけど、それは叶わず。
ドリームカーですら無い普通の指定席になっちゃったけど、それでも乗れるだけで嬉しい。
初めての乗車が最後の乗車になるのは、トワイライトや北斗星と同じw
c0105957_11574332.jpg



結局、急行はまなすは25分遅れの発車。
函館での調整時間があるから、青森には定刻の6:19に着くそうで。
なんて言うんだろう…みんなの荷物の大きさが夜汽車っぽさを醸し出すというか。
なんて言うか、凄くいい。
ごちゃっとした感じが凄くいい。
c0105957_12162914.jpg



それに、ドリームカーじゃなくても、この座席もかなり快適。
真っ暗だけど、煌々と輝く月と、通過する駅を眺めながら眠りに落ちていった。
c0105957_12162923.jpg



ふと目覚めると登別。
日付が変わる。
今年の大晦日は登別駅から始まる。
c0105957_12162979.jpg




再び目覚めると、列車が停まってる。
窓の外を見ると、そこは函館。
機関車の付け替えはどうなった?

青函トンネルを通過する前と後に、機関車を付け替えるのよね。
上着も無しに飛び出したら、既に作業は終わってたけど、だからこそゆっくり見れた。
死ぬほど寒いけどw
c0105957_12162965.jpg

c0105957_12163060.jpg

c0105957_12163007.jpg

c0105957_12163067.jpg

c0105957_12163089.jpg



3:56、函館を出発。
青函トンネルまで起きてる自信は無かったけど、予想どおりだったw
さらば、北の大地、約束の地。
c0105957_12163161.jpg

c0105957_12230328.jpg




アイモバ副垢ラストスパート その9 釧路編

c0105957_21323484.jpg


納沙布岬からの路線バスは来るときと違って、帰りは観光客が多数で、途中のバス停で地元の老人も拾っていく。
総勢、25名程度。
ところが、駅までの道程を半分くらいまで来たとき、事件は起きた。
一旦停止をしたバスが進まない。
運転手曰く「ギヤが入らない」とのこと。
そんなことって、公共交通機関であり得るのw
c0105957_20411713.jpg



ともかく、色々と挑戦するがギヤは入らないまま。
観光客の多くが、このバスと接続する11時の列車に乗るつもりだけに、事によっては事となる。
運転手さんも慌てて事務所へ連絡し、代わりのバスを手配する事に。
こんな場所で停まってたw
仕方ないから、隣の座席のお婆ちゃんと喋ってたw
c0105957_20411744.jpg



代わりのバスが2台到着し、根室駅に直行する組と、途中のバス停で降りる組に分かれる。
自分は駅直行組で。
期せずして、観光バスの最前列に座る羽目にw
前にいるのが壊れたバスと誘導する運転手さんw
c0105957_20411743.jpg



11時前に根室駅に到着。
c0105957_20411789.jpg



とにかく腹が減って仕方ないけど、1108には快速が出ちゃうので、観光案内所併設の売店で「みそパン」を購入。
c0105957_20411811.jpg



根室駅は「日本最東端有人の駅」らしいw
本当の最東端は東根室駅だからね。
c0105957_20411853.jpg



11時08分、根室駅を発車。
昨日は真っ暗だった車窓も、海岸線だから楽しみ。
c0105957_20411889.jpg



実際、車窓は素晴らしい。
海が近くて、穏やかな丘陵地が続いてる。
んで、雪が無いw
c0105957_20411844.jpg



ベタだけど、車両後方から撮ったこの写真が気に入った。
確かに線路はどこまでも続いてたんだよ。
それを実感出来ただけでも、この何年間かに意味はあると思うのよね。
もちろん無くなる路線も含めて。
c0105957_20411929.jpg



茶内駅で列車のすれ違い待ち。
よく見てみたら、ルパンととっつぁんが居るしw
c0105957_20411950.jpg

c0105957_21074026.jpg



この先が更に素晴らしかった。
厚岸湖に流れ込む川が半分凍ってる。
c0105957_21074012.jpg

c0105957_21074161.jpg



んで、厚岸湖も一部凍ってるんだけど、越冬して来たのか、とにかく野鳥が半端ない。
これを見るだけでも、この路線には値打ちがあるなぁ。
c0105957_21074118.jpg

c0105957_21074123.jpg

c0105957_21074217.jpg



13時18分、釧路駅に到着。
本当は根室をでるのがもっとあとの予定だったので、特急まで時間がある。
時刻表を見てみると素晴らしいダイヤだったので、ちょいと寄り道を。
c0105957_21074284.jpg



目指すは釧路湿原。
釧路湿原駅っていう大好きな駅が、細岡展望台の足元にあるんだよね。
冬の釧路湿原ってのも見てみたいもの。
釧路駅から三駅、20分ほどで到着。
c0105957_21074296.jpg

c0105957_21074285.jpg



本当に静かで、なんの音もしない。
それでは歩いて展望台を目指しますか。
階段を登って、雪道を歩く。
ビジターズラウンジもやってるようなので、時間があれば食事を摂ろう。
c0105957_21074232.jpg

c0105957_21252897.jpg



いよいよ、細岡展望台の大観峰。
これが、筆舌しがたいほど素晴らしかった!
c0105957_21252848.jpg



ここに来るのは三度目なんだけど、おそらく晴れてるのは初めて。
とんでもない色の空と、奥に見える雄阿寒岳/雌阿寒岳と、雄大な釧路川。
これこそ、この目で見ないとその素晴らしさは伝わらない。
阿蘇を初めて見たときと同じくらい感動してる。
c0105957_21252927.jpg

c0105957_21252982.jpg

c0105957_21252958.jpg



ただひたすらバカみたい、ずっと見てた。
時間ギリギリまでずっと。
またこよう、必ず。
c0105957_21252908.jpg



釧路湿原駅に戻って、帰りの電車を待つ。
この駅に初めて来たのは、車で北海道一周してた21歳の頃。
まさか、冬に来る事があるなんて、思いもしなかった。
c0105957_21253097.jpg

c0105957_21253032.jpg



15時、折り返しの列車が到着。
もう、日が傾き始めた。
c0105957_21253036.jpg



釧路駅へ戻ったけど、特急まであと一時間ある。
今度こそ、昼飯にしよう。
釧路のB級グルメ、スパカツを食いに泉屋へ。
c0105957_21253012.jpg



スパゲティーミートソースにトンカツが乗ってるんだけど、ボリュームがあり過ぎる。
んで、トンカツとミートソースがむっちゃ合う!
いや、コレはトンカツそのものもかなり美味いな。
c0105957_21323477.jpg



古本屋に寄ったあと、釧路駅に戻ったときにはすっかり夕暮れ。
c0105957_21323436.jpg


アイモバ副垢ラストスパート その8 納沙布岬編

c0105957_10291200.jpg



12月30日 何曜日だっけ。
朝の5時半に目覚めて、いつもの通り風呂へ入る。
んで、早速出発。
すでに空が白んでる事で、この街にいる事を実感する。
もちろん、町中に掲示された北方領土関連の標語でもw
c0105957_09503818.jpg

c0105957_09503860.jpg



根室駅前には観光市場があって、朝の6時の時点でもう開いてる。
眺めてるだけで楽しい。
蛸の足、でかっ!
c0105957_09503861.jpg

c0105957_09503957.jpg

c0105957_09503900.jpg

c0105957_09503982.jpg



根室駅前のバスターミナルでバスを待ってると、札幌からの夜行バスが到着。
ほんとはこれに乗りたかったんだよね。
特急よりも遥かに安いし、根室の宿代も不要だし。
でも、一ヶ月粘ったけど、キャンセルが出なかったんだよ。
c0105957_09503953.jpg



バスターミナルで切符を購入。
フリーきっぷもあったはずだけど、素直に納沙布岬往復で。
c0105957_09504062.jpg



納沙布岬行きのバスは6時半に発車。
自分たち以外に、あと一人しか居ないw
c0105957_09504012.jpg



日本で一番早い朝が来る。
バス車内から眺める夜明け。
納沙布岬付近は穏やかな丘陵地って感じで、少し襟裳岬に似てるね。
c0105957_09504086.jpg

c0105957_10093045.jpg



納沙布岬に着いたのは7時過ぎ。
もう一人の乗客と、車で来てる二人だけという静かな岬。
そのために早起きしたんだもの。
c0105957_10093181.jpg



とりあえず、日本最東端の碑を探すか…って思ったら、北方領土関連のが乱立してるw
そうだ、これでウンザリしたから、根室はあまり好きになれなかった事を、20年ぶりに思い出したw
c0105957_10093192.jpg



一番素直な感じの場所で記念撮影。
3年前に小笠原へ上陸した日、2年前に宗谷岬で赤505を達成した12/30に、今度は最東端に到達出来た嬉しさ。
c0105957_10093189.jpg



そして、これでついに響ちゃんと東西南北全ての端っこに来る事が出来たよ。
一番最初に日が昇る街から、一番最後に日が沈む島まで。
一番寒くて風が強い街から、一番暑くて海が綺麗な島まで。
僕らは4年近く、こうやって旅を続けて来ました。
c0105957_10093225.jpg

c0105957_10093246.jpg

c0105957_10093303.jpg

c0105957_10093373.jpg



こないだ、みんなで和歌山でキャンプをして串本へ行った時、本州最南端の碑を撮影しながら気付いたのよね。
よく考えたら、響ちゃんと最東端だけ行ってないって。
今回はここへ来る事がメインの目的だったのです。
c0105957_10291211.jpg




などと感慨にふける余裕もないほど寒い!
晴れてるけど、風が強くて泣きそうw
んで、店も資料館も開いてないので、風を凌げるのは公衆電話ボックスか公衆トイレのみw
とりあえず、先端の灯台まで行きますか。
c0105957_10093378.jpg



灯台の裏手には野鳥の観測小屋があって、7時から開いてる事になってるけど鍵が掛かってるw
とりあえず、最東端で記念写真。
c0105957_10093418.jpg

c0105957_10291324.jpg



暫くすると観測小屋を掃除するオッサンがやってきたけど、掃除が終わるとまた鍵をかける。
なんで?!
c0105957_10291353.jpg



そういや、このモニュメントの下で燃えてる火は、最南端の波照間島から運ばれてきたらしいよ。
あの美しい島から。
c0105957_10291312.jpg

c0105957_10291300.jpg



9時から開店する土産屋で暖を取りたい。
出来れば朝食も取りたい。
それは猫も同じw
c0105957_10291325.jpg



残念ながら食堂はやってなかったけど、店のオッちゃんと話しながらあったまってた。
ベタに最東端到達証明書を買ったり、昆布を買ったりしながらw
海の向こうに見える山が、国後島の山だって教えてもらったよ。
茶々岳は雲で見えず。
c0105957_10291433.jpg



帰りのバスは9:55。
9時台に到着するバスで観光客が増えたけど、あえてそれを外したのは自分の意思だ。
とはいえ、この寒さ地獄で3時間耐えるのは、やっぱり辛すぎたw
しかし、このバスでもトラブルが待ってようとは、この時には思いもしないw
c0105957_10374696.jpg



,