タグ:シャナ ( 5 ) タグの人気記事

逆立ちしても世界は変わんないのね

1月は「いぬ」っていうけど、今年の1月は長かった気がするなぁと感じてるハムですよ。
結局、1週間も空いちゃったけど、コミックネタをいっとくよん。

コーラス 2008年 03月号 [雑誌]
/ 集英社
ISBN : B0012ORIS0
スコア選択:


ぬっはぁ、なんで画像無いのよ~。
意味無いじゃん。
というわけで、貼っておく。


はい、ご覧の通り、今月のコーラスはハチクロのスピンオフ作品が載ってるのよ。
表紙を見た瞬間、ガッツリ立ち読みしましたよ(買ってない・・・・)。

スピンオフは多分二作目、前回はケーキ屋の一平さんが主役だったけど、今回は山田と野宮のその後を中心に書かれてるのね。
まぁ、あれよ、山田のグダグダ感は「絶対に許せない派」と「「そういうところも含めて可愛い派」に分かれると思うのよね、男女問わずに。
野宮は「青春スーツ」を再装着した瞬間から、後者になっちゃったんだろうけど。

で、藤原設計事務所の3人が真山をネタにしたときの面白さと来たら、まったく錆び付かないほどの笑いの渦でした。
はぐちゃんも順調に回復してるようでヨカッタヨカッタ。




ボクを包む月の光 5―「ぼく地球」次世代編 (5) (花とゆめCOMICS)
日渡 早紀 / / 白泉社
ISBN : 4592182855
スコア選択:



あい、「ぼく地球」の続編も5巻。
これまでは懐かしさとか、親になった亜梨子と輪の目線から蓮の物語として見てることが出来たけど、ようやく迎えた急展開で盛り上がってきそうなのよ。
紫苑、ktkr!
前作の匂いがようやく漂ってきた感じかしら。
続刊に期待!





星は歌う 1 (1) (花とゆめCOMICS)
高屋 奈月 / / 白泉社
ISBN : 459218601X
スコア選択:


少し前に期待の新連載として紹介した高屋奈月の「星は歌う」もコミックがようやく発売。
連載は未読だったので、今回が初見。
「フルーツバスケット」があれだけヒットしちゃうと、やっぱり続編は書きにくいだろうなぁと思うのね。
さっきの「ぼく地球」の日渡早紀だってそう、「ぼく地球」以降はその呪縛に縛られ続けて、中途半端で面白くない作品が続いたもん。

さて、「星は歌う」。
まだハッキリとは分かんないけど、「フルバ」のような荒唐無稽な設定はなさそう。
かといって、普通の恋愛物として見るには少し物足りないような・・・。
んで、登場人物のキャラ性格がどこかで見たことあるっぽいのは仕方ないか・・・。
なんていうんだろ、まだ「世界観」というか、「空気」にブレがあるというか、「もっとこっちの方向で突き詰めていけば面白そうなのに」って思う要素が散らばってるので、次巻のどこに期待すべきか、座り心地の良くない読後感でしたよ。
いや、まぁまぁ面白いし、もちろんうちは星好きだし、サクの登場も印象的だから、次巻はもちろん買うけどね。
今後の展開に期待!ということで。





灼眼のシャナ 4 (4) (電撃コミックス)
高橋 弥七郎 / / メディアワークス
ISBN : 4840241384
スコア選択:



あい、説明するまでも無いですね。
コミック版のシャナもついに4巻。
原作の二巻部分に突入したんだけど、相変わらず原作未読のうちにとって、全く神作品となっちゃってる。
なんかさ、コミック版で楽しみたいが為に、原作を読まずにおこうなんて、明らかに邪道な考え方になるくらいに。

今回はマージョリー様と”ビッチ”吉田が前面に出てきて、影の薄いシャナと悠二だけど、この二人の葛藤もいい具合に描けてる。
早く続きが読みたい!!!!
灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】
/ ジェネオン エンタテインメント
ISBN : B000Y0O98K
スコア選択:



シャナと言えば、アニメ第二期。
見てる方はご存じだと思うけど、第一クールをほぼ全て学園物のラブコミ展開なラノベ王道ストーリーで進んで、ヘビーな展開を期待してる者にとっては「このほのぼので穏やかな空間が、いつどうやってぶっ壊されるのかしら」って待ち続けるしかなったのよね。
で、ようやく新たな展開を迎えてるわけで。
とりあえずDVDは見送ってるのよ。






くらしのいずみ (ヤングキングコミックス)
谷川 史子 / / 少年画報社
ISBN : 478592909X
スコア選択:


はい、うちが全てを捧げようかと(笑)覚悟をしたくらい好きな谷川史子の新作。
彼女について語らせると長くなりすぎるけどwwwww
リボン本誌初掲載の「きみのことすきなんだ」の衝撃ったらありゃしない。
それ以来、谷川教の信者だったのね。
とはいえ、彼女の作品って読み切りやオムニバスでこそ面白いけど、連載作品となるといきなりダメダメで。
コミック1冊分に収まってた頃はまだ楽しかったけど、21世紀に入って活動の場を「Cookie」に移してからは本当に辛かったのよ。
駄作の連発で、うちも義務感だけで買ってるような感じで。

でもここんとこ良くなってる。
原点回帰で読み切りや連作を中心に新たな一歩を踏み出した彼女の、いつまでもファンでいようと思うのね。
今回も大好きだったのよ。
おかえり、谷川先生。

知らなかったけど、彼女はこの作品のキャラデザをしてたのね。
今度見てみよ。
東京マーブルチョコレート -全力少年- Production I.G × スキマスイッチ
/ BMG JAPAN Inc.(BMG)(D)
ISBN : B000VJZ794
スコア選択:


東京マーブルチョコレート -マタアイマショウ- Production I.G × SEAMO
/ BMG JAPAN Inc.(BMG)(D)
ISBN : B000VJZ78U
スコア選択:






次回予告はゲームネタ。
そう、例のあれが届いたから。

あの日、君と会うことがなければ

あまりのインパクトに思わず筆が止まったハムです。

ついに来たよ、「抱き枕の中身」が・・・。

いや、もう何て言うか、生々しくて写真は載せれない・・・。

その代わりにさ、ちょっとした小咄でもきいておくれよ。


釣られた日

下のと一緒に尼へ注文したのはこれ。
灼眼のシャナSP―劇場版「灼眼のシャナ」公開直前スペシャル!―
/ ジェネオン エンタテインメント
ISBN : B000M53RV2
スコア選択:



ってか、ホントはこれを買うだけのつもりだったけど、送料かからなくするために何か他に無いかなぁって思ってたら、あんなことになっちゃったのよ。
今回の目的ももちろん「シャナたん」アニメのつもりだったんだけど

c0105957_1474428.jpg

ヴィルヘルミナさんに乗っ取られました・・・。
c0105957_1481665.jpg

いや、嫌いじゃないんだけどね・・・。
おかげでシャナたんの出演シーンはこの数秒。
c0105957_1485327.jpg


値段相応(1575円)の内容でしかないけど、のいぢのポストカードも付いてくるのでいいんじゃないでしょうか?

禁断の扉って、そう何枚もあるものなの?

ここ数ヶ月でその手の扉を開けまくってる気がするハムです。
今日買ったのはこちら。

G's Festival (ジーズフェスティバル) 2007年 05月号 [雑誌]
/ 角川(メデイアワークス)
スコア選択:


はい、もうあんまりコメントしたくありません(笑)。
なので内容はこちらを参照のこと。

どっちかって言うと、見ないで欲しい

たとえ踊らされているとしても、自分の踊りを披露したい

日本経済を萌え産業を通じて支えている公です。
いやぁ、ホントにちょっと自重しないと経済状態がやばいことになっちゃってるのよね・・・。
なんてことを言いながら、本日仕事中にふらりとよった本屋で見かけて買っちゃったのはこちら。

DVD付き限定版 アニメ『灼眼のシャナ』ノ全テ
高橋 弥七郎 / / メディアワークス
スコア選択:



もうね、のいぢに踊らされてるのは認める。
んで、「なつみかん」さんが書かれてるように、「灼眼のシャナたん」の破壊力があるのも認める。
ってか、今回の本も付録の「頂のヘカテーたん」目当てで(というか、それだけのために)買った!
あぁ、馬鹿だよ、馬鹿だと呼んでくれよ。
で、いざアニメ本編は通しで一度見ただけだし、原作もコミックも読んだことないという馬鹿だよ。
そうだよ、馬鹿だよ。
シャナが可愛いってだけで好きなんだよ。
のいぢの絵が好きなんだよ、きっと。
(釘宮さんとやらも好きなんだろうな)

これをまさにこの日、このアキバの「とらあな」で買ったんだよ!
出張中に繰り出して!
もうね、認めたくないけど色々認めなきゃいけないんだよ!

なんて、脳内の人が大暴れする本日のエントリーでした。

,