昔の名前でやってません bachilles.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ニコマスが好き。アイモバが好き。旅が好き。チャリも好き


by boil-achilles
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

神戸発 函館行き 5日目まとめ(9/23 山形県鶴岡市~酒田市~秋田県秋田市)


目覚めたのは6時過ぎ。
窓の外からはシトシトと雨の降る音が聞こえる・・・。
窓を開けなくても分かる・・・。
最新の天気予報をチェックすると、新潟・秋田共に夕方近くまでは雨の予報・・・。
今日の予定走行距離は130kmだけとはいえ、やはり雨中走行が危険なのは昨日ハッキリと分かったしなぁ・・・。
でも、このユースホステルには長居したくないしなぁ・・・。

うじうじとしつつも、昨日のオヤジとは別のハイカー爺さんと自転車旅行について少しトーク。
この爺さんが雨の中、出発するというので、うちも心を決める。
とにかくパンク後に空気圧が下がりまくってるはずなので、酒田にあるらしいサイクルプロショップを目指そうと。
そこまで30kmだから、その後の展開はそれから考えることに。
酒田駅前にもビジネスホテルがたくさんあるし、最悪は1日そこで過ごせばいいしね。


7時半過ぎに出発。
すっげぇ、嫌々な気分のままw
バッグ類にはレインカバーをかけて、自分はヤッケを着込んで。

とにかく太い道の歩道を走ろうと。
この旅では歩道を走ることを基本的に禁じてたけど、そんなこと言ってられないもん。
歩道を走らないのはもちろん歩行者に危ないのもあるし、路面の状況が車道に比べて圧倒的に悪いのよね。
割れ目や段差、ゴミなんかが多いし、突然歩道が無くなったりもするし。
でも、雨天走行だからスローペースなんで、それらの懸念はとりあえずクリアできるかな、と。


さて、ハンドルバッグにもレインカバーをかけてるので、上面の地図も見れない。
それが仇となったのよ・・・。
延々と国道7号の歩道を走り続けるとT字路に出たのね。
右は山形、左は酒井っていう。
おかしい・・・予定していた道にはこんなT字路が無かったはず・・・と思い、倉庫の軒先を借りてあいぽんで地図をチェック。
はい、道を間違えてますよ・・・。
本来は日本海沿いの112号線を走らなきゃいけなかったのに、スタートからして間違えてましたよ・・・。

雨の中、涙目になりながら進路修正する悲しさ・・・。
しかも、更に雨はきつくなり寒さに震えるようになったので、陸橋下でアームウォーマーとレッグウォーマーを装着してカッパのズボンを履いたのよ。
靴の中もぐちょぐちょだけど・・・。


ただでさえスローペースなのに、10kmもの無駄な遠回りをして酒田に辿り着いたのは10時半頃。
3時間かけてわずか40kmしか進んでないけど、とりあえずそれは仕方ないよね。
とにかくプロショップで空気入れを借りないと、どう考えても空気圧が低すぎる・・・。
特にパンクした後輪は段差を乗り越えるたびにドキドキするもん・・・。

ところが・・・目的のプロショップの前には無情にも「水曜日定休日」の看板が下げられてる・・・。
タダでさえ雨でテンションが下がってるのに、これはないよ・・・。
しばらく呆然として店の前に佇んでいたけど、店舗兼住居っぽいので迷惑を省みず店のチャイムを押してみる。
すると・・・お爺さんが出てきてくれた!!!!!

事情を説明すると空気入れを貸してくれて、さらに予備のタイヤチューブも売ってくれるという・・・。
感動にむせび泣きながら「Rairがあれば・・・」と聞いてみるとお爺さんも在庫状況が分からず、どうやら息子に電話をしながら確認している模様・・・。
休みなのに申し訳ない、って何度も謝っちゃったよ。
多分、このお爺さんは先代の店長なんだろうね。
Rair」は無くて、代わりにブリジストンの「エクステンザ」になったけど全然おk。

「これからどこまで走るのですか?」と聞かれたので、秋田まで行きたいが雨なので悩んでると打ち明けると、「秋田までは道一本で100kmほどです。この分だと雨も上がりそうだし頑張ってください。」と元気づけられる。
上がる・・・のか・・・?
とりあえず酒田駅へ向かうことに。

c0105957_11395372.jpg

酒田駅で納めておいた雨中走行の装備。
バニアバッグのイエローのカバーが在庫無しのため、シルバーになっちゃってるので、少し目立ちにくいんだけどね。
とにかくグチョグチョでドロドロ。
ブレーキシューとリムには泥がくっついていて、ブレーキングすると物凄い音と共にゆっくりと停まる始末・・・。
これはやっぱり走らない方が良いんじゃないか・・・って思いながら、酒田駅前のビジネスホテルを調べると適度な金額で幾つか見つかる。
さすがに午前中からチェックインできないので、それまで過ごすところとしては「ネットカフェ」と「健康ランド」という二つの候補を発見。

もう、どっちでもいいや・・・なんて思いながら駅で座り込み、ぼ~っとしながら過ごすこと30分。
とりあえず腹が減ってきたので駅の横にある「うどんそば屋」へ。
完全に田舎の駅そば屋って感じで、学割を目当てに女子高生二人組が居たのが印象的だったわ。
冷え切った体を温めるため、カレーうどんを注文。
んで、ガツガツ食ってるうちにやたらとテンションが上がってきた。
そのテンションを維持するために、初代OVAパトレイバーの甲斐の様(分かる人が少なすぎる例えだよw)に丼鉢を差し出し、「おっちゃん、エビ天入れて」と追加注文。
食い終わる頃にはテンションが上がりまくってた。
よし!走る!


およそ1時間もウジウジし続けたけど、再び7号線に入り、粛々と歩道を走り続ける。
不思議なんだけど、歩道って上り方面、つまりうちの向かう方向とは逆車線の方が充実してるパターンってのが多いのよね。
特にトンネルなんかでも。
というわけで、今日は上り車線や下り車線にこだわらず、広くて整備されている歩道側を走り続けたのでした。
とにかくスローペースで、ブレーキングを出来る限りしなくても済むようなスピードで、出来る限り段差とゴミを避けながら。
雨は本降りと小雨の繰り返し。
空は段々明るくなりつつあるけど・・・。


象潟の道の駅で休憩。
というか、この頃から徐々に水分を摂らなくても走れるようになってきたみたい。
何でだろ?
いや、もちろんこの日はスローペースだったからってのがあるけど、翌日以降も水分補給はかなり減ったのよね。
「象潟」をず~っと「ぞうがた」だと思ってたうちは馬鹿です。
c0105957_12552.jpg

昼飯を兼ねて甘い物でエネルギー補給を、と思い、ちょうど屋台が出ていた団子屋へ。
桃鉄で見たことのある(笑)「ずんだ餅」が入った団子セットがあったので購入。
ちなみに真ん中は”みたらし”、右端は”黒ゴマ”ですよ。
ずんだ餅は粒の粗さがかなり良い具合で美味かった~。
あ、この頃には秋田へ辿り着く目処が付いたので、秋田ユースホステルを電話で予約。


休憩しているうちに雨が上がり、更にテンションもアップ。
とはいえ、また降り始めるかも知れないので、とりあえずバッグ類のレインカバーはそのままで。
うちのヤッケもそのままで。
路面は相変わらず濡れたままなので、、乾くまでしばらくは歩道走行を続けることに。


そういや、この雨の中ですら、国道の脇では定期的にアイスクリームを売る婆さんがパラソルを見かけまくった。
いや、なんていうんだろ、本当に数km単位で婆さんが国道に「置いてある」。
しかも雨が降りまくってるのに・・・。
すんげぇ不思議だったけど、「ババヘラ」って呼ばれて、秋田では名物なのね・・・。
雨じゃなきゃ、食べたかも知れないけど・・・。


1時間ほど走ると路面も乾き始めたので、車道へ復帰。
いつもより抑え目に走りながら秋田を目指したのね。
そして「こんな路肩を走ると、またパンクしちゃうよね」なんて考えた瞬間、フロントタイヤがスローパンク・・・。
来ましたよ!二日連続三度目のパンクの時間が!!
なんでこうやって駄目なことを考えた瞬間に、物事がその通りになるんだろ・・・。

今回は初めての前輪、取り外すのが楽ちんなのは嬉しいよね。
ちょうど歩道も路面が乾いてた頃で良かったよ。
これが雨中での交換だと考えるだけで・・・。

レインカバーを外して工具を取り出し、コルナゴちゃんを歩道脇の草むらに寝かしてチューブ交換。
せっかく買ったとは言え、やはりいつもの「Rair」で交換。
昨日の悪夢が蘇るけど、でもやっぱりタイヤレバーを使わないとタイヤの最後がはめ切れないので、仕方なく思い切る。
やはりチューブに少し型が付いたけど、今回は傷つけることは無かったようで・・・。
フロントブレーキのブレーキシューも少しだけ掃除し(泥を取っただけなんだけど)、無事に10分ほどで交換終了。

しかしこうなるとまたもやプロショップでフロアポンプを借りなきゃいけない。
明日は秋田から弘前まで内陸部を走るので、きっと山間部のド田舎だと思うのよ。
きっとプロショップなんて無いだろうからね。
というわけで、さっそくあいぽんで検索。
あ、そうそう、Google先生で「秋田 ロードバイク ショップ」と探すよりも、パナレーサーの取り扱いショップを見る方が手っ取り早いのよね。
こっちの方がよっぽど確実だし。
秋田市内で二店登録があったので今朝のような悲しい目に遭わないように、電話を入れておく。
ヒマだから早めに閉めようと思ってるって言われたので、「6時には行きますので!」と伝えておいたのよ。


そこから秋田市内までは車道の車線内側を走りまくり。
もう何も拾いたくないし、もうパンクしたくないからね。
とにかく日が落ちるまでに辿り着かないと・・・。


プロショップに辿り着いたのは日没の5時半頃。
パンクした分のRairを補充して、もう一つ相談を。
「今日の雨中走行で間違いなく各部のオイルが抜けちゃったんですよ。チェーンオイルは持ってるけど、スプレータイプの小さいヤツがあれば売って貰えませんか?」って。
自分としてはワコーズの小さなヤツをイメージしてたんだけど・・・。
無ければいつものフィニッシュラインのいいんだけど・・・。
出てきたのはブリジストンのフルボトルのヤツ。
え~っと何て言うか、500ml缶サイズのヤツですよ。
でかいよ!重いよ!でも仕方ないよ!
c0105957_1237325.jpg




フロアポンプをお借りして空気圧を適正にした後に向かったのはドンキホーテ。
実はさっきからカー用品店を探してたけど見つからなかったので、プロショップ近くで見かけたドンキホーテでもいいやと思ったのね。
求めている物は「フクピカ」。
富士山ヒルクライムに行って次郎の家に泊めてもらった時に教えてもらったんだけど、フクピカ一枚あればチャリンコの汚れって大概取れちゃうのよ。
今日の雨中走行でとんでもなく汚れてるコルナゴちゃんを、ユースに着いたら掃除してやろうと思ってね。
明らかに浮いた格好で店内を彷徨き、フクピカをゲット。


地図を見るとすぐ近くにある秋田のユースホステル「ユースパルあきたユースホステル」はビックリするほど綺麗な施設。
元はといえば研修施設として作られている物らしく、そこの宿泊施設がユースホステルとしても開放されているようで。
とはいえ、シングルベッド、超広い大浴場、カードキーによるオートロック、無料の洗濯乾燥機など、ビジネスホテル以上の設備でありながら、2500円という格安料金が最高!
c0105957_12584696.jpg
(公式サイトから引用)
さっそくチェックインし、4人部屋へ行ってみるとそこには先客が2人。
一人は関東のライダー、もう一人は大阪デブ。
この大阪デブがうっとうしい。
ライダーの彼が話すことを必ず否定することから始めるといううざさ。
ウンザリしながらコルナゴちゃんの掃除へ向かうことに。

とにかく各部の泥を落として、チェーンもフクピカで掃除して、ホイールも磨き上げる。
フクピカ三枚を駆使して、ディレイラーやブレーキ部分も出来る限り掃除。
オイルを刺すのは明日にするとして、とりあえず雨と掃除で汚れた自分を風呂で洗おうと(笑)。

ライダーの彼に聞いていたとおり、贅沢すぎる大浴場。
めちゃ広いこの風呂を独り占めできる幸せ。
昨日のユースに風呂がなかったことから考えると雲泥の差(しかも値段は一緒)。


風呂から上がり、晩飯を買いにコンビニへ。
ライダーの彼にも頼まれたビールと合わせて、がっつり買いまSHOW的な量を確保。
部屋の中ではあいぽんの電波の入り具合が良くなかったので、共用スペース的なところに場所を確保して一人酒盛り。
あ、ついでに洗濯機も回しながらね。
っていうか、これまではそうでもなかったけど、これ以降はソフトバンクだけ電波が入りにくいってエリアが増えつつあったかも。

500ml二本で相変わらずフラフラになったので、部屋に戻ったのは11時頃。
すでに大阪デブが強烈なイビキと共に眠っていたけど、うちも酒ですぐに眠れたから良かったよ・・・。



本日の走行距離:148.83km
本日の平均時速:19.8km/h


本日のルートはこちらへ投稿済み。
c0105957_13175267.jpg

c0105957_13192228.jpg

by boil-achilles | 2009-10-02 23:59 | チャリンコ | Comments(0)