人気ブログランキング |

昔の名前でやってません bachilles.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

ニコマスが好き。アイモバが好き。旅が好き。チャリも好き


by boil-achilles
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2010年 08月 31日 ( 1 )


チューブの選択に悩み候


本日は仕事をサボりましたハムの人ですよ。
偶然、今日だけは仕事の予定がポッカリと空いていて、本来ならこんな日にはデスクワークをすべきだけど、休んじゃいましたよ。
おかげでアーケード版アイドルマスターオンライン最終日のイベントを、ustで観ることが出来ました。
中村先生の自重しないカメラが最高すぎた・・・。
まこTPと若林神の対戦に噴いたwwwww



さて、ネットで買い揃えたツーリング用グッズが続々と到着しておりますよ。
まずは本日届いたGPSロガー「M-241」を。
サイズ的にはこんな感じで、ねんぷちと同じくらい。
サルカンを通してカラビナを付けておりまする。
この状態で66gぐらい(単三電池を含む)。
c0105957_214164.jpg




液晶の表示は英語だけど、付いてくるユーティリティは日本語。
記録の間隔は時間と距離の設定が出来るので、5秒設定で通常のトレーニングコースを走ってみた。
明石市民と神戸市西区民のチャリダーの一部にはお馴染み「印路の坂」を経由して、大久保インターへ抜けるコースですよ。
(普段なら印字の坂を往復なんだけど、それじゃGPS的に面白くないんで)
c0105957_21133861.jpg




吐き出したログは色々なフリーウェアで楽しめるけど、とりあえずGoogleMapやGoogleErathで表示出来れば、それだけで十分楽しい。
もちろん速度や高度もこんな風に録れてる。
チャリンコ用のサイコン(スピードメーター)と違って、停止している時間も含めた平均速度になるから、普段とイメージが違うけど。
あ、上下に激しく動いてるのが速度なんだけど、イマイチ正確じゃないかも。
ってか、こんなにも信号待ちで止まってないと思うよ・・・田舎だから・・・。
いや・・・止まったかも・・・。
c0105957_21102598.jpg




GPSの精度はこんな感じ。
わずかに道路から逸れているところもあるけど、概ねバッチリ。
真ん中でウロウロしてるのは、ファミリーマートに寄ってアイスを買い食いしたからですw
c0105957_21134517.jpg


前にも書いたとおり、このGPS情報はデジカメで撮影した写真データに流し込むことも可能。
ジオタグを埋め込むことで、地図上に写真をおくことも。
というわけで、この買い物はバッチリでした。
これでまた一つ、旅行の楽しみが出来たよ。




二つ目はパナレーサーのデジタルゲージ。
サイズは通常のねんどろいどと同じくらい。
重量はボタン電池込みで69グラムくらい。
c0105957_2123723.jpg

チャリダーにはお馴染みだけど、うちは使うのが初めてで、最初は結構戸惑った。
計測するとき、バルブの根本のリムナットは取り付けている方がやりやすい。
(取説にも、取り付けろと書いてる。)
精度は信じるしかないんだけど、フロアポンプとほぼ同じ値を示してることからも、間違いないはず。
ま、こいつは良かったんですよ・・・こいつは・・・。





最後がコレでね・・・。
XOPのミニフロアポンプ(ゲージ無し)。
サイズはfigmaドロッセルお嬢様を二つ重ねたよりも少し大きいくらい。
c0105957_21312912.jpg




実際に使うときにはこんな感じでチューブが伸びて、足踏みのスペースも出来るから、携帯ポンプに比べたら雲泥の差の作業効率。
c0105957_2132155.jpg



先のデジタルゲージは、このミニフロアポンプと併せて使うつもりなのよね。
自宅ではフロアポンプに付いているゲージで計測すればいいんだから。
期待しているのは、今回の旅行中にパンクしたとき、活躍してもらうこと。
それとパンクしなくても、旅行後半にエアーの補充をすること。

というわけで、さっそく後輪のエアーを抜いて、一から入れてみたんだけど・・・。
50回のポンピングで4.5barほど。
これはあさひのレポートとほぼ同じ。
ところが・・・100回ポンピングしたところ・・・バルブから抜いた瞬間にバルブが折れましたよ・・・。
そもそもバルブの口への取り付けが固いなぁ・・・と思ってたんだけどね・・・。
というか、どこまで差し込めばいいのか悩みながら使ってたからね・・・。
ちなみにこのチューブはブリジストンのエクステンザです。
c0105957_2231749.jpg



次に前輪で試してみることに。
前輪のチューブはいつも通りのパナレーサー Rairです。
こちらも50回のポンピングで4.2bar程度だったかな。
この辺りは変わらず。
ところが・・・このあとはほとんどエアーが入らないのよね。

そもそもRairって、一度エアーを抜かないと入らないというか、ある程度エアーが入ると「きっかけ」が無いとそれ以上エアーは入らないのよ。
これは普段のフロアポンプでも同じ。
「コクン」とエアーが通る音が鳴って、ようやくそれ以上のエアーが入るというか。
それがこのミニフロアポンプの場合は出来ないのね。
だからいくらポンピングしてもエアーは入らない。
だから結果的には5.5barくらいまでしか入れれなかったのよ・・・・。
c0105957_225364.jpg


これじゃマズい。
これじゃ意味がない。

さてさて、このRairのバルブの悪癖って、今まではロード用のチューブ全般に言えることだと思ってたのね。
これまでほとんどRairで過ごしてきたから。
ところが色んなレビューを読むと、これはどうやらパナレーサーのチューブに共通する症状みたいで。

というわけで、先ほどバルブが折れちゃった後輪のチューブを交換。
再びエクステンザでw

で、交換終了後に試してみたんだけど、今度はポンピング80回で7barまで持って行くことが出来て。
うんうん、これならいいね。


ということは・・・普段乗りならともかくとして、今回の様なツーリングの場合にRairは向いてないのかもなぁ・・・。
予備に3本買っちゃったっけど、違うのを確保しておこうかなぁ・・・。
最初のエクステンザのバルブが折れちゃったのは差し込み方が悪かったと信じたいけど、万が一そんなことが旅行中のチューブ交換で発生したら泣けるしなぁ・・・。
う~ん、チューブを何にするか、まさかここに来て悩むとは思わなかった・・・。
何にしよう・・・。
by boil-achilles | 2010-08-31 22:07 | チャリンコ | Comments(0)